経験者が語る!キャンプツーリングの実践派極意、装備、積載まとめ

キャンプツーリングの実践派が贈るコツや持ち物、道具荷物、装備、パッキングや積載方法など総合的に紹介!キャンプツーリングはブログを中心に大人気のアクティビティ。テントやタープ持ち物、積載などについて気になっている方はぜひチェックしてくださいね!


 アイキャッチ画像提供:yuko oono

キャンプツーリングの極意とは!?

キャンプツーリング 
提供:yuko oono
装備はコンパクトに!バイクへの積載は荷崩れしないようにしっかりと!
バイクの種類や排気量にもよりますが、バイクの積載量は限界があります。

装備は基本的に軽量でコンパクトにするよう心がけましょう。そしてその装備をバイクへ載せる場合、荷崩れしないようにしっかりと固定する事は重要です。

荷崩れは物の紛失や事故にもつながります。快適なキャンプツーリングのためにも固定はしっかりと!

ブログを徹底リサーチ!キャンプツーリングに出かける際の注意

キャンプツーリング
提供:yuko oono
ビギナーのうちは、テントの設営も時間がかかります。まずは近場のキャンプ場で一泊から初めてみましょう。

また天気予報などにも気をつけ、決して無理をしないことが重要です。キャンプ場にも山間や平地など特徴があるので、事前にチェック。それではキャンパーさんのブログで気になる項目を見てみましょう!

持ってって良かったなーと思ったのはポリ袋と結束バンド。テントとかを包んでたポリ袋は破けてきちゃうので変えたのと、他濡らしたくないものを突っ込めたのが良かったです。

出典:うんたんまとめ

サイドスタンドがアスファルトに埋まったこと、ありませんか?W400になってかなり重くなったので、特に注意してます。ロングツーリングのときはスタンドが埋まらないように板を持参。アスファルトだけでなく、当然気をつけないといけない砂利のところや土、草地でも活用してます。ちゃんとしたやつも売っています。

出典:バイクで旅ツーリングに行こう!

シート・バッグやテントやらを載せるのですが、その前に滑り止めシートを敷いておきます。このシートを敷くまでは、走行中にバッグが段々前にズレてきて、ライディングの邪魔になったものです。このシートはテントで寝るときに枕やシュラフの下に敷くとズレ防止になるし、お勧めの品です。

出典:自分だけのカタナをつくる~Bike&DIY~


キャンプツーリングのおすすめ持ち物、装備はこれ!

<キャンプツーリングに必要なもの>
●テント
●シュラフ
●マット
●ライト
●ランタン
●バーナー
●クッカー
●シュラカップまたはアウトドア用食器
●テーブル
●チェア
●焚火台
●タープ
●グランドシート
●レインウェア
●着替え
●サンダル
●折りたたみ傘
●ナイロン袋
●軍手
●虫刺されの薬など
●タイラップ
●ビニールテープ
●ジップロック
●折りたたみウォータータンク

<あったほうがいいもの>
●コット
●枕
●ソフトクラーボックス
●インナーシート
●クッカー
●テーブル
●チェア
●焚火台
●ランタン
●シュラフ

【おすすめ】キャンプツーリングでの焚き火台

キャンプツーリング 焚き火台
出典:Amazon
キャンプの醍醐味と言えばやはり焚火!焚火の炎は野営の気分を盛り上げるだけでなく、BBQや煮炊きにも活躍します。キャンプツーリングではコンパクトに折りたたみ出来る物を選びましょう。

笑’s・コンパクト焚き火グリル B-6君

超薄型コンパクト設計の焚き火台。本体は折りたたむと厚さ18mm、重さ500gのコンパクトサイズで、キャンプツーリングやハイキングなどの携帯に便利です。ソロキャンプにおすすめ!

ITEM
笑’s・コンパクト焚き火グリル B-6君・3点セット
● 本体組立サイズ: 約215×122×165mm
● 本体収納サイズ: 約181×122×18mm
● 本体重量: 約500g
● グリルプレート重量: 460g
● ハードロストル重量: 160g
● 静止耐荷重: 10kg

バイクでのツーリングキャンプでも焚き火やバーベキューは楽しみたいですね!?1~2人の焚き火もバーベキューもB-6君なら完璧です。コンパクトに収納でき、かさばりません。本当にオススメです!


