パンダテント増加中!?テンマクデザイン「パンダ」の魅力に迫る!

テンマクデザインの「パンダ」シリーズの勢いが止まらない!ソロテント「パンダ」、シェルター「メガパンダ」など、キャンプコーディネーター・こいしゆうかさんがプロデュースするキャンプギアの人気が継続中。その魅力をたっぷり紹介します!


アイキャッチ画像出典:Tent-Mark Designs

「パンダ」の勢いがとまらない!?

テンマクデザインのテント、パンダ
出典: WILD-1
アウトドアショップ「WILD-1」のオリジナルブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」。こだわり抜いたギア作りや、アウトドア界で活躍する人たちとのコラボギアなど、キャンパーにも人気のブランドです。

そのテンマクデザインの中でも、とくにファンが多いのが「パンダ(PANDA)」シリーズ。いったいどういうギアなのか、さっそくチェックしてみましょう!

パンダシリーズ、プロデューサーはあの人!

テンマクデザイン、パンダをプロデュースしたこいしゆうか
出典: WILD-1
テンマクデザインのパンダシリーズを語るのに外せない人物、それが同シリーズをプロデュースしている、こいしゆうかさん。キャンプコーディネーター、イラストレーターとして活躍している女性です。

<こいしゆうかさんプロフィール>
キャンプコーディネーター、イラストレーター。ゆるーい線の動物イラストや、ちょっとシュールな漫画を得意とするイラストレーター。趣味であるアウトドアを活かして、女性視点のキャンプスタイル「女子キャンプ」を提唱。テレビ、雑誌、ウェブなどのメディアにてキャンプコーディネイターとしても活躍中。


テンマクの「パンダ」シリーズを一挙公開!

こいしゆうかさんのこだわりがぎゅっと詰まった「パンダ」シリーズ。その製品群をチェックしてみましょう!


パンダの魅力紹介

Processed with VSCO with c1 preset
撮影:編集部
テンマク×こいしさんのコラボ第一弾として登場したのが、ソロテント「パンダ」。赤いカラーのとんがりテントが最初にリリースされ、その後、同デザインで男性でも使いやすいアースカラー(グリーン)を採用したモデル、そして今年は「パンダ クラシック」としてホワイトカラーのテントがラインアップしています。

ソロテントだけど広々とした土間がある!

ソロ仕様のテントでありながら、フロアの半分がインナー、もう半分を土間として使えるようになっているのがポイント。土間部分をリビングとして使えるので快適。

開放感たっぷりな前後ドア

テンマクデザインのテント、パンダクラシック 出典: WILD-1
コンパクトなテントだと片面ドアが多いですが、パンダは前後にドアが付属。2つのドアを開ければ開放感たっぷり。フィールドの豊かな自然を満喫できます。

オプションでフルクローズできるインナーも

テンマクのテント、パンダのインナー
出典: WILD-1
パンダ標準装備のインナーはメッシュタイプ。早春や秋など肌寒いシーズンにも対応できるよう、別売でフルクローズできるインナーテントを販売しています。これでオフシーズンもパンダでキャンプできます!

テントの取り扱い説明書が「マンガ」!

img_7983 撮影:編集部
かなりめずらしいことですが、パンダの取扱説明書はマンガになっています。もちろん、こいしさん作画!これがかわいいと評判。テンマクデザインのサイトでもダウンロードできますよ。

<パンダ スペック>
●サイズ:フライ約240×240×150(H)cm、インナー約220×100×135(H)cm
  • ●総重量:2190g(ペグ・収納ケース含む)
  • メガパンダの特徴って?

  • テンマクデザインのメガパンダ
    出典: WILD-1
  • テントにもタープにもシェルターにもアレンジ可能。かわいいデザインと機能を兼ね備えているのが特徴です。
  • 独特のカラーリングと合わせてフィールドでかなり目を引きそうなアイテムですが、次回生産予定は未定というのが残念なところ。手に入れたい人は気長に待ちましょう。

多彩なアレンジ力!

テンマクのメガパンダ、アレンジ術 出典: Tent-Mark Designs
メガパンダのフルクローズ 出典: Tent-Mark Designs
そのまま張ればシェルター、インナーテントを吊るせばツールームテント、一部を張り出せばタープ&テントなどなど、アイデア次第でさまざまなアレンジができます。ちなみにインナーテントは別売で、パンダのインナーを最大6つまでセッティング可能!

オプションで全面お座敷仕様にも!

別売になりますが、メガパンダ専用グラウンドシートをセットすれば写真のような全面フロア仕様に!耐水圧は2000mmで4辺の立ち上がりが10cmあるので雨や風の侵入を防ぐことができ快適。

<メガパンダ スペック>
●サイズ:640×220×10(H)cm
  • ●重量:約2170g(本体)

ステンレスシェラカップ パンダ

テンマクデザインのシェラカップ、パンダ 出典: WILD-1
こちらはテント「パンダ」をモチーフに刻印されたシェラカップ。とんがりテントからひょこっと顔を出すパンダ(?)がかわいい!

ステンレス製でサビに強く、直火もOK。クッカーとしても器としても使えます。

<ステンレスシェラカップ パンダ スペック>
●サイズ:約Φ11.8×3cm
●容量:約300ml
●重量:約67g

みんなのパンダ!

テンマク・パンダのキャンプ風景 出典: Tent-Mark Designs
キャンパーの皆さんはパンダシリーズでどんなキャンプを楽しんでいるのでしょう。Instagramで見つけた“パンダキャンパー”を紹介します!



 

ひじきさん(@hijiki76)がシェアした投稿


富士山とのとんがりツーショット!赤いカラーもフィールドに映えます。

Ranさん(@ran_12.20)がシェアした投稿


パンダ クラシックと同じくテンマクデザインのムササビウイングで、美しいカラーコーディネート。

コンパクトなパンダなら、ツーリングキャンプでも活躍。フィールドに溶け込むアースカラーがいい雰囲気。

kengoさん(@a.l.p.p)がシェアした投稿


キュート過ぎるメガパンダのコーディネート。おしゃれ上級者のテクニック、憧れます!

img_7976

撮影:編集部
青い景色の中に一際目立つ赤パンダ。久米島の美しい景色とのコラボ、これは是非体験したい…!

「パンダフェス」復活!? ますます目が離せない!

「パンダフェス」はパンダテントの発売を記念して2014年に行われたイベント。パンダテントがずらーーっと並ぶ姿が壮観で、コンテンツ盛りだくさんのフェスでした。

このフェスが「復活します」とテンマクデザインが発表!パンダファンはフェイスブックやインスタグラムを要チェック。これからも「パンダ」から目が離せません!

 

Camp with a panda tent!
パンダテントと一緒にキャンプ行こう!


関連する記事

_image-1
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!