CAMP HACK[キャンプハック]


キャンプ風景

キャンプの楽しみ方15選!ファミリーから夫婦・カップル、ソロまで

0

こんなキャンプの楽しみ方があったとは! アウトドアならではの魅力を味わえる過ごし方や遊び、アクティビティなどをまとめました。ファミリー、夫婦・カップル、ソロと、大人から子供まで楽しむための方法を網羅して紹介しています。初心者も上級者もぜひ参考にしてください!

ヨシダ コウキ


アイキャッチ画像出典:Instagram by @muuu_camp

キャンプの楽しみ方はどう決める?

キャンプ風景
出典:Instagram by @s_m0911
キャンプの楽しみ方に決まりはありません。状況や環境などに応じて、楽しみ方を決める要素があり、それぞれできることも違います。

今回紹介する5つのポイントを参考に、ぜひ自分らしいキャンプの楽しみ方を見つけてください!
1. 人数
2. 季節
3. 天気
4. 場所
5. 滞在時間

1. 人数

ソロキャンプとグループキャンプでは、キャンプの楽しみ方が変わるでしょう。

ソロキャンプの様子
出典:Instagram by @chikashi.ne.jp
ソロキャンプでは、時間の存在を忘れるほど自分のしたいことに集中できるのが魅力のひとつ。
凝ったご飯を作ってみる
・ライターを使わずに火を起こす
・ぼーっと自然を眺める

などなど、自分がしたいと思ったことは何でもできます。1人だから「寂しい」わけではなく、心をリセットできる贅沢な時間の使い方です。

グループキャンプの様子
出典:Instagram by @ryuhyumo
グループキャンプでは、常に時間を意識したライフサイクルから離れ、ゆるい時間の中で和気あいあいと充実したアウトドアライフを楽しめます。
・グループだからこそできる大鍋料理に挑戦
・焚き火を囲んで語り合う
・自然の中で仲間とお酒を飲む

家族や友人と一緒に作る食事やアスレチックなど、わいわい楽しむことができるのはグループキャンプの醍醐味です。

2. 季節

日本の四季の中では、季節ごとの特徴がキャンプの楽しみ方に直結します。

春のキャンプ風景
出典:Instagram by @_chiiiico_camp_
春は暖かくなり過ごしやすい気候です。木々が芽吹き出し、花も咲くので色鮮やかな風景を楽しむことができます。花見をしながらキャンプも最高です。

暖かいとはいっても夜は冷えるので、焚き火を囲んで楽しむこともできます。

夏のキャンプ風景
出典:Instagram by @tomoyan726
夏キャンプの醍醐味は何といっても水遊びです。暑い中する川遊びや海水浴など水を使ったアクティビティは最高。日が暮れるのが遅いので目一杯アクティビティを楽しむことができます。

キャンプ場は標高が高かったり、水辺にあったりする場合が多いので涼しさを感じることもできます。また、お酒が好きな方にとって暑い中飲むビールは格別です!

秋のキャンプ風景
出典:Instagram by @tamagoanryu
秋は紅葉が美しいので、歩いているだけでも美しい木々の彩りを楽しめます。食欲の秋といわれるとおり、秋の味覚も見逃せない季節です。

気温も徐々に涼しくなるので焚き火を囲んで語り合うにはもってこいの季節。暑すぎず寒すぎず、過ごしやすく虫も少ないので、初心者キャンパーにもおすすめの季節です。

冬のキャンプ風景
出典:Instagram by @misat_camp
冬のキャンプ地はその他の季節に比べてキャンプ場に人が少ない傾向にあり、静かな空間でキャンプを楽しむことができます。ベテランキャンパーの中には「キャンプの季節は冬」という方もいるほど。

とにかく寒いので体を温める装備は必須なものの、焚き火を囲んだり、寒い空気の中ストーブで暖を取るのは趣があります。空気も澄んでいるので星が綺麗に見えるほか、あえて外で食べる鍋料理も格別です。

3. 天気

天気もキャンプの楽しみ方に直結します。

晴れキャンプの様子
出典:Instagram by @anothersky373
晴れキャンプでは、外での料理や焚き火、ウォーキングや自然観察、釣り、水遊びなど、さまざまな楽しみ方ができます。何より晴れていると気分がいいですよね!

