アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!
封筒型寝袋

【2021年最新版】い、いつの間に!?快適に進化していた封筒型寝袋特集

2022/09/22 更新

封筒型寝袋(シュラフ)が進化中!布団に近いゆったり感が魅力の封筒型寝袋ですが、もはやその寝心地とセパレート使いは当たり前。プラスαの機能が盛り込まれたアイテムが続々登場しているんです。機能的でお得感も高い、最新封筒型寝袋を今すぐチェック!

目次

アイキャッチ画像作成:編集部
※記事内製品価格表示は定価です。通販サイトでは価格が高騰している場合もあるためご確認ください。

封筒型の寝袋が進化中!

親子で寝袋

出典:snowpeak

キャンプでも普通のお布団に近い感覚で眠れることや、手頃な価格で人気の封筒型シュラフ。上下セパレート使いができるという基本的なメリットはもちろん、最近はより快適に進化した封筒型シュラフが続々発売されているのをご存知でしょうか?

コットの上で寝袋

撮影:秋葉実
こんな4タイプの封筒型シュラフを紹介します
① 温度調整ができ、ひとつで3~4シーズンに対応できるもの
② キャンプでも家でも使えるファミリー向けモデル 
③ フィット感を調整できるマミー型に近いもの
④ デメリットとされる“収納サイズ大きい問題”を解消できるもの

この記事ではそんな“技あり封筒型シュラフ”をご紹介。これからシュラフを買う方はもちろん、もっと快適なシュラフは無いかな? と探している方もぜひチェックしてみてくださいね。

① ひとつで3~4シーズン使える封筒型寝袋

コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ

コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ
撮影:秋葉実

なんと、これひとつで4シーズンに対応できちゃう「マルチレイヤースリーピングバッグ」。3つのレイヤーを組み合わせたり分割したりと、気温に合わせた使い方ができるスグレモノなんです。

アウトレイヤー+ミッドレイヤー+フリース
撮影:秋葉実

真冬なら快適温度-5℃のアウトレイヤー+ミッドレイヤー+フリース、春秋なら快適温度5℃のアウトレイヤー+フリース、夏でも肌寒い朝や高地では快適温度12℃のミッドレイヤー+フリースというように組み合わせ次第でオールシーズンに対応可能。

夏用・冬用と季節ごとにシュラフを用意する必要がなく、これひとつで色々な季節にアウトドアを楽しめます!

コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ

●素材:表地/ポリエステル、裏地/ポリエステル、中綿/ポリエステル
●サイズ:最大約90×200cm
●収納時サイズ:約55×40×37cm
●重量:約4.9kg

ロゴス 丸洗い3セパレーター・0

ロゴス 丸洗い3セパレーター・0

出典:amazon

こちらも季節に応じて温度調節できる「丸洗い3セパレーター・0」。フワフワの中綿入りのブランケットは、暑い時季は取り外して使えます。シュラフ上下が切り離せるのはもちろんジッパーで部分的に開閉できるので、足元だけ開けて温度調節することも可能。

丸洗い3セパレーター・0と取り外したもの

出典:amazon

また、肌面の素材は抗菌防臭処理済みで丸洗いもOKなので、使用後のメンテナンスも楽ちんです!

ロゴス 丸洗い3セパレーター・0(抗菌・防臭)

●サイズ:80×190cm
●収納時サイズ:φ28×38cm
●重量:2.2kg
●素材:表面素材/モイスポリソフト、肌面/抗菌モイスポリ、中綿/ダイナチューブファイバー

ハイランダー 2in1洗える4シーズンシュラフ

ハイランダー 2in1洗える4シーズンシュラフ

出典:naturum

コストパフォーマンスに定評のあるハイランダーからも、便利なシュラフがリリースされています。こちらは異なる温度帯のシュラフ2枚がワンセットになったタイプ。

ハイランダー 2in1洗える4シーズンシュラフGIF

出典:naturum

ダークブラウンは0℃、ブラウンは5~15℃と幅広い温度帯をカバーしているためこれひとつで4シーズンに対応。2つ重ねて使用すれば真冬もOKという頼もしさは見逃せません!