尾上製作所(ONOE) フォールディングBBQコンロ

独自のV型構造で燃焼効率が良く、木炭が節約できます。またステンレス製なので丸洗いで手入れも簡単。折りたためばA4サイズのファイルボックスにすっぽり入るのでツーリングにもピッタリです。

ITEM
尾上製作所(ONOE) フォールディングBBQコンロ
本体組立サイズ:315×280×235mm
● 本体収納サイズ:315×260×40mm
● 本体重量:1.8kg
●材質:ステンレス

いつもBBQの後に焚火台として使用しマッタリしてます。他の製品と比べて価格、サイズ、重量、使い勝手、耐久性のバランスが最適です。おすすめです。


【おすすめ】キャンプツーリングでのコット

キャンプツーリング コット
出典:楽天
河原など地面が石でデコボコしていたり、夏の寝苦しさや地面からの底冷えを解消するアイテムとして、コットはとても便利です。軽量かつコンパクトに収納できるコットの登場により、キャンプツーリングでも愛用者は多数。

ヘリノックス  コットワン

ヘリノックスの製品はどれも軽量で丈夫、そしてコンパクト。この折りたたみベッドも非常に丈夫でコンパクトに収納でき、重量も2Kgとキャンプツーリングには最適です。

ITEM
ヘリノックス コットワン
●サイズ:幅183×奥行67×全高15cm
●収納サイズ:幅55×奥行15×全高15cm 
●素材:座面/ポリエステル、フレームアルミ合金+樹脂モールド
●重量:約2.0kg

バイクツーリングのために購入。収納時のコンパクトさ、軽さ、セットのしやすさ、ゆっとりとした寝心地、どれをとっても今まで使ってきたコットのなかで最高のものです。


サーマレスト ラグジュアリーライト ウルトラライトコット

軽くてコンパクトに収納できる本体は、その軽さからは考えられないほど丈夫で、耐荷重は約148Kg! 体の大きな方でも安心!。耐久性はバツグンなので長く使えます。

ITEM
サーマレスト ラグジュアリーライトウルトラライトコット
●サイズ:61×183cm41×13cm
●素材:リップストップポリエステルサーマキャプチャーコーティング、アルミ、プラスチック
●重量:1249g
●耐荷重:147.5kg

キャンプベットはいくつか持っていますが、大きく重くてバイクでのツーリングには諦めていましたが、これに出遇ってバイクでキャンプに行きやすくなりました。


【おすすめ】キャンプツーリングの椅子、チェア

キャンプ場に着いてテントを設営し、さぁリラックスという時に地面に座るのもよいけれど、地面が荒れていたり、ぬかるんでたりしたら落ち着きませんよね。

コンパクトでも体をしっかり支えてくれる座り心地のよいものを探しましょう。

ヘリノックス チェアワン

本体フレームに分割式のアルミニウムポールが採用されているので、コンパクトに収納できます。吊り下げ式シートはお尻をすっぽりと包み込むので座り心地もバツグン!

ITEM
ヘリノックス  チェアワン
●サイズ:幅520×奥行き500×高さ660mm
●収納サイズ:幅350×100×120mm
●カラー:BK、RD
●素材:ポリエステル、ナイロン
●重量:890g
●座面高:34cm
●耐加重:145kg

ゆったり座れて気分が良い椅子。バイクツーリングには必ず持って行くアイテムになりました


ドッペルギャンガー アウトドア ウルトラライトチェア

たたむと折り畳み傘程度の大きさになる非常にコンパクトなアウトドアチェア。フレームには航空機にも使用される最高強度の超々ジュラルミンを採用しているので軽量で頑丈です。

ITEM
ドッペルギャンガーアウトドア  ウルトラライトチェア
●サイズ:W245×H280×D245mm
●収納サイズ:直径75×長さ345mm
●カラー:ブラック/オレンジ
●材質:フレーム/超々ジュラルミン、生地/ポリエステル
●重量:(約)369g 

折り畳み方法が中央にまとまる(折りたたみ傘のよう)のと、材質がアルミのために非常に軽い(2脚で700g)ため、これなら何のストレスもなくキャンプツーリングに持って行けます。


