ソロキャンプ用テント完全攻略!失敗しない選び方とオススメ20選

2020/09/18 更新

ソロキャンプ用のテントが欲しい!でもいざ探してみると色々なテントがありすぎて、どれを選べばいいのやら…とお悩みのキャンパーも多いのでは?今回はそんな数あるテントの中から、様々なジャンルに分けてソロキャンプにオススメのテントをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:snowpeak

ソロキャンプ用のテントって、どれを選ぶべき?

出典:DOD
好きなアイテムを揃え、自分の思いのままに自由に一人時間を楽しめるソロキャンプ。ブームもあり、始めてみたいという方も多いのではないでしょうか?
出典:instagram by @snowpeak_official
まず必要になるメインアイテムといえばやはりテントですが、どれを選ぶかは移動手段や理想のスタイルによって違ってきます。さらに手軽さや価格など、どんなポイントを優先するかも選び方のひとつですよね。

そこで今回はソロキャンプ用テントの選び方と、各スタイルごとのオススメ商品をご紹介! 自分の理想とするテントを失敗なく選ぶために、ぜひ参考にしてみてくださいね。


ソロキャンプ用のテントを選ぶ5つのポイント

1.  設営撤収の手間がかからない「使いやすさ」

出典:DOD
ソロキャンプは大人数のキャンプと比べて何かと手軽な点が魅力。テントもワンポールや構造がシンプルなドーム型など、設営や撤収が少しでも簡単なものだと手間が省けます。

2.  広い前室があるか?などの「居住性」

居住性
出典:snowpeak
ソロキャンプでもギアをたくさん持って行きたかったりゆったり過ごせることを重視するなら、前室がある居住性の高いテントがオススメです。前室があれば雨の日の荷物置き場や、靴の脱ぎ履きにも困りません。

3. 軽くてコンパクトに収納できるなど「携行性」

携行性
出典:snowpeak
ツーリングや登山でソロキャンプをするなら、軽量性にこだわって選びましょう。目安としては2kg以下で、持ち運びの邪魔にならないよう収納もなるべくコンパクトなものがオススメです。

4.  見た目にとことんこだわるなら「デザイン性」

ソロキャンプ  テント
出典:instagram by @muraco
自分のこだわりをとことん追求できるのも、ソロキャンプならではの醍醐味ですよね。個性的なデザインやトレンドのアイテムなど、自分好みのテントなら他のギアを揃えるモチベーションもさらに上がりますね!

5.  手ごろであるほどうれしい「コストパフォーマンス」

出典:PIXTA
なるべく価格を抑えたいけど当然スペックは譲れない……そんな人にオススメなのは、質実剛健なコスパアイテム! 安く手に入れてもすぐに壊れてしまっては本末転倒です。口コミなどを参考に、低価格と質が両立されたテントを選んでみるのも良いですね。

さて、選び方をチェックしたところで、次は各ポイントに準じたオススメのソロキャンプ用テントをご紹介していきます!

設営簡単なソロキャンプ用テント4選

コールマン「クイックアップドーム」

クイックアップドーム
出典:Coleman 
シンプルでスタイリッシュな一人用のポップアップテント。ポールを使わず設営・撤収できるので、かなりの時短になります。ダークルームテクノロジーという遮光性に優れた素材が使われており、テント内の温度上昇も抑えてくれる優れもの。

内部は一般的なテントよりも暗くなるので、キャンプでもぐっすり眠りたいという人にオススメです。
ITEM
コールマン クイックアップドームS
●耐水圧:約3000mm(フロア:約1500mm)
●定員:1人用
●インナーサイズ:約210×120×100(h)cm、
●収納時サイズ:約φ60×6cm
●重量:約3.5kg
●材質:フライ/75Dポリエステルタフタ、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、フロア/75Dポリエステルタフタ、フレーム/スチール

いい買い物でした。
値段も安く作りもしっかりしていて見た目もいい。収納サイズは大きいですがわかっていた事なのでマイナスには感じません。本当に3分もあれば設営可能です。この手軽さを知ると普通のテントには戻れないかも。


