【子ども満足度120%!】アスレチックが場内で楽しめるキャンプ場

2019/06/24 更新

ファミリーキャンプでやっぱり気になるのは「子どもたちが思い切り楽しめるか?」ということ。そんな時おすすめなのが、場内にアスレチック施設が充実したキャンプ場!関東〜中国・四国地方まで6つのキャンプ場をピックアップしましたよ!


アイキャッチ画像出典:なっぷ

ファミリーキャンプは子どもたちが主役!

出典:清水公園
ファミリーキャンプにピッタリの季節になってきましたね! ファミリーキャンプといえば、大人も楽しみたいけれど子どもたちも主役のひとり。しかし焚き火を眺めながら会話するだけでは退屈してしまうのが彼らです。
出典:なっぷ
そこでおすすめしたいのが、アスレチック施設の充実したキャンプ場! 日中アスレチックで思い切り遊べば、楽しい思い出になるだけでなく早目にぐっすり寝てくれて、夜の大人キャンプタイムも充実すること間違いなし!

それでは、アスレチック満載のおすすめキャンプ場を6施設ご紹介していきます。


関東エリアのおすすめキャンプ場

まずは関東エリアからご紹介! どれも都心からほど近く人気のキャンプ場ばかりなので、特にハイシーズンは早めの予約が必須です。

水上アスレチックが迫力満点!清水公園キャンプ場(千葉県)

出典:清水公園
都心から1時間ほどの千葉県野田市にある「清水公園キャンプ場」。広大な敷地には大型アスレチック施設はもちろん、ポニー牧場や花の庭園、釣り堀まで備える総合アウトドアレジャー施設です。
出典:清水公園
アスレチックコースには3つのカテゴリがあり、「冒険コース」40種、「チャレンジコース」40種、「水上コース」20種の競技が楽しめます。各コースの所要時間の目安はそれぞれ約1時間なので、全部まわれば3時間はたっぷり遊べます。
出典:清水公園
中でも水上アスレチックが本格的で、大人もワクワクする仕掛けが満載。ただし、安全上の理由から、底の滑らない運動靴(スニーカー)以外では遊べない競技も。水に濡れることも想定して着替えや運動靴をしっかりと準備していきましょう。

住所:千葉県野田市清水906
営業期間:通年営業(年末年始休業)
定休日:12月29日、30日、31日、1月1日
※月曜日が祝日の場合は翌日定休日

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

スカイアドベンチャーにチャレンジ!柏しょうなんゆめファーム(千葉県)

出典:なっぷ
都心から日帰りできて、東武野田線柏駅からバスも利用できる「柏しょうなんゆめファーム」。自然の木立を利用した温もりあるアスレチックのほか、森の中のスケードボードパークが人気です。

出典:なっぷ
小学生以下の小さい子ども向けの「ファミリーパーク」と、小学生から大人まで楽しめる「スカイアドベンチャー」の2つのエリアに分かれ、幅広い年齢層が楽しめるのが魅力です。
出典:なっぷ
さらに、スカイアドベンチャーでは小学生以上が親子で楽しめる「ファミリーコース」と中学生から大人まで楽しめる「チャレンジコース」が。どちらのコースも高さがあって迫力満点ですが、ハーネス(安全装備)を装着するので安心して楽しめますよ。

住所:千葉県柏市布瀬89-1
営業期間:通年営業
定休日:月曜日
※月曜日が祝日の場合は翌日定休日

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

巨大すべり台が大人気!昭和の森フォレストビレッジ(千葉県)

千葉県最大級の公園「昭和の森公園」内にあるキャンプ場「昭和の森フォレストビレッジ」。市街地からほど近いとは思えない豊かな森が魅力です。
広大なアスレチック広場には18種の連続した遊具が設置。巨大なトランポリン様の遊具も人気です。
そして何と言っても1番人気は延長約109m、高低差25mの巨大ローラーすべり台。林の中をすべり降りたら18種のアスレチックが続き、すべり台のスタート地点に戻る流れなのでエンドレスで楽しめますよ!

