最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
ユニフレーム 「ファイアグリル」で焚き火

【使用レビュー】ユニフレーム「ファイアグリル」を実際に使った評価は?

ユニフレーム「ファイアグリル」を使用レビュー! リアルな評価・口コミが気になる人に向けて、実際に焚き火や料理をして分かったメリット・デメリットを紹介します。

サイズや重さ、組み立て方、使い方などの詳しい情報も分かります。ほかの人気焚き火台と比較したおすすめランキングも要チェックです。

目次

記事内画像撮影:筆者

ユニフレーム「ファイアグリル」をレビュー!

ユニフレーム ファイアグリル

使用サイズ約43×43×33cm
収納サイズ約37.5×37.5×7cm
重量約2.7kg
素材炉・ロストル:ステンレス鋼
スタンド・焼網:鉄・クロームメッキ
耐荷重約20kg

新潟県燕三条発のアウトドアブランドとして、金物アイテムを中心にさまざまなキャンプギアを販売しているユニフレームのアイコン的な焚き火台が「ファイアグリル」です。

定価は7,500円(税込)と、同サイズの焚き火台としては平均的といえる価格帯になります。

ユニフレーム「ファイアグリル」のサイズや重さ

ユニフレーム「ファイアグリル」の収納サイズ

各パーツがそこまで大きいわけではないため、収納したときのサイズや重さも標準的な部類に入るでしょう。

ユニフレームファイアグリルを持つ

ただし、収納袋が標準で付属していません。脚は収納時に炉の中に収まるためコンパクトになるものの、焚き火台だけを買った際は抱えて持ち運ぶ必要があります。

持ち運びやすさを重視する場合は、定価2,200円(税込)の純正別売ケースを買うか、ケースと本体のセットを購入するのがおすすめです。

ユニフレーム ファイアグリル収納ケース

サイズ43×10×40.5cm
素材ポリエステル420D・PVC

ユニフレーム「ファイアグリル」の組み立て方

 

パーツが少ないので組み立てはシンプルですが、初見では脚をどの方向に開くのか、炉をどのように置くのかなどが少し分かりにくい印象。

炉を置く部分や、網を互い違いに置く部分のギミックがおしゃれなのは魅力的ですが、「初心者泣かせ」な面はあるかもしれません。

ユニフレーム「ファイアグリル」の使い方と評価

ユニフレーム「ファイアグリル」の評価
取り扱いやすさ★★★☆☆
料理のしやすさ★★★★☆
持ち運びやすさ★★★☆☆
コストパフォーマンス★★★☆☆
※上記は検証結果をもとに筆者の主観で作成したものです。

ユニフレームファイアグリルで焚き火

組み立て方に少し癖はあるものの、炉が浅めなこともあり、火起こしのしやすさや薪のくべやすさは抜群

ユニフレームファイアグリルに薪を追加

大きめの薪も簡単に入れることができます。ただし、深さがないぶん、風には注意が必要です。

ユニフレーム「ファイアグリル」の上に乗せたメスティンとポット

付属の網の上には調理器具を乗せられます。サイズ感としては、メスティンやポットなどの調理器具を2つ置くくらいが使いやすそうです。

ユニフレーム「ファイアグリル」の上に乗せたメスティン

網の角部分は設計上火が当たりにくいため、保温程度は可能でも、しっかり加熱が必要な料理は厳しいかもしれません。

ユニフレーム「ファイアグリル」の網と本体の間のスペース

網を乗せた状態でも、細めの薪であれば横から追加できるスペースがあります。

(※編集部注)初出時の写真は付属の網の乗せ方に誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。また、重量のあるダッチオーブンを乗せる場合は、以下のファイアグリル用ヘビーロストルを用意してください。

ユニフレーム ファイアグリル ヘビーロストル

サイズ約33.5×33.5cm
重量約1.2kg
素材ステンレス鋼
メリット&デメリット
メリット●炉と網が互い違いになったおしゃれなデザイン
●火起こしがしやすく大きな薪も入る
デメリット●ケースが標準では付属しない
●網の角部分には火が当たりにくい
※上記は検証結果をもとに筆者の主観で作成したものです。

ユニフレーム ファイアグリル

使用サイズ約43×43×33cm
収納サイズ約37.5×37.5×7cm
重量約2.7kg
素材炉・ロストル:ステンレス鋼
スタンド・焼網:鉄・クロームメッキ
耐荷重約20kg

ほかの人気焚き火台と比較したランキングは?

箱に入った7種類の焚き火台

ユニフレーム「ファイアグリル」を含め、人気の焚き火台7製品を実際に使用し、薪のくべやすさや料理のしやすさ、持ち運びやすさ、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングのほか、選び方のポイント、シート・テーブル・ゴトク・ロストルといったあると便利な関連アイテムを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめