CAMP HACK[キャンプハック]


寝袋の選び方とおすすめを紹介

寝袋(シュラフ)の選び方と人気&おすすめ20選!

1

寝袋(シュラフ)特集! マミー型に封筒型など、数ある中からどう選んだらいいのでしょうか? そんな選び方のコツとともに、ソロ~ファミリーまでおすすめを厳選してご紹介します。ナンガやコールマンといった定番人気からコスパ良好のアイテムが勢揃い!

CAMP HACK 編集部


アイキャッチ画像作成:編集部

寝袋・シュラフの選び方は?

スノーピークの「オフトン」シリーズ
出典:Instagram by @snowpeakstore_tressayokohama
テント泊に必要なギアと言えば、寝袋(シュラフ)。最近ではリーズナブルなものも増えていますが、価格優先で選んでしまうと寒さが凌げなかったりグッスリ眠れないなんていうことも……。

キャンプの満足度を上げるためにも、寝具選びはとても重要です。とは言え色々な種類があって見た目も全然違う寝袋は、どうやって選んだらいいのでしょうか?

【結論】寝袋は“キャンプスタイル”で選ぼう!

寝袋・シュラフを使う家族
出典:Coleman
「使い勝手の良いシュラフを選びたい!」と考えたとき、たとえばファミリーとソロでは求められる機能は違いますよね。人数の多いファミリーであればあるほど、横並びでゆったり寝られる寝袋が快適です。
アルパインデザイン ポップアップメッシュシェルター
撮影:編集部
逆にソロキャンプであればテントもコンパクトな分、寝袋にもゆとりを求めるというよりは体にフィットするタイプが快適です。このように形の違いのほか、中綿の種類やどの季節に使うかといった季節性なども選ぶポイント!

ここからは快適な寝袋を見つけるためのチェックポイントをひとつひとつ見ていきましょう。

寝袋・シュラフを選ぶときの「4つのチェックポイント」

POINT①「形」⇒マミー型か封筒型か

マミー型と封筒型シュラフを並べた画像
撮影:編集部
寝袋・シュラフには、大きく分けてマミー型と封筒(レクタングラー)型の2種類。一目で形状が違うのはわかりますが、それぞれ具体的にはこんな特徴があります。
ソロキャンプにおすすめなのが「マミー型」
✓ミノ虫のような形状で身体にフィットし、保温効果抜群!
✓折りたたむとコンパクトになり、積載にもやさしい
✓マイナス環境に対応しているモデルも多く、秋冬はこのタイプが◎
ファミリーにおすすめなのが「封筒型」
✓布団を折りたたんだような長方形で、連結させて使えるものが多い
✓ゆとりのある寝心地で寝返りも打ちやすい
✓保温性能はマミー型に劣るので、春先や初秋がメインシーズンという人に◎
モンベルのダウン系寝袋
撮影:編集部 ※モンベルのマミー型シュラフ「ダウンハガー650」の収納状態
ソロかファミリーかといったスタイルの違いのほかにも、「とにかく寒いのは嫌だ!」という方やトレッキングなど荷物を少しでも減らしたいアクティビティで使うならマミー型を。収納サイズは直径15×30cm程度に収まり、重さは1kg以下で軽ければ軽いほどバイクや自転車でも楽に持ち運べます。

▼寝袋収納のコツはこちら!


親子で寝袋
出典:snowpeak
多少嵩張ってもゆったりとした寝心地を重視したかったり、上下をセパレートして温度を調節できる快適性を優先したいのであれば封筒型を。このように各タイプの特徴と優先したいポイントを照らし合わせて選ぶと良いでしょう。

POINT②「中綿の種類」⇒ダウンか化繊か

中綿の種類には、化学繊維(化繊)とダウンの2タイプあります。
ダウン
出典:PIXTA
ダウン
✓化繊の約半分という軽さであり、ダウン独特のフワフワとした肌触りで寝心地抜群!
✓濡れに弱いのと保管に気をつけないとカビの恐れがあり
商品にもよりますが総じてダウンシュラフは化繊に比べ約半分程度の重さで、とても軽いことが特徴。圧縮性も高いためコンパクトになることから携行性も良い反面、見ずに濡れると保温力が落ちてしまうので扱いには注意が必要です。

▼ダウンシュラフのメンテナンスについてはこちら!

