CAMPHACK

ロープワーク界きっての実用性!「巻き結び」の結び方【実用的ロープワークvol.3】

0

キャンプでも使える実践的なロープワークのやり方を紹介していくシリーズ。今回は木に結びつけるなど実用的な使い道の多い「巻き結び」を紹介します。

ぶん

記事中画像撮影:筆者

「巻き結び」は幅広いシーンで活躍する結び

巻き結び 巻き結び(別名:クローブヒッチ、インクノット)
立ち木や杭などにロープを固定するためのオーソドックスなロープワークです。元々船乗りの間で使われてきた古典的な技法。

簡単に結べて、ほどくのも手間いらず。ロープの好きな位置で結べるのもポイントです。

キャンプのさまざまなシーンで大活躍!

巻き結び 「巻き結び」は幅広い用途が魅力。立ち木に結んでロープを固定したり、2つのタープに小石を挟んで連結させたりなど、物にロープを結びつけるシーンで活躍します。

「巻き結び」を練習してみよう!

「巻き結び」にはいくつかの結び方がありますが、ここでは「直接巻きつける方法」「結び目を作ってかぶせる方法」の2パターンを紹介します。使用シーンに応じて使い分けができるので、どちらも覚えておくと役立ちますよ。

【直接巻きつける方法】の手順

まずは一連の流れを見てみましょう。
巻き結び ロープの先端がヘビのように柱を巻きながら結び目が出来ていくのがわかりますね。それでは手順の説明にうつります。

巻き結び ロープの先端を木や柱に巻きます。

巻き結び 下から上を通るようにロープを交差させます。交差部分にXをつくるイメージで。

巻き結び そのまま先端をXの裏側へ巻きます。

巻き結び Xの交差部分へ突入します。

巻き結び Xの真ん中を突き抜けるように、交差部分の下を通します。

巻き結び 先端と手前に伸びるロープを引っ張り、結び目を締めます。

巻き結び 完成です! 先端が短いと荷重が加わった際に外れる可能性があるので、必ず10cm以上の長さを残しておきましょう。

結び目を作ってかぶせる方法】の手順

こちらも、まずは結び方の流れを見てみましょう。
巻き結び 両手を使って2つの輪をつくり、それをかぶせて締め付けるイメージです。

巻き結び ロープをひねって輪をつくります。右へ伸びるロープが交差部分の上を通るように。

巻き結び その右側にもう一つ輪をつくります。こちらも右へ伸びるロープが交差部分の上を通るように。

巻き結び 巻き結び 二つの輪を重ね合わせます。「左側が上、右側が下」になるようにしましょう。

巻き結び 重ねた輪を巻きつけたい対象物にかぶせます。

巻き結び 両側のロープを引っ張り、結び目を締め付けます。

巻き結び 完成です!

必ず覚えておきたい基本のロープワーク

巻き結び 「巻き結び」はロープワークの中でも「最も使用頻度の高い結び」のひとつ。キャンプだけでなく、登山・クライミング・ヨットなどさまざまなアウトドアシーンで活躍する基本の結びなので、必ずマスターしておきたいロープワークです!

他にも便利なロープワークたち

  • 前のページ
  • 1/1
  • 次のページ

ぶん

標高1,800m、長野県南部にある「鹿嶺高原キャンプ場」を運営。キャンプスタイルはシンプルで、テントとタープさえあればOK。自然の中で迎える朝が好き。

関連記事