CAMPHACK

絶対に外せない「テントのインナーマット」10選!本当にいる?失敗しない選び方は?

0

テントマット(インナーマット)は、寝袋(シュラフ)と床の間に敷く夜の睡眠の質を左右する重要なアイテム。その種類とおすすめを10選ご紹介!各テントマットの役割と特長をしっかり把握して、間違いのないテントマットを選ぶことは大切です。寝苦しい夜とおさらばしましょう!

fujii mio

アイキャッチ画像出典:家族でWakuWakuキャンプ!tsune[大阪発]

テントマットが果たす2つの重要な役割とは?

テントマットが果たす2つの重要な役割
出典:THERMAREST
キャンプの夜。冬は寒さ・夏は暑さを凌いでいかに快適に眠るかが最大の課題ですが、それを左右するのはまず寝袋(シュラフ)! と思いがちですが、実は同じくらい重要なのがテントマット。テントマットには2つの大きな役割があります。

1.地面の凹凸を対策できる!

テントマットの寝心地
出典:snowpeak
重要なひとつめの役割は、快適な寝心地を確保すること。地面の凸凹を吸収し体を優しく包み込むマットは、キャンプの夜のマストアイテム!

寝袋さえあれば安心とタカをくくっている方、マットなしではゴツゴツして背中を痛めるだけでなく、寝袋本来の保温力も発揮されない場合もあるので要注意ですよ!

2.断熱効果が得られる!

テントマットの断熱 寝心地と同じくらい重要な役割が「断熱」。冬場の冷気はいわずもがな、思っている以上に夏場も夜の地面は冷えるものです。底冷えと呼ばれるこの現象に対応するため、断熱効果のあるマットを敷きましょう。

このマットの断熱性能を表す指標が「R値(熱抵抗値)」。その素材がどれだけ熱を透過させにくいかを表す数値で、R値が大きいほど熱が逃げづらく、断熱材として優秀ということになります。

マットを選ぶ際は是非参考にしましょう!(※R値の記載がない商品もあります)

まずはマットの種類を抑えよう!

テントマットの選び方 テントマットは数あれど、どんな種類があってどのように選ぶのが良いのでしょうか? まずはその種類からチェックしていきましょう!

テントマットには大きく分けて「発泡式マット」と「エア注入式マット」の2種類があり、そのどれを選ぶかは性能・携行性などにおいて、優先したいポイントを考慮して選びましょう。

関連記事