CAMP HACK[キャンプハック]


冬キャンプの寒さ対策!完全保存版【服装・暖房・テント】

0

これから寒い時期にもキャンプをしてみようと考えている方や、チャレンジしたけど寒くて辛い思いをした方、暖房器具の危険性に不安を感じているキャンパーの方もいるのではないでしょうか?そこで、キャンプにおける寒さ対策のあれこれを総まとめしてみました。

望月悠介


アイキャッチ画像出典:PIXTA/本文画像:筆者撮影

いつだってキャンプがしたい!『寒さ』は大きな課題

富士山の見える冬のキャンプ場夏キャンプの楽しさを感じ、他の時期にもキャンプを続けたいと思っている方はたくさんいるはず! でも秋口から春の終わりまで付きまとう悩みが『寒さ』です。

経験者の中にも「寒くて眠れなかった」「薪ストーブで子供やペットにやけどをさせてしまった」「一酸化炭素中毒などのリスクが怖いから他の方法を知りたい」などと考えたことがあるのでは? そこで今回は寒さを解決するためのさまざまな方法を、
・服装
・テント
・暖房器具(電源サイトの有無)
・寝袋&マット、コット
・食事

これらの観点からじっくり紹介していきます!

寒さ対策は暖かい服装から!おすすめの着方とアイテムを紹介

まずは自分自身を暖かくしないことには寒さ対策は始まりませんよね。しっかりオシャレも意識しつつ、快適に過ごせる衣類で身を包みましょう。

防寒着の基本の着方はこれ!

冬キャンプにおすすめの服装
断熱性の高い服や重ね着は最も基本的な寒さ対策である反面、暑くなり汗をかきやすい状態から汗冷えにつながる原因でもあります。そのため、一番下に着るべきは吸水性、速乾性のあるインナーです。

その上には上記の図の順で着ていくのが効果的。冬の寒さはマイナスに達することも珍しくなく、命の危険にもつながるため甘く見ずにしっかりと着込むことをおすすめします。

もっと暖かい装備はこれ!

✔︎ネック(レッグ)ウォーマー
レッグウォーマー
出典:Rakuten
ネック(レッグ)ウォーマーや腹巻きを使用することで衣服の分かれ目を守ることができます。しゃがんだときや前かがみになったときに腰や足首にヒヤッとした空気が入り込む心配はこれで解決!

✔︎ポンチョ
ブランケットポンチョを羽織る女性
出典:Rakuten
ポンチョタイプの防寒着もおすすめです。ブランケットポンチョというアイテムを使えばテントから出るときは羽織り、中に入ったらマットとして敷くこともできて便利です。

✔︎スキーウェアやカッパなど
スキーウェアを着た3人の後ろ姿 その他にもスキーウェアやカッパを着ることで冷気を遮るだけでなく、雨天時に衣服が濡れて冷えてしまうのを防ぐこともできます。持っていける荷物量と相談しながら自分に合った着合わせを考えましょう。

✔︎こんな裏技もチェック

テントは暖かい空間づくりの基本

冬キャンプでテントの中で寝る人
屋外においては野ざらしよりテントやシェルターの中にいるほうが暖かいのは当然のこと。そんなテントはメーカーやモデルごとに使用できるシーズンが定められています。

では3シーズンと4シーズンのテントでは何が違うのでしょうか?

メッシュ素材の使い方

天井がメッシュ素材のインナーテント
3シーズンテントの多くが夏をメインシーズンとして作られているため、最近ではインナーテントの上半分がメッシュになっているような軽量で通気性の高いものも出ていますが、これを冬に使ったらどうなるかは言わずもがな……。

対して4シーズンのテントはメッシュはあるものの、二重構造や局所的な使用で最低限の換気を目的としています。

ベンチレーションとスカートの有無

ベンチレーションとスカート
出典:Rakuten
これは冬に使用するテントに重要な部分です。フライシートにスカートがないテントは下から冷気が入り込み、テント内があっという間に冷気に包まれます。またスカートがあってもベンチレーションのないテントは空気の循環が悪く、テント内外の気温差で激しい結露が起こります。

自作スカート
スカートの端の角度は隣接するスカートと重なり合うほうが好ましい
ベンチレーションはあるけどスカートがないテントでは、マジックテープとブルーシートを使って自作でスカートをつけることも可能です。

自作スカート見本
耐水圧2000mm以上は欲しいところ
自作スカートはテントを伝ってきた雨水が染み込まないようにするためマジックテープは幕の内側に付け、ブルーシートは耐水性の高い物にしましょう。

防水耐熱マジックテープ

-10〜50℃まで対応している両面テープ



耐熱、防水性に優れたマジックテープを使用することで耐久性は上がりますが、大事なテントにDIYを施す際は生地の傷みや劣化などの可能性などデメリットを考えて自己責任で行いましょう。


電源ありサイトのテント内はこれであったかい!

キャンプ場の電源サイト
寒さには文明の力で簡単解決! ということで冬が近づくにつれて人気が出るのがAC電源のあるキャンプ場。連休のシーズンは予約が取れないキャンプ場もあるほど冬の装備に電気を使用する人が多くなります。

次はそんな電源サイトを活用して過ごす方法を紹介します。

関連記事