エーライト マンティスチェア2.0

ユニークな4本脚が特徴で、安定感も非常に高く座面も広いのでリラックスして座れます。コンパクトに収納でき持ち運びも楽。柄やカラーバリエーションが色々あり自分好みの一脚が選べます。

ITEM
エーライト マンティスチェア2.0
●サイズ:H73.7×W54.6×D55.9cm
●収納サイズ:H33.0×W14.0×D14.0cm
●素材:アルミニウム、ナイロン、ポリエステル
●重量:0.81kg
●座面高:20.3cm
●耐加重:113.4kg

ツーリングキャンプ用に収納の嵩張らないチェアを探していました。が、チェアに求めるのは頭部を支え、昼寝ができること。こんな無理難題を叶えてくれる最高のコンパクトチェアに巡り会えました。


【おすすめ】キャンプツーリングのテーブル

キャンプツーリング テーブル
出典:Amazon
食事をしたり飲み物を置いたりする時にテーブルは必要となってきます。天板の小さいものの方が携帯には便利ですが、実用性を考えると天板が大きく高さのある方が使いやすいです。

調理でバーナーなどを使う場合はアルミなどの燃えない素材を選んで!

キャプテンスタッグ  アルミ ロール テーブル

本体と脚が一体化構造なので組み立ては広げるだけで簡単に出来ます。

天板には耐食、耐摩擦性に優れたアルマイト加工がされていて、ソロツーリングにはピッタリのコンパクトな軽量テーブルです。
ITEM
キャプテンスタッグ  アルミロールテーブル
●組立サイズ:(約)幅40×奥行29×高さ12cm
●収納サイズ:(約)7×6×長さ40cm
●材質:甲板/アルミニウム合金、脚部/鉄
●重量:(約)700g
●耐荷重:(約)30kg

バイクでのラーツーの際にとても便利に使用しています。SOTOのフィールドホッパーとも悩んだのですが、実物をみるとこちらより小さかったのでこちらにしました。アルミですのでバーナーも気にせず使えますし、なにより安いのでバンバン使えます。


キャンパーズコレクション アルミハードトップテーブル

テーブルの天板にアルミが使われているので、布製テーブルでも上に物を安定して置け、高さも椅子に座った時にちょうどよい高さになるので使いやすいテーブルです。

ITEM
キャンパーズコレクション アルミハードトップテーブル
●組立サイズ:幅42×奥行57×高さ36cm  
●収納サイズ:直径8 高さ60cm 
●材質:フレーム=アルミニウム、生地=ポリエステル
●重量:0.8kg

キャンプツーリング用のテーブルとして購入しました。椅子に座った状態で使えるテーブルとして選択しました。実際の使用感としては天板もかなりしっかりしていて安定感があります。広さもソロとしては十分です。


ヘリノックス テーブル テーブルワン

天板面積が広く、そして耐加重が50Kgと重い物を載せてもびくともしません。カップホルダーもあり、飲み物もこぼれず置く事ができます。このサイズで610gと軽量で持ち運びも楽々!

ITEM
ヘリノックス  テーブルワン
●組立サイズ:600mm×400mm×390mm 
●収納サイズ:410mm×110mm×110mm
●材質:フレーム:アルミニウム/甲板の表面材:ポリエステル.ナイロン
●重量:610g
●耐荷重:50kg

さすがヘリノックスです。小さ過ぎず、大き過ぎず丁度いいサイズです。ドリンクもこぼれる心配はありません!




【おすすめ】キャンプツーリングでのランタン

キャンプツーリング ランタン
出典:PIXTA
コンパクトで軽量、そして手軽さから最近ではLEDランタンが主流となっています。LEDランタンにはライト兼用になる物、そしてヘッドライトにかぶせてランタンとして使用する物もあり種類も豊富です。ガスランタンは取り扱いに注意が必要ですのでキャンプに慣れてから使用しましょう

ドッペルギャンガー アウトドア ポップアップランタンプロ

ポップアップ式ランタンとして使うことはもちろん、閉じて懐中電灯としても使用できるLEDランタン。ニッケル水素電池を入れればUSB端子から充電もできるので非常に便利です。

