アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!
Coleman 2022 新作コット

アウトドアコット(ベッド)おすすめ特集【2022年新作と定番】

2022/08/29 更新

キャンプで安眠を手に入れるなら、アウトドア用のコット(ベッド)は必須! さまざまなメーカーから多様なアイテムが発売されており、選択肢も豊富なこのアイテム。家でいうところの「ベッド」ですから、自分に合ったものを選びたいですよね。今回はコットのタイプ別特徴と、進化し続けている注目の新作コットから定番コットを紹介します

目次

アイキャッチ画像出典:Coleman Online Shop

キャンプでの安眠のカギ「コット」!

コールマンの新作コット

キャンプで重視したい安眠、寝心地を求めて気になるのがアウトドア用のコット。コットはベッドとしてだけでなく、荷物を置いたりベンチにしたりあらゆる使い方ができるキャンプアイテムです。

コットの特長を理解し、上手く使えば夏は風通し良く、冬は冷気を遮断して、年中活躍間違いなし! 今回はコットのタイプ別特徴と、進化し続けている注目の新作コットから定番コットを紹介します。

選び方のポイント:ハイとローどっちがいいの?

コットは大きく分けて

・高さが10~20cm程度のロータイプ
・30~40cm程度のハイタイプ

があります。

ロータイプの特徴

ローコット

出典:DOD

まずは、ロータイプのコット。バイクツーリングやソロキャンプなど、極力荷物を少なくしたいという人におすすめです。

ロータイプのコットのメリット

●安定感がある

●軽量、コンパクトで持ち運びに便利なものが多い
●幕内が低い場合は圧迫感が少ない
ロータイプのコットのデメリット

●寒い季節に冷気を感じやすい、暑い夏に熱気を感じやすい

●コット下に荷物が置けない

ハイタイプの特徴

ハイコット

出典:snow peak

30~40cmのハイタイプ車で移動する人や、荷物置き場としても使いたい人におすすめです。

ハイタイプのコットのメリット

●ベンチとしても使える

●コット下に荷物を収納することが可能
●冷気や寒気の影響が少ない
ハイタイプのコットのデメリット

●比較的大きく重いものが多い

●設営に力がかかるものがある

流行りはどっちも使える2wayタイプ

2wayコットのあるサイト

出典:instagram by @wk_camp

ロータイプ/ハイタイプの両方に組み替えたり、パーツを追加することで切り替えられる2wayタイプが最近の人気モデルです。

2wayタイプのコットのメリット

●ロータイプ/ハイタイプどちらでも使える

2wayタイプのコットのデメリット

●パーツ数、設営の手順が多くなる

それでは、タイプ別におすすめのコットを紹介していきます。ご自身が見たい項目へは目次をクリックして飛べますので、ぜひ活用してくださいね。

設営方法にワザあり!2022年新作コット4選

コットのタイプとは別に注意したいのが設営(組立て)方法、ファミリーキャンプで全員分となると結構な手間が発生します。2022年は設営方法に注目の新作が揃いました。

【ロータイプ】 コールマン コンパクトローコット2.0

生地とフレームが一体化、組立てはファスナーを閉めるだけと設営の簡単さが特徴のコールマン2022年新作コット。お子さんも安心なロータイプ。簡単組立てな分、重さが5kgあるのでオート×ファミリーキャンプにおすすめです。

コールマン コンパクトローコット2.0

●サイズ:68×207×18cm
●収納サイズ:51×21×18cm
●耐荷重:80kg
●重量:5kg

【ロータイプ】 キャプテンスタッグ トレッカー イージーライトコット

独自設計のフレーム構造により簡単組立と抜群の張りが実現されたコット。バイクツーリングやソロキャンプにも使える軽量・コンパクト。かつ、コットに重要な安眠を求めて嫌なギシギシ音も軽減されています。

