テントマットおすすめ14選!初心者でも極上の寝心地を約束!

テントマットは、シュラフと床の間に敷く夜の睡眠の質を左右する重要なアイテム。その種類とおすすめを14選ご紹介!各テントマットの役割と特長をしっかり把握して、間違いのないテントマットを選ぶことは大切です。寝苦しい夜とおさらばしましょう!


アイキャッチ画像出典:家族でWakuWakuキャンプ!tsune[大阪発]

テントマットが果たす2つの重要な役割とは?

テントマットが果たす2つの重要な役割
出典:THERMAREST
キャンプの夜。冬は寒さ・夏は暑さを凌いでいかに快適に眠るかが最大の課題ですが、それを左右するのはまずシュラフ!と思いがちですが、実は同じくらい重要なのがテントマット。

テントマットの役割とは、一体どういったものなのでしょうか?
1.快適な寝心地を確保できる!


テントマットの寝心地
出典:snowpeak
重要なひとつめの役割は、快適な寝心地を確保すること。地面の凸凹を吸収し体を優しく包み込むマットは、キャンプの夜のマストアイテム!

シュラフさえあれば安心とタカをくくっている方、マットなしではゴツゴツして背中を痛めるだけでなく、シュラフ本来の保温力も発揮されない場合もあるので要注意ですよ!

2.断熱効果が得られる!


テントマットの断熱 寝心地と同じくらい重要な役割が「断熱」。冬場は床からの冷気を遮断し、夏場は逆に地面の熱で寝苦しくて眠れないなんていうことのないよう、断熱効果のあるマットを敷きましょう。

このマットの断熱性能を表す指標が「R値(熱抵抗値)」。その素材がどれだけ熱を透過させにくいかを表す数値で、 R値が大きいほど熱が逃げづらく、断熱材として優秀ということになります。

マットを選ぶ際は是非参考にしましょう!


3つのポイントを意識してテントマットを賢く選ぼう!


テントマットの選び方 テントマットは数あれど、どんな種類があってどのように選ぶのが良いのでしょうか?まずはその種類からチェックしていきましょう!

POINT1:用途に合ったタイプを選ぶ

テントマットには大きく分けて「発泡式マット」と「エア注入式マット」の2種類があり、そのどれを選ぶかは性能・携行性などにおいて、優先したいポイントを考慮して選びましょう。

銀マット

 

 

銀マット
 
出典:Amazon
発泡マットはもっともベーシックなテントマットで、一般的に使われているのはこの銀マット。たたんだり丸めたりと収納も簡単で、春・初秋のキャンプであれば断熱効果も充分です。

ウレタンマット

ウレタン
出典:PHOT
真夏や冬場、また過酷な気候条件下のキャンプで発泡マットを使用するのであれば、合成樹脂などでできた高断熱・高性能のウレタンマットが望ましいでしょう。丈夫な分やや嵩張りますが、中には意外と軽いものもあり、軽に地面に敷ける利便性と、何より高い断熱力が最大のメリットです!



エアマット

テントエアマット ポンプやエア注入器を使って空気を送り込んで膨らませるタイプ。ウレタン・発泡性マットより浮遊感があるので、寝心地重視派にオススメです。空気を入れていない状態でたためば場所もとりませんが、空気を入れたり抜いたりの手間と、ウッカリ破裂もしかねないのが気になるポイントです。

インフレーターマット

テントインフレーター 寝心地は捨てがたいけれどエアマットのようにしゃかりきに空気を送り込むのは骨が折れそう…という方におすすめなのが、インフレーターマット。中にスポンジが入っていて広げれば半自動で膨らむため、全注入式のエアマットより手間がかかりません!