雨キャンプの様子
出典:Instagram by @hiyryusho
雨キャンプではどうでしょうか。テントから出られず、がっかりした経験があるかもしれませんが、雨キャンプならではの楽しみ方もあります。

ソロの場合は、テント内で読書や音楽鑑賞など趣味に時間を費やせます。グループの雨キャンプでは、ボードゲームを楽しんだりトランプをしたりと、家の中とは別のアナログな楽しみ方をすることができます。

また、テントやタープに当たる雨音は聞いているだけで癒されます。

雪キャンプの様子
出典:Instagram by @omusada
雪の中するキャンプも普段の気候とは別の楽しみ方があります。

寒さ対策は万全に行う必要がありますが、雪の中の静けさや景色は格別です。サイトを雪で固めて自分だけの特別なサイトを作ることもできます。

4. 場所

キャンプ地として選ぶ場所により、キャンプの雰囲気や楽しみ方が変わります。

山キャンプの様子
出典:Instagram by @fookooooooo
山キャンプの魅力は、景観の美しさだけではありません。

山の緑が生む爽やかな空気は、じっくりと味わいたいポイントです。自ら集めた薪で焚き火をしたり湧き水を汲んだり、サバイバルのようなアウトドアライフも楽しめます。

海キャンプの様子
出典:Instagram by @matsu3_camp
海は海水浴を楽しんだり、釣りをしたりとさまざまなアクティビティを楽しむことができます。また、波の音にも癒されて贅沢な時間を過ごすことができるのもポイント。

地平線の向こうに沈んだり登ったりする太陽を眺めるのも素敵です。

日本酒とキャンプ風景
出典:Instagram by @roppocamp
キャンプに行くとなると、地方に行くことが多くなります。地方でのキャンプの面白さは、その土地ならではの魅力を味わえることです。
・現地の食材、酒を楽しむ
・現地の温泉を楽しむ
・現地でしかできないアクティビティを楽しむ

キャンプだけではなく、旅行を同時に楽しむのも良いでしょう。

5. 滞在時間

キャンプはデイキャンプや泊まりなど、滞在期間によって楽しみ方や計画が変わります。

デイキャンプの様子
出典:Instagram by @daissuke_y
日帰りのデイキャンプではその日に帰る必要があるものの、気軽にキャンプをすることができ、荷物も軽量で済みます。やることを厳選すると濃密な時間を過ごせるでしょう。

星空とキャンプ
出典:Instagram by @datch.camp
泊まりのキャンプは、キャンプ場に宿泊するので星空観察など夜のアクティビティができ、帰りの心配をすることなく食事を楽しむこともできます。

キャンプの朝食
出典:Instagram by @seiji.510
また、複数日のキャンプは連泊するので、相応の装備や荷物を準備する必要がありますが、朝に帰り支度をする必要がなくなる分、バタバタしがちな朝の時間を贅沢に楽しむことができます。

食材も多めに買い出しする必要がありますが、あえて少なめに持っていって、現地のスーパーで買い物を楽しむこともできます。

キャンプの楽しみ方15選

キャンプ風景
出典:Instagram by @cococamp
では、キャンプの楽しみ方をソロ、夫婦・カップル、家族・子供連れ、友達のスタイルごとに分けてご紹介します。
・ソロ
・夫婦・カップル
・家族・子供連れ
・友達

ソロ

ソロキャンプを計画している人は、ソロならではの5つの楽しみ方をぜひ参考にしてください。

こだわりのキャンプ料理に挑戦する

キャンプ料理
出典:Instagram by @takibi_3110
ソロキャンプの楽しみ方のひとつは、こだわりのキャンプ料理です。定番料理だけに注目せず、オリジナル料理やアレンジ料理に挑戦してみるのもおすすめ。

