このチェアひと味違います…!『クイックキャンプ』の新作ウッドファニチャーに注目

2020/10/21 更新

ロースタイルなキャンプ道具、使っていますか?地面に近く、より自然に溶け込む時間を過ごすことができますね。今回ご紹介するのは、今年の9月にリリースされた『クイックキャンプ』のローチェアと2種のローテーブルです。シックなカラーリングの天然木をミックスした、落ちついたたたずまいは、キャンプにも部屋のインテリアにもぴったり。秋の深まるこの季節、どうぞ少し腰を低くして、ゆったりとした時間を過ごしてみては?


ロースタイルのすすめ!新作ウッドファニチャーで秋キャンプを楽しもう


「アウトドアをより身近に、簡単に」そんなコンセプトを掲げるアウトドアブランドの『QUICKCAMP(クイックキャンプ)』。時代に合わせたデザインで、組み立て簡単なキャンプアイテムを取り揃えており、コスパの良さも合間って人気を集めています。

そんな『クイックキャンプ』の豊富なラインナップに、天然木を使ったロースタイルのチェアとテーブルが加わりました!


数多くのブランドから天然木を使ったファニチャー製品が販売されていますが、今回ご紹介する新作は、ひと味違う仕上がりに。そのこだわりの詰まった特徴とは? 早速詳細をチェックしていきましょう。

見た目も機能も充実!「一人掛けウッドローチェア」


まずご紹介するのはこちら。シックなカラーリングの「一人掛けウッドローチェア」です。天然木のフレームと厚手のキルティングシートが相性よく、佇まいにも雰囲気があります。

この落ちついた外観は、森の中のキャンプでぐっと気分を落ちつかせてくれますし、部屋のインテリアとしても上品なチェアとして使うことができますね。

ウレタン素材入りのキルティングシートが魅力


フレームで使われている木は、丈夫で温かみのあるヨーロッパブナ(ビーチ材)。強度と弾力性に優れるビーチ材は、特にヨーロッパや北欧家具で人気の木材で、曲げ木のイスに使われていたりします。

『クイックキャンプ』のローチェアには背もたれの上部と座面の端に、曲げ加工されたウッドフレームがあり、動かしたり、折りたたんだりする際にも手で掴みやすいデザインになっています。


座面と背もたれのシートは、座り心地にこだわった厚手のキルティング仕様。ウレタン素材によるクッション性があるので、ゆったりと快適に座ることができます。

焚き火シーンに心強い防炎加工!

出典:QUICKCAMP
シートには防炎加工をしているため、焚火チェアとしても使えるのが嬉しいところ(※完全防炎ではありません)。ローチェアなので、座りながら地面に置いた薪を拾って火にくべるのもスムーズにできます!

また一般的なこの手のフレームデザインのチェアと言えば、座面と背面の生地がそれぞれ独立しているものが多いですよね。

「一人掛けウッドローチェア」は、座面と背面の生地が全て繋がっているので、身体を包み込んでくれるような快適な座り心地を実現しているんです。

キャンプで便利、部屋でも使いやすい。そのこだわりのポイント


細かい部分にもこだわりを感じられるデザインにも注目。まず、チェアの背面ウラには、雑誌やタオル、小物などが収納できる大きめのポケットが装備。テーブルに置くと煩雑になりそうなモノを、まとめて入れておくことができます。


さらに、ポケットの外面には、カラビナなどを引っ掛けられるマルチループもついています。ヘッドライトやマルチツールなど、キャンプでよく使うギアを常備することができますね。特にどこに置いたか忘れやすくなるものは、見やすいこのループに引っ掛けておきましょう。


足先にはキャップがついているので、室内でも扱いやすいチェアになっています。折りたたんで持ち運びもしやすいので、キャンプ場でも庭でも部屋の中でも、思い思いの時間を過ごすことができますね。

どこに置いても馴染む、ナチュラルな2カラー


カラーバリエーションは、ナチュラルでどこでも合わせやすい2種類。こちらは、森の中によく馴染むサンドカラーです。

こちらはブラックカラーです。汚れが目立ちにくいので、よりアクティブに使うことができますね。雰囲気たっぷりでどんな場所でも優雅な時間を過ごすことができる、『クイックキャンプ 』の天然木ローチェア。重さは3.5kgと軽量な部類には入りませんが、このルックスと座り心地は、場所を選ばず、より時間をゆったりと楽しむためのチェアと言えるでしょう!