住所:千葉県千葉市緑区小食土町955
営業期間:通年営業、定休日なし

詳細はこちら
予約・口コミはこちら


関西〜中国・四国エリアのおすすめキャンプ場

アスレチック施設の充実したキャンプ場、関東エリアだけではありません! 関西から中国・四国エリアにも楽しいアスレチック満載のキャンプ場がいっぱい!

スリル満点のボブスレーが自慢!みつえ青少年旅行村(奈良県)

出典:なっぷ
「みつえ青少年旅行村」は、山あいの緑豊かなキャンプ場。大阪・名古屋方面から1時間ほどと、アクセスも便利で人気の高いキャンプ場です。大型アスレチック施設のほか、場内を流れる小川での水遊びも楽しめます。

出典:なっぷ
周囲の山々の絶景に囲まれながら、全9種のフィールドアスレチックや全長140mのジャンボローラーすべり台などをのびのびと楽しめます。
出典:なっぷ
おすすめは山の斜面を上手く生かしたスリル満点のボブスレー! アスレチック施設は数あれど、ボブスレーが体験できるスポットはとても貴重。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

住所:奈良県宇陀郡御杖村神末1790
営業期間:シーズン営業(4月末~10月末)
※無料で遊べるフィールドアスレチック等も営業期間のみです
2019年度営業期間:4月20日(土)~11月4日(月・祝)

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

釣りもアスレチックも楽しめる!菰沢公園オートキャンプ場(島根県)

出典:なっぷ
釣り好きの人には有名なスポット「菰沢池」を中心に作られた「菰沢公園オートキャンプ場」。美しい砂浜が自慢の浅利海岸へも車で5分、湖でバス釣り&海釣りも楽しめるキャンプ場なんです。

出典:なっぷ
そしてもちろん大型のアスレチック施設がご覧の通りの充実ぶり。森の中の秘密基地感いっぱいの雰囲気がたまりません。 2018年8月31日にリニューアル工事を終えたばかりの大型遊具「ときめきの国」で、お子さんと一緒にドキドキワクワク楽しんでみませんか?

住所:島根県江津市江津市浅利町1627-3
営業期間:シーズン営業(4月末~10月末)
定休日:なし

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

注目の【完全予約制アドベンチャー】もみのき森林公園オートキャンプ場

出典:なっぷ
標高850mに位置し、森林浴100選にも選ばれた400万㎡もの広大な自然公園「もみのき森林公園」。アスレチックのほか、サイクリングロードや水遊びのできる広場、テニスコートや体育館などのスポーツ設備も充実した公園です。

出典:なっぷ
32種の木製遊具が楽しめる「わんぱくの森アスレチックコース」のほか、注目なのが2019年3月16日にオープンしたばかりの「フォレストアドベンチャー広島」。こちらは完全予約制なのでこれからのハイシーズンには早めの予約がベターです。

出典:なっぷ
身長110cm以上から参加可能な「キャノピーコース」では、樹上8mの空中散歩、身長140cm以上が参加可能な「アドベンチャーコース」では樹上14mを滑空できるジップスライドが楽しめます。いずれもそびえ立つ木々を生かした、ここでしか楽しめない本格アスレチックばかり。大人もぜひ楽しんでみては?

住所:広島県廿日市市吉和1593-75
営業期間:シーズン営業
4月1日~11月中旬まで(宿泊施設は通年)
定休日:7月、8月を除く第3週火曜日

詳細はこちら
予約・口コミはこちら

子どもが楽しいと大人も楽しい!

出典:清水公園
子どもが新しい体験に目を輝かせる姿って、ファミリーキャンプの醍醐味ですよね。初めてのアスレチックに次々とチャレンジする子どもと一緒に大人もワクワクしちゃう、そんなアスレチック満載のキャンプ場をぜひ楽しんでくださいね!

 

It is possible to enjoy and adults as well as children if there is a Athletic! 

アスレチックがあれば子どもも大人も楽しめる!


人気のキャンプ場記事はこちら!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
TOMOKO YAMADA

四国の秘境出身フリーライター。旦那さん、大学2年長男、中3次男、小6長女、インコのキィちゃん&スイちゃんの5人+2羽で日々にぎやかに、時々キャンプを楽しんでいます。夫婦でトレラン目指しトレーニング中! Instagramアカウント:@dimikoyamada

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!