CAMP HACK[キャンプハック]


【初心者向け】デイキャンプに必要な持ち物をまとめてご紹介!選び方のポイントも

【初心者向け】デイキャンプに必要な持ち物をまとめてご紹介!選び方のポイントも

3

「デイキャンプ」とは日帰りで行くキャンプのこと。ワンデイでもアウトドアの開放的な空気を気軽に味わえ、荷物も少なく済むのがメリットです!この記事ではデイキャンプに必要な持ち物や、あると便利な持ち物、子どもや女性がいるキャンプで役立つ道具をまとめています。

ぶん


アイキャッチ画像出典:PIXTA

デイキャンプに必要な持ち物をまとめました!

BBQの準備をする家族
出典:PIXTA
アウトドアを手軽に楽しみたい人におすすめするのが日帰りの「デイキャンプ」。手軽とは言っても、道具によって快適性が大きく異なるので、持ち物の選択はとっても大切です!

この記事では、デイキャンプに必要な持ち物をまとめてご紹介。それぞれの持ち物の必要性や選ぶ時のポイントなどを解説していきます。

【1】これだけは用意しておきたい!デイキャンプの基本アイテム

コーヒーを飲む男女
出典:PIXTA
まずはデイキャンプへ行く時に、必ず準備しておきたい持ち物をピックアップ。アイテム名をクリックすると、その項目へジャンプします。

▼キャンプ空間を作るために必要な道具▼
アイテム名
1. タープ
2. テーブル
3. チェア
▼BBQを楽しむための必須アイテム▼
アイテム名
4. 食材・調味料
5. バーベキューグリル
6. クーラーボックス
7. 燃料(炭)
8. トング
9. 食器
10. 包丁・まな板
▼最低限持っておきたい小物▼
アイテム名
11. レインウェア・レインコート
12. アルコールスプレー
13. 虫除けグッズ
14. ゴミ袋・ビニール袋
15. キッチンタオル
16. スポンジ・洗剤
17. ジップロック・サランラップ・アルミホイル

快適な空間を!リビングスペースを作るために必要な道具

<1. タープ>
タープの下の男女
出典:PIXTA
デイキャンプのリビング空間の中心になるアイテム。デイキャンプは日中にするため、日差しを遮る対策が重要です。

タープは夏場の急な雨などからも身を守り、快適に過ごせるスペースを保ってくれます。

ヘキサライトⅡ

有効面積が広く、実用的なレクタ型タープ。

●耐水圧:約 1,200mm
●使用時サイズ:約 420×420×220(h)cm
●収納時サイズ:約 ø17×43cm
●重量:約4.7kg
●材質:タープ/75D ポリエステルタフタ(UVPRO、PU 防水、シームシール) ポール/スチール約 ø 25mm
●仕様:ランタンフック×1
●付属品:ペグ、ロープ、収納ケース




<2. テーブル>
キャンプテーブル・チェア
出典:Amazon
テーブルは食卓を囲む大切な道具。アウトドア用テーブルはコンパクトに折り畳めるのが特徴。

収納したときのコンパクトさ・持ち運びやすさが良い物を選びましょう。脚の長さを調節できる便利なタイプもあります。

コールマン ナチュラルモザイクリビングテーブル 120プラス

高さ70cm、40cmの2段階切り替えが可能なテーブル。

●素材:フレーム/アルミニウム、天板/メラミン加工合板
●サイズ:使用時:(約)120×60×40/70(h)cm 収納時:(約)60×6.5×60(h)cm
●重量:約4.5kg
●耐荷重:約30kg




<3. チェア>
チェアでくつろぐ女性
出典:楽天
アウトドア用のチェア選びは「どんなシーンで使うか」が重要です。ゆっくりくつろぎたい場合は、ゆらゆら揺れるロッキングチェアやシートを倒せるリクライニングチェアが便利。

食事を楽しみたい場合は、体勢がふんぞり返ったり、座面が深く沈まないようなチェアがおすすめです。

ヘリノックス チェアワン

背面にメッシュ素材を採用。通気性も良く、軽量・コンパクト。快適な座り心地のアウトドアチェアです。

●サイズ:52×50×66cm(幅×奥行き×高さ)
●収納サイズ:35×10×12cm
●座面高:34cm
●重量:890g(960g) ※()内はスタッフバッグ込みの重量です。
●耐荷重(静荷重):145kg




アウトドア料理の王道!BBQを楽しむために必要な持ち物

<4. 食材・調味料>
BBQ食材
出典:PIXTA
BBQと言えば、アウトドアの醍醐味のひとつですね! 塩やタレ、油などの調味料は、家庭で使っているものでもOK。キャンプ道具には調味料ケースも販売しているので、事前に必要量だけ移していけば無駄なくBBQ調理ができますよ。

