最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
6種類の燻製器

燻製器おすすめ20選|自宅?キャンプ?目的別の選び方や自作方法

食材を煙で燻すことで味わいのある香りと風味が楽しめる燻製料理。そんな燻製料理を楽しむためには燻製器があると便利です。

そこで今回は、オススメの燻製器をご紹介! アウトドア用や自宅用などさまざまな種類が発売されているなかで「失敗しない選び方」や「用途別のオススメ燻製器」、また「自作方法」なども紹介します。まだ持っていないという人は要チェックですよ!

目次

アイキャッチ画像作成:筆者

燻製器の選び方は?

箱型燻製器とアウトドアテーブル

さまざまな種類が発売されている燻製器。「どれを選んでよいか迷ってしまう」という方のために、まずは「失敗しない選び方」を詳しく紹介していきます。
殻付きエビの燻製

出典:Instagram by@cameronsjapan

ポイントは用途に合った形状や素材選び。アウトドアで燻製を楽しむなら丈夫な素材で持ち運びに優れた燻製器が便利ですし、自宅で楽しむなら煙のニオイが気にならない密閉度の高い形状や鍋型の陶器製などがよいでしょう。ちょっとお値段が高くなりますが便利な機能を備えた家電タイプもオススメです。
▼各項目をタップすると詳細に飛べます

この記事で紹介する燻製器
①キャンプ・アウトドア用のおすすめ
②自宅用のおすすめ

形状、大きさは使い方に応じて選ぼう

コールマンのキャンピングオーブンスモーカー

燻製器の形状には大きく分けて「箱型」と「鍋型」の2種類があります。それぞれの特徴を理解した上で、使い方に応じた形状の燻製器を選ぶようにしましょう。

箱型

コールマンの箱型燻製器

◎ 大きな食材をフックで吊るして燻すときに便利
◯ 網棚を2〜3段設置できるので、多くの食材を一度に燻製にできる
△ 組み立てや網の設置に多少手間が掛かる
鍋型

鍋型の燻製器

◎ 場所を取らず自宅でも使いやすい形状
◯ コンパクトで燻製器内の温度が上昇しやすいため、短時間で燻製が楽しめる
△ 網棚がひとつしか設置できないので大量の食材を燻せない

燻製器は大きければ大きいほど一度にたくさんの量を燻すことができるので、どれぐらいの量の燻製を作りたいかで大きさを選ぶことがポイントです。

燻製器の中にあるチキンとウインナーと鮭

また大型のブロック肉や魚をフックに吊るして丸ごと燻製にしたいときは、高さ40cm以上ある箱型の燻製器がオススメ。アウトドア用途で持ち運びを重視するなら10〜20cmほどのコンパクトモデルや折りたたみ形状の燻製器が便利です。

素材は耐久性や使いやすさを考えよう!

ステンレス製の燻製器

燻製器は、形状や大きさの他にも「素材」にも注目を。アウトドア用なら強度に優れたステンレスや鉄素材、また軽いダンボール素材なら持ち運びに便利です。
一方自宅用なら、多くのキッチン用品にも使われている陶器やホーロー素材がオススメです。

ステンレス・鉄強度に優れているのが特徴。ステンレスは錆にくいので手入れが楽
陶器熱伝導率が低いので熱くなりにくく冷めにくい
セラミック非常に固く軽いのが特徴。熱に強く錆びにくい
ホーロー強度が高く耐熱性や冷却性に優れる。ニオイが付きにくい
ダンボール軽く緩衝性があるのが特徴。リサイクルして再利用できる

IHヒーターの上に置かれた燻製器

出典:Instagram by@soto_japan_official

自宅で燻製器を使う場合はIHに対応しているかなどもチェックポイント。最近では直火以外の熱源にも対応した自宅で使える燻製器が数多く発売されているので、特にキッチンで使用したい方は選ぶ際に確認するようにしましょう。

ガスコンロに置かれた鍋型燻製器

出典:Instagram by@soto_japan_official

また自宅で燻製器を使う場合は、しっかり換気扇をまわすなど煙に対する対策が必要。燻製器の煙は特有のニオイがあるため、部屋や衣服に煙のニオイが付かないためにも換気を心掛けたいところですが、窓を開けたりベランダで燻製器を使用するとお隣近所に迷惑が掛かってしまうことも。場所や時間帯を考えて使用するようにしましょう。