POINT2:素材の断熱性と使用シーンが合致しているかを見極める

テントマットの断熱性 テントマットは各シーズンに適したアイテムを選ぶこと、つまり使用環境に合った断熱力のマットを選ぶことが大切です!たとえば銀マットは夏向けの断熱力であり、秋冬に使うなら銀マット以上の断熱力をもったEVAマットを導入するなど、シチュエーションに合った性能のマットを用意しましょう。

POINT3:他のアイテムと組み合わせて使用することを視野に入れる

シュラフとマットはセット
シュラフが通気性・断熱性においてどれほど高性能であっても、それ単体では快適に眠るのは難しいというもの。室内での就寝時も、敷布団の下にはマットレスが敷かれますよね。アウトドアにおける寝具も理想はそれと同じ、シュラフとマットはセットであると考えましょう!

各々のメリットを最大限に発揮できる組み合わせをチョイスすることが重要です。

ここまでの条件を踏まえて、実際にどのような商品があるのかをタイプ別に見ていきましょう!


発泡式おすすめテントマット6選!

コールマン フォールディングマットレス ダブル

ITEM
コールマン フォールディング マットレス ダブル
●サイズ:約120×200×1.5(h)cm(2枚)
●収納時サイズ:約60.5×17.5×41(h)cm(2枚)
●総重量:約1.7kg
●材質:表地/210Dポリエステル(PUコーティング)中綿/高密度ポリエチレンフォーム
●付属品:収納ケース

ゴワゴワしない折たたみ式安眠マット。マット単品自体がダブルでは無くシングルが2枚構成でマット端面に付いているマジックテープで連結出来きるため、就寝する人数に応じてアレンジ可能!
ごつごつの床に寝袋だけで泊まってたんだけど、これでふかふかベッドに変身。車中泊が楽になりました。 出典:amazon


モンベル U.L.コンフォートシステム パッド180

ITEM
モンベル U.L.コンフォートシステム パッド180
●サイズ:長さ180×幅50×厚さ2.5cm
●収納時サイズ:φ12×25cm
●重量:630g
●素材:40デニール・ナイロン・ドビー

超軽量と快眠を両立したウレタンフォームパッド。U.L.コンフォートシステム採用により、快適な寝心地を実現。付属のスタッフバッグは、握力の弱い女性がラフに畳んだ状態でも入れやすいよう、大きめのサイズになっています!
2cm程度の小石などの凹凸は完全に吸収してくれます。少々高いですが、これを使い出したら銀マットには戻れません。何よりコンパクトにザックに入れられる点が非常に優れものです。 出典:amazon


プレミアム フリースパッドALサーモマット・SOLO
ITEM
ロゴス プレミアム フリースパッドALサーモマット・SOLO
●サイズ:(約)幅205×奥行95cm
●収納時サイズ:(約)直径17×長さ36cm
●重量:(約)900g
●主素材:[表地]ポリエステルフリース裏地]PEアルミラミネート[フォーム]ポリウレタンフォーム

上質なフリースと厚みのあるパッドがワンランク上の快適さを実現。手触りの良いフリース生地で暖かみがあり、アルミラミネート加工で冷気を遮断してくれます。

サーマレスト マット Zライト ソル
ITEM
サーマレスト Zライト ソル
●サイズ:51×183×2cm
●収納時サイズ:51×15×13cm
●重量:410g
●素材:軽量EVAフォーム

最も軽量な、そしてコンパクトなアコーディオン式収納のクローズドセルマットレス。アルミ蒸着を表面に施すことにより断熱性が向上、従来モデルと比較し暖かさが20%増加!ウルトラライトを目指す方や、耐久性と快適性を兼ね備えたマットレスを探している方に最適です。

値段はしますがキャンプで快適に過ごすにはマットの良し悪しで決まります。定番らしくこれを担いでいる登山者を多く見かけました。


サーマレスト リッジレスト ソーライト
ITEM
サーマレスト リッジレスト ソーライト
●サイズ:51×183cm
●厚さ:1.5cm
●重量:400g

表面にアルミ蒸着が施された、ロール収納のクローズドセルマットレス。アルミ蒸着加工により体から出る熱を反射し、表面の凹凸に閉じ込めます。保温性が高く初冬・初春シーズンに使用可能。アルミ処理により表面のヘタリを防止し、丈夫な作りになっています。

