最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプツーリング

バイクでキャンプに行こう!上級者が教えるツーリング向きの道具一式

バイクで年間50泊以上キャンプツーリングに出かけるスペシャリストが、実際に使っている道具を大公開! コスパが良くコンパクトに収納できるおすすめアイテムを紹介しているほか、荷物の積載方法や、バイクで利用しやすいキャンプ場の見分け方も解説しています。

目次

アイキャッチ画像提供:コニタン

バイクでキャンプに行くときの持ち物リスト

オフロードバイクとテント

出典:PIXTA

近年はバイクでキャンプに出かける人が増えています。

でも「キャンプツーリングって何を持っていけばいいの?」とスタートからつまずいてしまう人もいるはず。

筆者自身もキャンプツーリングには出かけますが、

・年間50泊以上のキャンプツーリング
・1年半かけてキャンプツーリングで日本を縦断

をこなすなど、最早キャンプツーリングに関しては無双の領域に達している仲間「コニタン」がいますので、長いキャンプツーリング生活の中で選び抜いた道具を紹介してもらいました。

キャンプツーリングの様子

写真や映えにもこだわるコニタン。今回掲載する写真も提供していただきました。

 

バイクでキャンプに行くときの持ち物リスト
・テント
・タープ
・マット
・寝袋
・テーブル
・椅子
・焚き火台
・クッカー
・バーナー
・ランタン
・ヘッドライト

紹介していく持ち物一覧表です。

キャプテンスタッグ エクスギア アルミツーリングドーム 2UVキャプテンスタッグ リベロ ツーリングテントUVフライフライゴー タープセットフィールドア アルミテントポール 2セット入りサーマレスト Zライトソルナンガ オーロラライト450DXリンカックス アルミ製 アウトドアテーブルハイランダー ウッドフレームチェアSitengle 焚き火台 メッシュオーバーモント クッカーセットイワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCBキャリーザサン ソーラーランタン スモールタナックス キャンピングシートバッグ2
メーカーキャプテンスタッグキャプテンスタッグフライフライゴーフィールドアサーマレストナンガリンカックスハイランダーSitengleオーバーモントイワタニキャリーザサンタナックス
商品名エクスギア アルミツーリングドーム2UVリベロ ツーリングテントUVタープセット 3✕4mアルミテントポール 2セット入りZライトソルオーロラライト450DXアルミ製アウトドアテーブルウッドフレームチェア焚き火台 メッシュクッカーセットジュニアコンパクトバーナー CB-JCBソーラーランタン スモールキャンピングシートバッグ2
販売サイト楽天で見る

Yahoo!で見る
Amazonで見る
楽天で見る

Yahoo!で見る
Amazonで見る
楽天で見る

Amazonで見る
楽天で見る

Yahoo!で見る
Amazonで見る
楽天で見る

Yahoo!で見る
Amazonで見る
楽天で見る

Yahoo!で見る
Amazonで見る
楽天で見る

Yahoo!で見る
Amazonで見る
楽天で見る

Yahoo!で見る
Amazonで見る
楽天で見る

Yahoo!で見る
Amazonで見る
楽天で見る

Yahoo!で見る
Amazonで見る
楽天で見る

Yahoo!で見る
Amazonで見る
楽天で見る

Yahoo!で見る
Amazonで見る
楽天で見る

Yahoo!で見る
Amazonで見る
※横にスクロールできます

テント

キャプテンスタッグ エクスギア アルミツーリングドーム2UV

キャプテンスタッグ エクスギア アルミツーリングドーム2UV

テントは実際に使う人数より1人多い使用人数のテントを選ぶとゆとりができます。ちなみにこちらのキャプテンスタッグエクスギア アルミツーリングドーム2UV」は1~2人用。

テントのバイクへの積載は、一番気になるのが収納時横幅。こちらは収納サイズが50×14×14cmと、ツーリングテントの中でもかなりコンパクトに積載可能です!

キャプテンスタッグ エクスギア アルミツーリングドーム 2UV

●サイズ:約210✕130✕125cm
●収納サイズ:約50✕14✕14cm
●重量:約3.8kg
●素材:【フライ】ポリエステル70D(PU2000mm)【インナーウォール】ポリエステル(通気性撥水加工)【インナーグランドシート】ポリエステル150D(PU2000mm)【メッシュ】ポリエステルノーシーム【ポール】直径8.5mm 7001ジュラルミン
さらに、インナー、フライ共にPU2000mmと十分な耐水圧もあり、車のように雨天時の避難場所がないバイクツーリングでも、安心して拠点にすることができます。

とても似た形の「ツーリングドーム」がコールマンにもありますが、暖色のデザインが欲しかったこと、こちらの耐水圧が高かったこと、買い替え前約6年使ったキャプテンスタッグ「リベロ ツーリングテントUV」がタフで大満足だったことが、次もキャプテンスタッグのテントを購入する決め手になりました。