キャプテンスタッグ トレッカー イージーライトコット

●サイズ:64×182×15cm
●収納サイズ:53×15×15cm
●重量:2.6kg
●耐荷重:80kg

【ハイタイプ】 キャプテンスタッグ 簡単フィールド GIベッド

こちらも独自設計の簡単組立て、フレームを上から押し込むだけの簡単組立で耐荷重100kgと安心。オートキャンプ向け。

キャプテンスタッグ 簡単フィールド GIベッド

●サイズ:64×185×44cm
●収納サイズ:95×21×10cm
●重量:5.4kg
●耐荷重:100kg

【ハイタイプ】 オガワ アルミGIベッドⅡ/ワイドⅡ

落ち着いたカラーで統一され、サイズ展開もうれしいオガワの新作ハイコット。真ん中の脚にロック機能がついており、安定して使えます。オート×ファミリーキャンプにおすすめです。

オガワ アルミGIベッド II

●サイズ:66×193×40cm
●収納サイズ:96×19×9.5cm
●重量:6.2kg
●耐荷重:100kg

オガワ アルミGIベッド ワイド II

●サイズ:75×205×49cm
●収納サイズ:102×19×9.5cm
●重量:約6.9kg
●耐荷重:100kg

流行りの2wayタイプ人気コット4選

ヘリノックス コットワン コンバーチブル

あらゆるコットの中でも最強のコットとも言われる、完成度の高いヘリノックスワン コンバーチブル。コットの設営は力が必要なものもありますが、これは独自の技術によって簡単に設営することが可能。また、別売りのコットレッグを追加すると、ハイコットにして2wayでの使用が可能になります。

ヘリノックス コットワン コンバーチブル

●サイズ:68×190×16cm
●収納サイズ:54×16×16cm
●重量:2.1Kg
●耐荷重:145kg

ヘリノックス コットレッグ

●本体サイズ:直径2.2×28cm
●収納サイズ:13×5×39cm
●重量:480g

ヘリノックスのコットについてより詳細はこちらの記事もご覧ください。

WAQ 2WAY フォールディングコット

寝心地を追求し適度に沈み込むように作られたベッドシートが特徴です。

WAQ 2WAY フォールディング コット

●サイズ:65×190×37/19cm
●収納サイズ:60×18×18cm
●重量:3.2g
●耐荷重:150kg

ネイチャーハイク 折りたたみベッド

2wayタイプのうち、軽量さを求めるならこちらがおすすめ。

ネイチャーハイク 折りたたみベッド

●サイズ:65×190×38/17cm
●収納サイズ:55×19×19cm
●重量:2.7kg
●耐荷重:150kg

フューチャーフォックス

5本脚が特徴。ベッド生地の張り具合や安定性、耐重量が格段にアップしています。ブラックとカーキの無地に加えてノルディック柄もあります。

フューチャーフォックス 2WAYコット

●サイズ:65×190×38/19cm
●重量:3.8kg
●耐重量:200kg

2wayコットについてより詳細はこちらの記事もご覧ください。

軽量×コンパクトなロータイプ4選

3.0kg以下の超軽量コットを集めました。ソロキャンプやツーリングで、できるだけ荷物をコンパクトにまとめたい!という人におすすめです。

ヘリノックス ライトコット

超軽量ローコットで重さはわずか1.3Kg以下。とにかく軽量で性能も良いコットをお探しならこちらで間違いなしです。

ヘリノックス ライトコット

●サイズ:60×185×13cm
●収納サイズ:53×13×13cm
●重さ:1.3Kg
●耐荷重:120kg

DOD バッグインベッド

収納のコンパクトさが特徴のコット。適度な沈み込みがあり、コット幅72cmは寝心地も◎軽量×コンパクトでも寝心地も妥協したくない方におすすめ。バイクの後ろに積載しやすいので、ツーリングキャンプを楽しみたい人は要チェック!

