別注・新作アイテム入荷中!!CAMP HACK STORE
【使用レビュー!】ロゴス Xステン タフネスベースペグ30cmを実際に使った評価は?

【徹底比較】2024年|ペグの最強おすすめランキング26選!

キャンプのテントやタープ設営に必要なペグ。素材や長さなど、種類がありすぎてわからない! という人も多いのではないでしょうか?

今回は素材や形の違いを説明しながら、長さ別におすすめのペグを紹介しますよ。また、ペグをハンマーで打つとき、抜くときの使い方もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています。

検証ポイント

実際の検証の様子へ

ペグの人気26製品を用意し、筆者が実際に使用して比較・検証しました。

  • ペグをハンマーで打ち込む

    1. ペグの打ち込みやすさ

    実際にペグを打ち込んで、「打撃面の打ち込みやすさ」「ハンマーの滑りにくさ」「ペグが回らないか」を検証しました。

  • 2. 耐久性

    素材の耐久度を計測する3点曲げ試験を実施し、ストローク(ひずみ)が10mmに達したときの試験力(負荷)を計測しました。

  • ペグを水で洗う

    3. 洗いやすさ

    泥や土がついた状態で水洗いをし、「汚れの落ちやすさ」や「洗いやすさ」、「安全性」について検証しました。

  • さまざまなペグやペグケース

    4. プラスの機能性

    打ち込むだけでなく、ペグ抜きをするときに便利な「ハンマーフック用の穴」や「フックの有無」、持ち運びやすい「収納ケースの有無」や「反射材ロープ」の有無についても確認しました。

目次

アイキャッチ・本文画像撮影:筆者

本記事は、CAMP HACKが検証結果をもとに独自で制作したものです。コンテンツの制作やランキングの選定にブランドは一切関与していません。

ペグとは?

ペグを打ち込んでいる

ペグとはテントやタープを張るときに、ロープを地面へ固定するのに必要な杭です。

その形状や素材はさまざまなので、どのようなペグがあるのかを知って自分のスタイルや好みに合ったモデルを選ぶのがおすすめ!

まずペグにはどのような種類があるのかを見ていきましょう。

代表的なペグの種類と特徴

代表的なペグの種類と特徴

ペグは、大きく6つの種類に分けられます。ペグの種類によって、特徴や向いている地面が異なります。

持ち運びのしやすさや丈夫さなど、重視するポイントを押さえながらよく行くキャンプの地面に合わせて決めると選びやすくなりますよ。

ペグがテントやタープの設営に必要な理由とは?

ペグにロープを引っ掛けている

ペグは風でテントやタープが飛ばされたり、倒壊したりしないためにも必須です。

ペグな無しでテントやタープを使用したり刺していないと、風に飛ばされて周囲に危険を及ぼしてしまいます。

そのため、キャンプ場の地面に合ったペグを選び、正しく刺し込む必要があります。

100均やホームセンターのペグは安くてコスパが良い?

工具用のペグ

100円均一のペグは、なんといっても安価なのが魅力。その反面、耐久性に劣る部分もあるので、製品によっては使い方に注意が必要です。

また、ホームセンターで販売されている工事用ペグは一般的に砂地などの地面がやわらかいサイトには不向きなうえ、重量もあるため持ち運びやすいとはいえません。

さまざまな地面での対応力や重量を考えると、テントやタープを固定する上ではアウトドアブランドのペグのほうが適しているといっていいでしょう。

ペグの選び方

検証した26本のペグを並べる

タイプや素材など多種多様なペグが販売されているため、自分に合ったペグをどう選べばいいのか迷ってしまうという人は、以下のポイントに注目。

ランキングをチェックする前に、ペグの選び方について見ていきましょう。

①必要本数を確かめよう

YOGOTOのペグを4本並べる

設営するテントやタープによって必要なペグの本数は変わってきます。

ペグの本数の目安

  • ソロテント:10本程度
  • ドームテント:16本以上
  • タープ:10本程度

テント・タープの種類やメーカーによって使用する本数には差があるので、取り扱い説明書をよく読んで本数を確認しましょう。

ペグが破損したときに備えて、念のために予備で多めに準備しておくのもポイントですよ。

②使用目的に合った長さを選ぼう

長いペグと短いペグを並べる

販売されているペグの多くは、15〜40cm以上まで幅広く展開されており、使用目的によってそれぞれ適した長さが異なります。

ペグの長さの目安

  • 一般的なキャンプ用のテント:20〜30cm程度
  • ソロキャンプや登山で使用するテント:15〜20cm程度
  • タープのメインロープ:40cm以上
  • タープのサブロープ:30〜40cm程度

