最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプ場に設営されたワークマン「BASICドームテント」

【設営レビュー】ワークマン「BASICドームテント」を実際に使った評価は?

2022/09/16 更新

ワークマン「BASICドームテント」を設営レビュー! 口コミや評価が気になる人に向けて、実際に使用して分かったメリット・デメリットなどを紹介します。

具体的な設営方法が分かる動画や、人気ソロテントと比較したおすすめランキングもぜひ参考にしてください。

目次

記事内画像撮影:編集部

ワークマン「BASICドームテント」をレビュー!

ワークマン BASICドームテント 1人用

ワークマン公式オンラインストアで見る

ワークマン
「BASICドームテント 1人用」
重さ2.5kg
展開サイズW215×D104×H98cm
収納サイズφ13×55cm
価格4,900円(税込)
※上記は記事執筆時点における情報です。閲覧時点とは異なる可能性があります。

2022年2月にキャンプギアを本格展開して話題沸騰中、ワークマン「BASIC ドームテント」。何といっても気になるのが、4,900円(税込)という衝撃すぎるその価格……!

6色と豊富なカラーバリエーションも魅力で、今回は「グリーン」をチョイス。果たしてお値段以上の高コスパなのか、詳しく見ていきましょう!

収納状態のワークマン「BASICドームテント」を持つ男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

収納時はかなり縦長なフォルム。長さが55cmあるためバイクツーリング時は縦向き積載が良さそう。バックパックのパッキングでは、やや工夫が必要です。

重さは2.5kgありますが、付属のキャノピーポールなしだとさらに軽くなるので徒歩キャンプも可能な範囲。

ワークマン「BASICドームテント」の設営方法

 

メインポール2本を交差させるだけのシンプルなクロスポール構造なので、初心者でもそれほど戸惑いなく設営できるでしょう。

インナーテントもフックで吊り下げるだけ。フライシートとインナーテントの連結もバックル式なので取り外しがスムーズです。

ワークマン「BASICドームテント」の評価

デザイン性★★☆☆☆
軽量性★★★☆☆
設営性★★★☆☆
居住性★☆☆☆☆
値段★★★★★
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

ワークマン「BASICドームテント」の中に寝転ぶ男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

1人用ながら奥行きが104cmあり、大人1人が寝ても中に荷物が置ける余裕のある広さでした。フライシートのベンチレーションと連動し、インナー入口と背面にメッシュパネルも装備。ただし、どちらも上半分のみで出入り口も1箇所なので通気性は今ひとつ。

また、フライ&インナー共に透湿性(水分は通さず湿気は逃す性質)のない100%ポリエステル地で、若干テント内の空気が重苦しい感覚が。

ワークマン「BASICドームテント」の中に座る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

4,900円というお値段で、キャノピー用サブポールまで付属しているのがうれしいところ。フロントドアをはねあげれば、雨天時の出入りや暑い時期の日除けにも便利です。

ただし、ドアの高さが86cmとかなり低めなので、あくまで地べたスタイル限定。リビングとして過ごすには狭いですね。

ワークマン「BASICドームテント」の外に座る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

チェアとテーブルをセットするとこんなバランス。天頂部でも98cmと低めで、背の高い人はストレスを感じる可能性大です。

しかし、この価格でキャノピーポールが付属、天井のランタンフックや2箇所のポケットも装備。これからキャンプを始める人向けには必要十分な高コスパテントでした。

メリット&デメリット
メリット●安い価格で購入できる
●構造がシンプルで設営が簡単
デメリット●高さがないため大柄な人は動きづらい
●暑い時期は通気性がネック
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

ワークマン BASICドームテント 1人用

ワークマン公式オンラインストアで見る

ほかの人気ソロテントと比較したランキングは?

収納状態の人気ソロテント18種類

ワークマン「BASICドームテント」を含め、人気ソロテント18張を実際に設営し、軽さや組み立てやすさ、居住性、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめