【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


バーベキューコンロ・グリルのおすすめ40選!失敗しない選び方は?

0

いま人気があるバーベキューコンロ・グリルはこれだ! コールマン、ロゴスなど、各通販サイトの売れ筋ランキングで上位に入るブランドのおすすめ40選を一挙に紹介。定番のスタンド型から卓上タイプ、焚き火台タイプまで網羅しているので、ぜひ参考にしてください。

CAMP HACK 編集部


アイキャッチ出典画像:Amazon

バーベキューコンロ・グリルの種類

BBQデイキャンプ
出典:PIXTA
「バーベキューをしよう!」となったら、まず必要なのがバーベキューコンロやグリル。でも初めての場合はどんなものを選んだら良いかわからないですよね。

この記事では失敗なくバーベキューコンロ・グリルを選ぶコツとオススメのアイテムを紹介していきます!

BBQにはどんなスタイルがある?

一言でバーベキューといっても、適したコンロ・グリルは条件によって変わります。人数はもちろん立食か卓上かといった「スタイル」によって、アイテムの選び方は変わってくるでしょう。バーベキューのスタイルとしては、以下のようなものが挙げられます。
主なバーベキューのスタイル
1. スタンダードな立食バーベキュー
2. ソロや少人数で囲む卓上バーベキュー
3. 本格メニューでおもてなしバーべーキュー
4. 一台二役!焚き火台でバーベキュー
また、メニューはシンプルな焼き肉なのか本格的な凝った料理もしたいのかという「レシピへのこだわり」、さらにキャンプで焚き火もするなら荷物は減らしたいといった「効率」なども考慮しておくと良いでしょう。

コンロ・グリルは主に4種類!

BBQコンロの選び方
作成:編集部
バーベキューコンロ・グリルは、脚がついたスタンダードタイプ・コンパクトな卓上型・フタつきのパーティー型・焚き火台という主に4種類。この中から自分のスタイルに合わせて選んでみましょう!

バーベキューコンロ・グリルの選び方

バーベキューのスタイルに応じて選ぶというのが基本ですが、より失敗なく一台を手に入れるためにチェックしておくと良いポイントもあります。

焼き面のサイズ

バーベキューコンロ
出典:PIXTA
人数が多いほど、焼く面積が広いバーベキューコンロがいいのかな? という考えもありますよね。その方がたくさん焼けるし、スムーズにバーベキューができそうです。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ
出典:Amazon
ですが大きいサイズのバーベキューコンロの場合、持ち運びや収納に苦労したり燃料も多く必要。さらに全体に目が届かなくなり食材を焦がしてしまうこともあり得ます。

バーベキューコンロにおいては、じつは“大は小を兼ねる”とは限りません。10人以上のグループで使う場合は4~5人用サイズを複数購入するというのも選択肢のひとつですね。

材質

一見どれも同じように見えるバーベキューコンロも、素材にも違いが。主にスチール製とステンレス製の2種類に分けられるのですが、それぞれの特徴もどちらを選ぶかのポイントに関わってきます。

スチール製

バーベキューコンロ 比較的安く購入するできる反面、重いのが難点。使用とともに劣化しやすく、時間の経過と共にどうしてもコンロに錆びが生じてしまいます。

ステンレス製

バーベキューコンロ ロゴス バーベキューコンロ クイックステン 卓上グリル
出典:Amazon
軽く取り扱いも楽な分、スチール製に比べて値が張ります。ただ錆びに強く耐久性が高いという特徴もあるので、比較的長持ちするバーベキューコンロが多いのが特徴です。

頻繁に使わないのであればスチール製で十分ですが、年に4~5回は使う、また長く使いたいと考えている方には多少高くてもステンレス製のコンロを購入することが最終的にはお得になりそうです。

▼ステンレス製バーベキューグリルの魅力をもっと知りたい方はこちらの記事もおすすめ! 選び方を知ったところで、ここからはスタイルごとにオススメのバーベキューコンロをご紹介。自分に合ったタイプから選んでみてくださいね!

スタンダードな立食バーベキューにおすすめのコンロ

バーベキュー
出典:PIXTA
3~4人のファミリーやグループでバーベキューをするなら、コンロの脚がついたスタンダードなタイプがオススメ。バーベキューコンロの中でも最もポピュラーで、ホームセンターに売っていることも多いので実物を見て買いやすい点も初心者にオススメです。

中には脚が伸縮式でハイとローの2段階になるタイプもあるので、キャンプで使うならテーブルやチェアと高さ合わせることもできます。

定番はコールマン!

