【アウトドアブランドまとめ】この人気20選は知っておこう!

2019/06/25 更新

アウトドアブランドを20選!モンベル、パタゴニア、スノーピークにコールマンなど代表的ブランドを一気に知れます!一緒に紹介するアイテムはブランドを代表するアイテムを選出。アウトドアブランドに興味があるなら知っておくとOKなブランドばかりです。

アイキャッチ出典画像:ColemanJapan facebook

名実共に人気のアウトドアブランドを紹介!

アウトドアブランド「スノーピーク」のテント 用具選びはアウトドアライフを始めるときの第一歩。楽しみの一つでもありますが似たようなデザイン、値段はピンキリ、機能もいろいろなので、間違えのない用具選びが出来るように知っておいてほしい有名ブランドをご紹介します!

アウトドアブランド【モンベル】

アウトドアブランド「モンベル」のロゴ 日本のアウトドア総合メーカーで、“機能美”と“軽量と迅速”をコンセプトにしています。新しくリリースされるウェアは常に革新的なアイディアと素材が詰め込まれています。また、社会的な活動に対しても積極的。

【モンベル サンダーパス ジャケット

モンベル独自の技術によって優れた防水性と透湿性を併せ持ったウェアです。高機能なのにコストパフォーマンスにも優れ、初心者からベテランまですべてのアウトドアマンに愛されるウェアです。

ITEM
モンベル サンダーパス ジャケット Men’s
●メイン素材:ポリエステル
●サイズレンジ:S、M、L、XL

中に2〜3枚着込んでいても脇回りに余裕ある大きさで、全体的に期待したとおりのものでした。薄く、軽く、汗ばんでも蒸れないのも期待通り。雨天時や本格的な寒冷時はまだ使用していませんが、今の時点で気に入ったので星5つにしました。


アウトドアブランド【パタゴニア】

アウトドアブランド「パタゴニア」のロゴ 日本やヨーロッパを中心にグローバルに事業展開するアメリカのアウトドア衣料品製造・販売会社で、徹底した品質主義と環境行動主義で有名です。アウトドアスポーツに必要な機能を兼ね備えたギアを展開しています。

【パタゴニア メンズ・トレントシェル・ジャケット】

すっきりとしたシンプルなデザインでコンパクトに収納可能な便利さがある一方で、防水性、透湿性を備えた悪天候にも対応可能なリサイクル・ナイロン100%を使用したハードシェルジャケットです。

ITEM
パタゴニア メンズ・トレントシェル・ジャケット
●素材:H2Noパフォーマンス・スタンダード・シェル
●重量:343g
●サイズ展開:XS、S、M、L

防寒、防水、軽量、三拍子揃っています。
大変気に入りました。
真冬にはインナーにダウンを着用し、湿った雪にも対応できるかと思います。
普段はLですが、パタゴニアはMでちょうど良かったです。
旅行に持って行っても軽くて邪魔にもならず重宝するでしょう。
ここ北海道でも秋冬また春先までも活躍してくれるでしょう♪



アウトドアブランド【コロンビア】

アウトドアブランド「コロンビア」のロゴ
出典:UP SPORTS
自然環境が豊かでアウトドアスポーツが盛んなアメリカ・オレゴン州で1938年に創業したアウトドアブランド。機能性や耐久性が高いのはもちろん、スタイリッシュなデザイン、豊富なカラーバリエーションが特徴です。

【コロンビア アイスヒルフーディー】

コロンビア製品の中でも人気の高いアウターです。撥水性の高い表地、保温性の高い裏地によって確かな保温性を誇ります。寒い冬もこの一着があれば安心してアウトドアで活動できます。

ITEM
コロンビア アイスヒルフーディー
●素材:表地(綿60%、ポリエステル40%)、裏地&中わた(ポリエステル100%)、リブ&袖裏(ナイロン100%)
●サイズ展開:S、M、L、XL