グループだと、他の人の食事にも気を使う必要がありますが、ソロキャンプでご飯を食べるのは自分だけ。時間がかかる料理をしても文句を言われることはありません。

貝印 o.e.c. W角鍋 DY5204

●本体サイズ:深鍋28×22cm/浅鍋27×21cm
●満水容量:深鍋約3.3L/浅鍋約1.4L
●重量:2.22kg

o.e.c. W角鍋は、1台でスチーム料理・オーブン料理・無水調理・蒸し焼き・炒める・茹でるなど、幅広いレシピに対応します。使用する食材をチェックしたら、あとは調理をするだけです。

以下の記事では、おつまみになる一品系・おなかがいっぱい系・子供と作れるデザート系の料理を紹介しています。こだわりのキャンプ料理を追求したい人は、ぜひチェックしてください。

焚き火の前でゆっくり過ごす

焚き火
出典:Instagram by @setagaya22
焚き火は暖を取る以外にも、ゆらいでいる火を見つめるだけで心が癒やされていきます。焚き火を見つめながら魚や肉を焼いたり、ホットドリンクを作ったりなどとても実用的。

フェザースティックを作って一から薪をくべるなど、こだわって火を起こすのもおすすめです。

ユニフレーム ファイアグリル

●サイズ:使用時約43×43×33cm(網高)/収納時約38×38×7cm
●重量:約2.7kg
●分散荷重:約20kg

ユニフレームのファイアグリルはソロでもちょうどいいサイズ感なのが特徴です。足付きなので、薪や炭などの火を使っても芝生を痛めません。バーベキューグリルとして使うこともできるので同時に料理も楽しめます。

以下の記事では、キャンプ場での焚き火におすすめの焚き火台を厳選しました。焚き火に癒されたいソロキャンパーは、ぜひ読んでみてください。

静かに読書に耽る

読書キャンプ
出典:Instagram by @32malistcamper
読書中は誰にも邪魔されない静かな時間です。キャンプ場では玄関の呼び鈴が鳴ることもなく、車の騒音で気が散ることもないため、読書に集中して贅沢な時間を過ごすことができます。キャンプ場での読書用に、座り心地の良い椅子を用意すると快適です。

コールマン サイドテーブル付デッキチェアST

●展開サイズ:約87×52×77(h)cm/収納サイズ:約16×52×77(h)cm
●座面高:約44cm
●耐荷重:チェア約100kg/サイドテーブル約5kg

コールマンのサイドテーブル付デッキチェアSTは、読書に集中したいときに便利です。ドリンクホルダー付のサイドテーブルに好きなドリンクやおやつを乗せて、ゆったりと読書を楽しんでください。

以下の記事では、キャンプに持って行きたいおすすめの本を紹介しています。読書好きの人は要チェックです!

音楽やラジオを聞く

キャンプでラジオを聞いている様子
出典:Instagram by @1496_tak
ラジオは聞き流してるようでも、いつの間にか聞き入っているものです。情報収集に役立つほか、洋楽・邦楽や懐メロまで音楽を幅広く楽しめるのもポイントです。また、キャンプでの料理、釣り、ウォーキングなども好きな音楽を聴きながらするとテンションが上がってはかどります。