ポリエステル綿
出典:FUTON LIFE
化繊
✓洗濯可能で濡れに強く、価格もダウンに比べリーズナブル
✓ダウンよりもかさ張る
ダウンのデメリットを反転させたタイプが、化繊の寝袋。水濡れに強く丸洗いできるタイプもありメンテナンスは楽ですが、肝心の保温性と圧縮性はダウンには劣ります。

とは言えダウンに比べてリーズナブルなアイテムが多いので、機能と価格においてコストパフォーマンスに優れたモデルを選ぶと良いでしょう。

▼寝袋の洗濯についてはこちら!

POINT③「耐久温度(快適温度)」⇒記載温度+5度で選ぶのが◎

寝袋・シュラフの快適温度
撮影:編集部
寝袋には、見た目だけでなく保温性能にも違いがあり、主に次のように分かれています。
・4シーズン用(春夏秋冬)
・3シーズン用(春夏秋)
・厳冬期用

どの寝袋にどれくらいの性能があるかを示すのが、各商品に提示されている「快適使用温度」。これはどのくらいの気温下で快適に使えるかを数値で表したものでメーカーによって「最低使用温度」や「推奨使用温度」など表記は様々ですが、この選択を誤ると「寒すぎる」「意外と暑い」などが生じてしまうので注意が必要です。

では、先ほどのカテゴリーごとに快適使用温度の目安をまとめてみましょう。
・春夏用……5~10℃
・3シーズン(春夏秋)用……-5~5℃
・厳冬期用……-5℃以下

ただこれは、あくまでスペック上の目安。同じ季節でも風が強かったり晴れか雨かでも気温条件は変わってくるので、「記載温度+5度」の少し高めのモデルを選んでおくと安心です。
スナグパック ベースキャンプスリープシステム 季節に合った寝袋を揃えると言っても、複数買えばそれだけお金もかかるのでなかなか難しいのが現実ですよね。そこでおすすめなのが、「レイヤーシュラフ」!

異なる温度帯のシュラフがセットになっていて、1つであらゆるシーズンを賄えるという便利なアイテムなんです。お財布にも優しく使い勝手も良いレイヤーシュラフ、最近ではいくつか種類も出ているのでコスパ優先で選びたい方はチェックしてみると良いでしょう。

▼「冬用シュラフ」を買い足さずに冬キャンプを楽しむアイディアはこちら!

POINT④「サイズ感」⇒体に合った幅と長さを選ぼう

モンベルスリーピングバッグのサイズ比較
出典:モンベル
寝袋を選ぶ際に見逃しがちなのが、サイズ感。身長150cmの人と180cmの人が、長さ190cmの同じ寝袋使うのでは、当然寝心地は変わりますよね。

ゆったりかフィット感高めかの好みにもよりますが、スペック記載の長さをチェックして実際に寝たときのサイズ感をイメージしておくと良いでしょう。メーカーによってはサイズバリエーションがあり、モンベルはウィメンズ向けやロングモデル、ナンガはレギュラーとショートなどから選べるようになっています。
マルチレイヤースリーピングバッグで寝る男性
撮影:秋葉実
また、長さだけでなく幅もチェック。体格の良い男性の場合、スリムな封筒型だと窮屈に感じることもあります。横幅80cm以上など、ゆったり寝られるだけの幅があるかどうかも見ておくと良いですね。
というように4つのポイントをチェックしてどんなタイプが良いか見極めたら、実際の商品から選んでみましょう。ここからはマミー型と封筒型に分けて、人気のシュラフをご紹介します!

関連記事