美味しく燻製するために!付属品をチェック

フランクフルトと肉の燻製が2段の網に置かれている

出典:Instagram by@snowpeak_official

燻製器本体のほかにも、美味しく燻製するための付属品が充実しているかもチェックしましょう。たとえば、吊り下げフックなどの付属品が充実しているとたくさんの量をバランスよく燻製にすることが可能です。

野外に置かれたステンレス燻製器

また、温度計が標準装備されていれば適正の温度で管理しやすく、美味しく燻製にすることが可能。あらかじめスモークチップが付属していたり、食材の油受けトレイが付いているタイプなら快適な燻製作りが楽しめるでしょう。

家で使うなら家電タイプもおすすめ!

燻製用の家電

出典:Instagram by@apix_intl

家電タイプの燻製器はアウトドア用とは違い家での使用を目的に作られているので、煙やニオイを軽減できる「除煙・脱臭機能」搭載のモデルが多数。

また「オーブン」「グリル」「トースター」など多目的に使える機能を兼ね備えたモデルも発売されているので、家で快適に燻製料理を楽しむことができますよ。

目的別おすすめ燻製器

網に並べた燻製前の食材

出典:Instagram by@soto_japan_official

選び方がわかったところでここからは、キャンプ・アウトドア、自宅と目的別にオススメの燻製器を紹介します。

キャンプ・アウトドアにおすすめ

SOTO お手軽香房 ST-124

●サイズ:22.2×19.4×41.5cm
●重さ:2kg
●材質:フタ,チップ皿:鉄(メッキ鋼鈑)/網:鉄(亜鉛メッキ)/フック:ステンレス/つまみ:天然木
おすすめポイント!
●正面本体がフルオープンで開くから大きな食材もレイアウトしやすい
●コンパクトに折りたためるから持ち運びが便利
●熱燻・温燻どちらも楽しめる

SOTO 燻家 ST-114

●サイズ:23×23×52cm
おすすめポイント!
●ダンボール製だから初心者スモーカーに最適
●繰り返し使用可能
●手軽に組み立てられ持ち運びも便利

ユニフレーム インスタントスモーカー 665930

●サイズ:25×30×28cm
●重さ:1.7kg
●材質:ガルバリウム鋼板
おすすめポイント!
●折りたたんで収納することができる
●熱燻・温燻どちらでも使用可能
●専用の収納ケースが付属

スノーピーク コンパクトスモーカー CS-092

●サイズ:31.5×22×16.5cm
●材質:本体:ステンレス0.5mm厚/ネット,汁受け皿:ステンレス/ツマミ:天然木
おすすめポイント!
●2段構造のネットと汁受け皿がセットになったコンパクトスモーカー
●魚をそのままスモークするのにちょうどよいサイズ
●折りたたみ式のハンドルが付いているので持ち運びしやすい

スノーピーク スモークマイスター モクーモ CS-095

●サイズ:22×22×47cm
●重さ:5kg
●材質:ステンレス、スチールメッキ
おすすめポイント!
●2019年グッドデザイン賞を受賞したオシャレなデザイン
●乾燥・燻製・再乾燥の、燻製の基本となる工程がこれひとつで完結できる
●スモークチップ・スモークウッドの燻煙材どちらも使用可能

コールマン ステンレススモーカー2 2000026791

●サイズ:25×26.5×40cm
●重さ:約2.1kg
●材質:ステンレス、他
おすすめポイント!
●丈夫なステンレス素材を使用
●フタ裏からフックで魚などを吊るしスモーク可能
●熱燻で燻すときに便利な温度計付き

コールマン キャンプコンパクトスモーカー

●サイズ:約φ23.5×20cm
●重さ:約0.8kg
●材質:材質:ステンレス、他
おすすめポイント!
●コンパクトに持ち運びできる熱燻製専用スモーカー
●煙が漏れにくい構造なので室内での使用も可能
●持ち運びに便利な収納ケース付き

▼詳しくはこちら!

