CAMPHACK

ロープをガッチリ固定!「トラッカーズヒッチ」の結び方【実用的ロープワークvol.6】

0

キャンプでも使える実践的なロープワークのやり方を紹介していくシリーズ。今回はガッチリ物を固定したいときに使える「トラッカーズヒッチ」(別名:トラック結び、南京結び)を紹介します。

ぶん

記事中画像撮影:筆者

ロープをピンと張りたいときはコレ!

トラッカーズヒッチ トラッカーズヒッチ(別名:トラック結び、南京結び)
「倍力」という仕組みを用いて、ロープを強いテンションで固定できます。テントの張り網などで使われる「自在結び」でもロープをピンと張ることできますが、それよりもはるかに強力な張りを出せるのが特徴です。

キャンプのさまざまなシーンで大活躍!

トラッカーズヒッチ 立木に物干し用のロープを張る、荷物をひとまとめにギュッと固定するのに最適な結び方。張り網などの細いロープよりも4mm以上の太い径で使用することが多いです。他にも車のキャリアに荷物を固定する際にも使われますが、落下して事故にもなり兼ねないため細心の注意が必要です。

「トラッカーズヒッチ」を練習してみよう!

木と木の間にピンとロープを張るシーンを想定して手順を紹介します。
まずは結び方の流れをイメージしてみましょう。
トラッカーズヒッチ 「トラッカーズヒッチ」は【ロープの先端を固定する結び(もやい結びなど)】【ロープの中間に輪をつくる結び(バタフライノットなど) 】【ロープがゆるまないように摩擦を利用した結び(ツーハーフヒッチなど)】を応用した結び方です。

結び方の手順

トラッカーズヒッチ 片方の木にロープを巻きつけます。両側の黒い柱を木に見立てています。
「トラッカーズヒッチ」は強い力が加わるため、結びつける物も頑丈な物で。

トラッカーズヒッチ 「もやい結び」で木に固定します。
もやい結びをおさらい!



トラッカーズヒッチ 木と木の間に「バタフライノット」をつくります。

バタフライノットをおさらい!



トラッカーズヒッチ もう一方の先端を右側の木に通します。

トラッカーズヒッチ 先端を「バタフライノット」の輪の中に通します。

トラッカーズヒッチ ふたたび右側の木へ戻ります。

トラッカーズヒッチ 右側の木へ通します。

トラッカーズヒッチ ここで先端のロープを引っ張ってみましょう。ロープがピンピンに張っていく感覚がわかるはず。
これが「倍力」で、理論上通常の2倍の力で引っ張ることができます。

トラッカーズヒッチ 「自在結び」で使った「ツーハーフヒッチ」でロープの先端を固定します。
これにより摩擦が加わり、上から荷重がかかってもたるみにくくなります。

トラッカーズヒッチ 「ツーハーフヒッチ」をスライドさせ、ロープのたるみをしっかり伸ばしたら完成です。

荷物をまとめる場合の結び方

トラッカーズヒッチ
「もやい結び」と「バタフライノット」をあらかじめつくっておき、二つの結びの間に荷物を置きます。

あとは先端を「もやい結び」→「バタフライノット」に通して最後に「ツーハーフヒッチ」で固定する手順となります。

コレがマスターできればロープワーク中級者!

トラッカーズヒッチ
「トラッカーズヒッチ」や「自在結び」などの【物に結びつける結び方】は、ロープワークの腕前の見せどころ。この結びがマスターできれば、ロープワーク中級者以上であることは間違いありません。ビシッと固定されたロープを張って、スマートなキャンパーを目指してみませんか。

他にも便利なロープワークたち

  • 前のページ
  • 1/1
  • 次のページ

ぶん

標高1,800m、長野県南部にある「鹿嶺高原キャンプ場」を運営。キャンプスタイルはシンプルで、テントとタープさえあればOK。自然の中で迎える朝が好き。

関連記事