何を設営するかはもちろん、環境によって長さを変えることで安定感が増すので、購入する前にどの長さが適しているのかを把握しておきましょう。

③ヘッドの面積が広いほうが打ち込みやすい

ペグのヘッド部分を5種類並べる

ペグのタイプによってそれぞれヘッドの形状や面積も異なります。

特に打撃面の広さは打ち込みやすさに大きく影響し、幅が15mm程度のペグは高く振り上げても狙いが定めやすく、力が加わりやすいので打ち込みやすさを重視する人は打撃面の広さで選ぶのがポイントです。

また、打撃面が平らなモデルは打ち込んだときにハンマーが滑りにくく、力が真っ直ぐ伝わりやすいのが魅力。丸よりも四角い形状のほうが視覚的に狙いやすくなるのでより打ち込みやすくなりますよ。

④硬い地面には耐久性のある鉄や鍛造がおすすめ

鉄素材とチタン素材のペグを2本並べる

ペグを打ち込む地面によって適した素材やタイプは異なりますが、中でも高強度で耐久性が高いのは鍛造や鉄でできたペグです。

芝生などの整備された地面はもちろん、砂利や多少の石を含んだ硬めの土でも破損しにくく、しっかりと刺し込むことができます。

しかし、砂浜や雪原などの非常にやわらかい地面では抜けやすく、V・Y字などの地中との設置面積が大きいペグのほうが摩擦によって抜けにくくなるのでおすすめです。

⑤便利な追加機能にも注目しよう

フックや収納ケースなどプラスの機能4種類

ペグはモデルによって、より使いやすさを求めた以下のような追加機能を採用しているものもあります。

ペグの追加機能

  1. ペグのフック
  2. ハンマーフック用の穴
  3. 反射材ロープ
  4. 収納ケース

ペグのフック

ペグにフックが搭載されていると、打ち込むときはフックまで部分まで打ち込むことで抜けることを防止できます。また、ペグ同士でペグを抜くこともできます。

ハンマーフック用の穴

ペグハンマーのフック用の穴があると、打ち込んだペグに引っ掛けることで抜きやすくなり撤収作業の効率が格段に上がります。

反射材ロープ

反射材が入ったロープがペグのヘッドについているモデルもあります。これは夜でも視認性が高く、躓いて怪我をするリスクが減るのが魅力です。

収納ケース

収納ケースが付属していると使わないときに小さくまとめることができるため、収納スペースを取らずに済みます。

ペグの人気おすすめランキング

ここではさまざまな検証や耐久試験を通して感じた使い心地をもとに独自に評価したランキングをご紹介!

ただし、「選び方」の項目で述べたとおり、使用する場所や重視するポイントによっておすすめのペグは変わるので、以下のランキングはあくまで目安とお考えください。

長さ別にアイテムをチェックしたい方は、以下のリンクから移動できます。

【通常サイズ3〜4人以下のテント向け】長さ25センチ以下の人気おすすめランキング

1位
  • 打撃面の打ち込みやすさNo.1
  • 洗いやすさNo.1

ogawa 鍛造ペグ 18cm

総合評価

★★★★★★★★★★ 4.3

  • 打撃面の打ち込みやすさ ★5
  • 耐久性 ★4
  • 洗いやすさ ★4
  • プラスの機能性 ★3
タイプ鍛造ペグ
素材クロムモリブテン鋼
形状円形
長さ18cm
打撃面幅20mm
重量215g
本数1本
ハンマーフック用の穴
フックの有無
反射材ロープの有無×
収納ケースの有無×

広い打面と貫通力で打ち込みやすさNo.1

▼ogawa 鍛造ペグ 18cmについて詳しく紹介している記事はこちら!

2位
  • 打撃面の打ち込みやすさNo.1

MSR サイクロンステイク

総合評価

★★★★★★★★★★ 4.1

  • 打撃面の打ち込みやすさ ★5
  • 耐久性 ★4
  • 洗いやすさ ★2
  • プラスの機能性 ★3
タイプY字ペグ
素材アルミ
形状Y字
長さ25cm
打撃面幅13mm
重量35g
本数1本
ハンマーフック用の穴×
フックの有無×
反射材ロープの有無
収納ケースの有無×

軽さ、耐久性、貫通力全て兼ね備える

▼MSR サイクロンステイクについて詳しく紹介している記事はこちら!