アウトドアブランド【スノーピーク】

アウトドアブランド「スノーピーク」のロゴ 新潟県燕三条で金物問屋として1958年に創業したジャパンブランド。今では使いやすくてクオリティの高い登山用品、キャンプ用品を販売するトップブランドになっています。国内のみならず海外でも絶大な人気があります。

【スノーピーク アメニティードームS】

スノーピークのベストセラーとなっているテント。アメニティードームシリーズの最小構成版です。機能・性能はそのままに大人2名、子供1名の少人数に対応したサイズです。

ITEM
スノーピーク アメニティドームS
●材質:フライシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工、フレーム/ジュラルミンA7001+A6061(φ9.3mm+φ8.5mm)
●キャリーバッグサイズ:58×18×23 (h)cm
●重量:5kg

アウトドアブランド【MSR】

アウトドアブランド「MSR」のロゴ
出典:楽天
アメリカ・ワシントン州シアトルでクライミング用品の研究開発のために1969年に設立されたことを起源に持つアウトドアブランドです。世界中の冒険家、登山家、旅行者から絶大な信頼を得ています。

【エムエスアール ハバハバNX 2人用】

従来モデルのハバハバモデルよりも更に約280ℊ軽量化を図り、バックパッキングやカヤックツーリングなどにも使いやすくなった3シーズン対応の2人用テント。

ITEM
エムエスアール ハバハバNX 2人用
●フライ:20Dリップストップナイロン 耐水圧1,200mmデュラシールド・防水コーティング
●本体生地:20Dリップストップナイロン
●メッシュ:15Dナイロン・マイクロメッシュ
●フロア:30Dリップストップナイロン 耐水圧3,000mmデュラシールド・防水コーティング
●定員:2
●総重量:約1,720g

アウトドアブランド【コールマン】

アウトドアブランド「コールマン」のロゴ アメリカ・オクラホマ州で、1900年の当時ガソリン式ランプの販売業を営んでいたことが起源となるアウトドアブランドです。その後、オートキャンプのブームの波に乗って販売したキャンプストーブが現在のツーバーナーのルーツとなっています。

【コールマン ノーススター チューブマントルランタン

コールマンのガソリンランタンシリーズの中では比較的新しいタイプの大光量ランタンです。従来型に比べ自動点火装置が付いていることが特徴で、手軽にランタンに火をいれることが可能です。

ITEM
コールマン ノーススター チューブマントルランタン
●明るさ:約360CP/230W相当
●燃料タンク容量:約940cc
●燃焼時間:約7~14時間
●本体サイズ:約φ17.3×34.3(h)cm
●重量:約1.8kg

古ければ古くほど味があると思ってる。
そしてやっぱりガソリンランタンだ!


アウトドアブランド【アークテリクス】

アウトドアブランド「アークテリクス」のロゴ
出典:OSHMAN’S
カナダ・ブリティッシュコロンビア州ノースバンクーバーで1989年に設立されたクライミングハーネス製造メーカーを起源にもつアウトドアブランドです。その信頼性の高さからクライミングギア以外の製品にも人気が集まり1991年になってアークテリクスが誕生しました。

【アークテリクス アロー22】

防水加工のナイロン素材と防水仕様のジッパーによって風雨に対して抜群の強さを発揮するモデルです。緩やかなカーブを描いた背面のプラスティックパネルが背中へのフィット感を高めます。

ITEM
アークテリクス アロー22
●重量:1.1kg
●容量:22L
●素材:表布:ナイロン100%、塗布:ポリウレタン100%
●サイズ:縦:約52cm 横:約24.5~35cm マチ:約8~14cm
●ショルダーの長さ:約53~85cm

今までのリュックの中で最高に使い勝手が良い
持っている人がたくさんいるのも頷ける


アウトドアブランド【soto】

アウトドアブランド「SOTO」のロゴ 工業用バーナのメーカーとして1978年に愛知県蒲郡市で設立されたアウトドアブランド。1990年に開発したポケトーチの発売を機にアウトドア用品事業への参入し、同時にSOTOブランドが立ち上がりました。