ITEM
一人掛けウッドローチェア
●サイズ:約55cm×54cm×65cm(座面高約32cm)
●収納サイズ:約55cm×65cm×8cm
●重量:約3.5kg
●耐荷重:80kg(国内検査機関にて強度検査済み)
●材質:フレーム/天然木(ビーチ材)、シート/ポリエステル(クッション入り)
●カラー:サンド、ブラック

シーンに合わせて選べる、天然木のローテーブルも同時リリース!


チェアのお供に重要なのが、テーブル。今回、ローチェアと同時にリリースされたのが、こちらの「X脚ウッドローテーブル」です。

マッドブラックのアルミフレームが、シックな天然木の天板をより一層引き締めてくれ、落ち着きのある上品なローテーブルになっています。

天然木の天板とマットブラックのフレームをミックス


テーブルの天板は、ローチェアのフレームと同じ、天然木のビーチ材。温かみのあるナチュラルな風合いが、並べられた料理をより一層美味しく引き立ててくれます。

耐荷重は30kgあるので、ダッチオーブンや鍋なども問題なく置くことができます。


テーブルのフレームは、つや消し黒のアルミ製。天然木の天板と合わせて、このローテーブルの落ちついた雰囲気は、数あるキャンプ道具の中でも秀でた存在ですね。

使い方によって選べる2サイズ!


ローテーブルのサイズは、2種類。こちらは、天板が90cm×60cmのモデルです。1〜2人など、少人数で過ごすのに最適でコンパクトにキャンプを楽しみたい人におすすめです。


こちらが、天板サイズが120cm×50cmのモデルです。細長いスリムな大きさなので、特にトンネル型のテントの中では、まわりを圧迫させることなく設置できます。

組み立ても簡単!コンパクトに持ち運びも可能。

出典:QUICKCAMP
天板を外したフレームのみの状態がこちら(120cm×50cmモデル)。軽量なアルミフレームで作られているので、設置も移動も簡単です。

ローチェアと同様に、脚キャップがついているので、家の床を傷つけにくく、部屋の中でも安心して使えますよ。

出典:QUICKCAMP
テーブルの組み立ては、このように、フレームを広げ、ロールトップ天板をはめ込むだけのシンプル構造。コンパクトな状態でキャリーバッグに収納できるため、持ち運びも簡単です。

まわりの自然に寄り添うように。ロースタイルな時間を


今回ご紹介した『クイックキャンプ 』のローチェアとローテーブル。天然木ならではの落ちついた雰囲気が、一番の魅力ですね。

キャンプでも部屋の中でも、ぴったりとおさまるこのデザインと質感は、いろんなシーンで活躍してくれるでしょう。秋も深まるこの季節。まずは、まわりの自然に寄り添うような、ゆったりと静かな時間を過ごすロースタイルのキャンプを楽しんでみてはいかがでしょう?

ITEM
X脚ウッドローテーブル90×60cm
●サイズ:幅90cm×奥行60cm×高さ40cm
●収納サイズ:幅90cm×奥行23cm×高さ12cm
●重量:約6kg
●耐荷重:30kg
●材質:天板/天然木(ビーチ材)、フレーム/アルミ、キャリーバッグ/ポリエステル


ITEM
X脚ウッドローテーブル120×50cm
●サイズ:幅120cm×奥行50cm×高さ40cm
●収納サイズ:幅61cm×奥行25cm×高さ18cm
●重量:約7.5kg
●耐荷重:30kg
●材質:天板/天然木(ビーチ材)、フレーム/アルミ、キャリーバッグ/ポリエステル

紹介されたアイテム

一人掛けウッドローチェア
X脚ウッドローテーブル90×60cm
X脚ウッドローテーブル120×50cm
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
リョーワタナベ

ライター、カメラマン。神奈川県出身。アウトドア系雑誌編集部、環境コンサル会社、自然&音楽&カルチャー系雑誌編集部を経て、家族で九州へ移住。ローカルにグローバルに意識を持ち、自然と遊び、学び、思索する日々をおくる。『踊るカメラマン』として、各地のフェスやイベントに出没!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!