これだけは覚えておきたい。18ブランドの”超ド定番”

今回は、今のキャンプシーンを代表するブランドとその定番アイテムを厳選し1つご紹介します。幅広いアイテムを扱う総合ブランドから、専門性の高いブランドまで18選。これさえ覚えておけば、初心者キャンパーを卒業!?ギア選びの参考にも活用ください。


アイキャッチ画像出典:Instagram by @s5kdoc

これさえ知っておけばキャンプ中級者?

キャンプ
出典:snowpeak
キャンプの魅力に世間が追いつき、近年ではテレビや雑誌のような媒体でもキャンプの話題が多くなりましたね。

そんな数あるアウトドアブランド、みなさんはどれほどご存知でしょうか?

A post shared by shogo kawauchi (@s5kdoc) on

今回は、キャンパーなら押さえておきたい代表的なブランドと代表選手をピックアップ!

どれもマストなアイテムなので脱ビギナーを目指している方必見です。

総合アウトドア部門

スノーピーク

スノーピーク アメニティドーム 画像1
出典:snowpeak
言わずと知れた日本を代表する新潟県三条市のアウトドアブランド。洗練されたデザインと実力の銘品を数々世に送り出しています。

高めの設定価格ですが、使えば納得のギアばかりです。
スノーピーク アメニティドーム 画像2
出典:snowpeak ※写真はアメニティドームLに別売りのアップライトポールをセットした状態。
中でも「アメニティドーム」はキャンプ場で必ずといっていいほど見かけるド定番中のド定番。

風に強い構造、設営のしやすさからビギナーにオススメですが、使い勝手の良さからベテランキャンパーでもリピーターがいるほどです。
ITEM
スノーピーク アメニティドーム
※表記スペックはMサイズ
●サイズ:505×280×150(h)cm
●重量:8.0kg
●対応人数:5名

過去に大雨の際、テント下に15cmほど雨が溜まりテントが水に浮いた状態で3時間ぐらい過ごすこともありましたが全く侵水しませんでした。


コールマン

コールマン ロゴ単体画像 100年以上続く、世界を代表する老舗のアウトドアブランドです。ガソリンランプ事業に始まりその後、暖房器具などを開発しアウトドア事業へ進出して成功をなし、現在に至ります。
コールマン ランタン ワンマントルランタン 286A740J 画像1
出典:Amazon
コールマンの代表選手は、やはりロゴにもなっている「ワンマントルランタン」でしょう。

ロングライフデザイン賞を受賞している他、燃焼時間も長く手頃な大きさでロングセラーモデルです。
ITEM
コールマン ランタン ワンマントルランタン
●本体サイズ:約φ16×31(h)cm
●重量:約1.4kg
●燃料タンク容量:約590cc
●明るさ:約200CP/130W相当
●燃焼時間:約7.5~15時間

かっこいいし、明るいし買って良かったです。明るさの調節もしやすいし、また明るすぎないワンマントルってとこが気に入りました。大事に永く使えればと思います。


ロゴス

ロゴス ロゴ単体画像
日本のブランドで“屋外と人とをつなぐブランドでありたい”という思いが込められたメイプルリーフのモチーフロゴが目印。小物から大物ギアまでとにかくアイテム数が豊富です。
ロゴス 倍速凍結・氷点下パックM 画像1
出典:筆者
そんな数ある中でも「氷点下パック」は1つは持っておきたい逸品!

ドライアイス並みの冷却性能で、ハイシーズンには複数個所持するキャンパーもいるほどです。大きさも3タイプから選べます。
ITEM
ロゴス 倍速凍結・氷点下パックM
●本体サイズ:約19.6×13.8×2.6cm
●重量:約600g

夜から冷やして朝出してクーラーに入れると、夕方まで飲み物がしっかり冷やせます!