【ソト ステンレスダッチオーブン12インチ】

一般的な鋳鉄製のダッチオーブンに比べ、オールステンレス製という特徴を持っているモデル。錆びにくく手入れしやすいというメリットのほか、底面がフラットなため家庭でも使いやすいモデルです。

ITEM
ソト ステンレスダッチオーブン12インチ
●サイズ:直径306×深さ130mm(内寸)、幅415×奥行326×高さ165mm(外形)
●重量:約6.9kg
●材質:ステンレス
●付属品:底網

キャンパー歴3年目です。
ダッチオーブンを使ってみたいが、メンテを考えると、やはりステンレス!!!
ねだりにねだって購入してもらいました!!
5人家族の我が家には、やはりこのサイズは必要。
練習を兼ね、IHクッキングヒーターでポークビーンズを作ってみました。
お豆も、ふっくらして、お豆の苦手な長女も大喜びで食べました!
重いけど、とてもいい買い物でした!!


アウトドアブランド【グレゴリー】

アウトドアブランド「グレゴリー」のロゴ 1977年に創業した南カリフォルニアに本社と生産拠点を構えるアメリカのアウトドアブランド。バックパック専業でスタートの後、現在ではトートやバックなども手掛けるようになりました。人間工学に基づいたモノづくりが人気。

【グレゴリー デイパック】

グレゴリーの伝統を象徴する定番デザインのデイパック。クラシックなデザインの中にもポケットの配置などに改良を加えられた、普遍的なデザインで長く愛用できるディパックです。

ITEM
グレゴリー デイパック
●メイン素材:ナイロン
●表地:420D ナイロン/600Dポリエステル/1680D ナイロン/ダイニーマ/500Dナイロン/500Dナイロン
●サイズ:タテ45.5cmxヨコ40cmxマチ16.5cm
●ポケットの数:3(外側1/内側2)

デザインは言うまでもなく、内側ポケットが付いて便利になりました。
色味もいいです。




アウトドアブランド【キャラバン】

アウトドアブランド「キャラバン」のロゴ 1954年に設立された日本のアウトドアブランドの先駆者です。流行に左右されずに地道な研究を重ね、長い年月と経験に裏打ちされたクラフトマンシップが製品に反映していることで根強い人気を持っています。

【キャラバン C1_02S】

登山入門者をターゲットに設計されたキャラバンシューズの代表的なモデルです。機能性の高いソールやインソールにより歩行性能が高められおり低山から富士山まで対応幅が広いシューズです。

ITEM
キャラバン C1_02S
●カラー/サイズ:グレー/24.5〜29.0・30.0㎝、レッド/22.5~26.0㎝、ブラウン/22.5~29.0・30.0㎝、ネイビー/22.5~29.0・30.0㎝
●重量:約590g(26.0㎝片足標準)
●ワイズ:3E
●素材:アッパー:メッシュポリエステル/合成皮革(トゥガード/TPU補強)、ライニング:ゴアテックスメンブレン、ソール:キャラバントレックソール(ミッドソール:EVA)、フレックス:ライトフレーム(EVAラミネート)、インソール:EVAインソール

いつものウォーキングの運動靴と比べると、格段に足元の安定感と包容感は格段に違いますね。
軽さと言い、疲労の度合いもトレッキングには、最適だと感じました。


アウトドアブランド【ユニフレーム】

アウトドアブランド「ユニフレーム」のロゴ
出典:楽天
1985年、新潟県燕市に設立された日本のアウトドアブランドです。家庭用カセットボンベを使用したコンパクトなバーナーやランタンの製造が得意。錆びに強く手入れしやすいステンレス鋼を使用した製品が多いのが特徴です。

【ユニフレーム ファイアグリル】

焚き火はもちろん、火加減の調整が必要な網を使った炭火料理やダッチオーブン料理にも活用できるグリルです。コンパクトに収納することも、簡単に組み立てることもできます。