ITEM
ドッペルギャンガーアウトドア ポップアップランタンプロ
●サイズ: ランタン時 D85×H132(mm)
●懐中電灯時 D85×H50(mm)
●連続点灯時間: モード1 20時間/モード2 75時間/モード3 25時間
●明るさ: モード1 150ルーメン(白色LED)/モード2 30ルーメン(白色LED)/モード3 100ルーメン(暖色LED)
●電源: 単三乾電池)
●材質: 樹脂部 ABS / ホヤ部 ポリエステル

バイクでのソロキャンプ用に購入。ランタンと懐中電灯として使用でき、コンパクトに収納できます。光量も個人的には充分満足しておりますし、電球色も落ち着きます。なにより、『充電池が充電できる』というのが気に入りました。


コールマン ランタン パックアウェイフロステッドLEDランタン

上部が本体にスライドしコンパクトに収納できる携帯に便利なLEDランタン。本体が四角なのでキャンプツーリングのパッキング時には収納しやすくておすすめ!

ITEM
コールマン ランタン パックアウェイフロステッドLEDランタン
●サイズ:使用時/約45×65×120mm
●収納時/約45×65×80mm
●重量:約140g
●連続点灯時間:High/6.5時間、Low/約14時間 
●明るさ:約100lm(ルーメン) 
●電源:単3形乾電池×4本
●材質:ABS樹脂、他

コンパクトで電池の持ちが良く、それなりに明るいのでバイクツーリングに重宝しました。単3電池4本のランタンは電池の購入で余りもなくて、単4電池3本のランタンには戻れません。


モンベル クラッシャブル ランタンシェード

シェード本体を手持ちのヘッドランプにかぶせてランタンとして使用する超軽量コンパクト・シェードです。持ち運びは平たくつぶして収納できるのでバッグの中でも場所を取りません。

ITEM
モンベル クラッシャブル ランタンシェード
●サイズ:径6x12cm
●対応ヘッドランプサイズ周囲:18.5cm以内
●重量:5g
●材質:30デニール・高強力リップストップ・ポリエステル
注:この商品はシェード本体を手持ちのヘッドライトにかぶせて使用します

ソロテントくらいの明かりならば十分な明るさを確保できます。ランタンいらずで荷物も減らせます。


ソト レギュレーターランタン

安定した光量と持久力を誇るレギュレーターランタン。カセットボンベが使えるので手軽で便利。またホヤの部分が金属のメッシュになっているので取り扱いが楽で移動時の振動にも強い。

ITEM
ソト(SOTO) レギュレーターランタン
●サイズ:幅10×奥行13×高さ15cm
●収納時サイズ:幅6.5×奥行10.5×高さ15cm
●重量:247g
●照度:150ルクス
●使用燃料:SOTO製品専用容器

ホヤがメッシュ状になっているのも移動時の振動による割れの心配もなく良いです。ボンベの取付けから着火までも とてもシンプルでなんの苦労もありません。ツーリングバッグの隙間に収まるコンパクトさも気に入りました。


【おすすめ】キャンプツーリングでのシュラフ、寝袋

キャンプツーリング シュラフと寝袋
出典:PIXTA
キャンプで安眠するための最も重要なアイテムと言えばシュラフ。シュラフは季節や場所などに応じて選ぶ事が必要です。適応温度を参考にして選びましょう。コンパクトに収納できるものではマミー型のダウンがおすすめ

ナンガ オーロラ450DX

コストパフォーマンスに優れた高品質ダウンのみを使用したモデルで、表地に高レベルの防水透湿性を持つ素材を使用しているのでシュラフカバーなしで使用できる。総重量と快適性を兼ね備えたモデル。

ITEM
ナンガ オーロラ450DX
●サイズ:レギュラー(身長175cmまで)最大長:210cmX最大肩幅80cm
●収納サイズ:径17X29cm
●総重量:約1000g
●快適使用温度/使用可能限界温度:-11℃/-22℃ 
●生地:表地/オーロラテックス、裏地/40Dナイロンタフタ
●ダウン量:450g 

オーバースペックな使い方と思いましたが、3シーズン用に購入しました。何の不満もありません。評判通りの良さで気に入ってます。


モンベル スーパースパイラル ダウンハガー 800 #3

夏山から冬の低山キャンプまで一年を通して使えるモデルです。収縮機能があるので寝心地がよく、リラックスして寝る事が出来ます。軽くてコンパクトそして暖かいシュラフです。

