CAMP HACK[キャンプハック]


ブッシュクラフトに必要なアイテム

アウトドア界注目のブッシュクラフト!3種の神器とDIY作品2例紹介!

0

ブッシュクラフトとは、自然の素材を利用して自然の中で生きる知恵を身につける注目のキャンプスタイルです。多くの上級キャンパーがたどり着く原始的アウトドア・ブッシュクラフト、必要な3つのアイテムとDIY作品2品をご紹介します!

fujii mio


アイキャッチ画像出典:遥かなる夏の幻影

究極のアウトドア”ブッシュクラフト”とは?

  1. ブッシュクラフト 焚き火
キャンプ上級者を中心に密かなムーブメントとなっているのが、ブッシュクラフト。ブッシュは”茂み”・クラフトは”工作”という意味で、持ち込む道具は必要最低限におさえ、極力自然の中にある素材を利用してアウトドアを楽しむというキャンプスタイルです。

木材をロープで括りつけてランタンポールや飯盒スタンドを作ったり、上級者ともなるとチェアやリビングまでをも同じようにして作り上げてしまうブッシュクラフトは、「自然の中で生きる知恵を身につける」ことが主な目的。

アウトドア魂を揺さぶられる予感のブッシュクラフト、まずは3種の神器ともいうべき3つの必須アイテムからチェックしましょう!

ブッシュクラフトに欠かせない”3種の神器”とは?

ブッシュクラフト ナイフ 薪割り
出典:Fly!Fly!Fly!
ブッシュクラフトを行うにあたり、必要最低限なアイテムは以下の3つと言われています。

まずは料理をするにも暖をとるにも欠かせない「火おこしアイテム」。そしてブッシュクラフトの真骨頂である工作に必要となる「ナイフ」。最後は、ライフラインである水の確保という点で必要になる「水筒」。その種類とブッシュクラフトにおける役割を順番に見ていきましょう!

ITEM1:火おこし

ライブファイヤー ギア ライブファイヤー スポーツ デュオ

ライブファイヤーギア ライブファイヤー スポーツ デュオ

●1個辺りサイズ : 51mm×27mm●重さ : 12.1g
アウトドアや非常時での使用を想定した、高機能かつコンパクトな着火アイテム。繰り返し使えるコストパフォーマンスの良さと、ライター不要で高い防水性が◎。



メルクウェアーズ イグナイト シェービング

メルクウェアーズ イグナイト シェービング

●重量:45g
松の木を削りだした火口。マッチやライターはもちろん、ファイヤースチールでも着火可能です。エンバーリットストーブの火口として使えば、気分は完全にブッシュクラフト!盛り上がること間違いなしです。



ライトマイファイヤー ファイヤースチールスカウト2.0 アーミー

ライトマイファイヤー ファイヤースチールスカウト2.0 アーミー

●重量:82g
ホイッスル機能付のファイヤースターター。発火回数約12,000回!ライターのようにガス切れがなく、水に濡れても使えるので非常時にも役立ちます。



【ブッシュクラフトにおける火おこしの役割】

ブッシュクラフト 火おこし 焚き火
出典:Feel Earth
火おこしは、ブッシュクラフトの基本とも言える重要事項。それも着火剤や新聞紙は使いません。ナイフ・薪・麻ひも(薪を縛るため)・ファイヤースチールだけで焚き火がおこせれば、ブッシュクラフターへの第一歩です!薪は焚き火に適したものが見つかるとも限らないので購入していくのがベターですが、現地で枯れ枝を収集してくべると雰囲気も出そうですね。

関連記事