ITEM
ユニフレーム ファイアグリル
●サイズ:使用時・約430×430×330(網高)mm、収納時・約380×380×70mm
●材質:炉・ロストル:ステンレス鋼、スタンド・焼網:鉄・クロームメッキ
●重量:約2.7kg

家で出た薪を使ってキャンプで焚火をしました。

子供が大喜びで買ってよかったです。

作りもステンレスでコンパクトにたためて良い商品です。


アウトドアブランド【キャプテンスタッグ】

アウトドアブランド「キャプテンスダッグ」のロゴ 1976年、新潟県三条市に設立されたアウトドア総合ブランドです。キャンプ用品にとどまらず、カヌーや自転車など幅広いアウトドアライフをサポートする総合的な商品展開を目指しているブランドです。

【キャプテンスタッグ トラッド アルミロールテーブル<S>】

軽くて丈夫なアルミ素材のテーブルです。キャンプ、バーベキューはもちろんイベントの特にも便利。折りたたみ式でコンパクトになり、収納袋もついているので持ち運びに便利。

ITEM
キャプテンスタッグ トラッド アルミロールテーブル<S>
●組立サイズ(約):幅700×奥行700×高さ700mm
●収納サイズ(約):160×120×長さ710mm
●重量(約):3.2kg
●耐荷重(約):30kg
●材質:甲板・スタンド:アルミニウム(表面加工:アルマイト)

組み立ては簡単です。
コンパクトに楽しみたためるし、持ち運びに便利。重たくないし、アルミなので、さっと拭けば、いいだけ。
二人で使うには丁度いいです。


アウトドアブランド【スント】

アウトドアブランド「スント」のロゴ コンパスの製造からスタートした1936年設立のフィンランドのアウトドアブランドです。現在ではスポーツコンピューターの分野で世界のトップメーカーとなっており、その製品は世界のトップアスリートにも愛用されるほど信頼性が高いと評判。

【スント コア クラシック】

アウトドアウォッチの代名詞にもなるほどの知名度を誇るスントコアシリーズ。高度計、気圧計、電子コンパス、天気予測機能を備えたスントの原点といえるモデルです。

ITEM
スント コア クラシック
●サイズ:49.1x49.1x14.5mm
●重量:79g
●ベゼルの素材:スチール
●レンズの素材:ミネラルクリスタル
●ケースの素材:コンポジット
●ストラップの素材:エラストマー

アウトドアブランド【ダナー】

アウトドアブランド「ダナー」のロゴ 1932年の創業以来、使う人の職業や使い方に応じて作り続けられてきたアウトドアブーツの定番ブランドとして高い人気があります。ゴアテックスを世界で初めて採用したブーツメーカーとしても有名です。

【ダナー ダナーライト3】

世界で初めてシューズにゴアテックスを採用したダナーの代表モデルの3代目。足の蒸れを防ぎつつ完全防水を保つ優れもの。実用性だけでなくファッション性においても注目されています。

ITEM
ダナー ダナーライト3
●素材:アッパー:フルグレイン防水レザー/1000デニールコーデュラナイロン、ライニング:GORE-TEX(ゴアテックス)
●アウトソール:ビブラム・クレッターリフトソール
●ワイズ:EE
●サイズ展開:US6~11インチ

アウトドアブランド【ファイントラック】

アウトドアブランド「ファイントラック」のロゴ 2004年、兵庫県神戸市で「どこにもないまったく新しいものを」との思いから設立されたメイドインジャパンのアウトドアブランドです。製品はすべて安全性が最優先されフィールドの経験が活かされています。

【ファイントラック スキンメッシュロングスリーブ】

吸汗速乾ウェアの下に身に着けるだけで体力の消耗を早める汗や水分をスキンメッシュが肌から遠ざけ吸汗速乾ウェアに移行。無駄な体力消耗をなくし安全性と快適性を高める山の必須装備です。

