【2,600円】Amazon高評価!「へルシー焼肉グリル」がいろいろやさしくて最高だった

2021/03/11 更新

アウトドアの定番料理といえばバーベキューですが、脂が多いものはカロリーが気になるし食べ終わった後に焦げついた鉄板を後片付けるのもちょっと面倒……。バーベキューにつきまとうそんな2つの悩みを、まとめて解決してくれる優れモノの鉄板が「ヘルシー焼肉グリル」!果たして本当にヘルシーなのか、試しに使ってみました。

アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者
※記事内製品価格は定価表示です。

ヘルシー志向で片付け簡単。そんな焼肉グリルがあれば最高


キャンプでも家でも美味しくて盛り上がる焼き肉ですが、後片付けの手間ってけっこうかかりませんか? ギトギトの油は汚れだけでなく、お年頃の方ほど健康面も気になるところではないでしょうか。

いいグリル、あるんです!


諸々の気になる問題をクリアして存分にお肉を堪能できるアイテムが、こちら。カセットガス式のコンロにセットして使える鉄板なのですが、鉄板表面に凹凸があり、真ん中には何やら深い溝が。

どうやらこの溝にヘルシーの秘密が隠されているようですが、果たして効果はどうなんでしょうか? お肉大好きながら健康診断の結果も気になる……そんなアラフォーど真ん中の筆者が、罪悪感のない肉活を楽しむべくさっそく使ってみます!


高評価レビュー多数!技ありグリルを開封チェック


こちらの「ヘルシー焼肉」グリルは、三重県にあるイシガキ産業という金物や調理器具を専門に扱っているメーカーの製品。国内メーカーでAmazonレビューも高評価多数とあって、信頼性は高そうです。

価格は販売店によって異なりますが、いずれも3,000円を切るお買い得プライスも嬉しいところ!


サイズは幅32×奥行26cmと、ファミリーやグループの焼き肉にちょうど良さそうなちょっと大きめサイズ。アルミニウム合金製で重量は960gと、大きさのわりにはさほど重くはありません。

油が切れる独特な構造がポイント!

ヘルシー焼肉グリル
グリルを横から見ると、手前と奥から中央に向かってV字に、さらには左から右に向かって二段階で傾斜しているのがわかります。この構造により肉から出た油が鉄板に溜まらず、排出されるという仕組み。

これなら余分な油をしっかり切って、胃もたれも食べすぎた後悔も少なく焼肉を楽しめそうです!

実際に牛肉と豚肉を焼いてみた


ということで、実際にどのぐらい余分な油を切ることができるのか、ファミリーキャンプで使って効果を確かめてみることにしました。

熱源にはイワタニのカセットガスタイプの七輪「炙りや」を使用。ガス缶を覆うこともなく、ジャストフィットしています。

ITEM
炉ばた焼器 炙りや
●サイズ(約):幅409×奥行214×高さ134mm
●重量:2.4kg
●材質:本体/鋼板(粉体塗装)、焼網/ステンレス(メッキ加工)、串焼きステー/スチール(メッキ加工)、U字バーナー/スチール(メッキ加工)、器具せんつまみ/ABS樹脂



まずは牛肉を焼いてみます。いつもならもたれてしまうカルビも今回は楽勝! と思いつつ、家族の要望でまずは脂少なめのミスジでお試しです。


中央にある溝からは肉の油が流れ落ちてくるので、受け皿が必要。溝の下にシェラカップをセットしました。これを忘れるとテーブルの上が大惨事になってしまうので注意しましょう。

ポタポタと垂れてきた


ほどなくして横から見ると、溝の先端にある穴から湧き水のようにポタポタと油が垂れてきました! 赤身肉のせいか大量に溜まるということにはなりませんでしたが、鉄板上に油が残って冷気で固まるわずらわしさが無かったのは収穫です。



油が垂れてくる様子がこちらなのですが、正直これだけの油ではみなさんの心も動かせない予感。筆者も我ながら若干肩透かしを食らった感はあったので、後日再チャレンジをしてみることにしました。

今度は満を持してのサムギョプサル!


メニューにはあえて油多めの豚バラ肉を使うサムギョプサルをチョイスしました。「ヘルシーになりたいなら、肉ばかり食べるのをやめたらいいのでは?」という声も聞こえてきそうですが、油がどれだけ溜まるのかが気になるんです!