DOD バッグインベッド

●サイズ:72×183×15.5cm
●収納サイズ:51×16×13cm
●重さ:2.6kg
●耐荷重:120kg
DODのコットについてより詳細はこちらの記事もご覧ください。

ハイランダー 軽量アルミローコット

ハイコスパがうれしいハイランダーからも2kgと軽量のコットが発売。ヘリノックスに比べると軽量さでは及びませんが、抜群のコスパでコットを試してみたいという方にもおすすめ。

ハイランダー 軽量アルミローコット

●サイズ:68×188×16cm
●収納サイズ:55×14×14cm
●重さ:2kg
●耐荷重:80kg
ハイランダーのコットについてより詳細はこちらの記事もご覧ください。

フィールドア アルミコンパクトコット

こちらもコスパで人気のフィールドア。選べるカラーや木目柄などデザイン面や難燃TC素材などこちらも目が離せません。

フィールドア アルミコンパクトコット

●サイズ: 60×190×17cm
●収納サイズ : 50×20×20cm
●重量:2.7kg
●耐荷重:150kg

フィールドア アルミコンパクトコット TCモデル

●サイズ:60×190×17cm
●収納サイズ : 50×20×20cm
●重量:2.8kg
●耐荷重:150kg

使い勝手の良いハイタイプ4選

スノーピーク ハイテンション

スタイリッシュなデザインで、自宅のインテリアにもなるおしゃれなコット。脚部分はX型の2本のフレームで支えられており、寝る人の重さによってほどよいテンションがかかり寝心地抜群です。

スノーピーク ハイテンション

● サイズ:65×200×32cm
●収納サイズ:125×16.5×14.5cm
●重量:6.0kg

スノーピークのコットについてより詳細はこちらの記事もご覧ください。

ロゴス Tradcanvas コンフォートベッド

収束型のフレームでスピーディに設営・撤収、ベッド広げるだけでセッティングが完了します。女性でも簡単に組立てられ、ゆったりサイズなので寝心地も快適です。

ロゴス Tradcanvas コンフォートベッド

●サイズ:72×205×34cm
●収納サイズ:74×30×15cm
●重量:6.4kg
●耐荷重:100kg

コールマン パックアウェイコット

コンパクトに収納できる収束型フレーム構造で広げるだけで3秒で設営完了。ハイコットの中では比較的軽量で持ち運びにも適しています。

コールマン パックアウェイコット

●サイズ:62×190×36.5cm
●収納サイズ:95×22×17.5cm
●重量:4.5kg
●耐荷重:約80kg

フィールドア アウトドアコット

ハイコスパで最安5,000円以下のモデルも(2022年2月調べ)TC素材もラインナップされ焚き火好きなキャンパーにうれしいコットです。

フィールドア アウトドアコット

●サイズ:69×190×40cm
●収納サイズ : 92×17×8cm
●重量:5.1kg
●耐荷重:180kg

フィールドア アウトドアコット TC

●サイズ:69×190×40cm
●収納サイズ : 92×17×8cm
●重量:5.1kg
●耐荷重:180kg

ハイタイプのコット詳細についてはこちらの記事もご覧ください。

寝心地×大柄な方向けのワイドタイプ4選

コットはタイプ以外にもサイズがさまざまあり、身長や体型に合ったものでないと寝心地が悪いということも。

75cm以上の幅があるワイドサイズのコットを集めました。

【2wayタイプ】 ヘリノックス コットマックス コンバーチブル

幅が75cmあり、身体の大きい人やゆったりと寝たい人におすすめです。別売りのコットレッグを取り付けることで、2wayタイプとして使えます。

ヘリノックス コットマックス コンバーチブル

●サイズ:75×210×17cm
●収納サイズ:58×16×17cm
●重さ:2.83kg
●耐荷重:145kg

ヘリノックス コットレッグ

●本体サイズ:直径2.2×28cm
●収納サイズ:13×5×39cm
●重量:480g

【ハイタイプ】 ロゴス グランベーシック EZアッセムコット

ロゴス独自のEZハンドルシステムで簡単セッティング、シックなカラーに上質な寝心地で大人のキャンプに似合う上質コットです。

ロゴス グランベーシック EZアッセムコット

●サイズ:76×190×40cm
●収納サイズ:92×20×12.5cm
●重量:6.3kg
●耐荷重:120kg

【ロータイプ】 フィールドア アルミコンパクトコット ワイド

コスパに加えてラインナップの豊富さが人気のフィールドア。これまで紹介のコットにもワイドサイズが展開されています。ファミリーキャンプなど数を揃えたい場面で、コスパ良くブランドを揃えられるのが魅力的です。

