CAMP HACK[キャンプハック]


ogawa 2022 新作クーポラ

【ogawa2022年速報】美しすぎるNEWテントは室内のアレンジ幅も凄い!?新作10型を一挙公開

4

ogawaの大注目2022年新作テント・タープを速報でお届け! 一際目を引く個性派の大型ドームテントや、ニーズの高まりを見せるカーサイドタープにお家芸のロッジ型が登場と何やら熱いラインナップになっている模様です。

藤原 聡

制作者

藤原 聡

外遊びにハマッておよそ20年。季節や天候に応じた刺激を日々探求し、面白そうなことがあれば即実行するフリーライター。近ごろはボルダリングを日課とし、SUPのスキルを磨いてリバーSUP旅を画策中。

...続きを読む
藤原 聡のプロフィール

ogawaイズム全開!2022年春頃発売予定のNEWモデル

ogawa 2022 新作
ogawaといえばオーナーロッジやピルツ、ティエラなど「名作」シリーズを生み出し続ける老舗テントメーカー。2022年の新作も、期待を裏切らないテント・タープが続々とデビューします!

ogawa 2022 新作 カーサイドロッジ
個性派の大型ドームテント、ヘビーデューティーなロッジ型カーサイドタープ、はたまた超軽量可変型モノポールテントまで!

多彩なスタイルに対応するテントやタープが登場し、「2022年のキャンプはどんなスタイルで楽しもうかな」と想像力が膨らむものばかり。それでは、注目のアイテムをご覧ください。

ogawaの新作テント・タープ4型が放つ、存在感と魅力に迫る!

まずは、完全新型となる注目の4型をご紹介します。

【1】カーサイドシリーズに待望のロッジ型がお目見え「カーサイドロッジ」

ogawa 2022 新作カーサイドロッジ
ogawaのカーサイドシリーズは発売から20年目を迎えました。その節目として登場したのがコチラ! 車高170〜200cm程度の車両に適応する、ogawaらしさの詰まったロッジ型カーサイドタープです。

カーサイドロッジのサイズ

シェルター として単体使いもできる

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

別売のラチェットポール210cm使用例
スチールフレームを採用したロッジ型は直線基調のため室内のデッドスペースが少なく、居住性に優れます。

また車との連結はもちろん単体でもシェルターとして機能するため、テントと組み合わせるなどさまざまなスタイルに対応可能です。

全面大型メッシュ付きなので開放感も◎

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
フルクローズ、フルメッシュ、フルオープンとフィールドの状況に応じて自在に展開できます。またサイドパネルは別途張り出し用ポールを用意すれば、跳ね上げ設営もでき庇(ひさし)スペースを拡張することも!

4面のパネルはすべてメッシュ面も装備し、通気性は良好。ロッジ型ならではの開放的な室内は居心地よく、レトロモダンな格子窓がスタイリッシュです。

「カーサイドロッジ」の詳細はこちら

【2】人気モノポールテントに軽さを追求したモデルを追加「タッソUL」

ogawa 2022 新作タッソUL
ポールの高さ調整とファスナーの開閉によりフォルムを自在に変化できる可変式モノポールシェルター「タッソ」に、ウルトラライトモデルが追加されました。

オートキャンプのみならず、バックパッキングや輪行キャンピングなどアクティブシーンに重宝するモデルといえるでしょう。

付属品を含む総重量は、約1.44kg!

タッソUL 収納サイズ
重さは、付属品を含めても1.5kgに満たないほど。また収納サイズもバックパックに入れても圧迫しない大きさ! CB缶とサイズを比較すると、驚異的なコンパクト性であることがわかりますね。

フライシートは20デニールナイロンリップストップ採用。軽く、格子状に繊維を縫いこむことで引き裂き強度にも長けているという特徴があり、山のテント泊にも最適なモデルです。

5角形⇄6角形へトランスフォーム!変形ギミックを継承

タッソURLのアレンジ
タッソULサイズ
タッソの最大の特徴である室内空間のアレンジはそのまま! この変形ギミックがあるおかげで、テントを張る場所の広さを選ばず、フィールドに溶け込むように適応してくれます。

ogawa 2022 新作タッソUL
写真は6角形設営時の張り出しスタイル。張り出しには130cmの別売りポールを使用。
メインのポールはラチェット式で長さ調整ができ、ポールを180cmにした5角形、ポールを160cmにした6角形張りに。

前室部分の張り出しをしたい場合は、別売りのポールを用意すればOK。気軽にアウトドアを楽しみ尽くしたい方におすすめのモデルです。

「タッソUL」の詳細はこちら

関連記事