ザ・ノース・フェイス「ストームブレーク1」

ストームブレーク1 本格派テントが揃うノースフェイスの技術を、ビギナーにも使いやすいエントリーモデルに落とし込んだストームブレーク。高い耐久・防風性を持ちながら、シンプルな構造で設営も簡単です。インナーは4面メッシュの吊り下げ式のため、夏に涼しく過ごしたい人にオススメです。
ITEM
ノースフェイス ストームブレーク1
●素材 : キャノピー/75D ポリエステルタフタ/40Dポリエステルメッシュ、フロア/68D ポリエステルタフタ 、フライシート/75D ポリエステル 1200mmPUコーティング
●重量 :約 1.4kg
●フロアサイズ : (約)220×86cm
●収納サイズ : 56×15cm
●使用可能人数:1人

テンマクデザイン「パンダTC」

パンダTC DX 基本はセンターポールで立ち上げてペグダウンするだけと、シンプルな設営が魅力のワンポールテント。なかでもソロキャンパーに人気なのが、テンマクデザインのパンダTCです。ポリコットン生地で火の粉が飛んでも穴が開きにくいため、焚き火をじっくり楽しみたい人にオススメです。
ITEM
テンマクデザイン パンダTC
●サイズ :フラ/約270×270×170cm 、インナー/約250×115×155cm
●収納サイズ:約49×25×16cm
●総重量:約5.4Kg
●素材 :フライシート/ポリエステル65%、コットン35%(表面撥水加工) 、インナー/ポリエステルメッシュ 、インナーボトム/68D ポリエステルタフタ (耐水圧1,500mm) 、ポール/アルミ合金

DOD「ライダーズワンポールテント」

ライダーズワンポールテント
出典:DOD
ミニマムながら、2ルーム構造で内部スペースを効率的に使えるライダーズワンポールテント。収納時は直径140×500mmと非常にコンパクトでバイクの荷台に積載しやすいサイズで、ツーリングでキャンプへ行く人にオススメのテントです。
ITEM
DOD ライダーズワンポールテント
●材質:テント生地/68D ポリエステル、ポール/アルミ合金
●サイズ:約W2900×D2900×H1830mm、インナーサイズ/約W2550×D1330×H1830mm
●収納サイズ :約直径140×長さ500mm
●重量(付属品含む):約2.6kg
●収容可能人数:1名



前室のあるソロキャンプ用テント4選

DOD「ショウネンテント」

ショウネンテント
出典:DOD
寝室エリアは最小限に抑えられている分、広い前室を確保。そのうえサイドウォールが垂直に立ち上がっていることで圧迫感も無く、チェアとテーブルを置いてもゆったりくつろげます。秘密基地のようでワクワクするという意味から名付けられた、ショウネンテントというネーミングもユニークですね![
ITEM
DOD ショウネンテント
●材質:アウターテント/リップストップ30Dナイロン、フロア/70Dナイロン、ポール/アルミ合金、ペグ/アルミ合金
●サイズ:外寸/(約)W220×D220×H180cm、インナー/(約)W205×D95×H160cm
●収納サイズ:(約)W48×D18×H18cm
●重量(付属品含む):(約)3.2kg
●収容可能人数:大人1名

ogawa「ステイシーネスト」

ステイシーネスト 本来は2~3人用ですが、約2kgという軽さと前室の広さからソロキャンパーからの人気も高いステイシーテントネスト。前室にある3つのパネルはすべて開閉できるので、全開放すればタープのようにも使えます。

また室内高は120cmと、コンパクトなテントにしては天井が高いことも過ごしやすいポイントです。
ITEM
オガワ ステイシーネスト
●重量:約1.9 kg、ポール/約1.2 kg
●材質:フライ/シリコン撥水加工ポリエステル、内幕/ポリエステルリップストップ、グランドシート/シリコン撥水加工ナイロンリップストップ、ポール/7001アルミ合金
●サイズ:寝室/約150 cm×220 cm、前室/幅約110 cm、張り上げ最大長300 cm×高さ130×幅230
●収納サイズ:約20 × 20× 42 cm 
●収容可能人数:2~3人