アウトドアでの使用は申し分なくアウトドアで使わない時にはヨガマットとにして重宝してます。


キャプテンスタッグ シルバーキャンピングジャバラマットM100
ITEM
キャプテンスタッグ シルバーキャンピングジャバラマットM
●サイズ:100cm×長さ200cm×厚さ8mm
●収納時サイズ:100cm×32cm×厚さ5cm
●材質:マット:ポリエステル(アルミ蒸着)、発泡ポリエチレン、バンド:合成ゴム

汚れを防いだり荷物を広げたりと、何かと便利なシート。 断熱性能は抜群、コンパクトながら十分のクッション性と大きさがあり、洗えて折りたためる使い勝手の良さも◎!

持ち運びに便利でファミリーキャンプでは大活躍しています。これを敷くだけでしたが全然痛くありません


エア式おすすめテントマット8選

サーマレスト プロライト
ITEM
サーマレスト プロライト レギュラー
●サイズ:51×119cm
●重量:335g

春夏秋とスリーシーズンに対応。新開発のアトモスフォームを使用してさらに小さく軽くなり、自動膨張性もアップしました。スタッフサックが標準装備。

軽量化され、テント内で就寝中に体がズレない。


サーマレスト ネオエアー ベンチャーWV
ITEM
サーマレスト ネオエアー ベンチャーWV R
●サイズ:51×183cm
●重量:620g

新技術「ウェーブコア」技術で、ネオエアーシリーズの品質とパフォーマンスを維持。同程度の価格帯・重量をもつエアマットレスに比べて2倍の暖かさが得られます。バックパッカー、キャンパー、旅行をする方々に理想的なマットレスです。


コールマン コンパクトインフレーターマットⅡ/L
ITEM
コールマン コンパクトインフレーターマット2 /L
●サイズ:(L)約183×51×2.5(h)cm、(M)約150×51×2.5(h)cm収納時サイズ:(L)約φ14×28cm、(M)約φ13×28cm
●重量:(L)約660g、(M)約560g材質
●:20Dポリエステルリップストップ、TPUコーティング
●付属品:収納ケース

新形状・素材見直しで、よりコンパクトかつ使いやすさを実現!生地表面にはノンスリップ加工ロールコントロール採用で、収納時も巻きやすく便利です。
これがあるとテントで寝るのが非常に楽です。 出典:amazon



コールマン キャンパーインフレーターマット
ITEM
コールマン マット キャンパーインフレーターマット/Wセット
●サイズ:約195×63×4(h)cm
●収納時サイズ:約φ17×68cm
●重量:約3kg
●材質:ポリエステル、ポリウレタンフォーム
●付属品:収納ケース

厚さ4cmのクッション性抜群のマット。2枚を連結してダブルとして使用しても、シングルとしても使用可能。2枚重ねるとさらに快適な寝心地に。上面のフォームをダイヤモンド状にカットし快適に。簡易ポンプになる収納ケース付き。

厚みが十分にあり、快適です。収納袋が不足のエアーを入れれる構造になっているのが簡単ですごく便利です。連結できるのもかなり便利です。


ダバダ キャンピングマット
ITEM
ダバダ キャンピングマット
●サイズ: 約180cm×58cm×3cm
●収納時サイズ:約32cm×15cm(筒型)
●重量:約995g
●付属品:収納袋・収納バンド(本体一体式)・補修シール

マット下部のバルブを開くことで自動的に膨らみます。アウトドア・キャンプでの使用にはもちろん、ツーリング、車中宿泊等さまざまなシーンで大活躍!軽量・コンパクトで地震や災害時の防災用品としてもおすすめです。

芝生にテントので使いましたが、とても快適に寝る事が出来ました。家族で使うので、つなげられるのもいいですね。ずれたりせず、特に音もしません。収納もベルトがあるので簡単です。