DOD

出典:DOD
2018年に創立10年を迎える比較的若いブランドのDOD。

ネーミングやギアのコンセプトの歩み寄りに独自のセンスが光る大注目株!比較的リーズナブルなアイテムが多く目移り必至です。
DOD カマボコテント2 画像1
出典:DOD
やはりDODの代表選手は、昨今のトンネル型ブームを巻き起こした「カマボコテント2」! 実は、いまだに人気で在庫が少ない状況が続き今後も目が離せないテントです。

詳細はこちら

キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグ ロゴ単体画像 1976年にスタートした新潟は三条のブランドで、鹿がロゴに入っていることから“鹿番長”なんて呼び名も。

安くて質の高いアイテムが豊富でビギナーからベテランキャンパーまで熱い支持があります。

A post shared by M.N (@zerothree138) on

キャプテンスタッグと言えば通称「鹿ベンチ」と呼ばれるベンチ型のチェア。二人がけな点や座りやすさとロープラスでファンが急増。

その為、着せ替えや別色も多く個性が出しやすいのも魅力です。
ITEM
キャプテンスタッグ CSベンチグリーン
●サイズ:組立サイズ/1040×560×高さ665mm、収納サイズ/1040×640×厚さ85mm
●重量:約4000g
●耐荷重:約140kg(片側70kg)

軽さ、肘掛け、折りたたむ時のスムーズさなど想像以上でした。座面、背もたれにクッションなどをひけば簡易ソファにグレードアップさせることも可能だと思います。


テンマクデザイン

テンマクデザイン ロゴアップ画像 アウトドアショップ「wild-1」のオリジナルブランド。著名人とのコラボアイテムなども取り扱い、キャンプに女性ファンを急増させた影の立役者!?

男性のみならず女性からも支持のあるブランドです。
テンマクデザイン サーカスTC 画像1 テンマクデザインと言えば、玄人からファミリーまで幅広く人気の「サーカスTC」。

年間を通じて使えるタフな仕様と飽きのこないデザインで、なかなか手に入らなかった時期もあったほどです。

詳細はこちら

ユニフレーム

ユニフレーム 商品ロゴアップ画像
撮影:筆者
こちらも燕三条の日本ブランド。テントなどの大物ギアもありますが、ダッチオーブンをはじめとしたキッチン関連のアイテムにも強いです。

拡張性がすばらしくて、思わずセットで買ってしまいたくなるアイテムも多く、そういった意味ではキャンパーにとって怖いブランドでもあります。

A post shared by Riku Kisa (@rikukisa) on

数ある定番アイテム中でも、グリルとしても焚き火台としてもタフで使い勝手◎な「ファイアグリル」は銘品中の銘品。

近年は値上がりこそしましたが、それでもコスパ最強との声があるほど。
ITEM
ユニフレーム ファイアグリル
●サイズ:使用時/約430×430×330(網高)mm、収納時/約380×380×70mm
●重量:約2.7kg
●分散耐荷重:約20kg

本当に見事な商品だと思います。キャンプに行くときは以前はグリルも持っていってましたが、この焚き火台だけですべてこなしてくれるので、もう、これしか持っていきません。


テント部門

OGAWA

Ogawa ロゴ単体画像 他のブランドはテントの他に多数のギアも取り扱いますが、OGAWAは100年近い歴史をもつ日本屈指のテント専門メーカーです。

それ故に日本の気候を知り尽くしたテントには定評があります。
OGAWA ピルツ9-DX 画像1
出典:Ogawa
OGAWAの代表選手と言えばロングセラーのモノポールテント「ピルツ」。

八角錐の形ですが、側面に少し高さを出し室内を広く使える工夫が施されています。ウットリするような美しいシルエットは憧れです。
ITEM
OGAWA ピルツ9-DX
●サイズ:収納時/約78×22×22cm
●重量:幕体/約6.1kg、ポール/約1.0kg
●付属品:張り出しポール、スチールピン、張綱、金づち、収納袋

大人2人と子供2人の我が家なら十分な広さで、サイトも選ばないので正解だったと思います。


ノルディスク

ノルディスク ロゴ単体画像
出典:Amazon
白熊がモチーフの北欧のブランド。近年のグランピングブームにも後押しされ、ベル型テントと言えばノルディスクというように一躍大人気に!

白系のテントやギアが一気に流行りだした先駆者的存在。

A post shared by Minami Satoshi (@moa_land) on

代表的なテントの「アスガルド」はワンポールテントの変形で、側面が立ち上がりデッドスペースの少ないベル型テント呼ばれる形です。

悪天候にも強く、テクニカルコットン素材で夏でも冬でも快適!
ITEM
ノルディスク アスガルド12.6
●サイズ:使用時/縦400x横372x高さ250、収納時/約縦95x直径30cm
●重量:約16kg(テント本体) + 約 8.9kg(ジップインフロア)
●対応人数:6人用