ITEM
モンベル UL.スーパースパイラル ダウンハガー 800 #3
●適応身長 : 身長183cmまで
●収納サイズ : φ14×28cm
●総重量 : 620g
●快適睡眠温度域 : 0℃〜
●使用可能限界温度 : マイナス10℃
●素材:バリスティックRエアライト
●中綿:800フィルパワー・EXグースダウン

バイクでキャンプツーリングに使う寝袋が今まで使っていた化繊のタイプの寝袋だと、かさばるし、重いし、コンパクトで軽いのが欲しかったので、凄く気に入りました。使用しない間は付属の大きめの袋に入れておけば羽毛のフカフカが保たれるようになってるんですね。


【おすすめ】キャンプツーリングのバーナー&クッカー

キャンプツーリング バーナー&クッカー
出典:PIXTA
バーナーとクッカーは湯を沸かしたり調理したりするのに欠かせません。山飯ブームもあってか、そのアイテムも多種多様。

まずは簡単なソロセットから入り、キャンプ場でもっと美味しい物が作りたくなったら、必要に応じて買い足すのもいいですね。

イワタニプリムス イージークック・ソロセット

ハードアノダイズド加工されたアルミ製のクッカー。IP-110ガスカートリッジとP-115等の小型バーナーを一緒に収納することが可能でコンパクトなパッキングには最適。

ITEM
イワタニプリムス  イージークック・ソロセットS
●セット内容:ポット (630 ml、内径 9.5 × 8.7 cm ) 、ミニポット (395 ml、内径 9.5 × 4.8 cm )
●収納サイズ:径 11.0 × 12.8 cm)
●重量: 201 g

P115とセットで購入しました。コンパクトで非常に便利です。ツーリングの時には気軽に持ち出して、温かいコーヒーを楽しんでいます


ユニフレーム 山クッカー 角型

角型でスタッキングが出来るクッカー。パッキングする時デッドスペースを生じにくく便利です。3種類の鍋があれば湯沸かしから料理、炊飯も一通り出来、これ一つでOK!

ITEM
ユニフレーム 山クッカー 角型
●収納サイズ:140×140×85mm
●重量:440g
●材質:アルミニウム

角型なのでオートバイのパニアケースの中で、他のものと上手に隙間なく入れることができ、安定もするため便利です。フライパン、小さいお鍋、大きいお鍋があるので湯沸かしから調理までこのセットで一通りこなせます。


プリムス P-153 ウルトラバーナー

必要最低限のコンパクトな大きさと、110gという軽量さでありながら、その出力は3600kcal/hと圧倒的なパワーを持っています。荷物を極力軽量化したいならコレ!

ITEM
PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー
●ゴトク径:大148mm/小90mm
●収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm
●本体重量:116g
●燃焼時間:約55分

キャンプツーリングで使用しています。非常にコンパクトでコッフェルセット内に収納できる程のサイズですが火力は十分あり特に不満はないです。


イワタニ ジュニアコンパクトバーナー

CB(カセットボンベ)型のボンベを使うため、途中でガスが切れてしまった場合でも、コンビニなどでガス缶が安価で手に入るという利点がある。火力も十分でキャンプには非常に便利。

ITEM
イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
●使用サイズ:幅155×奥行155×高さ127mm
●収納サイズ:幅82×奥行68×高さ109mm
●本体重量:約274g
●連続燃焼時間:イワタニカセットガス使用時/ 約120分

ツーリング時のコーヒータイム時のお湯沸かしやキャンプでの簡単な調理で使用しています。コンパクトにたためるので,ヒョイとバッグに放り込んでいけます。


キャンプツーリングに絶対必要な「テント」価格別7選

キャンプツーリング テント
出典:Amazon
キャンプでテントと言えば、その旅を支える重要な居住空間です。ソロでも2人分位のスペースは欲しいですね。貴重品などや結露で濡らしたくないものなどは居住スペースに入れられるし、コットも使用できます。