ただし、音量は周りの迷惑にならないように注意しキャンプ場のルールを守るようにしましょう。

ソニー FM/AMポータブルラジオ ICF-B99

●電源:手回し充電/太陽光充電/アルカリ乾電池(単3×2)
●機能:AM/FM/ライト/モバイルバッテリー
●スピーカー出力:60mW~90mW

ソニー FM/AMポータブルラジオICF-B99は、手回し充電や太陽光充電に対応しているため、キャンプ中に充電が切れても手軽に再充電が可能です。

モバイルバッテリーとしても使えるため、スマホの充電もできます。ライト付きなので、暗い場所で足元や手元を照らしたいときにも便利です。

以下の記事では、キャンプに最適なスピーカーをご紹介しています。音楽ファンはぜひ参考にしてください。

映画や動画を鑑賞する

キャンプでスポーツ中継を見る様子
撮影:ヨシダコウキ
大自然での映画、動画鑑賞は、家や映画館とは違い趣深いものになります。

自分の好きな動画を見て、誰にも邪魔されることのない特別な時間を過ごすことができます。しかし、動画鑑賞はデバイスの充電を著しく消費します。

充電が切れてしまっては、動画を楽しめないどころか緊急時に連絡を取ることもできなくなってしまいます。

アンカー PowerCore Essential 20000

●容量:20000mAh
●入力ポート:USB-C/Micro USB
●機能:低電流モード搭載/2台同時充電可能

アンカーのPowerCore Essential 20000は大容量のバッテリーで、一般的なスマートフォンを4回以上充電することができます。

低電流モードを搭載しているのでスマートフォン以外に小型の端末の充電も可能で、幅広い機器の充電に対応しています。

以下の記事では、キャンプにおすすめの映画をご紹介しています。ぜひ、映画選びの参考にしてください。

夫婦・カップル

夫婦・カップルにおすすめの、キャンプの楽しみ方をご紹介します。

キャンプ場近くの温泉に入る

キャンプ場近くの温泉 夫婦・カップルでキャンプに行く場合は温泉に入ってみてはいかがでしょうか? 寝る前に入ると焚き火のにおいもなくなってさっぱり清潔に寝ることができ、帰りに入っても汗を流すことができます。

中には温泉が併設されているキャンプ場もあるのでとても便利です。地域によって泉質が違うので、温泉を目当てにキャンプ場を決めても面白いかもしれません。

以下の記事では、温泉が魅力のキャンプ場をご紹介しています。温泉ファンは、ぜひチェックしてみてください。

ロマンチックな星空を眺める

キャンプ場から見る星空
出典:Instagram by @aruha.camp
せっかくパートナーと静かな夜を過ごすなら、満点の星空を鑑賞してみてはいかがでしょうか? 空に広がる満点の星が、特別な時間を演出してくれます。

一緒に流れ星を探したり、なかなか口にできなかった言葉を伝えたり、そのまま静かに時を過ごしたりと過ごし方は人それぞれ。

横になって星空を眺めるとよりロマンティックな気分を味わえます。

コールマン キャンパーインフレーターマット/WセットⅡ

●サイズ:63×195×5cm
●収納時サイズ:約φ20×70cm
●重量:約3.5kg
●材質:ポリエステル、ポリウレタンフォーム

コールマンのキャンパーインフレーターマット/WセットⅡは通常のキャンプマットよりも厚みがあるので、地面の凸凹を気にすることなく寝転ぶことができ、ダブルサイズなので2人で横になりながら星空を楽しむことができます。

以下の記事では、ロマンチックなキャンプ場を紹介しています。お目当ての星空をパートナーと一緒に選んでみてください。

デートで観光地をめぐる

観光地のイメージ
撮影:ヨシダコウキ
夫婦・カップルでキャンプを楽しむなら観光地めぐりはおすすめです。キャンプ地では、必ずしもアウトドアアクティビティにこだわる必要はありません

移動できる範囲に観光スポットがあるなら、ぜひ足を運んでみてください。特に地方でキャンプをするなら、観光地の近くを選ぶのも手です。ご当地グルメに舌鼓を打ったりご当地アイテムを購入したり、旅の思い出づくりを楽しんでください。

以下の記事を読めば、観光地めぐりの楽しさが伝わるはず!

パートナーの写真を撮る

キャンプを楽しむカップル
出典:Instagram by @camp_mkw
パートナーとの思い出づくりに一役買うのが写真です。写真なら何年経っても色褪せず、その時の姿を記録してくれます。あとから写真を見返してキャンプの思い出話に花を咲かせることもできます。

せっかく写真を撮るなら、写真撮影のテクニックをワンランクアップしたくはありませんか? キャンプでは焚き火や風景を背景に、普段とは一味違う写真を残せます。

以下の記事を参考に、パートナーとの色褪せない思い出を記録してみてください!

家族・子供連れ

家族・子供連れのキャンプでは、思いっきり体を動かして羽を伸ばすのもおすすめです。子供も大人も楽しめるポイントをご紹介するので、チェックしてみてください!

アスレチックを楽しむ

アスレチックを楽しむ子供
出典:Instagram by @skr_ishii
子供は元気が一番! 家族のキャンプでは、子供が思う存分楽しめるキャンプ場を選んでみましょう。おすすめは、大人も子供も楽しめるアスレチックです。お父さんもお母さんも、たまには童心に戻って遊んでみませんか?

