最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプ場に設営されたテンマクデザイン「炎幕TC DX」

【設営レビュー】テンマクデザイン「炎幕TC DX」を実際に使った評価は?

2022/09/15 更新

テンマクデザイン「炎幕TC DX」を設営レビュー! 口コミや評価が気になる人に向けて、実際に使用して分かったメリット・デメリットなどを紹介します。

具体的な設営方法が分かる動画や、人気ソロテントと比較したおすすめランキングもぜひ参考にしてください。

目次

記事内画像撮影:編集部

テンマクデザイン「炎幕TC DX」をレビュー!

テンマクデザイン
「炎幕TC DX」
重さ約6.9kg
展開サイズ約W330×D190×H130cm
収納サイズ約φ26×W62cm
価格27,280円(税込)
※上記は記事執筆時点における情報です。閲覧時点とは異なる可能性があります。

テンマクデザインの「炎幕TC DX」は、無骨なデザインで人気を集めるテントです。詳しく見ていきましょう!

収納状態のテンマクデザイン「炎幕TC DX」を持つ男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

パップテントとしてはごく標準的な展開サイズなので、収納サイズもTC素材では平均的な大きさです。

横幅が62cmあるのでツーリング時は縦向き積載がマスト。重さは6.9kgあるため、車やバイクでのオートキャンプ向きのテントです。

テンマクデザイン「炎幕TC DX」の設営方法

 

巻き留め用ループがついた方を正面にして、まずは背面側の角2箇所をペグ打ち。

次に、1つ目の頂点をポールで立ち上げてその延長線上の角をペグ打ちし、逆サイドも同様に。最後にフロントパネル下部の2箇所をペグ打ちして完成です。

ポール1本立ち上げても完全には自立しないので、1人でスムーズに張れるには慣れが必要です。

テンマクデザイン「炎幕TC DX」の評価

検証結果
デザイン性★★★★★
軽量性★★★☆☆
設営性★★★☆☆
居住性★★★☆☆
値段★★★☆☆
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

テンマクデザイン「炎幕TC DX」の中で寝る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

横幅は330cm、奥行きは190cmあるので、ローコットを置いても余裕のスペース。フルクローズ時も荷物を中に置いておけます。

TC素材で裾にはスカートが付いているため、冬も暖かく過ごせます。ただし、メッシュインナーは別売りなので、蚊など虫の多い季節には別途対策が必要です。

テンマクデザイン「炎幕TC DX」のサイドフラップテンマクデザイン「炎幕TC DX」の跳ね上げたフロントパネルテンマクデザイン「炎幕TC DX」の巻き上げたフロントパネル

最大の特徴はフロントパネルの多彩なアレンジパターン。風雨が強い時はサイドフラップを下ろして、暑い時は巻いてしまって開放的に跳ね上げられます。

上部少しだけ残して留めることもできるので、フルクローズは暑いけれど小雨が降っているような時など、かゆいところに手が届く仕様です。

テンマクデザイン「炎幕TC DX」のスカート

スカート部分のみポリエステル素材なので、泥汚れなども落としやすくお手入れが簡単。

テンマクデザイン「炎幕TC DX」の下に座る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

高さは130cmなので、ローチェアを前室に入れても頭上にゆとりがありますね。火の粉に強いTC素材なので焚き火もじっくり楽しめます。

メッシュインナーは別売りながら、サイドフラップやサブポールも付属して3万円以下と、コスパとディティールとのバランスが良いテントでした。

メリット&デメリット
メリット●フロントパネルは多彩なアレンジが可能
●火の粉が飛んでも穴が空きづらい
●スカート付きで寒い時期も使える
デメリット●TC素材のため雨キャンプには不向き
●設営には少し慣れが必要
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

ほかの人気ソロテントと比較したランキングは?

収納状態の人気ソロテント18種類

テンマクデザイン「炎幕TC DX」を含め、人気ソロテント18張を実際に設営し、軽さや組み立てやすさ、居住性、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事と動画もおすすめ

紹介されたアイテム