3位
  • プラスの機能性No.1

YOGOTO ペグ 20cm

総合評価

★★★★★★★★★★ 4

  • 打撃面の打ち込みやすさ ★4
  • 耐久性 ★4
  • 洗いやすさ ★3
  • プラスの機能性 ★5
タイプ鍛造ペグ
素材スチール
形状円形
長さ20cm
打撃面幅15mm
重量185g
本数4本
ハンマーフック用の穴
フックの有無
反射材ロープの有無
収納ケースの有無

機能性に加えて収納ケースも付いたお得セット

▼YOGOTO ペグ 20cmについて詳しく紹介している記事はこちら!

4位
  • 耐久性No.1

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミV型ペグ23cm

総合評価

★★★★★★★★★★ 3.7

  • 打撃面の打ち込みやすさ ★3
  • 耐久性 ★5
  • 洗いやすさ ★2
  • プラスの機能性 ★3
タイプV字ペグ
素材アルミニウム
形状V字
長さ23cm
打撃面幅35mm
重量60g
本数1本
ハンマーフック用の穴
フックの有無×
反射材ロープの有無×
収納ケースの有無×

圧倒的耐久性に加えてサビにも強い

▼キャプテンスタッグ アルミV型ペグ23cmについて詳しく紹介している記事はこちら!

5位
  • 洗いやすさNo.1

Boundless Voyage チタンペグ 20cm

総合評価

★★★★★★★★★★ 3.6

  • 打撃面の打ち込みやすさ ★3
  • 耐久性 ★4
  • 洗いやすさ ★4
  • プラスの機能性 ★4
タイプピンペグ・丸型ペグ
素材チタン
形状円形
長さ24cm
打撃面幅7mm
重量38.5g
本数6本
ハンマーフック用の穴×
フックの有無
反射材ロープの有無
収納ケースの有無

軽さと丈夫さを兼ね備えたチタン素材

▼Boundless Voyage チタンペグ 20cmについて詳しく紹介している記事はこちら!

6位
  • 洗いやすさNo.1

ユニフレーム ちびペグ

総合評価

★★★★★★★★★★ 3.5

  • 打撃面の打ち込みやすさ ★3
  • 耐久性 ★4
  • 洗いやすさ ★4
  • プラスの機能性 ★3
タイプピンペグ
素材アルミニウム
形状ピン
長さ0.8cm
打撃面幅18mm
重量5g
本数10本
ハンマーフック用の穴×
フックの有無
反射材ロープの有無×
収納ケースの有無×

重ねて収納するとスタッキングが可能

7位

    ユニフレーム(UNIFLAME) パワーペグSUS 200

    総合評価

    ★★★★★★★★★★ 3.4

    • 打撃面の打ち込みやすさ ★4
    • 耐久性 ★3
    • 洗いやすさ ★3
    • プラスの機能性 ★3
    タイプピンペグ
    素材ステンレス
    形状ピン
    長さ20cm
    打撃面幅6mm
    重量70g
    本数1本
    ハンマーフック用の穴×
    フックの有無
    反射材ロープの有無×
    収納ケースの有無×

    軽さと丈夫さのバランスが◎

    8位

      ogawa Pペグ 22

      総合評価

      ★★★★★★★★★★ 3.3

      • 打撃面の打ち込みやすさ ★4
      • 耐久性 ★3
      • 洗いやすさ ★2
      • プラスの機能性 ★3
      タイプピンペグ
      素材プラスチック
      形状円形
      長さ22cm
      打撃面幅17mm
      重量27g
      本数5本
      ハンマーフック用の穴×
      フックの有無
      反射材ロープの有無×
      収納ケースの有無×

      サビの心配がないのでメンテナンスいらず

      9位

        MSR(エムエスアール) グランドホグステイク

        総合評価

        ★★★★★★★★★★ 3.3

        • 打撃面の打ち込みやすさ ★4
        • 耐久性 ★3
        • 洗いやすさ ★2
        • プラスの機能性 ★3
        タイプY字ペグ
        素材アルミ
        形状Y字
        長さ19cm
        打撃面幅11mm
        重量13g
        本数1本
        ハンマーフック用の穴×
        フックの有無×
        反射材ロープの有無
        収納ケースの有無×

