ツーリングテントを失敗なく選ぶコツとおすすめ20選

2020/02/10 更新

ツーリングテント特集!選び方のポイントと、ツーリングを成功に導くおすすめのツーリングテント20選をピックアップ。軽量性を第一優先に考えたテントから、居住性も求めたい方におすすめのテントを紹介します!


アイキャッチ画像出典:DOD

ツーリングテント、抑えるべきポイントとは?

出典:PIXTA
積載量が限られるツーリングキャンプ。荷物は必要最低限に抑えなくてはなりませんが、泊まりがけとなればテントは欠かせませんよね。
ツーリングで使えるテント
出典:8log
とはいえその種類は様々、失敗なく選ぶには何を基準にしたら良いのでしょうか?今回はツーリングテントを選ぶ際のコツをチェックしていきましょう。


ツーリングテントを選ぶ際のポイントは、この5つ!

1:軽量であること!重量の目安は2〜4kg

出典:DOD
まず大前提なのが軽くてコンパクトであること。重量の目安としては2〜4kg程度で、これは積載の面だけでなく小排気量のバイクでも軽快にライディングをするためのコツでもあります。

2:設営が簡単であること!設営・撤収は5分が理想

出典:DOD
ツーリングを楽しみドップリと疲れた後、テントの設営に時間はかけたくありませんよね。というわけで、理想は設営撤収ともに5分以内で行えるテント!

ワンタッチテントなど設営や撤収の簡易性を優先し、後は軽居住性・デザインなどプラスアルファの要素も考慮して選びましょう。

3:前室の要・不要を判断しよう

出典:DOD
ツーリングに適したテントの中には、前室の有り・無しといった違いがあります。充分な広さの前室があれば簡単な食事も調理でき、雨が降ったらバイクを避難させることもできます。

逆に前室の無いテントであればそれだけ収納もコンパクトでかさばらないなど、このあたりをどう判断するかで要・不要は変わってきます。

4:通気性の工夫も大事!

通気性抜群のテント テント内に空気がこもってしまったり、結露がひどいと快適に過ごせませんよね。通気性を考慮して、インナーテントの窓はメッシュ仕様のものがおすすめです。換気ができるベンチレーションが付いていると、なお良いでしょう。

出典:DOD
結露が気になるなら、インナーの上にフライをかぶせるダブルウォールテントがオススメです。フライとインナーの間に空気の層ができることで外気との温度差が抑えられ、結露を軽減できます。

ただその分重くはなってしまうので、このあたりはどの条件を優先させるかで変わってきます。

5:アウトドアユースの耐久性は大前提

出典:MSR Facebook
コンパクトで設営しやすいものであれば、何でもいいというわけではもちろんありません。悪条件に見舞われる可能性があるのはどんなキャンプでも同じこと。やはり耐久性を考慮して選ぶことが大前提。最近は低価格帯のテントも増えていますが、やはり知名度のあるアウトドア・登山系メーカーのテントを選んでおくのが安心です。

さて、ポイントを抑えたところで実際にオススメのラインナップを見ていきましょう!

究極にコンパクト!ツーリングにオススメのソロ用テント10選

ツーリングドームST
出典:buyee
1人で行くツーリングキャンプであれば、パッキングを優先してコンパクトサイズを選ぶのが一番。価格は設営・撤収の利便性で選べば1万円程度で買えるものもありますが、冬にも対応できるハイスペック仕様が理想であれば5万円以上とそれなりに上がります。