また前室が広いテントはくつろぎのスペースや、雨の時など食事やちょっとした調理スペースにもなるので便利です。では価格別おすすめテントを紹介しましょう。

【3,000~9,000円】

バンドック ツーリングテント

前方後方どちらからも出入りでき、前室に荷物や靴を置けます。インナーテント上部がメッシュになっているため、換気性にも優れています。
ITEM
バンドック ツーリングテント[1~2人用]
●サイズ:フライシート/幅210×奥行200×高さ115cm、インナーテント/幅200×奥行110×高さ110cm
●収納サイズ:46×13.5×13.5cm
●重量:2.3kg
●素材:フライシート/ポリエステル 63D 190T(PUコーティング 耐水圧1000m)、インナーテント/ポリエステル 63D 170T(PUコーティング 耐水圧450mm)、フロア/ポリエステル 210D(PUコーティング 耐水圧1000mm)、入口&窓/ポリエステルメッシュ、フレーム/グラスファイバー

初のバイクツーリングで使用しました!持ち運びもコンパクトで 設営もビギナーの私でも簡単でこの値段!とても気に入ってます!


キャプテンスタッグ リベロツーリング テント

通気性を高めるベンチレーション装備しています。フライシートとインナーテントの間に80mmの間隔を確保しているため、結露しにくく快適に過ごせます。

ITEM
キャプテンスタッグ リベロツーリング テント[2人用]
●サイズ:フライシート/幅210×奥行260×高さ130cm、インナーテント/幅210×奥行130×高さ125cm
●収納サイズ:40×16×16cm
●重量:3.1kg
●素材:フライシート/ポリエステル70D(PUコーティング)、インナーテント/ポリエステル 70D、フロア/PEクロス、メッシュ/ポリエステル1mmメッシュ、ポール:グラスファイバー直径7mm

キャンプツーリングで使用しましたが、収納もコンパクトで助かりました。夜、雨に降られましたがフライの色が少し変わる程度ではじいていました。大人が2人寝れない事はありませんが、荷物があるので一人で快適に使える大きさではないかな?と思います。


【10,000~20,000円台】

コールマン テント ツーリングドームST

前室を高く設計し、開放感アップしたコンパクトサイズのドーム型テントです。ポールポケット式なので、一人でも簡単に設営することができます。
ITEM
コールマン テント ツーリングドームST[1~2人用]
●サイズ:幅210×奥行120×高さ100cm
●収納サイズ:54×23×23cm
●重量:4.4kg
●素材:フライシート/ポリエステルタフタ 75D(UVPRO PUコーティング シームシール)、インナーテント/ポリエステルタフタ 68D (撥水加工)、フロア/ポリエステルタフタ 75D(PUコーティング シームシール)、ポール/FRP約直径8.5mm×2本(メイン)、FRP約直径9.5mm×1本(フロント)

ツーリングはじめ、1人テント泊で役立ってます。少し重いのは気になりますが、組み立ても簡単で前室があって雨の時も良いです。


ドッペルギャンガー アウトドア ライダーズワンポールテント

ドア部分を全開にし、タープポール(別売)を使用すればキャノピーとしても利用できます。入り口のジッパーを片方だけ閉めて使用するなど、使い方色々です。

ITEM
ドッペルギャンガー アウトドア ライダーズワンポールテント[1人用]
●サイズ:幅290×奥行290×高さ183cm
●収納サイズ:50×14×14cm
●重量:2.5kg
●素材:テント/ポリエステル68D 180T(耐水圧2000mm、フロア/耐水圧3000mm)、ポール/アルミニウム

広さ、軽さ、コンパクト、設営の簡単さの総合点では現時点でバイクツーリングにはNo.1のテントだと思います。テントの中で立てるのは着替えなど、何気に良いですね。


ダンロップ ツーリングテント

ポールにはジュラルミンを採用し、軽量化にこだわった作り込みとなっています。広い入り口と大きな換気口を装備し、通気性と居住性も重視しています。
ITEM
ダンロップ ツーリングテント[1人用]
●サイズ:幅210×奥行90×高さ100cm
●収納サイズ:本体/33×19×19cm、ポール/37cm
●重量:2.25kg
●素材:フライシート/ナイロンリップ 30D(ポリウレタン防水加工)、インナーテント/ナイロンリップ 30D(通気撥水加工)、インナーテント底部/ナイロンタフタ 70D(ポリウレタン防水加工)、ポール/DAC7001S、張り綱/テクノーラ(アラミド)
バイクでのキャンプツーリング・デビューを目指して購入。モンベルさんのと迷いましたが、最終的にこちらを選択しました。まだ実戦投入出来てませんが、自宅で設置練習した限り、初心者でも簡単に設置・撤収できそうです。 出典:Amazon