キャプテンスタッグ アドバンス折りたたみスモーカー M-6547

●サイズ:24×25.5×40cm
●重さ:2.5kg
●材質:本体,ふた,チップ容器:鉄(亜鉛めっき)/スタンド,網,フック,ハンドル:鉄(クロムめっき)/つまみ:天然木
おすすめポイント!
●手軽に燻製を楽しみたいときにちょうどよいサイズ感
●カセットガスコンロに乗せて使える
●持ち運びや収納に便利な折りたたみスモーカー

キャプテンスタッグ フェルトスモーカーセット円筒型 M-6546

●サイズ:φ18.5×30.5cm
●重さ:1kg
●材質:本体,ふた,底板:鉄(亜鉛めっき)/網,フック,吊り下げバー,ハンドル:鉄(クロムめっき)
おすすめポイント!
●吊り下げや網のせどちらにも対応
●魚など吊り下げたまま出し入れができるフックバー付き
●カセットガスコンロに乗るコンパクトサイズ

バンドック スモーク缶 BD-439

●サイズ:φ25×37cm(取っ手含まず)
●重さ:1.4kg
●材質:アルミニウム・鋼(クロムめっき)
おすすめポイント!
●ガスコンロやカセットコンロ、七輪などさまざまな熱源に対応
●空気調整弁や温度計が標準装備
●温燻・熱燻どちらにも対応可能

tab.  燻製かんたん缶スモーカー

●サイズ:Φ19.6×17.5cm
●材質:本体:アルミメッキ鋼板/網:スチール(メッキ)
おすすめポイント!
●BBQコンロに乗せて燻製作りが可能
●スモークチップ・スモークウッド両方に対応
●チップ皿やサクラスモークチップ100g付きなのですぐに使用可能

▼詳しくはこちら!

ロゴス LOGOSの森林 クラフトスモーカー EMiwa 81066021

●サイズ:24×26×29.5cm
●重さ:0.41kg
●材質:本体:紙/網:スチール/アルミ皿:アルミ
おすすめポイント!
●組立簡単なダンボール製
●ダンボール製スモーカーながら2段式の本格仕様
●食材部分や燃料部分の扉はフルオープンするので作業しやすい

自宅用におすすめ

SOTO スモークポットIH ST-128

●サイズ:23×19×14.2cm
●重さ:約1.4kg(金網含む)
●材質:鍋本体:耐熱陶器/フタ:磁器/金網:鉄(亜鉛メッキ)
おすすめポイント!
●食材にしっかり熱を伝えやすい陶器製
●IH調理器やガスコンロどちらにも使用できる
●便利な温度計付き

SOTO キッチン香房 ST-125

●サイズ:φ21×16cm
●重さ:0.52kg
●材質:鍋,フタ,ハンドル:ステンレス/燻煙網:鉄(クロームメッキ)/ツマミ:天然木
おすすめポイント!
●キッチンで使いやすい鍋型スモーカー
●収納に便利な折りたたみハンドル付き
●燻製中も熱くならない木製ツマミを採用しているので食材を確認しやすい

キャメロンズ ミニスモーカー

●サイズ:17.5×42.5×7cm
●重さ:約1.2kg
●材質:ステンレス
おすすめポイント!
●手軽に燻製が楽しめるコンパクトサイズ
●ガス・炭火・オーブン・IHに対応したマルチスモーカー
●ハンドルが折りたためるのでコンパクトに収納できる

アペルカ テーブルトップスモーカー

●サイズ:23×18×22cm
●重さ:約0.8kg
●材質:本体:鋼板(シリコン樹脂塗装)/つまみ:ウォールナット/蓋,網,チップ皿:ステンレス鋼
おすすめポイント!
●2020年グッドデザイン賞を受賞したオシャレなデザイン
●スモークチップ・スモークウッドどちらにも対応
●便利な収納ケース付き

▼詳しくはこちら!