スノーピーク「ヘキサイーズ1」

ヘキサイーズ1
出典:snowpeak
タープと吊り下げ式テントが一体化したソロ用テント。ポールの長さを前後で変えていることで天井の高さと前室の広さが両立され、チェアやテーブルに限らずコンパクトなキッチンエリアまで設けられます。
設営が難しそうに見えるかもしれませんが、基本はヘキサタープを張る要領とほぼ同じ。実際に試し張りしたレポート記事もあるので、参考にどうぞ!
ITEM
スノーピーク ヘキサイーズ1
● 材質:フライシート/210Dポリエステルオックス、ドアパネル/75Dポリエステルタフタ、インナーウォール/68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス
●サイズ:約140cm×220cm×110cm(h)
●収納サイズ:約62×19×23(h)cm
●重量:約5.2Kg
● 対応人数:1名

ニーモ「フロントポーチ 2P キャニオン」

出典:instagram by @asahi1703
こちらも大型の日よけと吊り下げ式テントが一体化しているモデル。インナーテントは大人2人が横になってもゆとりがあるので、ソロならより快適に過ごせそうですね。インナーテントの後部にあるドアは開閉できるので、正面にテーブルセットを出して後部を出入口として利用する、という使い方もできます。
ITEM
ニーモ フロントポーチ 2P キャニオン
●重量:約3.8kg
●素材:本体/68D ポリエステル、フライ素材/68D PUポリエステル 、フロア素材/150D PUポリエステル
●フロア面積:約3.1㎡
●前室面積:約4㎡

1.5kg以下!軽量コンパクトなソロキャンプ用テント4選

スノーピーク「ラゴ pro.air1」

ラゴ pro.air1
出典:snowpeak
インナーテントとフライシートの二重構造であるダブルウォールながら総重量は950gという、超軽量テント。室内は最小限の荷物と大人一人が寝られるくらいのスペースで、バイクツーリングなどで荷物を極力減らしたいというソロキャンパーにオススメです。
ITEM
スノーピーク ラゴPro.Air1
●材質:フライシート/20Dシリコンポリエステルミニリップストップ、インナーウォール/20Dポリエステルミニリップストップ、ボトム/30Dナイロンリップストップ、フレーム/ジュラルミンA7001
●収納サイズ:φ14×33cm
●重量:メインフレーム有/950g(ケース・ペグ含まず)、メインフレーム無/700g(ケース・ペグ含まず)


MSR 「ハバNX」

ハバNX
出典:MS
山岳系テントで知られるMSRのハバNXは、シンプル設計の軽量テント。重量は約1.2Kgながら、サイクロンポールという強靭で弾力性の高いフレームが使われていることにより耐風性も抜群。レインフライとフロアシートも高いコーティング技術で防水性に優れているなど、過酷な環境でのキャンプにも頼もしいスペックです。
ITEM
エムエスアール ハバNX
●材質:フライ/20Dリップストップナイロン、ポールD/AC フェザーライトNFL、キャノピー/15D ナイロン
●重量:約1.29 kg
●サイズ:室内最大高91cm
●収納サイズ:約46 × 15 cm

ゼログラム「エルチャルテン 2P」

エルチャルテン
出典:ZEROGRAM
ダブルウォール式の自立型テントで、重さはわずか約1.3Kg! 本来は2人用のためソロで使うには十分な広さがあります。フライとインナー・フットプリント一体型で設営が簡単なうえ、強風を吸収したり内部空間を守るポールや結露防止のためインナー素材にこだわるなど、耐久性への工夫もされています。
ITEM
ゼログラム・エル チャルテン Pro 2P
●サイズ:インナー/210cm(L) x 120cm(W) x 98cm(H)、前室奥行最大60cm
●重量:最小約1.4Kg
●素材:フライ/20D N/R Silicone/PU Coated、インナーテント/15D monofila、フロア/15D N/R Silicone/PU Coated 耐水圧4000mm、ポール/DAC NSL 8.5mm

ニーモ「タニ1P」

タニ1P
出典:NEMO
本体重量は約1Kgと軽量。直感的な設営ができるようインナー吊り下げ式のシンプルな構造で、初心者にも扱いやすいテントです。全体はコンパクトに見えますがインナーサイズは広く、身長180cmほどの男性が横になっても荷物を置くスペースが確保できます。
ITEM
ニーモ タニ 1P
●最小重量:1.06 kg
●サイズ:フロア/ 約105cm×202cm(面積:2.2平方メートル) 、前室/0.8平方メートル、室内最大高:103cm
●材質:15Dナイロン/メッシュ、フライ/15D Sil、フロア:15D Sil