いずれも自分の中で優先順位をつけて、バランスの良いアイテムを選びましょう!
ITEM
コールマン ツーリングドームST
●サイズ:使用時/約210×120×100(h)cm、収納時/約直径23×54cm
●重量:約4.4kg
●耐水圧:約1500mm(フロア/約1500mm)
●定員:1~2人
ITEM
コールマン クイックアップドームS
●インナーサイズ:約210×120×100(h)cm
●収納時サイズ:約φ60×6cm
●重量:約3.5kg
●材質:フライ/75Dポリエステルタフタ(ダークルーム? テクノロジー、UVPRO、PU防水、シームシール) インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工) フロア/75Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール) フレーム/スチール
ITEM
ロゴス neos ツーリングドーム
●フレーム:グラスファイバー
●フライシート:ポリエステルタフタ(耐水圧1000mm)
●インナー:ポリエステルタフタ(ブリーザブル撥水加工)
●フロアシート:PEラミネートクロス
●メッシュ:ポリエステル
●総重量:(約)2.4kg
ITEM
ニーモ タニ 1P
●就寝人数:1人
●最小重量:1.06kg
●フロアサイズ:105cm×202cm(面積:2.2平方メートル) 
●素材:【本体】15Dナイロン/メッシュ 【フライ】15D Sil/Silナイロン 【フロア】15D Sil/PeUナイロン
ITEM
DOD ライダーズワンタッチテント
●収容可能人数:大人2名
●組立サイズ(外寸):(約)W243×D235×H133cm
●インナーサイズ:(約)W225×D145×H110cm
●耐水圧:フライシート:3000mm,フロア5000mm
●収納サイズ:(約)W62×D20×H20cm
●重量:(約)4.3kg
ITEM
プロモンテ VL16
●素材:インナーテント/100dナイロンリップ(通気撥水加工)、グランドシート/30Dポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工)、フライシート/20Dポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工)、ポール/DAC7001S、張り網/テクノーラ(アラミド)
●サイズ:205×90×100cm
●収納サイズ:本体25cm×径14、ポール:37cm×径5.4cm
●重量:1.4kg(インナーテント・フライシート・ポール)
ITEM
バンドック ツーリングテント ソロ ドーム
●材 質:フライ/ポリエステル インナー/ポリエステル フロア/ポリエステル 入口&窓/ポリエステルメッシュ フレーム/グラスファイバーΦ7.9mm
●サイズ(約):1~2人用 フライ/210×210×115cm インナー/197x110x105cm
●収納時サイズ:46x13.5x13.5cm
●重量(約::2.3kg
ITEM
アライテント エアライズ1
●サイズ:設営時/間口100x奥行205x高さ100cm
●収納時/本体29x直径14cm、フレーム38cm,
●重量:1360g(本体+フレーム+フライシート)
ITEM
フィールドア フィールドキャンプドーム100
●本体サイズ : (約)210cm×105cm×110cm
●インナーサイズ : (約)200cm×100cm×100cm 収納時 : (約)φ18cm×44cm
●重量 :(約)2.2kg
●耐水圧:2,000mm以上
ITEM
カナディアンイースト ツーリングドームII
●素材:フライシート/68DポリエステルタフタUV(耐水圧1500mm)、インナー/68Dポリエステル、フロア/210Dポリエステルオックス(耐水圧3000mm)、メインポール/径8.5mmグラスポール、リッジポール/径9.5mmグラスポール
●サイズ:約220×210×120cm
●インナーサイズ:約210×100×115cm
●重量:約3.4kg

居住性も欲しい!ツーリングにオススメの2~3人用テント10選

1人でもテントで休むときはゆったりと過ごしたい人や、グループでツーリングキャンプへ行くこともあるという方は2~3人用がオススメです。選ぶポイントは、ソロ用より設営サイズは大きくてもやはり5kg以下のものを選ぶこと。

各テントのスペックとして記載されている重量はポールなどが別になっている場合もあるので、よくチェックしましょう!
ITEM
ogawa ステイシーネスト
●重量:幕体/約1.9kg、ポール/約1.2kg
●素材:フライ/シリコン撥水加工ポリエステル20d(耐水圧1800mm)、内幕/ポリエステルリップストップ68d、グランドシート/シリコン撥水加工ナイロンリップストップ30d(耐水圧1800mm)、ポール/7001アルミ合金
●サイズ:寝室150cm×220cm、前室幅110cm、張り上げ最大長300cm×高さ130×幅230、収納サイズ20×20×42cm
ITEM
ogawa ホズ
●素材:フライ/ポリエステルリップストップ30d(耐水圧1800mm)、内幕/ポリエステルリップストップ20d、グランドシート/ナイロンリップストップ40d(耐水圧1800mm)、ポール/7001アルミ合金
●サイズ:255×226×120cm(設営時最大サイズ)、収納サイズ:52×20×16cm
●重量:幕体/約2.2kg、ポール/約0.9kg
●適応人数:2人用


