【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


【はじめてチャレンジ!】CB缶一筋のキャンパーが「ストームクッカー」を使ってみた結果

0

キャンプにおける燃料はCB缶がベスト!…と信じて疑わない筆者にも、気になっている火器があります。それはトランギアの「ストームクッカー」。アルコールバーナーを使うそうで、やたら評判がいいんです。というわけでこのたび、はじめてガス以外の火器にチャレンジ!

秋葉 実


記事中画像撮影:筆者

「ストームクッカー」って何だ?

ストームクッカー
スウェーデンの世界的なアウトドアブランド「トランギア」。メスティンで知っている人も多いかと思いますが、代表するアイテムはなんと言っても「ストームクッカー」です。

軽量で見事にスタッキングでき、かつデザインが秀逸。世界中で愛用されているロングセラーのクッカーですね。

アルコールバーナーの火力を引き出す構造

ストームクッカー アルコールバーナーをこのように設置することで風(酸素)を取り入れ、バーナーの火力を最大限に発揮させるのだとか。ゴトクを兼ねた風防が、熱を逃さない点も見逃せません。

CB缶一筋だったのだが…

キャンプ カップラーメン
筆者は、CB缶を使用するガス火器しか使ったことがありません。家族とのキャンプではSOTOの3バーナー(ST-532)、ソロキャンプでもSOTOのレギュレーターストーブ(ST-310)を愛用しています。CB缶ならキャンプ場に向かう道中のコンビニでも補充できるし(※)、火器にはめ込むだけの手軽さが最高だからです。

しかし燃料を注ぐような、何かひと手間を欲していたのも事実。今後もCB缶を使い続けるつもりではあるけれども、手軽すぎて物足りなく感じるシーンもありました。

※SOTO製品にはSOTO製のCB缶が推奨されますが、筆者は自己責任で他社製を使用することがあります。

ストームクッカーを入手!

ストームクッカー というわけで「ストームクッカーS・ブラックバージョン」を入手! はじめて手にするCB缶以外の火器です。

まず洗練されたデザインに目を奪われました。「これキャンプに持って行ったらカッコいい!」……浅はかで恐縮ですが、最初に思ったのはコレです。

ストームクッカー
このようにコンパクトにスタッキングすることが可能。横っちょにある多数の小さな穴が、風を取り入れるというわけですね。軽さもまた素晴らしい!

関連記事