【30,000~50,000円台】

モンベル ステラリッジテント1型

モンベルの山岳用テントをさらに軽量化。素材は穴の開きにくいリップストップを使用し、出入りには凍結や雪の付着に強い樹脂製ビスロンジッパーを採用しています

ITEM
モンベル ステラリッジテント1型 [1人用]
●サイズ:幅210×奥行90×高さ55cm
●収納サイズ:30×13×13cm
●重量:1.4kg
●素材:フロア&フライシート/バリスティックナイロンリップストップ 30D(耐水圧1500mm ウレタンコーティング)、キャノピー/バリスティックナイロンリップストップ 30D(通気撥水加工、難燃加工)

かなりがっしり固定されて、風や雨にはつよい強度を見せますし、虫も注意すれば入って来ません。170センチ弱の私でも、しっかり足を伸ばして寝ることができたし、脇には大きめのザックが置けるぐらいの横幅がありました。


スノーピーク テント ファル2

インナーテントをフライシートにセットした状態から、約20秒で設営可能。インナーテントを外せば小型シェルターとしても機能します。

ITEM
スノーピーク テント ファル2
●サイズ:フライシート/幅143×奥行245×高さ110cm、インナーテント/幅128×奥行205×高さ100cm
●収納サイズ:本体/33×17×17cm、フレーム/50×11cm
●重量:1.7kg
●素材:フライシート/シリコンポリエステルミニリップストップ 20D(PUコーティング 耐水圧1500mm)、インナーテント/ポリエステルミニリップストップ 20D、ボトム/ナイロンリップストップ30D(PUコーティング 耐水圧1500mm)、フレーム/ジュラルミンA7001直径9mm

雨の日で撤収する時にどうしても大変な思いが嫌でインナーテントで立てるのが簡単で撤収が楽なテント探していました。外ではまだ立ててませんが室内ではしっかり立て、インナーテントをつり下げているので、外に行っても簡単設営♪




キャンプツーリングで快適空間を作る「タープ」2選

キャンプツーリング タープ

提供:yuko oono

日差しが強い時は日陰を、雨が降った時にはタープの下にテントを張り空いたスペースで調理などができ、撤収もなるべく荷物を濡らさずに済みます。また夜露からも濡れずに済むので、前室にスペースの余裕がないテントなどはタープと組み合わせて使うと便利です。タープのおすすめ2点をご紹介します。

モンベル ミニタープ

ソロユースに十分なスペースを確保できるタープです。生地は難燃加工を施してあるため、火に当たっても燃え広がることなく自己消化し、安全に使用できます。

ITEM
モンベル ミニタープ
●サイズ:270×335cm
●収納サイズ:21×12×12cm
●重量:0.6kg
●素材:ポリエステルタフタ 75D(耐水圧1500mm、ウレタンコーティング、難燃加工)

バイクや1人用テントをスッポリ覆って余りあるという訳にはいかず、あくまでテントの戸口の延長程度です。ですが、これのおかげでキャンプ中に雨が降っても不自由なくテントの外で調理等が出来、凄く重宝してます。


スノーピーク ライトタープ

小型のレクタングラー(長方形)タープ。ポールの高さやセットする位置、張り網の使い方によって、豊富なバリエーションでセッティングできます。

ITEM
スノーピーク ライトタープ[1~2人用]
●サイズ:270×200cm
●収納サイズ:35×18×18cm
●重量:0.6kg
●素材:ポリエステルタフタ 75D(遮光ピグメント PUコーティング 耐水圧1800mm ミニマムUVカット加工 テフロン撥水加工)

ソロキャンプでテントの前室として使ってます。一人分のスペースとしては充分だし、風よけや、雨対策など状況に応じ張り方を変えています。


キャンプツーリングの積載、パッキング方法

キャンプツーリング バイク
提供:yuko oono
バイクには様々な車種があり、積載の方法も千差万別です。しかし積載の基本は、大きく重い物は下へ、左右のバランスに気をつけ、リアに重心が偏らないように注意する事は同じ。ではその積載方法の一例をご紹介します。