        超軽量で徒歩キャンプや登山に最適

        10位

          ユニフレーム(UNIFLAME) ステンレスペグ

          総合評価

          ★★★★★★★★★★ 3.3

          • 打撃面の打ち込みやすさ ★4
          • 耐久性 ★3
          • 洗いやすさ ★2
          • プラスの機能性 ★3
          タイプピンペグ
          素材ステンレス
          形状ピン
          長さ19.4cm
          打撃面幅21mm
          重量50g
          本数6本
          ハンマーフック用の穴×
          フックの有無
          反射材ロープの有無×
          収納ケースの有無×

          重ねてスタッキング、コンパクトに収納

          11位

            コールマン(Coleman) ジュラルミンYペグ

            総合評価

            ★★★★★★★★★★ 3.3

            • 打撃面の打ち込みやすさ ★4
            • 耐久性 ★3
            • 洗いやすさ ★3
            • プラスの機能性 ★2
            タイプY字ペグ
            素材アルミ
            形状Y字
            長さ18cm
            打撃面幅10mm
            重量13g
            本数6本
            ハンマーフック用の穴×
            フックの有無×
            反射材ロープの有無×
            収納ケースの有無×

            コスパがよく軽いのでサブとして優秀

            12位

              キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ネイルペグ

              総合評価

              ★★★★★★★★★★ 3.3

              • 打撃面の打ち込みやすさ ★4
              • 耐久性 ★3
              • 洗いやすさ ★3
              • プラスの機能性 ★2
              タイプネイルペグ
              素材スチール
              形状円形
              長さ25cm
              打撃面幅13mm
              重量100g
              本数4本
              ハンマーフック用の穴×
              フックの有無×
              反射材ロープの有無×
              収納ケースの有無×

              打ち込みやすく視認性も高い

              13位

                ロゴス(LOGOS) Vペグ22cm

                総合評価

                ★★★★★★★★★★ 2.9

                • 打撃面の打ち込みやすさ ★3
                • 耐久性 ★3
                • 洗いやすさ ★2
                • プラスの機能性 ★3
                タイプV字ペグ
                素材スチール
                形状V字
                長さ22cm
                打撃面幅9mm
                重量48g
                本数4本
                ハンマーフック用の穴×
                フックの有無
                反射材ロープの有無×
                収納ケースの有無×

                サッと引き抜けるので素早く撤収可能

                14位
                • 洗いやすさNo.1

                Soomloom ステンレスペグ20cm

                総合評価

                ★★★★★★★★★★ 2.7

                • 打撃面の打ち込みやすさ ★2
                • 耐久性 ★3
                • 洗いやすさ ★4
                • プラスの機能性 ★3
                タイプピンペグ
                素材ステンレス
                形状ピン
                長さ20cm
                打撃面幅7mm
                重量55g
                本数8本
                ハンマーフック用の穴×
                フックの有無
                反射材ロープの有無×
                収納ケースの有無×

                シンプルな構造で洗いやすく値段も安い

                15位

                  スノーピーク(Snow Peak) ジュラルミンペグ

                  総合評価

                  ★★★★★★★★★★ 2.6

                  • 打撃面の打ち込みやすさ ★2
                  • 耐久性 ★3
                  • 洗いやすさ ★3
                  • プラスの機能性 ★3
                  タイプピンペグ
                  素材ジェラルミン
                  形状ピン
                  長さ21cm
                  打撃面幅6mm
                  重量19.5g
                  本数1本
                  ハンマーフック用の穴×
                  フックの有無
                  反射材ロープの有無×
                  収納ケースの有無×

                  シンプルな構造はサブとしてなら便利

                  16位

                    コールマン(Coleman) アルミピンペグ 21cm

                    総合評価

                    ★★★★★★★★★★ 2.2

                    • 打撃面の打ち込みやすさ ★2
                    • 耐久性 ★2
                    • 洗いやすさ ★3
                    • プラスの機能性 ★3
                    タイプピンペグ
                    素材アルミ
                    形状ピン
                    長さ21cm
                    打撃面幅5mm
                    重量6g
                    本数6本
                    ハンマーフック用の穴×
                    フックの有無
                    反射材ロープの有無×
                    収納ケースの有無×

                    派手な色は視認性が高く無くしづらい

                    17位

                      キャプテンスタッグ アルミ丸棒ペグ 18cm

                      総合評価

                      ★★★★★★★★★★ 2.2

                      • 打撃面の打ち込みやすさ ★2
                      • 耐久性 ★2
                      • 洗いやすさ ★3
                      • プラスの機能性 ★3
                      タイプピンペグ・丸型ペグ
                      素材アルミ
                      形状ピン
                      長さ18cm
                      打撃面幅6mm
                      重量15g
                      本数4本
                      ハンマーフック用の穴×
                      フックの有無
                      反射材ロープの有無×
                      収納ケースの有無×

