初キャンプに合う服装は?普段着を活かすキャンプファッション講座

2019/03/12 更新

初めてのキャンプで必ず悩むのが”服装”。普段はスーツ、オフィスカジュアルの人だと、アウトドアでのファッションに悩んでしまうことが多いですよね。アウトドアブランドで揃えたほうがいいの?1回のキャンプに洋服を揃えなきゃだめ?など、色々な疑問が出てきますが、この記事では家にありそうな普段着で作るキャンプファッションを紹介します。


アイキャッチ画像出典:DOD

初キャンプに挑戦したい!服装はどうすればいいの?

出典:なっぷ
キャンプの時の服装ってどうしたらいいんだろう? アウトドアブランドで揃えるとすごく高額になってしまいそう……。どんな服装ならキャンプ場で浮かないの? これからキャンプを始めたいと思っていても、服装に関する悩みが出てきますよね。

初めてのキャンプは無理に全て揃えなくていい

初めてのキャンプからいきなり服装にお金をかけて、アウトドアブランドで一式揃える必要はありません。最近ではアーバンアウトドアスタイルというアウトドアファッションを取り入れたスタイルも流行中! キャンプ用でなくとも私服でも使えるアイテムも多いので、「キャンプ用」とせずに購入するのも手ですね。

初めての人でも失敗しない、キャンプ服を選ぶ3つのコツ

キャンプの服装に迷っている人必見! 初キャンプでもこの3つのコツを抑えておけば、キャンプ未経験者でも服装選びに困りませんよ。


”重ね着”する者がキャンプを制する

出典:なっぷ
暑い日のキャンプだったら半袖でいいかな? と思いがちですが、自然豊かな場所だと虫もたくさんいるので肌の露出は危険です。

理想的なのは長袖長ズボンですが、日中はさすがに暑いこともあるので半袖の上にロングシャツを用意しておくと安心。その際は、ジップやボタンがついている着脱しやすいものを選ぶようにしましょう。

+αが大切!1枚余分に多く羽織ること

重ね着出典:楽天

キャンプ場がある場所は街からちょっと離れた山間部などにあることが多く、標高が高いキャンプ場だと一日の気温の差が大きいことも。自分が思っていたよりも朝晩はかなり冷え込んでしまう経験が、玄人の方だと何度か経験があるのでは? キャンプに行く当日、想定した普段の服装+αでもう1枚羽織るものを持って行くようにしましょう。

動きやすいカジュアルな格好だとキャンプ場でも浮かない

出典:DOD
キャンプをしたことがない人は、「自分の格好がキャンプ場で浮いてしまったら恥ずかしい」と心配することがあるかもしれませんね。しかし、スニーカーやTシャツ、スウェットパンツなど動きやすくカジュアルな服装であれば大丈夫!

露出の多い服装や、ヒール、フォーマル感のあるものなどはキャンプに適さない上に、危険ですので避けるようにしましょう。

普段着を組み合わせてコーディネートしてみよう(季節別)

普段はキャンプをしない人でも、1枚は持っていそうなパーカーやカットソーなどの普段着を組み合わせて、キャンプに適した服装をコーディネートすることができます。帽子や靴などの小物使いを駆使して、春〜秋のキャンプファッションをコーディネートしてみましょう!

春は天候の変化に注意!パッカブル仕様のダウンを予備に

春はだんだん暖かくなってきて、半袖でも過ごせそうな日もありますよね。しかしまだ朝晩は冷え込み、急な天候の変化にも注意が必要です。薄手のウィンドブレーカーだけでは寒いかもしれないので、念のためにコンパクトに収納できるパッカブルダウンを持参するといいですよ。

【おすすめの組み合わせ(メンズ)】
春 男性コーデ 上:ヒートテック+シャツ+パーカー
下:ヒートテック+デニムパンツ

【おすすめの組み合わせ(ウィメンズ)】
春レディース 上:ヒートテック+薄手のトレーナー
下:ヒートテック+デニムパンツ

梅雨の時期はレインスーツ上下をリュックに忍ばせて

キャンプ場の予約を事前にしたけど、当日は雨に見舞われてしまうということも。梅雨の時期なら尚更、雨に見舞われる確率は上がってしまいますよね。雨が降りそうな時のキャンプには、レインスーツ上下を持って行くと安心。レインブーツ、防水機能の付いたハットも準備しておくといいですね。

【おすすめの組み合わせ(メンズ)】
梅雨 男性 上:カットソー+ジャケット
下:ロングパンツ
【おすすめの組み合わせ(ウィメンズ)】

上:カットソー+マウンテンパーカー
下:ワイドパンツ

夏でも寒さに注意。シェルジャケットを持っていると安心

夏は暑くてつい薄着になりがち。しかし山間部や水辺の紫外線は強く、日焼け対策をしっかりしておく必要があります。UVカット機能の付いた帽子やパーカー、シェルジャケットを用意しておくといいでしょう。また夏と言えども、場所によっては朝晩冷え込みます。

【おすすめの組み合わせ(メンズ)】

夏 メンズ 上:Tシャツやカットソー
下:ハーフパンツ+レギンス

【おすすめの組み合わせ(ウィメンズ)】
夏 レディース 上:ノースリーブワンピース
下:デニムやレギンス+スポーツサンダル

秋は焚き火が主役!燃えにくいウェアを

秋のキャンプは焚き火を楽しむのがGOOD! 日中は過ごしやすい気候でも、夕方から冷えてくるので焚き火で暖を取るのがおすすめです。焚き火をする時は火の粉が飛んでくることもあり、大切な服に穴が空いてしまうことも! なるべく燃えにくいウェアを着るよう心がけましょう。コットンやウール素材の洋服がおすすめですよ。

【おすすめの組み合わせ(メンズ)】

秋 メンズ 上:ヒートテック+パーカーやトレーナー+マウンテンパーカー
下:ヒートテック+ロングパンツ

【おすすめの組み合わせ(ウィメンズ)】

秋 レディース 上:ヒートテック+カットソー+ニット
下:ヒートテック+ロングパンツ

キャンプの服装は自由!

キャンプ キャンプだからといって、無理にアウトドアブランドで揃えなくてもおしゃれなコーディネートにまとめるができます。キャンプを楽しめるように、防寒、安全対策を考えつつ動きやすいカジュアルな服装ならOK! 今すぐクローゼットをチェックしてみよう!

 

It is OK with the clothes which is easy to move!

初めてのキャンプは動きやすい服装でOK!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
midori

2児の母でフォトグラファー。幼い頃に入団していたガールスカウトでアウトドアの魅力を知り、我が子にもたくさん自然と触れ合って欲しくてファミリーキャンプを始めました。フォトジェニックなキャンプを目指しています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!