難燃×○○な最新ウェア特集!焚き火好きを語るなら見逃せない最新6選

焚き火をしていて気づいたらお気に入りのウェアが穴だらけに!そうなる前に「難燃(なんねん)」素材のものを選びましょう!今回はただの難燃ウェアではなく、難燃素材のポンチョやダウン、割烹着まで。少し変わった視点で難燃ウェアを紹介します。


アイキャッチ画像出典:DOPPELGANGER OUTDOOR

難燃素材のウェアが続々!

難燃素材ジャケットを着て焚火
出典:楽天
キャンプの楽しみである焚き火。特に寒い季節には、火に当たってゆっくりとする時間がたまりませんよね。でも気づいたら火の粉で洋服が穴だらけ! なんてことも。

そうならないために、焚き火中は難燃性のウェアがおすすめ。今回は難燃性×○○な最新ウェアをご紹介します!

難燃 × ポンチョ

グリップスワニーの本気アイテム

ファイヤープルーフポンチョを着て焚火
出典:楽天
ファイヤーポンチョはこれまで素材がコットン100%でしたが、ファイアープルーフポンチョは独自素材の「FIRESHIELD」を採用し、燃えにくくなりました。

万が一、炎に接しても素材は溶けず炭化します。火の粉が当たっても穴があきにくく、機能面はもちろん見た目にも優秀なウェアです。
ファイアープルーフポンチョを着て焚火
出典:楽天
腕を通す手間がないのがポンチョのいいところ。着ている服の上からさっとかぶればよいだけなので面倒で着ないというシーンを避けられます。厚着した上からでも動きにくくありませんよ!
ITEM
グリップスワニー ファイヤープルーフポンチョ
●素材:FIRESHIELD難燃加工コットン100%
●サイズ:FREE

山遊時使用しました。デザイン・保温・耐火性は文句なし!薪拾いや焚火の際にかがんだ時、少し邪魔になる感はありますが、全体的に満足してます。マットにもなるんでねー


難燃 × 防水

スノーピークから防水機能備えた2アイテム

スノーピークのFRレインプルオーバー
出典:snow peak
ファイヤーレジスタンスシリーズから、待望の雨にも強いアイテムが発売になりました。難燃素材のアラミドが表地に使われており、焚火の火の粉が飛んできても慌てなくて大丈夫!

3レイヤーのレインジャケットとしても活躍してくれるため、これ1枚でアウトドアの様々なシーンに対応してくれます。
スノーピークのFRレインジャケット
出典:snow peak
スノーピークのウェアのよいところは、機能性だけではなくデザイン性も高いところ。お気に入りのウェアは、アウトドアだけではなく普段使いとしても違和感ありません。
ITEM
スノーピーク FRレインプルオーバー
●素材:(FACE)ポリエステル96%、アラミド4%/(BACK):ナイロン100%
●サイズ:S、M、L
●カラー:ブラック、オリーブ、ブラウン
●対水圧:20,000mm
●透湿性:10,000g/m2/24H(B-1)
ITEM
スノーピーク FRレインジャケット
●素材:(Shell)ポリエステル96%、アラミド4%/(Lining)ポリエステル100%
●サイズ:M、L
●対水圧:20,000mm
●透湿性:10,000g/m2/24H(B-1)

難燃 × ダウン

Orange別注のTAKIBIジャケット

ナンガ 別注モデル タキビ ダウンジャケット
出典:楽天
アウトドアショップ「orange」別注でナンガの人気商品「オーロラダウンジャケット」と難燃素材を融合させた「焚き火ダウンジャケット」。その名のとおり焚火好きキャンパーのための1着。
ナンガ 別注モデル タキビ ダウンジャケット
出典:楽天
キャンプなどのアウトドアはもちろんのこと、街でも着られるデザイン。暖かく、それでいてスタイルもよく見えるシルエットになっています。どこへ行くにも着ていきたい、ヘビロテ間違いなしのダウン!
ITEM
ナンガ 別注モデル 焚火 ダウンジャケット
●素材表地-難燃素材 ポリエステル93%、ケブラ7%
●素材裏地-50dnポリエステル、ポリエステル10%
●羽毛-ダウン80%、フェザー20%(650FP)122g
●サイズ:S、M、L、XL
●カラー:チャコール、カーキ、ダークネイビー