もちろん季節に合わせて単体で使用できるほか広げたまま重ねることもできるので、掛け布団としても使えます。丸洗いできるのも嬉しいですね。

ハイランダー 2in1 洗える4シーズンシュラフ

●サイズ:80×185cm
●収納時サイズ:42×53×23cm
●重量:3.1kg
●素材:表地/ポリエステル100%(190Tデニール)、中綿/ホロファイバー

ジャックウルフスキン 4in1 ブランケット5

ジャックウルフスキン 4in1 ブランケット5

出典:JackWolfskin

こちらはレイヤーではなく使う“面”で温度調整ができるという画期的なシュラフ。気温が高いときは裏地を肌掛けに、寒いときには厚手の中綿をセットすることで季節に合わせた使い方ができます。
寝袋に入っている

出典:JackWolfskin

このほかにも、集中的に保温するため部分的に中綿が増量されていたり、保温・速乾性に優れた独自開発のマイクロガード素材で、暖かいのはもちろん雨や汗に濡れても身体を冷やさない工夫も。

ジッパーでつなぎ合わせれば、2人で横になれる大きなシュラフにもなりますよ。

商品について詳しくはこちら

② マミー型みたいにフィットする封筒型寝袋

ロゴス 丸洗いデザインセンタージップ

ロゴス 丸洗いデザインセンタージップ

出典:amazon

通常の封筒型シュラフは、布団に近い分どうしても肩口や首まわりが空いてしまいますよね。でもこのアイテムはセンタージップ式で、閉めることで身体にフィットさせ冷気をシャットアウトできるんです!

ロゴス 丸洗いデザインセンタージップに入っている

出典:amazon

ジッパーは内側からも簡単に閉めることができるので、寝心地に合わせて調整可能。水分をすばやく外に排出するモイスチャーマネジメントと冷気をシャットアウトするエアガードシステム搭載で、通気性と保温性が高くふわっと暖かいシュラフです。

もちろん丸洗いもできますよ。適正温度は-2℃です。

ロゴス 丸洗いデザインセンタージップシュラフ・-2(プランツ)

●重量:2.3kg
●サイズ:80×195cm
●収納時サイズ:30×30×40.5cm
●素材:表素材/モイスポリ、肌面素材/モイスポリ、中綿/ダイナチューブファイバー

DOD ジミニーシュラフ

DOD ジミニーシュラフ

出典:DOD

一見普通の封筒型シュラフのように見えるこちらですが、じつは個々の身長や体型に合わせて調整できる技ありアイテム!
DOD ジミニーシュラフのドローコードを絞った図

出典:DOD

首元と足元にドローコードがついているので、寝心地を調節したり寒くなったときは身体にフィットさせて体温を逃げにくくすることができるんです。

ダブルジッパー構造で足元を開放しての温度調節もできたり、サイドジッパーを開放すれば掛け布団にも。3シーズン対応で冬は他の寝袋のインナーとしても使えたりと、ジミに良いところ満載のシュラフです!

商品の詳細はこちら

③ 家でも一軍の封筒型寝袋

ロゴス 丸洗い寝袋リバーシブル・10

ロゴス 丸洗い寝袋リバーシブル・10

出典:LOGOS

キャンプでしか使わない寝袋は、自宅ではどうしてもかさばりがち。しまう場所も無いし……という方は、家でも使えるアイテムを選ぶのも一案です!

たとえばロゴスのこちらは、テント内をパッとおしゃれに演出してくれるネイティブ柄。キャンプだけでなく、自宅でもおしゃれなお布団として活躍してくれます。

ロゴス 丸洗い寝袋リバーシブル・10の裏面

出典:LOGOS

リバーシブルになっていて、裏面はオレンジ。表面と肌面にはモイスポリ素材が使用されているので、汚れがつきにくく通気性も抜群。適正温度は10℃なので、春秋向けのシュラフです。

連結すれば親子で使えるので、小さなお子さんがいるファミリーにとくにオススメ! もちろん丸洗い可能でいつも清潔、収納袋が大きく出し入れしやすいのもポイントです。

ロゴス 丸洗い寝袋 リバーシブル・10

●サイズ:80×190cm
●収納時サイズ:φ22×44cm
●重量:1.5kg
●素材:表面/モイスポリ、肌面/モイスポリ、中綿/ダイナチューブファイバー

コールマン アドベンチャークッションバッグ/C5

コールマン アドベンチャークッションバッグ/C5

出典:coleman

キャンプはもちろん、自宅や車内ではクッションとしても使える便利な「アドベンチャークッションバッグ/C5」。快適温度は5℃で、3シーズンに対応できます。

車内でコールマン アドベンチャークッションバッグ/C5

出典:coleman

横幅はミニバンにぴったりの150cmで車中泊にもオススメ。移動時はクッションとして使えば車内でも快適かつスペースも効率化できそうです!