                      軽量なのでサブとして持っておくと◎

                      【大型サイズ5〜6人以上のテントやタープ向け】長さ26センチ以上の人気おすすめランキング

                      続いてはツールームテントやシェルターのような大型テントやタープでの使用に向いている長さ26センチ以上のペグをランキングでご紹介! デュオやファミリーキャンプをされる方、必見です。

                      1位
                      • 打撃面の打ち込みやすさNo.1

                      コールマン(Coleman) スチールソリッドペグ30cm

                      総合評価

                      ★★★★★★★★★★ 4.2

                      • 打撃面の打ち込みやすさ ★5
                      • 耐久性 ★4
                      • 洗いやすさ ★3
                      • プラスの機能性 ★3
                      タイプ鍛造ペグ
                      素材スチール
                      形状楕円形
                      長さ30cm
                      打撃面幅25mm
                      重量190g
                      本数1本
                      ハンマーフック用の穴
                      フックの有無
                      反射材ロープの有無×
                      収納ケースの有無×

                      どんどん地面に刺さっていく貫通力が魅力

                      ▼コールマン スチールソリッドペグ30cmについて詳しく紹介している記事はこちら!

                      2位
                      • 洗いやすさNo.1

                      スノーピーク ソリッドステーク 30cm

                      総合評価

                      ★★★★★★★★★★ 3.9

                      • 打撃面の打ち込みやすさ ★4
                      • 耐久性 ★4
                      • 洗いやすさ ★4
                      • プラスの機能性 ★3
                      タイプ鍛造ペグ
                      素材スチール(S55C,黒電着塗装
                      形状円形
                      長さ30cm
                      打撃面幅15mm
                      重量180g
                      本数1本
                      ハンマーフック用の穴
                      フックの有無
                      反射材ロープの有無×
                      収納ケースの有無×

                      鍛造ペグのパイオニア

                      ▼スノーピーク ソリッドステーク 30cmについて詳しく紹介している記事はこちら!

                      3位

                        村の鍛冶屋 エリッゼステーク 28cm

                        総合評価

                        ★★★★★★★★★★ 3.8

                        • 打撃面の打ち込みやすさ ★4
                        • 耐久性 ★4
                        • 洗いやすさ ★3
                        • プラスの機能性 ★3
                        タイプ鍛造ペグ
                        素材S55Cスチール
                        形状楕円形
                        長さ28cm
                        打撃面幅17mm
                        重量190g
                        本数8本
                        ハンマーフック用の穴
                        フックの有無
                        反射材ロープの有無×
                        収納ケースの有無×

                        豊富なカラーバリエーションで個性を演出

                        ▼村の鍛冶屋 エリッゼステーク 28cmについて詳しく紹介している記事はこちら!

                        4位
                        • 打撃面の打ち込みやすさNo.1

                        ロゴス(LOGOS) Xステン タフネスベースペグ 30cm

                        総合評価

                        ★★★★★★★★★★ 3.7

                        • 打撃面の打ち込みやすさ ★5
                        • 耐久性 ★3
                        • 洗いやすさ ★2
                        • プラスの機能性 ★3
                        タイプピンペグ
                        素材ステンレス
                        形状円形
                        長さ20cm
                        打撃面幅18mm
                        重量104g
                        本数1本
                        ハンマーフック用の穴
                        フックの有無
                        反射材ロープの有無×
                        収納ケースの有無×

                        サビにも強いステンレス素材で打ち込みも楽

                        ▼ロゴス Xステン タフネスベースペグ30cmについて詳しく紹介している記事はこちら!

                        5位

                          キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 鍛造ソリッドペグ300UA-4502

                          総合評価

                          ★★★★★★★★★★ 3.5

                          • 打撃面の打ち込みやすさ ★4
                          • 耐久性 ★4
                          • 洗いやすさ ★3
                          • プラスの機能性 ★3
                          タイプ鍛造ペグ
                          素材
                          形状円形
                          長さ30cm
                          打撃面幅12mm
                          重量188g
                          本数1本
                          ハンマーフック用の穴
                          フックの有無
                          反射材ロープの有無×
                          収納ケースの有無×

                          地面をガッチリ捉える構造でタープも安心

                          ▼キャプテンスタッグ 鍛造ソリッドペグ300UA-4502について詳しく紹介している記事はこちら!