コールマン バーベキューコンロ
出典:楽天市場
定番どころは、コールマンのバーベキューコンロ。設営簡単、燃料の炭は引き出し式なので継ぎ足しや後片付けも楽ちんです!

コールマン クールスパイダーステンレスグリル

●サイズ:使用時約51×52×40/70(h)cm、収納時約50×34×13(h)cm
●重量:約4.6kg 
●燃料:炭
●材質:ステンレス

サビに強いだけでなく、通気性がよいため燃焼効率がよいです。また、炭の追加が引き出し式でやりやすいです。

コールマン クールスパイダープロ

●サイズ:使用時/約80×52×40-70(h)cm、収納時/約73×34×15(h)cm
●重量:約6kg
●燃料:炭
●材質:ステンレス

素材や炭の大入れはクールスパイダーステンレスグリルと同じです。クールスパイダーステンレスグリルとの違いは、レバーで焼網の高さを変えて火力の調整ができるため、火力調整が簡単にできるところです。

コールマン クールステージツーウェイグリル

●サイズ:約51×35×16.5/43/70(h)cm
●焼面サイズ:約30×45cm
●収納時サイズ:約51×35×16.5(h)cm
●重量:約4kg
●材質:スチール、他
●付属品:焼網



▼コールマンのバーベキューコンロについてもっと知りたい方はこちらの記事もおすすめ!

ロゴスも人気!

バーベキューコンロ ロゴス  バーベキューコンロ スライド ハイステンチューブラル
出典:Amazon
同じく定番人気ブランドのロゴスにも、使い勝手の良い大型バーベキューコンロがラインナップされています。バーベキューが初めてという方は、燃料には空気を取り込みやすいよう成形されスムーズに着火できる炭「エコココロゴス」がオススメです!

ロゴス バーベキューコンロ チューブグリルSmart80 M

●サイズ:(約)79×53×80/42cm
●焼網サイズ:(約)43.5×29.5cm
●収納時サイズ(約)57×35.5×18cm
●重量:(約)3.5kg
●素材:ステンレス、スチール、アルミ
●セット内容:本体、焼網、ワイヤーロストル、お掃除楽ちんカバー、収納バッグ

ロゴス スライド ステンチューブグリルL

●重量:(約)4.3kg
●サイズ:(約)88×48×69cm
●ローポジション時高さ:(約)31.5cm
●焼網サイズ:(約)60.5×29.5cm
●収納時サイズ:(約)74×35×18cm
●素材:ステンレス、スチール、アルミニウム


ロゴス エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4個入り

●サイズ:(約)直径7.5x高さ3.5cm
●収納時サイズ:(約)幅15.5x奥行8x高さ7.6cm
●内容量:4個
●主素材:ヤシガラ



▼エコココロゴスについてもっと知りたい方はこちらの記事もおすすめ!

その他の人気ブランドのおすすめコンロ

ユニフレーム UFタフグリル

●サイズ:使用時/90×46×H68cm、収納時/90×46×H13.5cm
●重 量: 約10.7kg
●燃料:炭
●素材: ステンレス

大人数でのBBQに最適です。BBQだけではなく、焚き火、炭火調理がゆったり楽しめる頑丈なグリルです。

キャプテンスタッグ 7way マルチファイアグリル

●サイズ:(約)幅465x奥行405x高さ340・720mm
●収納時サイズ:(約)幅650x奥行550x高さ120mm
●重量:(約)3.7kg
●材質:本体・トレー(ふた)・脚/ステンレス鋼、バーベキュー網/鉄(クロムめっき) 網サイズ:(約)380x380mm

バンドック ツーウェイグリル75

●サイズ(約):高さ700×幅40×4奥行50mm
●重量(約):5000g
●材質:本体/スチール(焼付塗装)鉄板/スチール(黒皮鋼板)網/スチールφ19mm(クロームメッキ)

尾上製作所 イクシードバーベキューコンロ-65

●サイズ(約):幅 665×奥行 320×高さ 300、580、700 mm
●収納時サイズ(約):幅 665×奥行 320×高さ 185 mm
●適応人数:6〜7 人用
●網サイズ:290×615 mm
●重量(約):4.5 kg

グリーンライフ 炭たしカンタンバーベキューコンロ

●サイズ:65×33cm(深さ:13.5cm)
●材質:スチール(アクリル樹脂焼付塗装仕上げ)

関連記事