ホムセン箱への収納

ホームセンターの収納ボックス、通称ホムセン箱は耐久性やコスパがよく積載のアイテムとして利用されています。

雨が降っても中の物が濡れないので、濡らしたくない物や細々とした物をまとめて納めることができます。バイクは振動が激しいので隙間なくきっちり入れると中で荷物が暴れません。

スペースは確保しておく

バイクに荷物を満載にしてしまうと、キャンプ場に行く途中で買い出しをした時など、増えた荷物の載せ場所が無くなってしまいます。

あらかじめ増える分を見越して、荷物の上やホムセン箱の上などコードやネットで重ねて載せられるスペースを確保しておきましょう。

積載の一例紹介!

雨天のキャンプツーリング
提供:yuko oono
雨天の積載例になってしまいましたが、これは北海道を一週間キャンプして周った時のものです。トップケースには調理道具、バーナー、ランタン、食材など、防水バッグにはテント、タープ、テーブル、チェア、サイドケースにはシュラフ、マットや着替えなど。タンクバッグにはカメラやナビが入っています。

積載方法は多々ありますが、一番大切なことは荷崩れしない事です。バイクに荷物を積み終わったら緩みが無いか必ず確認しましょう。そして時々緩みが無いかチェックも忘れずに!

キャンプツーリングの調理、料理はどうすれば?

キャンプツーリング料理 キャンプで焼き鳥
提供:yuko oono
キャンプ料理の代表と言えばBBQ! 炭火で焼くだけで簡単ですね。でもせっかくなら行った先の名産品などを道の駅で買って、ご飯を炊いておかずにしたり、特別な食材がなくても缶詰やコンビニにあるものでパスタや炊き込みご飯が簡単に出来ます。

キャンプ飯の本やネットのレシピもあるので参考にしてみてください。

バイクで風を感じ、キャンプで自然と戯れる

キャンプツーリング
出典:PIXTA
キャンプツーリングの醍醐味は何と言っても、その自由さです。荷物をバイクに積んだ瞬間から冒険は始まります。

キャンプツーリングを一度経験してしまえば、虜になることは間違いありません。さぁ!あなたもキャンプツーリングをしてみませんか?難しい事はありません。まずは冒険に出かけましょう!


Let’s go out to camp touring!
キャンプツーリングに出掛けょう!

紹介されたアイテム

ダンロップ ツーリングテント[1人用]

ダンロップ ツーリングテント[1人用]

¥24,820 税込

紹介されたアイテム

笑’s・コンパクト焚き火グリル B-6君…
尾上製作所(ONOE) フォールディング…
ヘリノックス コットワン
サーマレスト ラグジュアリーライトウルト…
ヘリノックス  チェアワン
ドッペルギャンガーアウトドア  ウルトラ…
エーライト マンティスチェア2.0
キャプテンスタッグ  アルミロールテーブ…
キャンパーズコレクション アルミハードト…
ヘリノックス  テーブルワン
ドッペルギャンガーアウトドア ポップアッ…
コールマン ランタン パックアウェイフロ…
モンベル クラッシャブル ランタンシェー…
ソト(SOTO) レギュレーターランタン
ナンガ オーロラ450DX
モンベル UL.スーパースパイラル ダウ…
サイトを見る
イワタニプリムス  イージークック・ソロ…
ユニフレーム 山クッカー 角型
PRIMUS(プリムス) P-153 ウ…
イワタニ ジュニアコンパクトバーナー C…
バンドック ツーリングテント[1~2人用…
キャプテンスタッグ リベロツーリング テ…
コールマン テント ツーリングドームST…
ドッペルギャンガー アウトドア ライダー…
モンベル ステラリッジテント1型 [1人…
スノーピーク テント ファル2
モンベル ミニタープ
スノーピーク ライトタープ[1~2人用]
サイトを見る

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
yuko oono

キャンプツーリングをキッカケに、その魅力に取り憑かれ、休みがあればテントを積んで旅する中年ライダー。
最近は自宅の1室をキャンプ道具に占領されるも、良い用品があればつい買ってしまうという道具沼にもハマっている。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!