コールマン アドベンチャークッションバッグ/C5を収納

出典:coleman

収納袋が大きいためシュラフを丸めた状態で簡易的に収納できるので、時間がない撤収時にとても便利。もちろん丸洗いも可能です!

コールマン アドベンチャークッションバッグ C5

●サイズ:150×190cm、分割時/75×190cm
●収納時サイズ:クッション時/45×45×15cm、丸めて2つを1つのケースに収納時/38×45×23cm
●重量:3.4kg 、分割時/1.7kg
●素材:ポリエステル

DOD わがやのシュラフ

DOD わがやのシュラフ

出典:DOD facebook

なんと横幅230cm! 4人横一列に並んで寝てもまだ余裕のある特大サイズのシュラフです。寝袋のセッティングや撤収が一回で済むという手軽さは、人数の多いファミリーキャンパーにとっては魅力ではないでしょうか?
DOD わがやのシュラフGIF

出典:DOD

キャンプでは3シーズン対応ですが、裏地はコットン100%で肌触りも良く、シャカシャカしないので家の布団としても使いやすそうです。上下を分けて掛け布団と敷布団にしたり、それぞれを2人用として使うこともできますよ。

DOD わがやのシュラフにコンプレッションバッグがついている

出典:DOD

独自のバック構造で収納も楽々! コンプレッションバッグはシュラフに縫い付けられているためなくす心配もありません。

DOD わがやのシュラフ

●サイズ:230×200cm
●収納サイズ:36×36×66cm
●重量: 4.8kg
●素材:ポリエステル、綿

④ これは画期的!超コンパクト収納な封筒型寝袋

ネイチャーハイク グースダウンスリーピングバッグ

ネイチャーハイク グースダウンスリーピングバッグ

どうしても収納サイズが大きくなってしまいがちな封筒型シュラフのデメリットを軽減してくれるのが、重量570gの超軽量シュラフ収納サイズは26×12cmとコンパクトで、持ち歩きにも保管にも場所を取るという封筒型の常識を覆す画期的アイテムです!

ネイチャーハイク グースダウンスリーピングバッグを布団のように

サイズは大柄な男性でも余裕で寝られる190×72cm。この大きさでも軽くても暖かい秘密は、800FPホワイトグースダウンを使った中綿。保温性・通気性も良く快適で、足元は開閉して温度調整もできるジッパーが付いています。

最適使用温度は5~11℃なので、春夏メインのシュラフとして使うのがオススメです。

ネイチャーハイク グースダウンスリーピングバッグ

●サイズ:190×72cm
●収納時サイズ:12×26cm
●重量:570g
●素材:生地/15D Nylon、中綿/White Goose Down 280g(800FP)

シートゥーサミット トラベラーTr1

シートゥーサミット トラベラーTr1

出典:LOST ARROW

こちらは200gのダウンが封入されていながら、総重量は420gと超軽量! 重量と嵩を軽減する超軽量150Dナイロンとダックダウンの組み合わせで、保温性とコンパクト収納の両立が実現されています。

収納したシートゥーサミット トラベラーTr1

付属のウルトラコンプレッションサックに入れれば、収納サイズは直径11×23cmとコンパクト。広げれば最大長は183cm、フルオープンにすればブランケットにもなります。

ソロに適したテーパードシェイプですが、連結すれば2人での使用も可能。快適使用温度は14℃ですが、下限温度限界は10℃で限界使用温度は-2℃と、幅広い温度帯をカバーできることも特徴です。

シートゥーサミット トラベラー TrI

●重量:420g
●素材:中綿/ダックダウン

進化した封筒型シュラフでもっと快適な眠りを!

コットの上にシュラフ

出典:instagram by @keiwak

封筒型という一括りの中でも、それぞれに際立った特徴のあるアイテムを厳選してご紹介しました。寝心地はキャンプの楽しさを左右する大事な要素。シュラフも自分に合ったアイテムを選んで、存分に楽しんでくださいね!