フィールドア アウトドアコット ワイドサイズ

●サイズ:78×190×17cm
●収納サイズ:65×20×20cm
●重量:3.2kg
●耐荷重:150kg

フィールドア アウトドアコット T/C ワイドサイズ

●サイズ:78×190×17cm
●収納サイズ : 65×20×20cm
●重量:3.3kg
●耐荷重: 150kg

【ハイタイプ】 フィールドア アウトドアコット ワイド

ハイタイプにもワイドサイズが揃えられています。日中はベンチや荷物置きにと大活躍◎。シュラフを干したり、設営・撤収時に汚したくない物の置き場所にも、ハイタイプのワイドは用途も幅広く使えますね。

フィールドア アウトドアコット ワイドサイズ

●サイズ:86×198×44cm
●収納サイズ:97×9.5×22.5cm
●重量:7.3kg
●耐荷重:180kg

技あり!機能的コット4選

【2wayタイプ】 ヘリノックス コットワンコンバーチブル インシュレーテッド

コットのシートへエアが注入できるモデル。保温性、寝心地が大幅にアップ!エアで硬さを調整できるので、自分好みの寝心地を追求することができます。別売りのコットレッグを取り付けることで、2wayタイプとして使えます。

ヘリノックス コットワンコンバーチブル インシュレーテッド

●サイズ:68×190×17cm
●収納サイズ:64×20×20cm
●重さ:2.85Kg
●耐荷重:約145kg

ヘリノックス コットレッグ

●本体サイズ:直径2.2×28cm
●収納サイズ:13×5×39cm
●重量:480g

【2wayタイプ】 DOD ハンペンインザスカイ

ネーミングもユニークな、DODのエア式コット。ふわふわの浮遊感がある極上の寝心地で、昼寝も夜もぐっすり寝られそう。2wayで使用可能です。

DOD ハンペンインザスカイ

●サイズ:78×190×39cm
●収納サイズ:44×25×22cm
●重量:5.9kg
●耐荷重:180kg

【ハイタイプ】 ロゴス グランベーシック ベッドスタイル BIGコット

なんと家庭用シングルベッドと同じサイズの巨大なコット。グランベーシックのベッドスタイルシリーズで布団セットなどを組み合わせれば、まるで本当のベッドのような寝心地になるんです。朝までゆっくり眠りたい人におすすめ!

ロゴス グランベーシック ベッドスタイル BIG コット

●サイズ:111×217×51cm
●収納サイズ:113×23×17cm
●総重量:14.5kg
●耐荷重:120kg

【2wayタイプ】 オガワ ハイ&ローコットワイド

ありそうでなかったワイドサイズの2wayコット。オプションパーツ要らずでハイローを切り替えられる点にも注目です。

オガワ ハイ&ローコットワイド

●サイズ:71×191×42/25cm
●収納サイズ:59×19.5×17cm
●重量:5.2kg
●耐荷重:120kg

技アリコットの詳細についてはこちらの記事もご覧ください。


コットで最高の寝心地を手に入れよう!

DODのコット

出典:DOD

コットにもさまざまな種類があることをおわかりいただけたでしょうか。サイズはもちろん、重さや設営方法、寝心地を左右する生地の張りになどにも注目して選びたいですね。どのようなシーンで使用するかによって選ぶコットは変わってくるので、自分に合った最高の一台を手に入れてください!

こちらの記事もおすすめ