                          6位

                            大創産業ダイソー 鉄製ペグ

                            総合評価

                            ★★★★★★★★★★ 3.4

                            • 打撃面の打ち込みやすさ ★3
                            • 耐久性 ★4
                            • 洗いやすさ ★3
                            • プラスの機能性 ★3
                            タイプピンペグ
                            素材
                            形状円形
                            長さ30cm
                            打撃面幅15mm
                            重量183g
                            本数1本
                            ハンマーフック用の穴×
                            フックの有無
                            反射材ロープの有無×
                            収納ケースの有無×

                            コスパがよく本数を揃えやすい

                            7位
                            • 洗いやすさNo.1

                            ロゴス(LOGOS) アイアンスチールペグ

                            総合評価

                            ★★★★★★★★★★ 3.1

                            • 打撃面の打ち込みやすさ ★3
                            • 耐久性 ★3
                            • 洗いやすさ ★4
                            • プラスの機能性 ★3
                            タイプピンペグ
                            素材スチール
                            形状ピン
                            長さ30cm
                            打撃面幅6mm
                            重量50g
                            本数4本
                            ハンマーフック用の穴×
                            フックの有無
                            反射材ロープの有無×
                            収納ケースの有無×

                            細くかさばらないので収納やお手入れが楽

                            8位

                              キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) サンドペグ

                              総合評価

                              ★★★★★★★★★★ 2.8

                              • 打撃面の打ち込みやすさ ★3
                              • 耐久性 ★3
                              • 洗いやすさ ★1
                              • プラスの機能性 ★3
                              タイプサンドペグ
                              素材プラスチック
                              形状ピン
                              長さ30.5cm
                              打撃面幅21mm
                              重量55g
                              本数1本
                              ハンマーフック用の穴×
                              フックの有無
                              反射材ロープの有無×
                              収納ケースの有無×

                              砂浜や雪など地盤が緩いときに活躍

                              9位

                                キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スパイラルペグ

                                総合評価

                                ★★★★★★★★★★ 2.4

                                • 打撃面の打ち込みやすさ ★2
                                • 耐久性 ★3
                                • 洗いやすさ ★2
                                • プラスの機能性 ★2
                                タイプスクリューペグ
                                素材
                                形状ピン
                                長さ46cm
                                打撃面幅80mm
                                重量330g
                                本数1本
                                ハンマーフック用の穴×
                                フックの有無×
                                反射材ロープの有無×
                                収納ケースの有無×

                                砂浜や雪に強くペグハンマーいらずで使える

                                ペグ全26商品を徹底比較検証

                                検証した26アイテムをシートの上に並べる

                                テントやタープの固定になくてはならない、小さくとも頼りになる設営アイテムのペグ。

                                今回はさまざまなブランドが販売しているペグの中から4つの検証のポイントをもとに、どれが使いやすいのかを徹底検証してみました!

                                ぜひ付属するペグからステップアップするときなど、ペグ選びの参考にしてみてください。

                                検証ポイント①ペグの打ち込みやすさ

                                2種類のペグハンマーで2種のペグを打ち込んでいる

                                ひとつ目の検証ポイントとして、以下の3つの項目に着目しながらペグの打ち込みやすさをチェックしました。

                                検証ポイント①

                                1. 打撃面の打ち込みやすさ
                                2. ハンマーが滑りにくいか
                                3. ペグが回らないか

                                ペグハンマーで打ち込むときの打撃面の打ち込みやすさと滑りにくさは、テントを設営するときの負担に大きく関わるポイント。

                                打ち込んでいるときにペグが回るとその都度真っ直ぐに調整する手間がかかってしまうので、回りにくさにも注目して検証しました。

                                検証ポイント②耐久性

                                ペグを検証している様子

                                続いて検証したのが耐久性です。ペグは季節や環境によって硬い地面に刺す場合があり、ときには曲がって使い物にならなくなることも。

                                今回はそんなペグ自体の強度についても3点曲げ試験を実施して、何キロまでの負荷に耐えられるのかを計測していきました。

                                検証ポイント③洗いやすさ

                                ペグを水で洗い流している様子

                                ペグに土をつけたまま保管すると錆びの原因になるので、使用後にはしっかりと洗う必要があります。しかし、洗いにくいと撤収に時間がかかってしまうので、洗いやすさは密かに重要な要素です。

