CAMPHACK

現場で一番使う「もやい結び」定番ロープワークをそろそろ覚えておこう!

0

テントやタープを設営する時、ロープワークは必要不可欠。多少の風に負けない、強固な結び方をマスターしておきたいものです。おすすめは定番の「もやい結び」。なんだか難しそうと思いきや、案外簡単なんです。細かく手順も紹介するので、ぜひマスターしてくださいね。

秋葉 実

記事中画像提供:筆者

もやい結びはキャンプの便利スキル

そもそも「もやい」って?

もやい結び
出典:PIXTA
キャンパーならよく耳にする「もやい結び」ですが、本来は船をつなぎとめるための結び方。船を係留杭などにつなぐことを「舫う(もやう)」といいます。舫うための結び方だから「もやい結び」というわけです。

キング・オブ・ノット

もやい結び 船をつなぐのですから、もやい結びがほどけにくいことは言うまでもありません。

また素早く結ぶことができ、かつ大きな荷重がかかった後でも、ほどこうと思えばほどきやすい……そんな万能の結び方なんです。そのため、もやい結びは「キング・オブ・ノット(結び)」と称されています。

関連記事