最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプ場に設営されたテンマクデザイン「パンダライト」

【設営レビュー】テンマクデザイン「パンダライト」を実際に使った評価は?

2022/09/16 更新

テンマクデザイン「パンダライト」を設営レビュー! 口コミや評価が気になる人に向けて、実際に使用して分かったメリット・デメリットなどを紹介します。

具体的な設営方法が分かる動画や、人気ソロテントと比較したおすすめランキングもぜひ参考にしてください。

目次

記事内画像撮影:編集部

テンマクデザイン「パンダライト」をレビュー!

テンマクデザイン パンダライト

テンマクデザイン
「パンダライト」
重さ約1.94kg
展開サイズ約W240×D240×H150cm
収納サイズ約φ14×43cm
価格25,080円(税込)
※上記は記事執筆時点における情報です。閲覧時点とは異なる可能性があります。

テンマクデザインと、イラストレーターでありアウトドアコーディネーターとしても活躍中の「こいしゆうか」さんとの大人気コラボアイテム「パンダライト」。

超軽量ナイロン製で徒歩キャンパーにも人気が高いテントですが、果たして、評判通りのアイテムなんでしょうか?

収納状態のテンマクデザイン「パンダライト」を持つ男性

モデル:野あそび夫婦 アオさん(※商品レビューは編集部で実施)

薄手で超軽量の20Dリップストップナイロン製だけあって、収納サイズも見事にコンパクト。

さらに、バッグのサイズに余裕を持たせて、インナーを付けたまま収納できるため、素早い設営&撤収が叶います。

横幅も43cmとツーリングでも横向き積載が余裕。重さも2kg以下で徒歩キャンプにもピッタリです。

テンマクデザイン「パンダライト」の設営方法

 

底辺が正方形なので4隅をペグダウンして、メインポールを内側中心から立ち上げます。生地が薄くて軽い分、力のない人も楽に立ち上げが可能です。

インナーテントを付けたまま収納すれば、2度目からはさらに素早く設営できるのもポイント。

テンマクデザイン「パンダライト」の評価

検証結果
デザイン性★★★★☆
軽量性★★★★★
設営性★★★★☆
居住性★★☆☆☆
値段★★★★☆
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

テンマクデザイン「パンダライト」の中で寝る女性

モデル:野あそび夫婦 エリーさん(※商品レビューは編集部で実施)

インナーサイズは、コットを入れるのは厳しそう。また、上に向かって側壁が狭まるため、身長175cm以上の人は窮屈かもしれません。

背面にもジッパー開閉式ドアがあり通気性は良好。ただし、インナーが全面メッシュで裾にスカートがないので、春〜秋の3シーズン向きです。

インナーテントを縦設営したテンマクデザイン「パンダライト」

そして、パンダライトと言えば特徴的なのが、インナーを縦向きにも設置できるところ。

さらに、インナーの短辺側も開閉できるので、縦向き時は土間部分に荷物を置いたままで出入りが可能です。

テンマクデザイン「パンダライト」の連結パーツ

インナー4隅とフライの連結は、バックル式でなく紐が付いたトグル式。そのためか、若干インナーの端が浮き上がってきてしまうのが気になりました。

テンマクデザイン「パンダライト」の前に座る人

モデル:野あそび夫婦 エリーさん(※商品レビューは編集部で実施)

前室内をリビングにするなら、より低いチェアが良さそうです。軽量かつ設営&撤収がサクっと完了し、キャンプのハードルをグッと下げてくれるテントでした。

メリット&デメリット
メリット●軽くて持ち運びやすい
●インナーを付けたまま収納できる
●インナーの取り付け方を変えると土間を作れる
デメリット●インナーの端が浮き上がりやすい
●コンパクトな設計でコットを入れるのは難しい
※上記は監修者の意見などをもとに編集部が作成したものです。

テンマクデザイン パンダライト

ほかの人気ソロテントと比較したランキングは?

収納状態の人気ソロテント18種類

テンマクデザイン「パンダライト」を含め、人気ソロテント18張を実際に設営し、軽さや組み立てやすさ、居住性、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめ

紹介されたアイテム