以下の記事では、子供が元気いっぱいに楽しめるキャンプ場をご紹介しています。ぜひ、訪ねてみてください。

川や海で水遊びをする

水遊びをする様子
出典:Instagram by @takesofa
暑い季節なら、川や海で水遊びを体験するのもおすすめです。泳ぐだけではなく、水中メガネを使って川に生息する生き物を観察し、夏休みの自由研究を進めるのも良いですよ。

オーシャンライフ オーシャンJr-1S&1M型TYPE A

●サイズ:身長110~130cm/身長130~150cm
●適応年齢:6~8歳/9~11歳
●適応体重:40kg未満

川や海で水遊びをするなら、安全対策は欠かせません。川や海は流れが急に変わる場合があるので、もしものことを考えて、ライフジャケットの準備をしておきましょう。

以下の記事では、水遊びにおすすめのキャンプ場をご紹介しています。暑い夏に、大人も子供も楽しめるキャンプ場を訪れてみませんか?

サイクリングに出かける

自転車キャンプ
出典:Instagram by @the_manians
家族でキャンプをするなら、サイクリングをしてみませんか? 特に森や海岸線では街で見られない発見もあり、子供にとって大冒険です。子供の好奇心を刺激するので、会話も弾みますよ。

また、サイクリングは適度に疲れるので、キャンプ場で食べる食事も格別のものになります。子供と一緒のキャンプに、ぜひサイクリングを取り入れてみてください。

オリンパス キッズヘルメットMサイズ OMV10

●サイズ:52~56cm
●あごひも:ワンタッチ式
●対象:小学生

SGマーク認定品で、自転車乗車時の頭部を保護します。ワンタッチ式で脱着が簡単なため、サイクリングにおすすめです。走り出すときも休憩のときも、素早く脱着ができます。

以下の記事では、子供におすすめの自転車をご紹介しています。子供と一緒に、自転車を楽しんでみませんか?

友達

友達同士のキャンプでの楽しみ方の例をご紹介します。食事、コテージ泊やグランピング、ゲームなどを参考に、思い出に残るキャンプを満喫してください!

みんなでバーベキューをする

バーベキューの様子
出典:Instagram by @shizuka_camp
キャンプの定番料理といえば、バーベキューが挙げられます。好き嫌いがある人も、好きな素材を選んで食べられるのがおすすめのポイントです。網に乗せて焼くだけなので、手間もかかりません。いろいろな食材を組み合わせて、オリジナルレシピを披露するもの盛り上がります。

ロゴス チューブグリルSmart80 L

●サイズ:展開時79×53×42~80cm/収納時57×35.5×18cm
●焼き面のサイズ:(約)60.5x29.5cm
●重量:3.5kg

ロゴス チューブグリルSmart80 Lは炭を入れる部分が引き出しになっているので炭を触りやすいのがポイント。火力調整のためにいちいち網をどかす必要はありません。

以下の記事では、レシピのほかに、串選びや上手に串焼きをするポイントをご紹介しています。ぜひ参考にして、バーベキューを盛り上げてください。

コテージ泊やグランピングをする

コテージ
出典:Instagram by @hirokicamp
贅沢な時間と贅沢な空間の中でキャンプを楽しんでみませんか? 例えば、コテージ泊やグランピングです。キャンプといえば「あえて不便を楽しむ」イメージですが、コテージ泊やグランピングならテントを持って行く必要がありません。キャンプ道具一式が揃っていない初心者やグループキャンプにおすすめです。

以下の記事ではグランピングを体験したい人におすすめのスポットをご紹介しています。ぜひ、新しいアウトドアのスタイルを体験してみてください。

仲良くゲームに興じる

キャンプギアとトランプ
出典:Instagram by @shin198_outdoor
グループキャンプでぜひ楽しんでほしいのがゲームです。特にアナログなカードゲームやボードゲームは、会話も弾みます。相手の心理を読みながら緊張感や笑いのある時間を過ごせるでしょう。

以下の記事では、駆け引き系ゲームや笑える系ゲームなど、さまざまなタイプのゲームをご紹介しています。記事をチェックして、ぜひグループキャンプを盛り上げてください。

関連記事