                                実際にペグ打ちをしたときの土を洗って土・泥の落ちやすさや洗いやすさ、洗うときの安全性を重視して検証していきました。

                                検証ポイント④プラスの機能性

                                フックや収納ケースなどプラスの機能4種類

                                ペグは地面に刺してテントやタープを固定する役割ですが、モデルによってはプラスαな機能を備えているものがあります。

                                検証ポイント③

                                1. ハンマーフック用の穴の有無
                                2. フックの有無
                                3. 反射材入りロープの有無
                                4. 収納ケースの有無

                                今回は上記の4点に絞って細かく見ていきました。プラス機能があるだけで、ペグとしての使い勝手が良くなるので注目したいポイントです。

                                ペグの正しい使い方

                                手に持った鍛造ペグ

                                ペグはテントやタープが倒壊しないように支えてくれる役割がありますが、間違った使い方をするとその安定感が低くなってしまいます。

                                安全にキャンプをするためにも、今のうちから正しい使い方をチェックしておきましょう。

                                ペグを打つとき

                                ペグは地面に対して斜め45〜60度で打とう

                                ペグを打つときの角度

                                ペグを打ち込むときは地面に対して斜め45~60度の角度を保ち、ガイロープはペグに対して90度になるように打ち込むのがポイントです。

                                この角度を保って打ち込むことで、ペグの埋まっている部分が地中で抵抗力を生み出し、強風にも耐えやすくなります。

                                また、ペグはフック部分まで打ち込むと抵抗力が増して、より抜けにくくなりますよ。

                                持ちやすい位置でハンマーを持つ

                                ペグハンマーでペグを打つ

                                ペグハンマーは握りやすくフィット感が感じられる位置を持つと、ペグにしっかり力を伝えて打ち込むことができます。

                                ペグが一度の打撃で深く入り込むだけでなく、狙ったところを外して怪我をするリスクも下げられるのがポイント。

                                ストラップ付きのハンマーであれば、すっぽ抜ける可能性も低くなるので、ストラップ搭載のモデルでは必ず装着しましょう。

                                ペグを抜くとき

                                ペグの直線上に真っ直ぐ抜く

                                ペグのフックにペグハンマーを引っ掛ける

                                ペグを抜くときは、ペグに対して垂直に引っ張るように抜くのがコツです。

                                垂直以外の角度から抜こうとすると抵抗力が加わって抜けにくく、怪我をしてしまう場合があります。

                                地面が硬い場合や凍って抜けない場合は、ペグを回すと地面とペグとの間に隙間が生まれて抜けやすくなるので、無理に引っ張って怪我をしないように気をつけましょう。

                                ペグを使った便利なテクニック

                                クロス打ち

                                ペグとロープでクロス打ち

                                鍛造ペグやネイルペグなどの硬い地面に適したペグを、砂浜のようなやわらかい地面に打ち込まなければならないシーンでは2本のペグを交差させて打ち込むのもひとつの手段です。

                                クロスさせてペグ打ちすると強度が増すので、やわらかい地面でも抵抗力が強くなるだけでなく、風が強い日にも効果的ですよ。

                                L字打ち

                                ペグとロープでL字打ち

                                区画が決まっているサイトやテント同士の間隔が狭くなる人気キャンプ場では、ガイロープを伸ばして張ることが難しい場合があります。

                                そんなときにおすすめなのがL字打ち。上の写真のようにペグを2本使ってL字に打ち込むと、長さと強度を保ちながらもサイトのフリースペースを確保できるのがポイントです。