トレンド感重視のソロキャンプ用テント4選

スノーピーク「ミニッツドーム」

ミニッツドーム
出典:snowpeak
2020年に発売されたスノーピークのテント。広い前室に左右のメッシュ窓で通気性抜群、インナー吊り下げ式の簡単設営など魅力満載です。そして何と言っても従来のソロ用ドームテントとはちょっと違うデザイン性と、落ち着いたカラーリングなど今風のルックスも魅力です!
ITEM
スノーピーク テント ミニッツドーム Pro.air 1
●材質:フライシート/20Dシリコンポリエステルミニリップストップ/PUコーティング耐水圧1500mmミニマム 、インナーウォール/ 20Dポリエステルミニリップストップ 、ボトム/30Dナイロンリップストップ/PUコーティング耐水圧1500mmミニマム 、フレーム/ジュラルミンA7001(φ9.5mm)
●サイズ:約20×20×59(h)cm
●重量:約2.95kg

ニーモ「ギャラクシーストーム2P」

ギャラクシーストーム
出典:Instagram by @yuki217kr
こちらも2人用のテントですが、ソロでゆったり使いたい人にオススメのアイテム。側面がほぼ垂直に立ち上がっているので、圧迫感なく過ごせます。そして設営方法もシンプル! ポールすべてが天頂部のハブに繋がっていて、迷う心配がありません。
ITEM
ニーモ ギャラクシーストーム 2P
●最少重量:約2.3Kg
●材質:フレーム/ハブリンク アルミニウムポール、本体:ブリーザブルナイロン、フライ:68D PUポリエステルリップストップ、フロア:70D PUナイロン
●サイズ:約226×137×102cm

ムラコ「ニンバス2P」

ニンバス2P
出典:MURACO
流線形のフォルムにライトグレーのカラーでスタイリッシュ! もちろん見た目だけでなく生地とポールそれぞれに軽量かつ高強度な素材を採用するなど、スペックも両立されています。
ITEM
ムラコ ニンバス2P
●サイズ:設営サイズ/幅最大約145cm、高さ最大115cm(室内天井高:105cm)、長さ335cm
●収納サイズ:約W45cm x H17cm x D17cm
●素材:フライシート / インナーテントフロア:40Dリップストップナイロン、 撥水コーティング、耐水PUコーティング、耐水圧3,000mm・インナーテントキャノピー:40Dリップストップナイロン・フレームポール:YUNAN Ultra light(A7001超々ジュラルミン 8.64mmDIA)
●重量:総重量2.2Kg

テンマクデザイン「炎幕」

炎幕
出典:Instagram by @camp_misaryne
軍用のパップテントをベースにデザインされた、無骨な雰囲気の炎幕。オールコットン製なので火の粉にも強く、ゆっくり焚き火を楽しみたい人にオススメです。ハンガーやテーブルなどアイアンギアと組み合わせたり、サイト全体の

コーディネートも楽しみたいですね。
ITEM
テンマクデザイン 炎幕
●サイズ :フライ/約W:330×D:190×H:130cm 、グランドシート/約W:187×D:93×H:10cm
●収納サイズ:約Φ18×55cm
●総重量:約5.6kg(本体 2.8kg、ポール 0.94kg、グランドシート0.42kg)
●素材 :フライシート/コットン100%(表面撥水加工、抗カビ加工) 、グランドシート/ポリエステルオックス210D (耐水圧1,500mm) 、ポール、ペグ/スチール製

1万円前後のリーズナブルなソロテント4選

コールマン「ツーリングドームST」

ツーリングドームST
出典:Instagrma by @d.sk_andy
今では多くのソロ用テントが登場していますが、その先駆けとも言えるのがコールマンのツーリングドームST。前室だけでなく後方も開けられるので、スペースを存分に活用することができます。しっかりとしたつくりながら1万円台というお手頃価格も、愛用者が多い理由のひとつではないでしょうか。
ITEM
コールマン ツーリングドームST
●材質:フライ/75Dポリエステルタフタ、インナー/68Dポリエステルタフタ、フロア/75Dポリエステルタフタ、ポール/FRP
●サイズ:約210×120×100(h)cm
●収納時サイズ:約直径23×54cm
●重量:約4.4kg
●定員:1〜2人用

