最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプ場に設営されたワンティグリス「ソロホームステッド」

【設営レビュー】ワンティグリス「ソロホームステッド」を実際に使った評価は?

2022/09/16 更新

ワンティグリス「ソロホームステッド」を設営レビュー! 口コミや評価が気になる人に向けて、実際に使用して分かったメリット・デメリットなどを紹介します。

具体的な設営方法が分かる動画や、人気ソロテントと比較したおすすめランキングもぜひ参考にしてください。

目次

記事内画像撮影:編集部

ワンティグリス「ソロホームステッド」をレビュー!

ワンティグリス ソロホームステッド

ワンティグリス
「ソロホームステッド」
重さ約4.3kg
展開サイズ約W400×D240×H160cm
収納サイズ約φ20×58cm
価格26,900円(税込)
※上記は記事執筆時点における情報です。閲覧時点とは異なる可能性があります。

驚愕のコスパと斬新発想のデザインで人気のワンティグリスの「ソロホームステッド」は、パップテントとしてはかなりユニークかつ大型のアイテム。

果たしてどんなところがユニークなのか、早速チェックしてみましょう。

収納状態のワンティグリス「ソロホームステッド」を持つ男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

パップテントとしては大きめの展開サイズながら、ポリエステル素材のため収納サイズは比較的コンパクト。

横幅は59cmなのでツーリング時は縦向き積載が良さそうです。重さも約4.3kgとかなり軽量になっています。

ワンティグリス「ソロホームステッド」の設営方法

 

まず前後ドアパネル両サイドのスリーブにフレームワークポールを通し、根本の4箇所をペグダウン。

続いて左右2箇所の外側の角をペグダウンしたら、中から2本のメインポールで立ち上げます。ほかのパップテントと比べてポールの数が多くやや設営が大変です。

ワンティグリス「ソロホームステッド」の評価

検証結果
デザイン性★★★★☆
軽量性★★★★☆
設営性★☆☆☆☆
居住性★★★★☆
値段★★★☆☆
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

ワンティグリス「ソロホームステッド」の中に入れたコットに座る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

横幅が400cm、奥行きが240cmあるので、ハイタイプのコットを入れてもこの広さ。高さも160cmあり、背の高いアオさんが座っても頭上にはかなり余裕があります。

前後2箇所のドアにメッシュパネル付きで、背面側左右にもメッシュ付きの半円窓があり、通気性も良好。左右両サイドのフロア部分は、汚したくない荷物置きにぴったりです。

ワンティグリス「ソロホームステッド」の中で縦置きしたコットに座る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

2人で使う時などは、コットを縦置きにレイアウトできるので出入りの動線もスムーズ。より自由なレイアウトが楽しめるのも魅力です。

メッシュパネル付きドアで夏もメッシュインナー要らず。フロアの外周がぐるりとつながった設計で、スカートなしでもある程度冷気を防げるのもポイント。

前後のドアパネルを跳ね上げたワンティグリス「ソロホームステッド」

跳ね上げ用のポールは2本付属していて、さらに2本買い足せば前後のドアパネルを同時に跳ね上げることも可能です。

ワンティグリス「ソロホームステッド」の中でチェアに座る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

中にテーブルとチェアを入れても広々。前後を開け放てばオープンシェルターのように開放感いっぱいです。

多彩なレイアウトとオールシーズンに対応可能な、一歩先ゆくパップテントでした。

メリット&デメリット
メリット●ハイコットを入れても余裕がある広さと高さ
●大きめの展開サイズながらコンパクトに収納可能
●メッシュパネル付きのドアと窓があり通気性が高い
デメリット●フレームワークポールがあるぶん設営に手間がかかる
●結露に注意が必要
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

ワンティグリス ソロホームステッド

ほかの人気ソロテントと比較したランキングは?

収納状態の人気ソロテント18種類

ワンティグリス「ソロホームステッド」を含め、人気ソロテント18張を実際に設営し、軽さや組み立てやすさ、居住性、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事と動画もおすすめ

紹介されたアイテム