CAMP HACK[キャンプハック]


ペグ

キャンプのストレスがこれ“1本”で解消!ペグの種類と特徴・選び方を徹底解説

1

ペグは、キャンプでテントやタープを張る際ロープを地面に固定する道具。今回は、そのペグの選び方とおすすめ20選をご紹介します! ペグにも色々な種類があるって知っていましたか? 地面の質や状態によってペグにも向き不向きがあります。そんなペグの奥深さをしっかり解説していきます!

CAMP HACK 編集部


 アイキャッチ画像出典:Coleman

みなさん、ペグってどうやって選んでますか?

ペグ_導入
出典:Instagram by@takibitarou
ペグとは、テントやタープを地面に固定するために打ち込む杭のこと。キャンプサイトの地面強度や土質によって、数種のペグを使用するのが一般的です。

ペグはテントやタープ購入時に付属している物を使うことも多いと思いますが、より地面にあったペグを使用することでペグを長持ちさせ、安全性も確保することができます。

では、ペグにはどんな種類があるのでしょうか? まずは、ペグの種類とそれぞれの特徴を合わせてご紹介します!

ペグの種類

ピンペグ

ピンペグ テントの付属品などによく採用されているベーシックなペグが「ピンペグ」です。ヘッドの部分がフック型や円になっていることが特徴。

アルミ製で強度の低いアイテムが多く、河原などの石混じりの地面では曲がってしまう可能性もあるため注意が必要です。

●得意な地面:芝生や乾いた土の地面
●苦手な地面:砂浜などの柔らかい地面、河原などの石混じりの硬い地面

ネイルペグ

ネイルペグ_コールマン 「ネイル」とは英語でいう釘のこと。ネイルペグはその名の通り、釘のようにまっすぐ打ちやすいのが特徴です。ピンペグと違いヘッドの形状が平たいため、先端にかけて力がまっすぐに伝わります。

丈夫なスチール製のアイテムが多く、ピンペグよりもオールラウンドに活躍できるペグです。

●得意な地面:芝生や乾いた土の地面
●苦手な地面:砂浜などの柔らかい地面

V・U字ペグ

VU字ペグ
出典:左/キャプテンスタッグ、右/MSR
断面がV字やU字になっているのが特徴のペグ。地面に接する面積が大きく、ピンペグやネイルペグと比べ、抜けにくいのが最大のメリットです。また、その形状からスタッキング(重ねあわせること)もしやすくコンパクトにまとまるのも嬉しいポイント。

軽量なアルミ製から、頑丈なスチール製まで素材のバリエーションも幅広いため、あらゆる地面に対応できます。ただしその形状から溝に土が残りやすく、使用後の水洗いは必須です。

●得意な地面:砂浜などの柔らかい地面から乾いた土の地面
●苦手な地面:河原などの石混じりの硬い地面

X・Y字ペグ

X・Y字ペグ 断面がXもしくはYの形状になっているのが「X・Y字ペグ」の特徴。U・V字ペグよりもさらに抜けにくく曲がりにくくなっていますが、スタッキングはできません。U・V字ペグ同様、溝に残った土の水洗いは必須です。

●得意な地面:砂浜などの柔らかい地面から乾いた土の地面
●苦手な地面:河原などの石混じりの硬い地面

プラペグ

プラペグ プラスチック製のペグはその形状に関わらず「プラペグ」と呼ばれます。軽量かつ安価で扱いやすいのがメリットですが、鉄製のハンマーなどを使用するとすぐに破損してしまうため、ハンマーもプラスチック製を使う必要があります。

●得意な地面:砂浜などの柔らかい地面
●苦手な地面:河原などの石混じりの硬い地面

鍛造ペグ

鍛造ペグ 鍛造(たんぞう)という金属加工の方法によって作られたペグのことを「鍛造ペグ」といいます。スチール製のアイテムが多く頑丈なのが特徴。テントやタープを固定するためだけでなく、DIYの材料や薪置きに使用するなどキャンプ上級者に愛されているアイテムです。

●得意な地面:芝生や乾いた土の地面から河原などの石混じりの硬い地面
●苦手な地面:砂浜などの柔らかい地面

これまでご紹介したペグの他にも、さまざまな形や機能を持ったペグが展開されています。ここからは、変わり種も含めたおすすめペグをご紹介します!

関連記事