長谷園 燻製器いぶしぎん 小 NCT-43

●サイズ:φ23.5×18cm
●重さ:3kg
●材質:陶器
おすすめポイント!
●土鍋スタイルのオシャレな陶器製燻製器
●本体とフタの間に水を張ることで煙が漏れない
●直火に対応し空焚きできる

ツヴィリング ツヴィリングプラス スモーカーセット 28cm 40999-028

●サイズ:49×29×11cm
●重さ:約2kg
●材質:ステンレス、アルミニウム
おすすめポイント!
●フタに高さがあるので煙が滞留しやすくスモーク料理に最適
●食材の油が直接チップに落ちない構造を採用
●鍋料理にも使えるマルチタイプ

パナソニック ロティサリーグリル&スモーク NB-RDX100

●サイズ:40.5×41.6×28cm
●重さ:8.6kg
●材質:カラー鋼板
おすすめポイント!
●グリル・燻製・オーブン・トースターの1台4役
●360度回転させてかたまり肉を炙り焼きできる
●気になる煙のニオイを抑える減煙・減臭機能付き

アピックス 燻製スモークロースター ASR-240

●サイズ:42.6×35.5×28.3cm
おすすめポイント!
●アウトドアをイメージしたシルバー・カーキの2色展開
●煙を逃さず燻すことができる特性ホーロー燻製容器を採用
●50品目のレシピブックが付属しているので誰でも簡単に始められる

燻製は3種類あるって知ってた?

ブロック肉の燻製

燻製には「熱燻」「温燻」「冷燻」の3種類の燻製方法があり、時間や温度を調整することで食材に適した燻製に仕上げることができるんです。

熱燻法温燻法冷燻法
温度80度以上の高温80度以下30度以下
時間短時間数時間数日間
食材卵、チーズ、ホタテなどベーコン、ロースハムなど生ハム、スモークサーモンなど

ジューシーに仕上げたいときは「熱薫」が◎

チーズと卵とウインナーの燻製

出典:Instagram by@soto_japan_official

たとえば卵やチーズなど素材の水分を残したジューシーな仕上がりに仕上げたい場合は、80度以上の高温で短時間に燻煙する「熱燻」が最適です

柔らかく仕上げたいときは「温薫」が◎

燻製器に入ったベーコンブロック

またベーコンやローストハムなどやわらかい仕上がりに仕上げたいときは、80度以下で数時間かけて燻煙する「温燻」がおすすめ

長期保存には「冷薫」が◎

レモンが乗ったスモークサーモン

出典:Amazon

30度以下で数日間かけて燻製する「冷燻」は、しっかり食材の水分が抜けるので長期保存ができる燻製作りが可能。生ハムやスモークサーモン・ビーフジャーキーなどの食材に最適ですが、キャンプやアウトドアなら短時間で完成する「熱燻」や「温燻法」が主流になります。

燻製はチップやウッドで味わいが大きく変わる!

燻製を始める準備

燻製で使うスモークウッドスモークチップは、食材の味わいを大きく左右するアイテム。たとえばスモークウッドは着火することで数時間燃焼し続けることができるので温燻向き、またスモークチップは高温で短時間に燻したい食材に最適であり熱燻向きとなります。

より自分好みの味にするために、チップの特徴を知っておこう

ウッドチップが燃えて発煙している

燻製材の素材の違いによっても香りに違いがあり味わいが大きく変わりますので、スモークウッドやスモークチップの素材別の特徴を理解することで、食材をより美味しく仕上げることが可能です。

素材特徴・おすすめ食材について
サクラ香りが強いのが特徴。豚肉やラム肉などクセの強い食材にオススメ
ヒッコリー香りのクセが少ないため魚や肉類など幅広く使用可能
ブナ色づきがよく適度な渋みが特徴。魚介類との相性に優れる
クルミクセのない燻香が特徴。チーズやスモークサーモンなどにオススメ
リンゴほんのりと甘くマイルドな仕上がりが特徴。魚介類の燻製に最適

何を選んでよいか分からないときは「ヒッコリー」がオススメ。肉類や魚介類など幅広い食材に合わせることが可能です。

また比較的クセのある肉類には香りの強い「サクラ」がオススメ。クセの少ない白身魚や魚介類には「クルミ」や「リンゴ」などの燻製材がよいでしょう。

SOTO スモークチップス ヒッコリー ST-1314

●内容量:500g

SOTOのシダーグリルプレートを使用して燻製する

撮影:フィグインク

「燻製料理に挑戦したいけどなんだか手間が掛かって難しそう」という方にオススメしたいのが、SOTOの「シダーグリルプレート」! 敷いて焼くだけで手軽に燻製料理が楽しめますよ。

SOTO シダーグリルプレート ST-162

●サイズ:14×28×1cm
●重さ:約150g
●材質:ウェスタンレッドシダー(米杉)

▼詳しくはこちら!