ドッペルギャンガーアウトドア インフレータブル キャンピングマット CM-01
ITEM
ドッペルギャンガーアウトドア インフレータブル キャンピングマット
●サイズ:(約)1800×500×15~25mm
●収納時サイズ:(約)350×直径180mm
●重量:(約)830g
● 材質:表面:190T ポリエステル+PVCコート内部:ハイパーエラスティックラバースポンジ(ダイヤモンドカット)

耐久性・軽量性・機能性・コンパクト性など、アウトドアシーンで求められる要件を高い次元で満たすキャンピングマット。エアバルブを緩め地面に広げるだけで、自ら空気を吸って膨張!表面生地には特殊加工を施し、耐スクラッチ・摩耗性を向上させています。

寒い時期でも地面からの冷気を遮断でき、収納袋も水汲みの容器や服を詰めてクッション代わりにもできてとても便利です。



ドッペルギャンガーアウトドア インフレータブル キャンピングマット CM2-64
ITEM
ドッペルギャンガーアウトドア キャンピングマット
●サイズ:(約)1800×1120×30mm
●収納時サイズ:(約)直径180×580mm
●重量:(約)2200g
●材質:表面:190Tポリエステル+PVCコート内部:ハイパーエラスティックラバースポンジ

エアバルブを緩め地面に広げるだけで、自ら空気を吸って膨らむインフレータブルキャンピングマット。ありそうでなかった特大サイズで、2人が横にならんで寝ることができ、キャンプ以外にもピクニックで「ふくらむレジャーシート」として、車中泊では「敷き布団」のように、あらゆるシーンで活躍!

膨らむとふかふかで気持ちいい。沈み込むこともなく、かといって撤収時にはすぐに空気が抜けるし、なかなかの優れものです。


キャプテンスタッグ インフレーティング ごろ寝マット
ITEM
キャプテンスタッグ インフレーティングごろ寝マット
●サイズ(約):幅55×長さ120×厚さ2.5cm
●収納時サイズ(約):外径10×長さ59cm
●重量(約):900g
●材質:表地:ポリエステル(PVC加工)、内材:ポリウレタンフォーム、バルブ:ABS樹脂

大人2人でゆったり座れ、長座布団としても活用可能!お昼寝マットに最適です。マットの生地にはポリエステルを使用し、PVC加工で強度と防水性を確保。バルブを開けて空気を抜きながら丸めるだけの簡単収納!

思った通りの商品で満足しております。 商品にはキズも無く商品説明通りでした。


キャンプで安眠できるか否かはテントマット選びにかかっている!

テントマットに座っている人
出典:楽天市場
テントマットには様々な種類があり、それぞれの特長とキャンプスタイル・シーズンとをマッチさせることが、キャンプの夜を快適にする秘訣のようですね。たかがマット・されどマット。テントマットを見直すことで、今よりもっと心地良く寝られるかも!?キャンプでもグッスリ快眠、良い夢が見られるような快適マットを見つけてくださいね!

 

The Selection Of Mat Is Important!

マット選び、重要です!

紹介されたアイテム

コールマン フォールディング マットレス ダブル

コールマン フォールディング マットレス ダブル

¥8,725 税込

モンベル U.L.コンフォートシステム パッド180

モンベル U.L.コンフォートシステム パッド180

¥10,284 税込

コールマン コンパクトインフレーターマット2 /L

コールマン コンパクトインフレーターマット2 /L

¥8,590 税込

紹介されたアイテム

ロゴス プレミアム フリースパッドALサ…
サーマレスト Zライト ソル
サーマレスト リッジレスト ソーライト
キャプテンスタッグ シルバーキャンピング…
サーマレスト プロライト レギュラー
サーマレスト ネオエアー ベンチャーWV…
サイトを見る
コールマン マット キャンパーインフレー…
ダバダ キャンピングマット
ドッペルギャンガーアウトドア インフレー…
ドッペルギャンガーアウトドア キャンピン…
キャプテンスタッグ インフレーティングご…

関連する記事

eyecatch
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。7歳と5歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!