外観、使用、設営共に期待通りのテントでした。普段は大人2人で使用してますので広々とゆったりと快適に使用してます。あと4人ほどは快適に過ごせますね。


ヒルバーグ

A post shared by square_root (@route.106) on

スウェーデン生まれのブランドであるヒルバーグ。使い勝手を考慮したデザインの再構築を経て成功を収めました。

シリコンを使った引き裂き強度の高いテントに信頼を寄せるキャンパーは大勢います。

A post shared by enoshin (@enoshinsun) on

ヒルバーグを代表する最強テント「ケロン4」を使ったピン張りはキャンパーの憧れの的です。

高いレベルの耐久性と優れた耐風性でアウトドア愛好家だけでなく極地遠征に標準的に使われるテントとなりました。
ITEM
ヒルバーグ ケロン4
●カラー展開:・グリーン、レッド、サンド
●サイズ:収納時/φ23×56cm
●重量:最小重量/4.0kg、収納時重量/4.7kg
●対応人数:4人用

キッチン部門

ロッジ

A post shared by mojya@camp (@mojyacamp) on

1896年アメリカのジョセフ・ロッジの手によって誕生した100年以上の歴史を持つ鋳鉄ブランド。独特の梨地加工の手触りと光に魅了され、欲しがる人は後を絶ちません。
ロッジ ロジック8インチ スキレット 画像1
出典:LODGE
鋳鉄というとお手入れが苦手という方も。ですが、「ロジックシリーズ」はシーズニングも不要ですぐに使えるスキレット!

パンケーキからステーキまで美味しく焼くことが出来る唯一無二の存在です。
ITEM
ロッジ ロジック8インチ スキレット
●サイズ:直径21x深さ5cm
●重量:1.5kg

フライパン変えただけでホントにうまくできるのか?できました。自分が調理器具を育ててる感じで楽しい。自分専用の調理器具です。


イワタニ

イワタニ ロゴ単体画像
出典:Amazon
大阪府に本社を置く岩谷産業はLPG(液化石油ガス)分野では国内シェアトップの企業。ご家庭ではカセットコンロで馴染みが深い方も多いのでは!?

アウトドアに特化した製品もあり手軽さからファミリー層に人気。

「イワタニ カセットフー マーベラスII」は、風防付きや火力の強さなどどれをとってもまさにアウトドアに特化したカセットコンロ。

カスタムしながらオリジナル感を出すキャンパーもいます。
ITEM
イワタニ カセットフー マーベラスII
●カラー:シャンパンゴールド
●サイズ:使用時最大/幅380×奥行329×高さ324mm、収納時/ 幅380×奥行329×高さ110mm
●重量:約2.8kg

キャンプ場では、実に様々なスタイルで調理されていますが、翌日のコーヒーをサッと淹れられる手軽さや、調理時間の短縮には良い道具と思います。


プリムス

プリムス ロゴ単体画像 イワタニ・プリムス株式会社は、燃焼器具をはじめアウトドア・キャンプ用品の製造販売・輸出入を行う企業で、先程ご紹介した岩谷産業のグループ会社です。

派手な黄色のガス缶に見覚えはありませんか?

そんなプリムスの代表はオシャレな2バーナーの「オンジャ」。

斬新なデザインに発売当時はかなり話題になったのもまだ記憶に新しいですね。そこにあるだけで気分を上げてくれる2バーナーです。
ITEM
プリムス オンジャ
●サイズ:ゴトクサイズ/410×140㎜、収納サイズ/ 43.0×14.0×30.0㎝
●重量:本体/3.0kg(+ウッドボード490g)

軽い コンパクト 収納しやすい。ローチェアスタイルに最適。


ソト

A post shared by mojya@camp (@mojyacamp) on

1978年創業の新富士バーナーは、バーナーを代表とする炎に関するギアを中心に製造、販売しているブランドです。

言わば“炎の総合メーカー”。山岳からキャンプまで幅広くユーザーがいます。
レギュレーターストーブ
撮影:編集部
「レギュレーターストーブ」は、家庭用のCB缶が使える上に、境に左右されない強い火力が魅力的なバーナー。

携帯性にも優れ、しっかりとした五徳が調理面もバッチリサポートする1台です。
ITEM
ソト レギュレーターストーブ
●使用時:幅166X奥行142X高さ110mm(本体のみ)
●収納時:幅140X奥行70X高さ110mm
●重量:350g(本体のみ)
●発熱量:12.9kW(2500kcal/h) ※
●使用時間:2約1.5時間(ST-760 1本使用時)※
※1 気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
※2 気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。