ソロキャンプ用に評判のよかった、こちらのテントを購入しました。1人であれば広さもちょうどよく、設営もしやすく満足です。前後ろ両方から出られるのがいいですね。


ギアトップ 「2人用テント」

ギアトップ テント
撮影:野口理加
Amazonのレビュー5つ星のうち4.2というなかなかの高評価を獲得しているのが、ギアトップの2人用テント。スカートも付いている4シーズン仕様ながら、価格はなんと約12,000円!
インナーテントのサイズは約140×210cm。幅56㎝のマットを2枚並べても、少しゆとりを残せる広さです。気になる使用感などを実際にレビューした記事があるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ITEM
ギアトップ 2人用 テント
●材質:インナーテント/210T通気性ポリエステル+高密度微細ナイロンメッシュ、フロア/210D PU5000MMオックスフォード生地、フライシート/210T PU3000MM
●サイズ:フロア/約140×210cm 、高さ/約115cm
●収納サイズ:約16×16×46cm
●総重量:約3Kg

ネイチャーハイク 「Tagarシリーズ2人用テント」

出典:Amazon
軽量ギアを愛用するハイカーを中心にユーザーが多い、ネイチャーハイク。Tagarシリーズも同様に、ペグを抜いた重量は約1215gとかなり軽量です。強度の高いシリカゲル生地に補強ダブルミシン仕上げという丈夫なスペックながら、価格は約12,000円とコストパフォーマンス抜群です。
ITEM
ネイチャーハイク Tagar2
●対応人数:2人
●収納サイズ:約42×13cm
● 総重量:約1.2Kg
●材質:テントフライ/20Dナイロンコーティングシリコン:耐水PU4000mm B3通気性メッシュ、 底テント/20Dナイロンコーティングシリコン、ポール/7001アルミニウム

クイックキャンプ「ダブルウォール ツーリングテント」

出典:QUICK CAMP
わずか60秒という手軽な設営が魅力のワンタッチテント。テントを広げてポールを伸ばし、天井のハブと接続するだけと簡単です。ワンタッチながらインナーとフライは分離していて、結露が心配な秋冬にも使える仕様。この手軽さとスペックにして、約13,000円という価格には驚きです!
ITEM
クイックキャンプ ダブルウォール ツーリングテント 1人用
●サイズ:約230cm×90cm×90cm
●収納サイズ:約52cm×17cm×17cm
●重量:約3kg
●材質:ポール/アルミニウム合金、フライシート/ポリエステル、インナーテント/通気性ポリエステル、床面/ポリエステルオックスフォード

ソロキャンプ用テントは選び方が重要!

出典:snowpeak
テントも色々あるだけに、やみくもに選ぶとなかなか決められないもの。まずは移動手段や自分なりに優先したい条件を挙げて、そこからテントを絞り込んでいくのがベストです。自分のスタイルに合ったテントで、究極に贅沢なソロキャンプを満喫しちゃいましょう!

紹介されたアイテム

コールマン クイックアップドームS
ノースフェイス ストームブレーク1
テンマクデザイン パンダTC
DOD ライダーズワンポールテント
DOD ショウネンテント
オガワ ステイシーネスト
スノーピーク ヘキサイーズ1
ニーモ フロントポーチ 2P キャニオン
スノーピーク ラゴPro.Air1
エムエスアール ハバNX
ゼログラム・エル チャルテン Pro 2…
スノーピーク テント ミニッツドーム P…
ニーモ ギャラクシーストーム 2P
ムラコ ニンバス2P
テンマクデザイン 炎幕
コールマン ツーリングドームST
ギアトップ 2人用 テント
ネイチャーハイク Tagar2
クイックキャンプ ダブルウォール ツーリ…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

» スノーピークの高価買取なら買うトドア

» コールマンの高価買取なら買うトドア

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
midori

2児の母でフォトグラファー。幼い頃に入団していたガールスカウトでアウトドアの魅力を知り、我が子にもたくさん自然と触れ合って欲しくてファミリーキャンプを始めました。フォトジェニックなキャンプを目指しています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!