CAMPHACK

バイクの積載方法!キャンプツーリングの達人はどう荷物を積むのか?

0

バイクの積載方法はこれで完璧! キャンプツーリングで日本縦断の経験を持つ“達人”が、コンパクトかつ安定性の高い荷物の積み方をレクチャーします。おすすめのバッグ&固定ロープと、ライダーが覚えておきたい重量や幅、高さに関する法律上の制限も紹介!

相京 雅行

アイキャッチ画像提供:コニタン

バイクの積載方法

ツーリングキャンプの様子
出典:PIXTA
通常のキャンプでも、荷物を最小限に不便を楽しむ人や、普段と変わらぬ快適性を求める人など、価値観はさまざま。

バイクの場合は車でのキャンプに比べて積載できる荷物に限りがありますが、コンパクトなアイテムを選べばシートバッグひとつで充分に足りてしまいます。

筆者の場合はファミリーキャンプでは荷物盛りだくさん、キャンプツーリングでは最小限にしています。

キャンプをするコニタン氏
以前取材させていただいた1年半かけて日本をキャンプツーリングで旅したバイク仲間の「コニタン」は登山もするので、状況に応じてどちらも対応しているそう。 今回も荷物をガッツリバイクに積載する方法をコニタンに取材させていただきました。

使用しているバイク:HONDA シャドウ400

HONDAシャドウ400とコニタン氏

私がキャンプにメインで使っているバイクはHONDA シャドウ400。アメリカンなので、重心が低く、約23kgのキャンプ道具を積んで、その上強風でも、ぶれずにいつも通りの走行ができます。

また、アメリカンは足つきがばっちりなので、キャンプ場乗り入れ時の不整地でも、非常に安心です。

リアシートにシートバッグがしっかり載るので、リアキャリア取り付けの必要もありません。

積載のポイント

キャンプ道具を積載したバイク

積載は主に4箇所でおこないます。荷物を詰めていく順に、1つ目はシートバッグ荷室。2つ目がシートバッグの荷室上、蓋下部分。3つ目が蓋上外付け。4つ目がサイドバッグです。

では、それぞれの注意点を細かく見ていきましょう。

1. シートバッグ荷室

シートバッグの荷室にできるだけ荷物を入れ切るようにしましょう。バランスを良くするために「重いものを下」に、テトリスのように隙間なく荷物を入れます。

シートバッグ荷室に荷物を詰めた様子
道中取り出すものがあればひとまとめにして、開閉部付近やポケットに入れると良いですね。

2. シートバッグ荷室上、蓋下

シートバッグの荷室上、蓋下には荷室に入らない「重い大きなもの」を挟みます。私は主に、木製折り畳み椅子、厚みのある上着、ブランケットなどを入れています。

シートバッグ荷室上、蓋下に荷物を詰めた様子

3. シートバッグ蓋上外付け

シートバッグ蓋上には荷室に入らない「軽いもの」を取り付けます。

シートバッグ蓋上に荷物を外付けした様子
シートバッグ蓋上に荷物を外付けした様子

マット、シートバッグのレインカバー、ボトル、ククサ、クロックスなどを外付けしています。Dカンにカラビナとネットを取り付け、まとめています。

ボトルなど滑り落ちる可能性がある形状のものは、必ず2点以上で留めます。たとえば、ただネットに挟むだけでなく、ボトルのストラップとシートバッグのDカンをカラビナでつないだうえに、上からネットも被せます。

4. サイドバッグ

サイドバッグは臨機応変な「積載の余白」です。「できるだけ空にしておく」もしくは「すぐに取り出すものだけ」を入れるようにしています。

サイドバッグ

買い出しなどで荷物が増えることに対応できるよう、場所を空けておく、または、レインウエア、温泉での着替えを入れておくと、駐車場で荷物をひっくり返すことなく、サッと行動できます。

このように、「重さとサイズに応じて収納する」こと、「余白を残す」ことが安心快適なキャンプツーリングにつながります。

バイクの積載に役立つおすすめグッズ

次に、バイクの積載に役立つおすすめのグッズとして、シートバッグとロープを紹介します。

関連記事