燻製器以外で燻製する方法

メスティン飯盒で燻製した食材

出典:Instagram by@s_y0519

本格的な燻製料理や量をたくさん作りたいときは燻製器を使うのが断然オススメですが、ちょっとしたおつまみ程度の簡易的な燻製ならお手持ちの調理器具で作れちゃうんです。ここからは燻製器以外で燻製料理を楽しむ方法を紹介!

ダッチオーブンやメスティン使った燻製には、アルミホイルがあると便利

火にかけられたダッチオーブン

出典 : WILD-1

ダッチオーブンを使えば、火にかけてスモークチップで燻す「熱燻」で燻製作りも可能です。
アルミホイルを使用して作った魚の燻製

出典 : ユニフレーム

匂いや汚れが付きやすくはなりますが、アルミホイルを巧みに使うことで燻製器にも負けず劣らずの燻製が作れますよ!
▼詳しくはこちら!


加熱されているメスティン

撮影:ベランダ飯

キャンプ好きなら誰しも持っているといっても過言ではない人気の調理器具「メスティン」でも燻製ベーコンを作ることが可能です。
アルミホイルに包まれたベーコン

撮影:ベランダ飯

ここでもアルミホイルが大活躍しますよ!
▼詳しくはこちら!

燻製器は100均アイテムだけで自作もできる!

自作の燻製器

燻製器自体は販売していませんが、100均ショップに売っている「深型の片手鍋」にお菓子作り用の「粉ふるい」、そして「スポンジ型」と「フタ」の4点があれば燻製器を自作できちゃいます。
鍋とケーキ型で作った燻製器

燻製チップを底に敷いた片手鍋の上にスポンジ型と粉ふるいを乗せてフタをするだけで完成!
▼詳しくはこちら!


片手鍋を重ねた燻製器

撮影:関美奈子

こちらはダイソーで入手した片手鍋2つを使った自作方法。スモークチップを底に敷いた片手鍋に粉ふるい器を網代わりに使用することで自作の燻製器が出来上がります。
アルミ箔鍋で燻製する

撮影:関美奈子

片手鍋の代わりにアルミ箔製の鍋2つを使ってもOK。身近なアイテムでオリジナルのスモーカー作りに挑戦してみるのも良いですね!
▼詳しくはこちら!

キャンパーたちの“燻活”をチェック!

メスティンで燻製にしたうずらの卵など

出典:Instagram by@takahaco

燻製初心者のキャンパーにとって「燻製にして美味しい食材ってなんだろう?」「初めてでも燻製料理に挑戦しやすい食材ってどれだろう?」と気になったことはありませんか?

そこでここからは、「キャンパーが選んだ燻製にオススメの食材ベスト3」をランキング形式でご紹介。次回の燻製作りでぜひ挑戦してみてくださいね。

3位:卵

卵の燻製

出典:Instagram by@takibi_saito

第3位は定番中の定番ともいえる「卵」。特別な加工を必要とせず、初めてでも挑戦しやすい卵が3位となりました。味の染み込んだ燻製たまご、病みつきになっちゃいますね!

2位:ベーコン

網に乗せられたベーコン

出典:Instagram by@mojyacamp

第2位には「ベーコン」が堂々のランクイン! やっぱりキャンプにお肉料理が欠かせません。燻製の香りがより一層食欲を掻き立てます。

1位:チーズ

チーズの燻製

出典:Instagram by@niconico_camp

断トツの第1位が「チーズ」。燻製の香りがより濃厚な味わいを引き立て、手軽に燻製が楽しめる食材として幅広いキャンパーから大人気です。お酒のおつまみに最高ですね!
▼その他おすすめの燻製レシピはこちら!

燻製器で自分だけのおつまみを作ってみよう!

ウインナーとコーンの燻製

出典:Instagram by@soto_japan_official

燻製器にはアウトドアで使用するのに最適な燻製器や自宅で快適に使用できる燻製器などさまざまな種類が発売されており、用途に合った燻製器を選ぶことがポイントです。

ぜひ今回紹介した「燻製器の選び方」や「用途別のオススメ燻製器」を参考に、自分だけのおつまみを燻製機で作ってみてくださいね!

こちらの記事もおすすめ!