キャプテンスタッグ リベロ ツーリングテントUV

●サイズ【フライ】約210×260×130cm【インナー】約210×130×125cm
●収納サイズ:約40×16×16cm
●重量:約3.1kg
●素材:【フライ】ポリエステル70D(PU防水加工)【インナーテント】ルーフ・ウォール=ポリエステル70D(通気性撥水加工) 【フロア】PEクロス【メッシュ】ポリエステル1mmメッシュ【ポール】φ7mm グラスファイバー
「エクスギア アルミツーリングドーム2UV」は2年ほど使っていますが、満足している点は快適性です。125cmと十分に高い天井高で着替えもしやすく、広い前後室は雨天時に調理もできるほど。

夜にキャプテンスタッグ エクスギア アルミツーリングドーム2UVを使用している様子

すっぽり椅子テーブルまで収まる前室は、秘密基地のよう。

また、キャノピーには珍しいメッシュ窓がついています。マジックテープで開閉ができ、人目を遮りつつ通気性を確保できます。

バイクとキャプテンスタッグ エクスギア アルミツーリングドーム2UV

十分なスペック」「コンパクトなのに高い快適性」「お手頃な価格」と三拍子揃って、自信を持っておすすめするテントです。

タープ

FLYFLYGO タープセット 3×4m

フライフライゴー タープセット 3×4m

フライフライゴーのタープセット(3×4m)は、大型のアメリカンバイクとソロ用テントも入るサイズの長方形タープです。

裏がアルミコーティングされた生地なので、紫外線を防ぎ、高い断熱効果があります。

フライフライゴー タープセット 3✕4m

●サイズ:300✕400cm
そのため、身軽なハンモック泊にも持ってこいです。開放部を狭くすることで、真冬のハンモック泊も暖かく過ごせます。

FLYFLYGOのタープセットを使用したハンモック泊の様子

ポールのみ別売りのフィールドア「アルミテントポール 2セット入り」(6本連結・180cm)です。

フィールドア アルミテントポール 2セット入り

●サイズ:約φ1.6cm×185cm(6本連結時、有効長 : 180cm)
●収納サイズ:約37cm
●重量:約300g (6本連結時)
●素材:A7075 超々ジュラルミン

マット

サーマレスト Zライトソル

サーマレスト Zライトソル

一時期コンパクト性を優先して、エアータイプのマットを使用していたのですが、旅行中に穴が何度も空いてしまい、クローズドセルタイプしか信じなくなってしまいました。

その点こちらのサーマレストZライトソル」は、設営が秒で終わり、耐久性に優れ不整地でもぐっすり眠れます。

サーマレスト Zライトソル

●サイズ:51×183cm
●収納サイズ:51×13×14cm
●厚さ:2cm
●重量:410g
●素材:軽量EVAフォーム
●R値:2.0
アルミ蒸着されていることに加え、厚みが2cmあって、冬のキャンプでも断熱に効果を発揮します。

夏場はアルミ蒸着ではない黄色い面を表にして使います。蛇腹式なので折り畳んだ状態で座布団のような使い方をすることもできます。持ち運びにはかさばりますが、信頼のおけるマットです。

寝袋

ナンガ オーロラライト450DX

ナンガ オーロラライト450DX

シュラフは破れなどを無料修理してくれる永久保証で有名なナンガより、軽量な3シーズン対応モデル「オーロラライト450DX」。

ナンガ オーロラライト450DX

●サイズ:最大長210cm✕最大肩幅80cm(身長178cmまで)
●収納サイズ:φ14×30cm
●重量:865g
●素材:【表地】20dnオーロラテックスR【裏地】20dnナイロンタフタ
●快適使用温度:0℃
●使用限界温度:-5℃
ファスナーが蓄光かつ生地を噛みづらい特殊構造で、夜でもストレスフリーの使い心地。表生地に特殊技術「オーロラテックス」を使用しているので、防水性に優れ、結露の多い時期もシュラフカバーなしで使えます。

100円ショップのエアーピローを併用して快適な睡眠を!