腹ペコの男性4人でシェアするので、カロリーオーバーにはならないはずと言い聞かせつつ焼いてみます。

今回の熱源はスノーピークの「ギガパワー プレートバーナー」。サイズははみ出すことなくちょうど良い感じでした。
ITEM
スノーピーク ギガパワープレートバーナー
●サイズ:W470×D310×H130mm(ガス容器ホルダー含む)
●収納時サイズ:W360×D250×H100mm
●重量:2.7kg
●材質:ステンレス・アルミニウム合金・ブラス・スチール



火をつけてしばらくすると、予想通り肉からは大量の油が……。順調にギトギトしてきたところで、傾斜した溝がいい仕事をしはじめました! 中央に油がどんどん集まっていくのがわかります。


牛肉のときとは違う透明な油が、みるみるシェラカップへ注がれていきます。



普通の鉄板でやっていた今までの焼肉はこの油も一緒に身体の中に吸い込まれていたのかと思うと、正直ゾッとしてしまいました……。


ひと通り食べ終えてから見てみると、シェラカップにはこんなにたくさんの油が! 食後はかなり満腹ではありましたが、流れ出たこの量の油を見て少しだけ罪悪感が和らいだ気がします。

出典:PIXTA
今回のメニューはサムギョプサルでしたが、他にもハンバーグや鶏モモ肉など油多めの高カロリーメニューのときにも活躍してくれそうです!
ITEM
イシガキ産業 ヘルシー焼肉グリル
●サイズ(約):幅37×奥行26×高さ4.2cm 内径/310x250mm
●重量(約):960g
●素材:本体/アルミニウム合金表面加工 表/フッ素樹脂加工 裏/焼付け塗装

洗いやすさはどうか?


セルフ焼肉を楽しんだ後に待っているのは、片付け。満腹の状態でコレを片付けるの、億劫なんですよね。汚れているほど洗うのも面倒ですが、そのあたりはどうでしょうか?


後片付けもとても簡単だった


食べ終わった後はやはりコゲや汚れが残っていますが、このグリルの場合油が流れていったことでコゲつきの量は比較的少なめです。

油がたくさんついた状態で炊事場で洗い流すと排水溝が詰まってしまうため、まずはキッチンペーパーでコゲや油を拭き取ります。フッ素加工のおかげで、こするだけでコゲはみるみる剥がれ落ちました。


上半分だけ拭き取った状態。キッチンペーパーで拭くだけでここまで綺麗にコゲが取れました。このぐらいの汚れであれば、そのまま持ち帰って洗うという手もありますね。


その後、中性洗剤を使い軽くスポンジで擦っただけですっかり綺麗な状態に戻りました。鉄製の鉄板だと、この後水分を飛ばして錆びないように油でコーティングして……という作業が必要になりますが、そういった手間も一切ナシ!

メンテナンスの点でも優秀なグリルでしたが、ちょっと惜しいなと感じたことも正直ありました。

ヘルシー焼肉グリルのここが気になった

合う熱源が限られる


カロリーが気になる40代としては毎回このグリルで肉を焼けるといいんですが、じつはこのグリルは4本爪で大きいサイズの五徳にしか対応していない設計。ガス缶に直接取り付ける小型のシングルバーナーのようなタイプだと、使うのは難しそうです。

五徳の本数が4本ではないコンロの場合、五徳の上に網やロストルを置けばセットできるようになります。

カセットコンロの場合は、輻射熱に注意

撮影:編集部
また、カセットコンロで使う場合はガス缶部分に鉄板を被せないことが大前提。ヘルシー焼肉グリルは長方形のため、コンロによっては被ってしまう場合も考えられます。

コンロと鉄板が安全に使える組み合わせかどうか、使う前にしっかり確認しておきましょう。

油跳ねもそれなりにあった


油が切れるので煙や周りの油跳ねは少なめだと良かったんですが、そこは普通の鉄板とさほど変わらず。終わってみると周りにはけっこうたくさんの油が跳ねていました。

テーブルが油でギトギトになってしまわないよう、家で使う場合はとくにテーブルの上に新聞紙を敷くのがオススメです。

一石二鳥なヘルシーグリル


「カロリーオーバー」と「洗うのが大変」という焼肉で感じでいた2つの課題を見事に解決してくれた技アリなグリル。キャンプだけでなくおうち時間など、色々な場面で活躍してくれそうです。

運動不足が気になるけど美味しいお肉は食べたいという方、カロリーコントロールの一案に試してみてはいかがでしょうか?
ITEM
イシガキ産業 ヘルシー焼肉グリル
●サイズ(約):幅37×奥行26×高さ4.2cm 内径/310x250mm
●重量(約):960g
●素材:本体/アルミニウム合金表面加工 表/フッ素樹脂加工 裏/焼付け塗装


紹介されたアイテム

炉ばた焼器 炙りや
スノーピーク ギガパワープレートバーナー
イシガキ産業 ヘルシー焼肉グリル
イシガキ産業 ヘルシー焼肉グリル
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

家族ができてから沼に浸かったまだまだ初心者なファミリーキャンパー。https://camp-cafe.com/

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!