ITEM
ファイントラック スキンメッシュロングスリーブ
●素材:ポリエステル100%
●重量:55g
●カラー:オリーブドラブ、ネイビー、ブラック
●サイズ展開:S、M、L、XL

これが1枚入るだけで、全然暖かさが違います。特に汗をかいた後も冷えない。濡れてる感が無い。寒ければ寒い程、効果を感じます。


アウトドアブランド【キーン】

アウトドアブランド「キーン」のロゴ アメリカ・オレゴン州ポートランドで2003年に創業。サンダルの快適性とシューズの機能性とを融合するように異なる概念を組み合わせたハイブリッドフットウェアをコンセプトとして独自の製品群を生み出すことを得意とするメーカーです。

【キーン ジャスパー】

クライミングシューズとコンフォートシューズをミックスしたキーンのオリジナルシューズです。ラバーソールの高いグリップ性とファッション性が人気の商品。

ITEM
キーン ジャスパー
●素材:ゴム:ノンマーキングラバーアウトソール、ライニング:吸湿性テキスタイル、アッパー:レザー(天然皮革)
●片足重量(約):450 g
●カラー:シルバーミンク、アボカド/シトロネール、ブラック/スチールグレイ、キャセイスパイス/オリオンブルー
●サイズ展開:25~32cm

やっぱりキーンは履きやすい。
街中でも沢山歩く時にはこれを履くようにしています。




アウトドアブランド【ロッジ】

アウトドアブランド「ロッジ」のロゴ
出典:vic2
1896年、アメリカ・テネシー州のサウス・ピッツバーグで創設された鋳鉄所を起源とするダッチオーヴンメーカーです。現在ではアメリア唯一の鋳鉄クックウェアメーカーとして、120種類以上のプレシーズニング鋳鉄製品を生産しています。

【ロッジ キャンプオーヴン10インチ】

キャンプ用の脚付きダッチオーヴンです。ダッチオーヴンを積み上げて使うこともできます。また、縁付きのふたには炭を乗せ上火調整も可能となっているので料理の幅も広がります。

ITEM
ロッジ キャンプオーヴン10インチ
ITEM
ロッジ キャンプオーヴン10インチ
●素材:鋳鉄
●重量: 5.25kg
●内径:25.5cm
●深さ:8cm

家族でバーベキューをして、ロッジのオーブンで焼き芋を焼いたら、家族全員が焼き芋の取り合いになるほどおいしかったです。
そのあと、男の料理でビーフシチューをしました。具をいっぱい入れふたをして煮詰めたら、濃厚なスープがスープが仕上がりました。
ロッジのダッチオーブンでこうれからも男の料理挑戦していきます。


アウトドアブランド【キャンパルジャパン/小川キャンパル】

アウトドアブランド「小川キャンパル」のロゴ 1914年に設立された日本のアウトドアブランドのパイオニアです。小川テント、小川キャンパルと名称を変更し、現在はキャンパルジャパンとして経営されています。キャンプ用テントのほか、防災用、イベント用テントでも高い人気を誇っています。

【小川キャンパル ピルツ15Ⅱ】

グループや家族でも楽しめる8人用の大型テント。出入り口には直射日光を遮るサイドスカートや屋内換気を効率よく行うためのメッシュパネルやベンチレーターが配置されていて機能的に使え、開放感も味わえるテントです

ITEM
小川キャンパル ピルツ15Ⅱ
●素材:本体/ポリエステル210d(耐水圧1800mm)、グランドシート/ポリエステル210d(耐水圧1500mm)、ポール/スチール径32mm
●収納サイズ:120×28×32cm
●重量:幕体/約11.0kg、ポール/約3.5kg

コールマンの一般的なテントからの買い替えでした。
設営は楽です。
フルインナー付けて大人2名小学生、幼稚園児各1名、犬1匹
中型犬
で使用してますが、余裕です。
雨天撤収時も時間が掛からないので、今迄より濡れませんでした。