ITEM
MSR エリクサー2
●総重量:2.27kg
●収納サイズ:51×17cm
●フロアサイズ:2.69㎡×高さ102cm
●前室サイズ:2.22㎡
●耐水圧:1500mm
ITEM
DOD ライダーズワンポールテント
●サイズ (約)W2900×D2900×H1830mm
●インナーサイズ (約)W2550×D1330×H1830mm
●収納サイズ (約)直径140×長さ500mm
●重量(付属品含む) (約)2.6kg 収容可能人数 1名 最低耐水圧 アウター:2000mm フロア:3000mm
●材質 テント生地:68D ポリエステル ポール:アルミ合金
ITEM
ニーモ ギャラクシーストーム 2P
●就寝人数:2人
●最小重量:2.38kg
●フロアサイズ:135cm×224cm(面積:3.0平方メートル)/前室面積:1.1平方メートル×2/室内最大高:98cm
●素材:【本体】20Dポリエステル 【フライ】68D PeUポリエステル 【フロア】75D PeUポリエステル
ITEM
キャプテンスタッグ リベロ ツーリングテント
●サイズ:フライ:(約)210×260×H130cm
●インナーサイズ:(約)210×130×H125cm
●重量:(約)3.1kg
●材質:フライ/ポリエステル70D(PU防水加工)インナーテント/ルーフ・ウォール=ポリエステル70D(通気性撥水加工) フロア=PEクロス、メッシュ/ポリエステル1mmメッシュポール/φ7mm グラスファイバー
ITEM
スノーピーク ラゴ2
●セット内容:テント本体、本体フレーム(×2)、自在付きロープ(2.9m×4)ジュラルミンV型ペグ(×10)、リペアパイプ、本体ケース、フレームケース、ペグケース、取扱説明書
●材質:フライシート/20Dシリコンポリエステルミニリップストップ・PUコーティング耐水圧1,500mm、インナーウォール/20Dポリエステルミニリップストップ、ボトム/30Dナイロンリップストップ・PUコーティング耐水圧1,500mm、フレーム/ジュラルミンA7001(φ9mm)
●サイズ:W143×D245×H110cm (外寸)、W130×D210×H100cm(インナー内寸)
●収納ケースサイズ:φ17×33cm(本体ケース)、11×50cm(フレームケース)
●重量:1710g(本体・フレームのみ)
ITEM
モンベル クロノスドーム 2型
●素材:キャノピー/68デニールポリエステルタフタ(通気撥水加工、難燃加工)、フロア/70デニールナイロンタフタ(耐水圧2000mmウレタンコーティング、難燃加工)、フライシート/75デニールポリエステルタフタ(耐水圧1500mmウレタンコーティング
●サイズ:長さ約230cm×幅130cm×高さ105cm、収納サイズ約17cm×17cm×35cm、ポールバッグ約6×6×44cm
●重量:本体重量約2180g(ペグ張り綱スタッフバッグ込約2430g)
ITEM
ムラコ NIMBUS 2P T004
● 総重量:2,276g
●収納時サイズ:W45cm H17cm D17cm


ITEM
ファウデ アルコ 2P
●重量:2750g/2900g(min/max)
●長さ:230cm+130cm 幅:130cm 高さ:90/110cm
●収納サイズ:50×20cm

理想のツーリングテントを見極めよう!

出典:DOD
ツーリングテントの選び方は、コンパクトであること以外にも雨でもストレス無く使用するための通気性や耐久性など考慮すべきポイントはたくさんありましたね。

自分がどのポイントを優先したいのかを把握して、失敗のないテント選びを! 納得の行くテントで、快適なバイクツーリングを楽しんでくださいね。

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事


紹介されたアイテム

コールマン ツーリングドームST
サイトを見る
コールマン クイックアップドームS
サイトを見る
ロゴス neos ツーリングドーム
サイトを見る
ニーモ タニ 1P
サイトを見る
DOD ライダーズワンタッチテント
サイトを見る
プロモンテ VL16
サイトを見る
バンドック ツーリングテント ソロ ドー…
サイトを見る
アライテント エアライズ1
サイトを見る
フィールドア フィールドキャンプドーム1…
カナディアンイースト ツーリングドームI…
サイトを見る
ogawa ステイシーネスト
サイトを見る
MSR エリクサー2
サイトを見る
DOD ライダーズワンポールテント
サイトを見る
ニーモ ギャラクシーストーム 2P
サイトを見る
キャプテンスタッグ リベロ ツーリングテ…
サイトを見る
スノーピーク ラゴ2
サイトを見る
モンベル クロノスドーム 2型
サイトを見る
ムラコ NIMBUS 2P T004
サイトを見る
ファウデ アルコ 2P
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

» コールマンの高価買取なら買うトドア

» ドッペルギャンガーの高価買取なら買うトドア

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!