ジーエスアイ スパイスロケット

6種類のスパイスを持ち運べるスパイスミサイル大容量サイズ。それぞれの段はねじ込みで着脱が可能。

●サイズ:約5.3cm×約5.3cm×約11.6cm(小・中サイズあり)
●重量:119g
●材質:BPAフリーコポリエステル
●耐熱温度:70℃




<5. バーベキューグリル>
BBQグリル
出典:PIXTA
BBQグリルはメンバー数を見越したサイズを選ぶことが大切です。何人ぐらいで使うかを想定し、グループの規模に合ったBBQグリルを選びましょう。

また熱源を「炭」にするか「ガス」にするか、この選択肢も利用目的によって考えるといいでしょう。下に貼ってある関連記事からグリルの選び方も見ておくと、自分のスタイルにはどのコンロがいいか分かるはずですよ。

コールマン クールスパイダープロ/L レッド

焼網の高さが約3cm~10cmアップまで4段階に調節可能。

●サイズ:本体/約80×52×40/70(h)cm 収納時/約73×34×15(h)cm
●重量:約6kg
●燃料:炭
●素材:ステンレス他
●付属品:鉄板、焼網



<6. クーラーボックス>
クーラーボックス
出典:PIXTA
キャンプサイトは電源がないので、当然冷蔵庫は使えません。そこで必須となるのが、生鮮食品や冷たい飲み物を楽しむためのクーラーボックス。

大きく分けてハードタイプとソフトタイプがあり、食事を思いっきり楽しむ場合はハードタイプ、のんびりとキャンプを楽しむ場合はソフトタイプ、と言った使い分けができます。

コールマン クーラー エクスカーションクーラー 30QT

保冷力2日、使い勝手の良いベイルハンドル付き。

●サイズ:約46×33×40(h)cm
●容量:約28リットル
●重量:約2.7kg




<7. 燃料(炭)>
燃料(炭)
出典:PIXTA
BBQに欠かせないのが「炭」。炭にもいくつかの種類があり、価格や燃焼時間が異なります。デイキャンプの場合は、ホームセンターに売られているマングローブ炭が着火もしやすくておすすめ。

キャプテンスタッグ バーベキュー用 炭焼き名人FD火起し器M-6638

炭の着火もラクラク。備長炭にも使える簡単炭火起こし器。

●組立てサイズ:約185×190×205mm
●収納サイズ:約150×205×55mm
●重量:約1kg


<8. トング>
トング
出典:PIXTA
BBQで何かと忘れがちな道具が「トング」。これがないとお肉や野菜をひっくり返したり取り分けるのも大変です。

便利な機能の付いたキャンプ用トングもありますが、ホームセンターや100円ショップで売られている物でもOK。最低限、「炭用」と「肉用」で2種類以上は用意しておくといいでしょう。欲を言えば、肉用でも「生肉用」と「焼かれた肉用」でも使い分けると尚良し!

ユニフレーム ユニセラトング フッ素

フッ素加工で汚れが落ちやすいトング。肉焼き用におすすめ。

●サイズ:約275mm
●重量:約96g
●素材:ステンレス鋼(黒色フッ素加工)

Todai クレーバートング

金属加工の街「新潟県燕市」製のトング。BBQや焼肉の必需品です。

●サイズ:(大)315mm(小)267mm
●個装重量:(大)165g(小)100g
●素材・材質:18-8ステンレス

キャプテンスタッグ 炭バサミ ワイド

ハサミの先端が幅広になっているので、薪や木炭、炭をしっかり掴むことができるトング。

●サイズ:47cm
●個装重量:(大)165g(小)100g
●素材:ステンレス鋼


<9. 食器>
食器
出典:PIXTA
紙皿は後始末が簡単ですが、その都度大量のゴミが出てしまうので、キャンプ用の食器を極力持っていきましょう。洗う手間は増えますが、野外でキャンプを楽しむなら環境にも気を遣えるようになったら一流です。

素材は木製や金属製、プラスチック製など様々。買うものに悩んだら、ある程度数がまとまった「食器セット」がおすすめですよ。

ロゴス ナバホ パーティー箸付き食器セット4人用

●セット内容:プレート×4、ボウル×4、コップ×4、箸×4
●素材:メラミン樹脂
●重量:約2,500g
●付属品:収納袋




<10. 包丁・まな板>
包丁・まな板
出典:楽天市場
家庭で使っている包丁・まな板でも代用可能。アウトドア用の包丁やまな板、調理器具が入った「キッチンツールセット」もおすすめです。

あらかじめ家で調理し、ジップロックなどにまとめておくと、荷物を少なく済ませることができます。

スノーピーク マナイタセット

●サイズ:25.6×10cm(使用時20cm)×3.4cm(Mサイズ)
     36×11.8cm(使用時23.6cm)×3.4cm(Lサイズ)
●本体材質:天然木、ステンレス、ゴム
●包丁材質:ステンレス、プラスチック
●重量:470g(Mサイズ)/850g(Lサイズ)

関連記事