アウトドアブランド【ジェットボイル】

アウトドアブランド「JETBOIL」のロゴ わずかな燃料でも小さな火力を生み出し水を沸騰させるテクノロジーを活用し、効率的に湯沸かしや調理を可能にするアウトドアクッカーを考案したブランドです。コンパクトさも魅力の一つ。

【ジェットボイル マイクロモ】

氷点下環境でも素早く沸騰させる沸騰性能から微妙な火力調整可能なとろ火機能までを備えた、ジェットボイルのハイエンドモデル。

ITEM
ジェットボイル マイクロモ
●素材:アルミニウム(カップ本体)
●サイズ:直径104mm×高さ165mm(収納時)
●容量:0.8L
●重量:400g(ガスカートリッジを除く)

アウトドアブランド【アライテント】

アウトドアブランド「アライテント」のロゴ
出典:好日山荘
東京都中野区で1965年に創業以来、高品質な登山用品を作り続けるアウトドアブランド。製品は日本国内の工場でハンドメイド。一つ一つ丁寧に製造されています。初心者用からプロユースまで幅広い層に人気があります。

【アライテント エアライズ2】

東レのファリーロ中空糸を本体に使用した軽量コンパクトなテント。従来品よりも軽量になったことで携帯性が優れている点のほか、豊富なオプションを装着することで4シーズンを通じて使用できることが魅力のシステムテントです。

ITEM
アライテント エアライズ2
●重量:1550g(本体+フレーム+フライシート)
●サイズ:設営時:間口130×奥行210×高さ105cm、収納時:本体30×15φcm、フレーム38cm
●素材:本体:28dnリップストップナイロン、フライ:30dnリップストップナイロンPUコーティング、シート:40dnナイロンタフタPUコーティング、フレーム:NSL9フェザーライト(DAC社製)

お気に入りのアウトドアブランドを見つけよう!

アウトドアブランド「ロッジ」でダッチベイビーで調理をしている風景 アウトドアブランドを厳選してご紹介しました。それぞれ独自の価値観を持って技術や思想が継承されてきたことがわかったので、製品を選ぶ際にはデザインや機能だけで選ぶのでなく、ブランドが持つ価値観や思想を理解して、共感を得られるお気に入りのブランドを選ぶことでより豊かなアウトドアライフを送りたいですね!

 

Let’s find my favorite outdoorbrand!

お気に入りのアウトドアブランドを見つけよう!

    紹介されたアイテム

    モンベル サンダーパス ジャケット Me…
    サイトを見る
    パタゴニア メンズ・トレントシェル・ジャ…
    サイトを見る
    コロンビア アイスヒルフーディー
    サイトを見る
    スノーピーク アメニティドームS
    サイトを見る
    エムエスアール ハバハバNX 2人用
    サイトを見る
    コールマン ノーススター チューブマント…
    サイトを見る
    アークテリクス アロー22
    サイトを見る
    ソト ステンレスダッチオーブン12インチ
    サイトを見る
    グレゴリー デイパック
    サイトを見る
    キャラバン C1_02S
    サイトを見る
    ユニフレーム ファイアグリル
    サイトを見る
    キャプテンスタッグ トラッド アルミロー…
    サイトを見る
    スント コア クラシック
    サイトを見る
    ダナー ダナーライト3
    サイトを見る
    ファイントラック スキンメッシュロングス…
    サイトを見る
    キーン ジャスパー
    サイトを見る
    ロッジ キャンプオーヴン10インチ
    サイトを見る
    小川キャンパル ピルツ15Ⅱ
    サイトを見る
    ジェットボイル マイクロモ
    サイトを見る
    アライテント エアライズ2
    サイトを見る

    関連する記事

    アウトドアブランド「スノーピーク」のテントでキャンプを楽しむ風営
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    keiichiro kaneko

    学生時代、競技スキーを志す傍らで始めた山とスキーの専門ショップでのアルバイト。そこで初めてキャンプに出会い、最近ファミリーキャンプを卒業。今後、ソロキャンパーを目指す焚き火好き。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!