テーブル

リンカックス アルミ製アウトドアテーブル

リンカックス アルミ製アウトドアテーブル

リンカックスのアルミ製アウトドアテーブルは、高さ32cmと下に物も置けて、椅子に座ってちょうど良い高さ。ロールアップしてコンパクトに収納できます。

リンカックス アルミ製 アウトドアテーブル

●サイズ:縦35cm✕横39.5cm✕高さ32cm
●収納サイズ:縦6cm✕横13cm✕高さ44cm
●重量:約900g
●素材:アルミニウム
●耐荷重:30kg
天板が構造上、隙間が多く、バーナーの脚などが落ちてしまうので、ランチョンマットを敷いて使っています。

椅子

チェア ハイランダーウッドフレームチェア

ハイランダー ウッドフレームチェア

キャンプで色々なチェアを試してきましたが、座ってくつろぐ時間というのは案外多いもので、その快適性は見過ごせません。

カーミットチェアという木製なのに軽量のチェアが欲しかったのですが、価格がそれに比べ3分の1以下という利点に惹かれ、こちらのハイランダーウッドフレームチェア」を使用しています。

ハイランダー ウッドフレームチェア

●サイズ:55×53×63cm
●収納サイズ:57×13×11cm
●座面高:約32cm
●重量:3.3kg
●耐荷重:80kg
●素材:【フレーム】ブナ【生地】コットン
肘掛けもあり楽ちん。重さがありますがその分、アルミパイプの折り畳みチェアより耐久性があります。

焚き火台

焚き火台 Sitengle 焚き火台

Sitengle 焚き火台

Sitengleの焚き火台は、メッシュの金属製シート上に薪を載せるタイプです。高さがあり、通気性が抜群なので、最後までよく燃えます。

Sitengle 焚き火台 メッシュ

●サイズ:約41.5×41.5×34cm
●収納サイズ:約10×10×24cm
●重量:800g
●素材:ステンレス鋼
華奢に見えますが、薪をずっしり積んでも大丈夫。ただ、メッシュシートは消耗品なので、約1年で交換でした。

Sitengle 焚き火台を使用している様子

クッカー

クッカー Overmont クッカーセット

オーバーモント クッカーセット

オーバーモントのクッカーセットは、ケトル、フライパン、鍋、カトラリーなども揃ったスターターセットです。

オーバーモント クッカーセット

●サイズ:【鍋】直径17.3cm×高さ9.2cm【フライパン】直径18cm×高さ4.3cm【ケトル】直径13.7×高さ8.4cm【バッケージサイズ】18.4×12.6×18.6cm
●重量:約833g
●セット内容:鍋×1、蓋×1、フライパン×1、ケトル×1、お碗×3、しゃもじ×1、柄杓×1、クリーンスポンジ×1、Dリング×1、ナイフ×1、フォーク×1、スプーン×1、収納袋×1
●素材:アルミニウム合金
1~2人のキャンプにちょうど良いサイズ。熱伝導もよく、2年ほど使って焦付きもないので炊飯にも重宝します。

バーナー

バーナー イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

火器は事故にもつながるので、念のため信頼ある有名メーカーのイワタニジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」を。家庭でよく使う安いCB缶が使えるので、燃料入手が楽です。

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

●サイズ:幅155×奥行155×高さ127mm
●収納サイズ 幅82×奥行68×高さ109mm
●重量:約274g
●素材:[本体]アルミニウム、[バーナー・ごとく・脚・風防]ステンレス
●ガス消費量:約194g/h(気温20〜25度のとき10分間のガス消費量を1時間に換算したもの)
●連続燃焼時間:[イワタニカセットガス使用時]約120分、[イワタニカセットガスジュニア使用時]約40分(気温20〜25度のとき強火で連続使用したときの目安時間)
タフに長く使っています。前述のクッカーにピッタリと、スタッキングできます。

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCBを オーバーモント クッカーセットにスタッキングした様子

ランタン

キャリーザサン ソーラーランタン

キャリーザサン ソーラーランタン

キャリーザサンのソーラーランタン(スモール)は、とてつもなく薄くコンパクトになる折り畳みランタンです。

キャリーザサン ソーラーランタン スモール

●サイズ:8.8×8.8×8.8cm
●収納サイズ:8.5×17×1.5cm
●重量:57g
●仕様:LED6灯
●明るさ:強/30ルーメン、弱/15ルーメン、点滅モード
●点灯時間:10時間(強)、15時間(弱)
●充電時間:5-7時間
●素材:本体PET・PVC/パッケージPVC
ソーラー充電式で、ゼロからの満充電は7時間。連続点灯時間は弱で約15時間、強で約10時間。今のところ、日中すぐにチャージされているようで、使用中に切れたことはありません。

ツーリング中に日が当たるように積載すれば、まったく問題ないでしょう。弱・強・点滅があり、スモールの弱のみでこの明るさ。

キャリーザサン ソーラーランタンを使用している様子

これひとつで大満足です!

