最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプ場に設営されたニーモ「オーロラストーム2P」

【設営レビュー】ニーモ「オーロラストーム2P」を実際に使った評価は?

2022/09/16 更新

ニーモ「オーロラストーム2P」を設営レビュー! 口コミや評価が気になる人に向けて、実際に使用して分かったメリット・デメリットなどを紹介します。

具体的な設営方法が分かる動画や、人気ソロテントと比較したおすすめランキングもぜひ参考にしてください。

目次

記事内画像撮影:編集部

ニーモ「オーロラストーム2P」をレビュー!

ニーモ「オーロラストーム2P」
重さ2.35kg
展開サイズW224×D132×H112cm
収納サイズφ15×H54cm
価格34,100円(税込)
※上記は記事執筆時点における情報です。閲覧時点とは異なる可能性があります。

常に革新的な技術を追求し続けるニーモの「オーロラストーム2P」。スクエアフォルムが特徴的な、初心者ユーザー向けモデルです。

高い居住性と設営しやすさに定評のあるこちら、詳しくチェックしてみましょう!

収納状態のニーモ「オーロラストーム2P」を持つ男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

インナーサイズが大きい分、収納サイズもやや大きめ。ツーリング積載時は縦向きが良さそうです。

重さは2.35kgと、徒歩キャンプにはちょっと工夫が必要でしょう。

ニーモ「オーロラストーム2P」の設営方法

 

1本の横棒の左右に逆Yの字がぶら下がったような独自のポール構造。メインポールは全てショックコードで繋がっており、初心者でも簡単に設営が可能です。

さらに、中央を横断する短いリッジポールで、天井付近の空間に広がりを持たせています。

ニーモ「オーロラストーム2P」の評価

検証結果
デザイン性★★★☆☆
軽量性★★★☆☆
設営性★★★☆☆
居住性★★★★★
値段★★★☆☆
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

ニーモ「オーロラストーム2P」の中で寝る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

インナーは、MSR「エリクサー2」の幅・奥行き・高さをちょうど10cmずつくらい大きくしたサイズ。2人使用時も中に荷物を置くスペースがあります。

前後ドアの上半分のみにメッシュパネル、左右上部にもメッシュ付きかつ全閉できる小窓を備え、換気や冷気の細かな調整が可能です。

ニーモ「オーロラストーム2P」の側壁

サイドから見ると、あらかじめ曲げ加工されたポールにより、側壁がほぼ垂直に立ち上がっているのがよくわかります。

圧迫感がないので、中に入ると実際のフロア面積よりもかなり広く感じます。

ニーモ「オーロラストーム2P」のライトポケット

インナー天井付近には、ライトポケットを装備。光を程よく拡散させる素材なので、距離が近くても眩し過ぎないのがポイントです。

ニーモ「オーロラストーム2P」の前に座る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

111cmの室内高とスクエアフォルムで、外から見るよりかなり広く感じられ、居住性の高いテントでした。

この規模のテントでフットプリントも付属して34,100円(税込)という価格は、コスパ面もかなり魅力的です。

メリット&デメリット
メリット●スクエアフォルムで居住性が高い
●初心者も設営しやすい
●天井にライトポケットがある
デメリット●広いぶん収納サイズは大きめ
●インナードアを巻き留めるトグルがない
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

ほかの人気ソロテントと比較したランキングは?

収納状態の人気ソロテント18種類

ニーモ「オーロラストーム2P」を含め、人気ソロテント18張を実際に設営し、軽さや組み立てやすさ、居住性、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事と動画もおすすめ

 

紹介されたアイテム