最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプ場に設営されたオガワ「タッソ」

【設営レビュー】オガワ「タッソ」を実際に使った評価は?

2022/09/14 更新

ogawa(オガワ)の「タッソ」を設営レビュー! 口コミや評価が気になる人に向けて、実際に使用して分かったメリット・デメリットなどを紹介します。

具体的な設営方法が分かる動画や、人気ソロテントと比較したおすすめランキングもぜひ参考にしてください。

目次

記事内画像撮影:編集部

オガワ「タッソ」をレビュー!

オガワ「タッソ」
重さ4.1kg
展開サイズ六角形:W370×H250cm
七角形:W430×H220cm
八角形:W480×H195cm
収納サイズφ22×74cm
価格46,200円(税込)
※上記は記事執筆時点における情報です。閲覧時点とは異なる可能性があります。

斬新なギミックを持つogawa(オガワ)のワンポール型テント「タッソ」。底辺が六・七・八角形の3段階に変化するから驚きです。

どんなギミックで変化してどんなメリットがあるのか詳しく見ていきましょう!

収納状態のオガワ「タッソ」を持つ男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

最大時の展開サイズが広く、変形用に余剰の布地がある分、ポリエステル素材にしては収納サイズも大きめ。

重さは4.1kgと軽いので、積載を工夫すればツーリングでの携行も可能な範囲です。

オガワ「タッソ」の設営方法

 

六〜八角形全てに対応するわかりやすい布製ガイド付き。黄色・波線・白でガイドラインが色分けされているので、ラインの延長線上にガイドテープを伸ばしてペグ打ちします。

伸縮式のメインポールは、六〜八角形に合わせて3段階の高さに印がついているので、高さを合わせてから中心で立ち上げます。

オガワ「タッソ」の評価

検証結果
デザイン性★★★★★
軽量性★★★★☆
設営性★★☆☆☆
居住性★★★★☆
値段★★☆☆☆
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

オガワ「タッソ」の中でコットに座る女性

モデル:野あそび夫婦 エリーさん(※商品レビューは編集部で実施)

ちょうど中間サイズの七角形の状態でハイコットを入れたところ。幅は430cm、高さは220cmあるので、中にチェアやテーブルを入れても余裕の広さです。

背面も1箇所ジッパー開閉できるので、夏はオープンシェルターとしても使えます。裾には巻き上げ可能なスカート付きで、オールシーズン対応。

オガワ「タッソ」の設営ガイドシート七角形で設営したオガワ「タッソ」

画像は七角形時

八角形で設営したオガワ「タッソ」

画像は八角形時

そして、気になる変形ギミックをチェック! 正面のドアパネルが2枚重ねかつ両サイドがジッパー開閉式で、どちらも閉じたままなら六角形、片側だけ開けば七角形、どちらも開けば八角形になる仕組みでした。

季節や装備、人数に応じて、広さと高さを変えられるのがとても便利。ただし、変形に伴ってポールの長さもペグの位置も変える必要があり、一度設営した後に変形させるのはかなり大変です。

オガワ「タッソ」のベンチレーション

六角形時には天頂部が最も高い250cmになりますが、ベンチレーションを中から開閉できる長いロープ付きで、設営後でも手軽に通気を調整できる配慮はさすが。

オガワ「タッソ」の前で座る女性

画像は七角形時、モデル:野あそび夫婦 エリーさん(※商品レビューは編集部で実施)

画像のようにミニマム装備のソロキャンプなら、六角形サイズがフィット。荷物が多い時や、2人で使う時は八角形など、1幕を使い回せるのはとてもお得です。

さらに、2枚重ねのドアパネルは、別売りサブポールで張り出して多彩なアレンジも可能。ソロに限らず、幅広いスタイルで楽しむ人におすすめのテントです。

メリット&デメリット
メリット●六〜八角形の多彩なアレンジが可能
●広さと高さがあり居住性が高い
●設営を補助するガイドシートとロープ付き
デメリット●別売りのインナーが使えるのは六角形時のみ
●展開サイズに比例して収納サイズも大きめ
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

ほかの人気ソロテントと比較したランキングは?

収納状態の人気ソロテント18種類

オガワ「タッソ」を含め、人気ソロテント18張を実際に設営し、軽さや組み立てやすさ、居住性、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事と動画もおすすめ

紹介されたアイテム