【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


寝袋(シュラフ)選び方【決定版】10のポイント

2

寝袋(シュラフ)選び方まとめ。購入する前に必ず見ておきたい「選び方10のポイント」をご紹介します。基本的な形の違いや、いまさら聞けない快適使用温度と限界使用温度の違いって?決して安くない買い物だから、寝袋の「失敗しない選び方」教えます!

fujii mio


アイキャッチ画像出典:NANGA

購入する前に!寝袋の選び方を知っておこう

寝袋には様々な種類があり、初心者が選ぶのはかなり大変。ですが、適当に選んでしまうと失敗の元!

「夏場に高保温性のマミー型シュラフを選んでしまい、暑くて寝苦しかった」、「寒すぎて寝れないと思ったら夏用シュラフを選んでいたらしい」などの失敗に陥らないよう、選び方をおさえておきましょう!

絶対おさえるべし!選び方「10のポイント」

1. 寝袋の形を知ろう!【封筒型・マミー型】

寝袋 シュラフ 封筒型
出典:coleman
キャンプ初心者やファミリーでのオートキャンプにおすすめなのが、この封筒型。

ジッパーを閉じずに掛け布団・敷布団のように別々に使うこともできますし、シュラフ同士を連結させて「大きな布団」に家族みんなで寝ることができて便利です!
寝袋 シュラフ マミー型
出典:coleman
一方身体をすっぽりと包み込むのが、マミー型。登山やツーリングなど、より本格的で個人で楽しむアウトドアに向いています。

保温性が高く、冬場もキャンプをするという通年キャンパーはマミー型を選ぶと良いでしょう。

2. 中綿の種類をチェック!

シュラフの中綿に使われているのは大きく分けて「ダウン」「化繊」の2種類。それぞれに特徴があるので買う前に中綿の種類は見ておくのがベターです。

ダウン
ダウンは多くの空気を含み保温性が高く、寝たときにふかふか感があります。コンパクトにまとまり収納性は高いですが濡れには弱く、洗濯には専用の洗剤が必要。登山でもテントに泊まる方や、バイク旅行する方などにおすすめです!

化繊(ポリエステル)
寝袋に使われている化繊 水濡れしても乾きやすく、洗濯などの手入れがとてもしやすいのがポリエステルの特徴です。比較的安価ですが、ダウンに比べて2倍ほど重く大きいので携帯性は劣ります。車中泊メインの方や、車での移動時に積載量を気にしない方におすすめですよ。

関連記事