最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプ場に設営されたMSR「エリクサー2」

【設営レビュー】MSR「エリクサー2」を実際に使った評価は?

2022/09/16 更新

MSR「エリクサー2」を設営レビュー! 口コミや評価が気になる人に向けて、実際に使用して分かったメリット・デメリットなどを紹介します。

具体的な設営方法が分かる動画や、人気ソロテントと比較したおすすめランキングもぜひ参考にしてください。

目次

アイキャッチ画像出典:編集部

MSR「エリクサー2」をレビュー!

MSR「エリクサー2」
重さ2.77kg
展開サイズインナー:W213×D127×H102cm
前室:W213×D76cm
収納サイズφ17×H51cm
価格50,600円(税込)
※上記は記事執筆時点における情報です。閲覧時点とは異なる可能性があります。

MSRのバックパッキングテントシリーズ中でも居住性が高いモデル「エリクサー2」。独特のフォルムや赤の差し色など、デザインのカッコ良さも魅力のテントです。

グレーとグリーンのほか、2021年には新色のタンカラーがラインナップされて話題に。使用感は実際どうなんでしょうか?

収納状態のMSR「エリクサー2」を持つ男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

収納サイズはやや大きめ。長さが51cmなのでツーリング時の横向き積載はギリギリといった感じです。

バックパッキングテントとカテゴライズされていますが、重さは2.77kgあり、徒歩キャンプにはちょっと工夫が必要ですね。

MSR「エリクサー2」の設営方法

 

左右2箇所でクロスさせた2本のメインポールに、中心を横断する短いリッジポールを加えた3本構成の骨組み。

ポールは赤とシルバーに色分けされ、差し込み先のグロメットの色がそれぞれ対応しているので、初めてでも迷いなく設営が可能です。

MSR「エリクサー2」の評価

検証結果
デザイン性★★★★☆
軽量性★★★☆☆
設営性★★★★☆
居住性★★★★☆
値段★★☆☆☆
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

MSR「エリクサー2」の中で寝る男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

インナーはコールマン「ツーリングドームST」とほぼ同じサイズ感。2人用ですが、やはり荷物を中に入れるなら大人1人がちょうど良い広さです。

前後2箇所に上半分のみメッシュパネル付きのドア、左右の上部にもメッシュパネルを装備した4面ベンチレーションで通気性もバッチリです。

MSR「エリクサー2」のインナーテント

左右2箇所で交差する独自の「魚座型」フレームと中心を横断するリッジポールが、天井付近の空間に大きく広がりを持たせているので、体を起こした時の動作もノンストレス。

フライシートを外しても美しいデザインで、夏はタープ下に入れてこのまま使えるのも魅力です。

MSR「エリクサー2」の前室に置かれたリュック

奥行き76cmの前室も前後に2箇所確保。雨天時や外出時に荷物をしまっておけます。

さらにこのドアパネル、3分の1・2分の1・全開と3段階の開き方ができるので、天候やシチュエーションに応じて調整できるのが便利。

MSR「エリクサー2」の前に座る人

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

ギアを並べるとこんなバランス。独自のフレーム構造により、高い居住性を確保しながら設営スペースはコンパクト。フライを外しても美しいデザインなど、ポテンシャルの高いテントでした。

メリット&デメリット
メリット●独自のフレーム構造で居住性が高い
●通気性に優れた設計
●フライシートを外しても美しいデザイン
デメリット●バックパッキングテントとしては持ち運びにくい
●定価5万円以上と値段は安くない
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

ほかの人気ソロテントと比較したランキングは?

収納状態の人気ソロテント18種類

MSR「エリクサー2」を含め、人気ソロテント18張を実際に設営し、軽さや組み立てやすさ、居住性、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事と動画もおすすめ

紹介されたアイテム