最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプ場に設営されたワンティグリス「スーパーシェルター BLACK ORCA 2.0」

【設営レビュー】ワンティグリス「スーパーシェルター」を実際に使った評価は?

2022/09/16 更新

ワンティグリス「スーパーシェルター BLACK ORCA 2.0」を設営レビュー! 口コミや評価が気になる人に向けて、実際に使用して分かったメリット・デメリットなどを紹介します。

具体的な設営方法が分かる動画や、人気ソロテントと比較したおすすめランキングもぜひ参考にしてください。

目次

記事内画像撮影:編集部

ワンティグリス「スーパーシェルター」をレビュー!

ワンティグリス スーパーシェルター BLACK ORCA 2.0

ワンティグリス
「スーパーシェルターBLACK ORCA 2.0」
重さ1.45kg
展開サイズW210×D125×H115cm
収納サイズ約φ20×W40cm
価格10,900円(税込)
※上記は記事執筆時点における情報です。閲覧時点とは異なる可能性があります。

高コスパなワンティグリスのアイテムです。パップテントとしてはやや小ぶりな「スーパーシェルター BLACK ORCA 2.0」。

税込10,900円〜というお手頃価格で人気沸騰中ですが、そのクオリティは実際いかがなものなんでしょうか?

収納状態のワンティグリス「スーパーシェルター BLACK ORCA 2.0」を持つ男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

展開サイズの小ささに比例して、収納サイズもコンパクト。横幅40cmなのでツーリング時の横向き積載もスムーズです。重さも1.45kgと軽量なので徒歩キャンプにも携行可能。

ただし、ポールが付属していないので、別途ポールの重さが加わる点に注意が必要です。

ワンティグリス「スーパーシェルター」の設営方法

 

フロアがシンプルな長方形なので、ペグダウンするのは4隅だけ。フライとフロア一体型のため、メインポール2本は外側で固定して立ち上げます。

フロア付きのため、シェルタータイプに比べると自立させやすく、それほど調整せずにきれいに張れます。

ワンティグリス「スーパーシェルター」の評価

検証結果
デザイン性★★☆☆☆
軽量性★★★★☆
設営性★★★☆☆
居住性★★★☆☆
値段★★★★★
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

ワンティグリス「スーパーシェルター BLACK ORCA 2.0」の中で寝る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

小ぶりとはいえ横幅は210cm、奥行きは125cmあるので、背の高い方が入ってもかなりゆとりがある広さ。

コットなしなら中に荷物を置いても余裕があります。フロントドアにはメッシュパネル付きで、虫の多い季節も安心です。

ワンティグリス「スーパーシェルター BLACK ORCA 2.0」のメッシュ付き小窓

背面側にはドアがない代わりに、下部にメッシュ付き小窓を備えて通気性も確保。

ワンティグリス「スーパーシェルター BLACK ORCA 2.0」の前室

フルクローズ時にも正面側にバックパックが置ける程度の前室があり、中に入れたくない靴などをしまっておけます。

ワンティグリス「スーパーシェルター BLACK ORCA 2.0」の前に座る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

フロントパネルを跳ね上げた下に、チェアとテーブルを置いてタープなしでもリビングスペースが作れます。ただし、サブポールも付属していないので、別途購入が必要です。

シンプルな作りと居住性を両立しつつ、付属品が少ない分軽さとコスパも追求した“引き算”上手なテントでした。

メリット&デメリット
メリット●価格は約1万円とコスパ抜群
●軽くてコンパクトに収納可能
●シンプルな構造で設営の手間が少ない
デメリット●ポールは別途用意が必要
●シングルウォールのため結露しやすい
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

ワンティグリス スーパーシェルター BLACK ORCA 2.0

ほかの人気ソロテントと比較したランキングは?

収納状態の人気ソロテント18種類

ワンティグリス「スーパーシェルター BLACK ORCA 2.0」を含め、人気ソロテント18張を実際に設営し、軽さや組み立てやすさ、居住性、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめ

紹介されたアイテム