CAMP HACK[キャンプハック]


ノルディスクのテント「アスガルド」の種類と失敗しない選び方

0

ノルディスクの人気テント「アスガルド(asgard)」の種類と選び方について紹介。アスガルドには7.1、12.6、19.6と3つ種類があり、その差はかなりのもの。アスガルドの特徴や、種類に合わせた選び方を理解し、後悔のない買い物をしましょう!

CAMP HACK編集部


ノルディスクのテント「アスガルド」とは?

ノルディスクのアスガルドで冬キャンプを楽しんでいる風景 ノルディスクはデンマーク生まれの老舗アウトドアブランド。アスガルドに限らず、ノルディスクのテントは極寒の地・北欧で使用することを基準にしており、雨風はもちろん雪にも強い頑丈な設計になっています。そのため、今話題のグランピングにも「アスガルド」をはじめノルディスクのテントが多く使われています。

ノルディスクの「アスガルド」3つの特徴

ノルディスクのアスガルドを組み立てた状態 アスガルドは、他のノルディスクのテントとは違う特徴があります。まずはアスガルドならではの特徴をここでチェックしておきましょう!

①悪天候に強い!テクニカルコットン素材

ノルディスクのテントはコットン素材(綿)のものが多いのですが、アスガルドの生地は保温性と透湿性に優れたコットン素材に、耐水性のあるポリエステルを混紡した「テクニカルコットン」を使用しています。

そのため耐水圧350mm(ポリエステル素材のテントの場合は1500mm)でありながらも、撥水効果が高く、よほどの豪雨でない限りはテント内にしみ込んでくる可能性は低いでしょう。

関連記事