ヘッドライト

モンベル パワーヘッドランプ

モンベル パワーヘッドランプ

ヘッドライトは充電できない環境でもすぐに交換できるように、電池式のモンベルパワーヘッドランプ」です。

モンベル パワーヘッドランプ

モンベル パワーヘッドランプ
●重量:55g(電池を含む重量:90g)
●対応電池:単4形電池3本
●防水規格:IPX6

モンベルオンラインショップで見る

雨の中の撤収でも大丈夫なIPX6の防水仕様。4モードついており、最長120時間持続します。

バイクにキャンプ道具を積載するときのポイント

バイクとキャンプ道具

続いて、バイクにキャンプ道具を積載するときのポイントを、以下の4点から解説していきます。

・バイク装備
・バッグ選び
・パッキング
・積載方法

バイク装備

キャンプ道具を積載したバイク

メインのシートバッグと別にサイドバッグがあると便利。

そして、サイドバッグは温泉道具を入れたり、空にしたりと、行き先での取り出しや買い出しに対応できるように余裕を持たせると良いでしょう。

バッグ選び

タナックス キャンピングシートバッグ2を積載したバイク
シートバッグはTANAXキャンピングシートバッグ2」を使用しています。拡張性が高く、容量が非常に大きいのが決め手でした。

タナックス キャンピングシートバッグ2

●素材:1680Dナイロン+PVCレザー
●サイズ:H350✕W620✕D350mm(最小時)、H350✕W820✕D350mm(最大時)※サイズはサイドポーチを含みます
●容量:59〜75L

パッキング

パッキングされるキャンプ道具

出典:PIXTA

できるだけ最初から外付けはせず、バランスをとるために重いものを下に入れましょう。

シートバッグの容量以上になるようであれば、ギアのコンパクト性や、積載数を調整します。吟味すると意外と「あまり使わないもの」が入っていたりしますよ。

外付けする場合は、ずれたり、ゆれないようにロープなどで強く上から抑え、手で押して、耐久性も確認します。

積載方法

キャンプ道具を積載したバイク

キャリアの中央に確実にシートバッグを配置し、付属のベルト4本でバイクと固定します。締めた後はずれたり、ゆれないか、グッグッと押して、耐久性を確認します。

バッグやキャリアの素材によっては、滑って荷物が段々とずれてしまうので、キャリアとバッグの間にゴムのシートなどを挟みましょう。

なお、荷物の積載方法については以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

バイクで利用しやすいキャンプ場の条件は?

モンベルのテントとバイク

出典:PIXTA

バイクで利用しやすいキャンプ場の特徴としては、以下のような点が挙げられます。

1. バイク料金やソロ料金が設定されている
2. テントの近くにバイクを置ける
3. 貸し出しアイテムが豊富にある
4. テントサイトまでがひどい不整地でない

1. バイク料金やソロ料金が設定されている

キャンプ場に停められたバイク

出典:PIXTA

ファミリー層に向けたキャンプ場の場合、1サイトの料金が割高であることがあります。そのうえ、駐車料金が発生することも。

そこで、バイク料金が設定されているところ、ソロ料金、もしくは1名あたりで料金が設定されているところがおすすめです。

2. テントの近くにバイクを置ける

テントのそばに停められたバイク

出典:PIXTA

バイクウェアやブーツで、何度も重い荷物を運ぶのは大変です。テントのそばまでバイクが乗り入れできるキャンプ場が利用しやすいでしょう。

また、車は乗り入れ不可であっても、バイクは可であるテントサイトやキャンプ場もあります。ホームページやクチコミ、お問い合わせなどで確認をしましょう。

3. 貸し出しアイテムが豊富にある

キャンプ場の貸し出しアイテム
バイクでは積載が限られています。また、途中で食材を購入し、限られたスペースをうまく考えて積載するのも、手間がかかるものです。

そのため、現地で薪や炭を購入できたり、キャンプアイテム自体も借りられたりすると、設営が終わってからゆっくり調達をすることができます。そして、身軽に道中のツーリングを楽しめるでしょう。

4. テントサイトまでがひどい不整地でない

悪路を走るバイク

出典:PIXTA

キャンプ場は、山の中にあることが多いです。そのため、「キャンプ場にたどり着くまでが不整地」「乗り入れ可能だが、バイク用サイトまでの道がかなりの不整地」でないか、特に慣れていない人はチェックすることをおすすめします。

これらの情報はクチコミなどで書かれていると思います。キャンプ場に積載もりもりでたどり着いたは良いものの、転んでしまったり、怖い思いをしたりなんてこともよくあります。バイクの種類によっては、このあたりも注意しましょう。

キャンプツーリングは魅力がいっぱい!

夜のツーリングキャンプの様子
ツーリング先でキャンプができると、かたわらに愛車を眺め、星空を眺め……と、より「相棒との旅」を味わうことができます。

また、北海道のようなキャンプ場が多い地域では、気分で行き先を決め、走るだけ走ってから宿泊地を見つける、なんて気ままなこともできちゃいます。これぞ旅の醍醐味ではないでしょうか。

美しい景色を求め走るライダーという生き物と、景観の良いキャンプは相性が良いのです。ぜひみなさんも、キャンプツーリングで「相棒と大自然に浸る旅」を楽しんでください!

こちらの記事もおすすめ