                                ペグで蚊取り線香を立てる方法

                                ペグで蚊取り線香を立てる

                                蚊取り線香は付属のスタンドで使用するのが一般的ですが、一部のモデルには蚊取り線香スタンドとして使うことができるものがあり、簡単に設置箇所を増やすことができます。

                                蚊取り線香の中心にペグを通して深めに打ち込み、フック部分に蚊取り線香を固定する地面と並行に設置できます。

                                灰受けがなく燃え尽きた蚊取り線香は地面に落ちてしまうため、下にはアルミホイルなどを敷いておきましょう。

                                ▼蚊取り線香ホルダーについて詳しくはこちら

                                ペグが曲がってしまったらハンマーで叩く

                                曲がったペグをペグハンマーで打つ

                                地面が硬すぎたり、地中に石が埋まっていたりなどの理由で場合によってはペグが曲がってしまうことがあります。

                                アルミペグのような比較的やわらかい材質のペグは、ハンマーで打ち付けることによって曲がりを解消することができますよ。

                                また鉄製のペグはハンマーでも修正できないので、丸型のロープ止めに曲がった部分を押し立てて体重をかけることで直すことが可能です。

                                しかし、力が入って怪我をする恐れもあるので、軍手などを使用するようにしましょう。

                                ▼ペグとロープのテクニックについて詳しくはこちら

                                ペグと併せて買いたい便利ツール

                                ペグハンマー

                                スノーピークのペグハンマー

                                テントやタープを設営する際にペグと一緒に購入しておきたいのは、ペグハンマーです。

                                ここでは、他の記事で実際に使用して検証したランキング上位3アイテムを紹介します。

                                1位

                                エリッゼステーク アルティメットハンマー

                                ヘッド素材 ヘッド先端:真鍮orステンレス、ヘッド本体:鉄+カチオン塗装or鉄+クロームメッキ塗装
                                重量570g
                                打撃面サイズ3.5cm
                                ヘッド幅3.5cm
                                全長 10.2×30.3cm
                                滑り止め-
                                すっぽ抜け防止ベルト
                                ホール
                                フック
                                ヘッド交換
                                2位

                                ロゴス パワーペグハンマー

                                ヘッド素材
                                重量680g
                                打撃面サイズ4cm
                                ヘッド幅4cm
                                全長11.5×30.5cm
                                滑り止め
                                すっぽ抜け防止ベルト
                                ホール
                                フック
                                ヘッド交換-
                                3位

                                snowpeak ペグハンマー PRO.C

                                ヘッド素材 ヘッド先端:銅、ヘッド本体:スチール
                                重量 670g
                                打撃面サイズ3.5cm
                                ヘッド幅3.5cm
                                全長12×φ3.5×29cm
                                滑り止め
                                すっぽ抜け防止ベルト
                                ホール
                                フック
                                ヘッド交換

                                ▼ペグハンマー人気おすすめランキングの記事はこちら

                                ペグハンマーの代用品は?

                                斧でペグを打つ様子

                                キャンプは持ち物が多いので、うっかりペグハンマーを忘れてしまったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

                                そんなときに代用品となるのが、以下の5つ。

                                ペグハンマーの代用品

                                • ゴムハンマー
                                • 石頭ハンマー

                                ゴムハンマーや石頭ハンマー、斧はペグハンマーに比べて安く、ホームセンターでも購入しやすい代用品ですが、ペグ抜き機能がついていない場合が多いのでペグを抜くときは多少苦労します。

                                薪や石などでもペグを打つことはできますが、打面が必ずしもフラットではないので怪我やペグが破損する恐れがあるので十分注意が必要です。

                                安全性や打ち込みやすさ・抜きやすさを求めるならば、やはりペグハンマーを忘れないことが重要ですね。

                                ペグケース

                                YOGOTOのペグをペグケースに入れる

                                ペグはテントやタープによって十数本ほど必要になる場合が多く、収納が大変なアイテムでもあります。

                                ペグを収納するケースを用意しておくと撤収時もまとめやすく、持ち運びも簡単。なかにはペグ同士がぶつかって傷つかないように、感覚を保って収納できるものもあるのでぜひチェックしておきましょう。

                                TENT FACTORY(テントファクトリー) ペグキャリーケース1 MG TF-CSP-C1

                                素材ポリエステル
                                サイズ32×15cm

                                Hilander(ハイランダー) ハードペグケース タン T-320TN

                                素材スチール
                                サイズ33.5×8.5×13.5cm

                                ペグの人気売れ筋ランキング

                                Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングにおけるペグの人気売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認できます!

                                ※記事内で紹介している商品を購入した際、売上の一部がCAMP HACKに還元される場合があります。
                                ※各商品に関する情報は、実際に商品を使用したうえでの見解に加え、ブランド・ECサイトなどの情報を参照して記載しています。
                                ※掲載されている情報は、記事執筆時点でCAMP HACKが独自に調査したもの、または各商品のJANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、自動で生成しているものです。
                                掲載価格の変動や登録ミスなどの理由により情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細などについては、各ECサイト・販売店・ブランドよりご確認ください。

                                こちらの記事もおすすめ

                                ▼ワークマンのペグを比較した記事はこちら!

                                ▼ペグハンマーのおすすめを特集したこちら!

                                ▼ペグケースのおすすめを特集したこちら!