本体は物凄くコンパクト、燃料はCB缶でイージー。
火力も結構あります。


寝具・ファニチャー部門

サーマレスト

サーマレスト 商品ロゴ画像
出典:Amazon
睡眠に関するグッズはまずここから! サーマレストは登山やキャンプで使用するマットレスの専門ブランドです。

「銀マット」からワンランク上を目指した時に行き着くブランドでもあります。
サーマレスト  Zライト ソル 画像1
出典:Amazon
アコーディオンタイプの収納で、耐久性と快適性を兼ね備えたマットレスです。リュックにも取り付けることができ、ヘタらず、パンクせずで多くの山岳ガイドも信頼を寄せています。
ITEM
サーマレスト Zライト ソル
●サイズ:使用サイズ/51×183cm、収納サイズ(長さ×直径)/51×13×14cm
●重量:410g
●材質:軽量EVAフォーム

外気温-5℃の雪の上で使用しましたが、底冷えもなく、とても満足です。


ナンガ

ナンガ 商品ロゴ画像
出典:楽天
ダウンシュラフの永久保証を謳うナンガ。滋賀県米原市の創業74年の国産羽毛商品メーカーです。

ヒマラヤにある高峰“ナンガバルバット”が社名の由来で、登山アパレルを国内生産しています。
ナンガ オーロラライト 450 画像1
出典:楽天
代表アイテムは「ナンガオーロラシリーズ」。優れた撥水性と透湿性を持つのでシュラフカバーがいりません。

期間は無期限、修理は無料の安心を手に入れたければこのシュラフはマストです。
ITEM
ナンガ オーロラライト 450
●サイズ:収納サイズ/φ14×30cm
●重量:865g
●快適使用温度:-5℃(使用可能限界温度/-21℃)

間違いのない商品。永久保証でシュラフカバー不要。安心できるメイドインジャパン。


イスカ

イスカ 商品ロゴ画像
出典:Amazon
登山用寝袋メーカーのスペシャリスト的な存在です。ホームページでも登山する場所に最適なシュラフを提案しています。

近年では登山に限らずというアプローチで寝袋の可能性を広げる試みをしています。

A post shared by @shun_0920 on


春から秋・冬の低山でも使える、対応範囲の広いイスカの中でも代表的なモデル「エア450」。独自の丸みを帯びた“3D構造”は、体に快適なフィット感と保温性を与えてくれます。
ITEM
イスカ エア450
●サイズ:収納サイズ/ 直径16×35cm(収納スタッフバッグ付)
●重量:840g
●対応温度 : マイナス6℃

ダウンの寝袋がほしくて購入しました。大きさ的にもちょうどいい感じです。


ヘリノックス

ヘリノックス ロゴ単体画像
出典:Amazon
1988年創業の快適性と軽量・コンパクト性に優れた、アウトドア・ファーニチャーのブランドです。驚異的なコンパクトさなのに快適過ぎる座り心地や寝心地にはファンも多いです。

A post shared by satoshi (@satoshi_81) on


もともとポールメーカーであるヘリノックスは、そのノウハウを随所に織り込んでいます。「チェアワン」はそんなヘリノックスの軽量・コンパクト性を極めたフラッグシップモデルです。
ITEM
ヘリノックス チェアワン
●サイズ:幅520×奥行き500×高さ660mm、収納時/幅350×100×120mm
●重量:890g
●耐加重:145kg

軽量で座りごこちも申し分なし。出張でもバッグに入れて持参して活躍しています。


定番ブランドの代表選手はやっぱり欲しい!

数々の定番ブランドを代表した実力選手をご紹介しました。ご紹介したギアの中にはみなさん持っているギアもあるでしょう。

絶対人口が多いのには理由があり、それはみなさんが一番よくご承知のはずです。銘品には技術者と企業のたゆまぬ努力があります。そこに感謝しつつギアと向き合っていきましょう。

まだまだ紹介しきれない!

モンベルや、ノースフェイス、チャムスなどなど……。ファッション系アイテムの定番ブランドも。

紹介しきれなかったアイテムは、こちらの記事でチェックしてみてください。

There are reasons for a standard player of a standard brand!
定番ブランドの実力選手には理由がある!

関連する記事

ブランド
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
野口理加

家族でキャンプにハマっている2児の母。今年は念願のリターンライダーを果たし、キャンプツーリングの機会を狙っています。お酒、甘いもの、キャンプ飯が大好物!  instagramアカウント: @mojyacamp

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!