最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプ場に設営されたコールマン「ツーリングドームST」

【設営レビュー】コールマン「ツーリングドームST」を実際に使った評価は?

2022/09/16 更新

コールマン「ツーリングドームST」を設営レビュー! 口コミや評価が気になる人に向けて、実際に使用して分かったメリット・デメリットなどを紹介します。

具体的な設営方法が分かる動画や、人気ソロテントと比較したおすすめランキングもぜひ参考にしてください。

目次

記事内画像撮影:編集部

コールマン「ツーリングドームST」をレビュー!

コールマン ツーリングドームST

コールマン
「ツーリングドームST」
重さ4kg
展開サイズW210×D120×H100cm
収納サイズ約φ19×49cm
価格19,800円(税込)
※上記は記事執筆時点における情報です。閲覧時点とは異なる可能性があります。

モンベル「ムーンライト テント2」と並ぶドームテントのロングセラーモデルがこちら。20,000円を切る価格とスタンダードなクロスポール構造で、初心者からベテランキャンパーまで幅広い層に人気のテントです。

2021年にカラーもリニューアルされ、ますます注目を集める「ツーリングドームST」の実力やいかに?!

収納状態のコールマン「ツーリングドームST」を持つ男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

展開サイズに対して収納時はかなりコンパクト。横幅も49cmとバイクツーリング時の横向き積載もバッチリ。

ただし、重さが4kgあるため、車でのオートキャンプやバイクツーリングに限られてきます。

コールマン「ツーリングドームST」の設営方法

 

メインポール2本をクロスさせたスタンダードな構造なので、初心者でも設営が簡単。

また、4隅のエンドピンにポールを差し込むタイプが多い中、「ツーリングドームST」では背面側2箇所のみ。

しかもピンでなくポケットに差し込む「ポールポケット方式」だから、ピンよりも抜けにくく1人でもスムーズに設営できます。

コールマン「ツーリングドームST」の評価

検証結果
デザイン性★★☆☆☆
軽量性★★☆☆☆
設営性★★★★★
居住性★★★☆☆
値段★★★★☆
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

コールマン「ツーリングドームST」の中で寝る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

展開サイズは大きいものの、インナーサイズは2人用としては狭め。荷物を中に入れるなら、大人1人+子ども1人くらいがちょうど良さそうです。

背面にも奥行き40cmの後室があり、出入り口ドアは計2箇所。ただし、どちらもメッシュドアのみなので、通気性は抜群ですが、寒い時期の使用は厳しい設計です。

コールマン「ツーリングドームST」の前室

「ツーリングドームST」の1番の魅力がこのビッグな前室。幅210cm×奥行き105cmもあるうえ、天井部にはポールも1本追加。地べたスタイルならこのままリビングになる広さです。

コールマン「ツーリングドームST」の中に座る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

キャノピー用ポールは別売りながら、幅115cm×奥行き150cmのフロントパネルをはねあげれば、タープ要らずでリビング空間が確保できるのも大きなポイント。

コールマン「ツーリングドームST」の前に座る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

チェア&テーブルをセッティングすると、改めて前室の大きさがよくわかります。春〜秋の3シーズン、タープなしでも快適に過ごせて、ロングセラーモデルなのが納得のテントでした。

メリット&デメリット
メリット●前室が広い
●初心者も簡単に設営できる
●通気性抜群で涼しい
デメリット●重量4kgと持ち歩くには重い
●寒い時期の使用は厳しい設計
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

コールマン ツーリングドームST

ほかの人気ソロテントと比較したランキングは?

収納状態の人気ソロテント18種類

コールマン「ツーリングドームST」を含め、人気ソロテント18張を実際に設営し、軽さや組み立てやすさ、居住性、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事と動画もおすすめ

紹介されたアイテム