左袖口にTAKIBIと書いてある通り火の回りでも全然溶けるそぶりがなかったです。フードが取り外し式でないのでそこで好みがわかれるかもしれませんが私は逆に暖かい気がしました。氷点下の真夜中でも暖かく眠れましたので非常に使い勝手の良い一品に仕上がっていると思います。


難燃 × エプロン

モンベル初の難燃ウェアにエプロンも

モンベルのフエゴエプロン
出典:mont-bell
モンベルオリジナルの難燃性素材「フレアテクト」を使用したフエゴシリーズが初登場。

調理中、焚火の最中に火の粉を受けても穴が開きにくく、難燃性ビニロンと組み合わせたコットンのおかげで、気持ちのいい手触りです。
モンベルのフエゴエプロン
出典:mont-bell
前掛け部分が割れる、とてもめずらしいデザイン。そのままでも動きやすいですが、前掛けをベルクロで足に巻き付けるとオーバーオールのように! エプロンを邪魔に感じることがなく、作業にも快適です。
ITEM
モンベル フエゴエプロン
●素材:フレアテクト ( TM ) [難燃性ビニロン75%+コットン25%]
●サイズ:FREE(フリーサイズ 男女兼用)
●カラー:UMB ( アンバー )


通常のウェアも要チェック

フエゴシリーズはエプロン以外に、パーカ、パンツ、ハットを展開しています。パーカはダウンやフリースなどの上からでも羽織れる上に、フードですっぽり頭を覆ることで、寒さ対策もばっちり。普段使いもOKなデザインが嬉しいですね。
ITEM
モンベル フエゴパーカ
●素材:フレアテクト[難燃性ビニロン75%+コットン25%]
●平均重量:473g
●サイズ:M、L、XL
●カラー:DKNV ( ダークネイビー )、UMB ( アンバー )


難燃 × 割烹着!?

ドッペルギャンガーアウトドアらしいユニークアイテム

ドッペルギャンガー/キャンパーノ・カッポーギ 日本のエプロンである割烹着をイメージしたデザイン、使い勝手はいいに決まっています。服は汚れないし、袖口を水で濡らしてしまうこともなし!

ユニセックスに着られるカラーリングやデザインも◎。フリーサイズですが、少し小さめのサイズと意識しておくといいかもしれません。
ドッペルギャンガー/キャンパーノ・カッポーギ 大きなポケットは軍手やトンカチなど何でも入れられて重宝します。ぺグループにペグを差して作業する姿はまるで職人のよう?! 動きに無駄ができません。

調理や焚火のときに便利なのはもちろんですが、テント設営時から活躍してくれます。
ITEM
ドッペルギャンガー キャンパーノ・カッポーギ
●素材:綿
●サイズ:フリーサイズ

非常にタイトな着心地です。脇のサイズがかなりきついです。余裕がありません。もちろん感覚的なものですが実際のサイズ感としてはMからLに近いような気がします。


今年の冬は難燃素材ウェアで焚火をより楽しもう!

焚火 冬のキャンプ、焚火で沸かしたお湯で飲むお茶やコーヒー、マシュマロを焼いたり、コトコト煮込み料理を作ったりと1年で最も火の暖かみを感じるときではないでしょうか。

キャンプが終わった時、自分の穴だらけの上着にがっかりしないためにも、難燃素材のウェアはおすすめです。

焚き火好き必見!

焚き火のスタイルも人それぞれ。あなたにあったスタイルを見つけるため、他のキャンパーを参考にしましょう!

難燃素材のウェアなら火の粉も怖くない!

No more fear by sparks because of flame resistance wear

関連する記事

焚火
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Yuko

フリーランス翻訳家兼ライター。5歳でキャンプデビュー。年に1回はキャンプに行くことを目標にしている。両親からいずれキャンピングカーを譲り受ける予定。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

キャンプスタイル写真

     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!