最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプ場に設営されたバンドック「ソロティピー1 TC」

【設営レビュー】バンドック「ソロティピー1 TC」を実際に使った評価は?

2022/09/16 更新

バンドック「ソロティピー1 TC」を設営レビュー! 口コミや評価が気になる人に向けて、実際に使用して分かったメリット・デメリットなどを紹介します。

具体的な設営方法が分かる動画や、人気ソロテントと比較したおすすめランキングもぜひ参考にしてください。

目次

記事内画像撮影:編集部

バンドック「ソロティピー1 TC」をレビュー!

バンドック ソロティピー1 TC

バンドック「ソロティピー1 TC」
重さ約4.8kg
展開サイズ約240×240×150cm
インナーサイズ:約220×100×135cm
収納サイズ約φ24×44cm
価格49,500円(税込)
※Amazon:19,800円(税込)〜
※上記は記事執筆時点における情報です。閲覧時点とは異なる可能性があります。

ソロ向けテントの豊富なバリエーションとコスパの高さが人気のバンドック「ソロティピー1 TC」。

底辺が正方形のシンプルなフォルムながら、前室を大きく拡張できるのが魅力のテントです。早速、使用感をチェックしていきましょう!

収納状態のバンドック「ソロティピー1 TC」を持つ男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

ポリエステル65%とコットン35%混紡のTC素材を使用しており、ポリエステルなどの化繊に比べて厚手で収納サイズも嵩張ります。

横幅は44cmと短めで、ツーリング時は横向き積載が可能。重さが4.8kgあるので、車やバイクでのオートキャンプにおすすめです。

バンドック「ソロティピー1 TC」の設営方法

 

正方形だから本体のペグは4隅に打つだけ。メインポール1本を内側中心部で立ち上げれば自立します。インナーテントも頂点とフロア4隅をバックルで連結し、フックで吊り下げるのみ。

設営手順はシンプルですが、キレイにピンと張るにはペグ位置やアジャスターの緩め具合などの調整に慣れが必要です。

バンドック「ソロティピー1 TC」の評価

検証結果
デザイン性★★★★☆
軽量性★★★☆☆
設営性★★★☆☆
居住性★★★☆☆
値段★★★★☆
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

バンドック「ソロティピー1 TC」のインナーテント内に座る女性

モデル:野あそび夫婦 エリ―さん(※商品レビューは編集部で実施)

インナーテントは高さ135cmあるものの、ワンポールテントならではの上に向かって鋭角に狭まる壁がなかなかの圧迫感。

フロアサイズは幅が220cm、奥行きが100cmありますが、両端の壁が垂れ下がってくるので、大柄な人には厳しいサイズです。

フラップを立ち上げたバンドック「ソロティピー1 TC」

そして「ソロティピー1 TC」最大の特徴がこの大きな前室。大きなフラップ付きだから、付属のサブポールで立ち上げれば、タープなしでもリビング空間が確保できます。

前室部分もTC素材で火の粉に強く、この下に座って焚き火が楽しめるのが魅力です。

前後のドアをオープンしたバンドック「ソロティピー1 TC」

インナーテントは全面メッシュ素材で、背面側にもドアがあるから通気性抜群。裾には巻き上げ可能なスカート付きで、寒い時期には下ろして冷気を防げます。

さらに、背面ドアはWジッパー式だからアレンジが設置しやすいのもポイント。

バンドック「ソロティピー1 TC」の前室でチェアに座る女性

モデル:野あそび夫婦 エリ―さん(※商品レビューは編集部で実施)

前室のサブポールがメインポールより一節分高いので、チェア&テーブルを前室の中に入れても余裕の広さ。

TC素材の無骨な風合いがカッコよく、1人で心ゆくまで焚き火を楽しめるテントでした。

メリット&デメリット
メリット●フラップを立ち上げて広い前室を作れる
●メッシュインナー+前後ドア付きで通気性が高い
●TC素材のため火の粉に強い
デメリット●中に入ると壁の圧迫感を感じやすい
●TC素材の性質上大雨には不向き
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

バンドック ソロティピー1 TC

ほかの人気ソロテントと比較したランキングは?

収納状態の人気ソロテント18種類

バンドック「ソロティピー1 TC」を含め、人気ソロテント18張を実際に設営し、軽さや組み立てやすさ、居住性、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事と動画もおすすめ

紹介されたアイテム