【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


【定番から新作まで】キャンプにおすすめ!人気の快眠コットはコレで決まり!

0

コットは、テント泊での寒い冷気から体を守ってくれるおすすめギアです。また、どこにでも持ち出し可能なので、昼はテントから持ち出して昼寝、夜は中でベッド代わりに。そんなキャンプ道具のおすすめコットをご紹介!

midori


アイキャッチ画像出典:DOD

キャンプでの安眠のカギ「コット」!ハイとローどっちにする?

コット
出典:DOD
キャンプに少し慣れてきた頃に欲しくなるコット。コットは荷物を置いたり、ベンチにしたり、ベッドにしたりあらゆる使い方ができるアイテムなんです。特に底冷えが気になる秋〜冬の冷える季節にはベッドとしてコットはマストアイテム! 地面からの距離があればあるほど冷気が遮断でき、朝まで快適です。

しかし、コットにはロータイプとハイタイプが存在します。どちらが自分に合っているのか、選ぶポイントを見ていきましょう。

ロータイプの特徴

ローコット
出典:DOD
ローコットのメリット
●安定感がある
●軽量、コンパクトで持ち運びに便利なものが多い
●幕内が低い場合は圧迫感が少ないローコットのデメリット
●寒い季節に冷気を感じやすい、暑い夏に熱気を感じやすい
●コット下に荷物が置けない

ローコットはバイクツーリングやソロキャンプなど、極力荷物を少なくしたいという人におすすめです。

ハイタイプの特徴

ハイコット メリット
出典:snow peak
ハイタイプのコットのメリット
●ベンチとしても使える
●コット下に荷物を収納することが可能
●冷気や寒気の影響が少ないハイタイプのコットのデメリット
●比較的大きく重いものが多い
●設営に力がかかるものがある

ハイコットは車で移動する人や、荷物置き場としても使いたい人におすすめです。

ツーリングやソロキャンプなら、軽量コンパクトなものを

DOD コット
出典:DOD
最近はコンパクトで超軽量のコットが続々と登場し、バイクツーリングやソロキャンプでのコットの需要も上がってきています。荷物が限られるシーンでは、重量に気をつけて選ぶのがベスト。重さ1〜2Kg台のものが人気ではありますが、3Kg以下であれば軽量と言っていいでしょう。

他にも幅広タイプ、軽量タイプなど様々なニーズにぴったりなものが揃い踏み。今回はシーンに分けて、人気の最新コットを紹介していきます。

関連記事