CAMPHACK

【キャンプカトラリー】キャンプで使いたいカトラリー12選

0

キャンプにおけるカトラリーは、エコなだけでなくソトごはんをより華やかにそして快適にしてくれるアイテムです。次のキャンプの計画から今回ご紹介するカトラリーの中でお好きなものを選んで持って行ってみては?きっと楽しい思い出ができることでしょう。

hara rei

アイキャッチ画像出典:snowpeak

キャンプカトラリーで食事をしている
出典:snowpeak
みなさんは、キャンプやピクニックなどアウトドアでソトごはんを食べるとき、どんなモノを使っていますか?多くの場合、割り箸や使い捨てのスプーンやフォークを使って料理を食べているのではないでしょうか。自然が好きでアウトドアフィールドに行かれる方なら、とくにエコについて考えたいところ。

そこで今回は、つねに持ち歩きたくなるようなカトラリーをご紹介!カトラリーにこだわることで、キャンプなどで食べるソトごはんに彩が加わり華やぐことでしょう。

キャンプで使うカトラリーの選び方

カトラリーも場面によって使い分けが必要です。たとえば、シルバー製のカトラリーは、高級感を出してくれますが、錆びやすくお手入れが少し大変です。木製のカトラリーは木の温かみがありキャンプの雰囲気に馴染ますが、傷みやすいといった特性があります。そして、ステンレス製のカトラリーは錆びにくく、とても丈夫ですが、お値段が高くなりがち。どれも一長一短ですね

やはり、温かみのある木がキャンプには似合いますが、それぞれのシーンに合った使い方をすることで、キャンプの質があがります。

料理の横に添える、こだわりのシルエット

たとえば、このようにパンの横にカトラリーを添えるだけで料理がおいしそうに見えませんか?パンの焼き色とカトラリーのコントラストが食欲をそそります。

 

少しこだわったカトラリーは、食物との相乗効果で空間をより魅力的に見せてくれます。

キャンプで使うカトラリーおすすめ12選

素材選びが終わったら、あとはあなたの好みでしっくりくるカトラリーを選んでみましょう。スプーン、フォーク、チョップスティックお好きな組み合わせを。

1.スノーピーク(snow peak) 和武器M

スノーピーク 和武器M SCT110

1996年に、携帯分割箸としてリリースされた和武器は、「使い捨てカトラリーは使わない」という明確なコンセプトが受け入れられて、国内外を問わず多くのファンを作りました。2009年、コンセプトはそのままに使い勝手を向上させた大二世が登場します。グリップは転がりづらい角型形状を採用。先端の素材には竹を採用しています。



2.ユニフレーム(UNIFLAME) FDスプーン&フォークセット チタン

ユニフレーム FDスプーン&フォークセット チタン

コンパクトに持ち運びができる折り畳み式のスプーンとフォークのセット。チタニウム製なのでとても軽量で丈夫です。携帯に便利な収納ケースが付いています。



3.Coleman(コールマン) カトラリーセット4/パーソナル

コールマン カトラリーセット4

手になじむ天然木製取手の1人用カトラリーセット。ハンドルはナチュラルな雰囲気の天然木。


関連記事