アウトドア中の睡眠の質をあげる「インナーシュラフ」季節別おすすめ12選

2020/06/16 更新

焚き火や宴会が終わったら、静寂な中で床に就つことでしょう。皆さんは、どのように寝ていますか?シュラフに包まってそのまま寝ている人も多いのでは?そんな人に、ぜひ「インナーシーツ」がおすすめ!おすすめするポイントや人気商品などをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:LOFTMAN

快眠にはインナーシュラフがおすすめ!こんなメリットがあるんです

From PIXTA
出典:PIXTA
アウトドア中に睡眠をとるとき、極端に暑い日や寒い日には、シュラフだけではどうにもならないことがあります。そんなときに大活躍するのが、今回ご紹介する「インナーシーツ」。

機能性が高く、環境にあったものを使えば効果的に快眠することができますよ!

メリット1:通気性・吸湿性・速乾性が高いものが多い

81vgl5c0wll-_sl1500_
出典:Amazon
普段家で使うシーツの役割は、就寝時にかく汗を吸いとることや、マットレスや布団などを保護することが中心。このインナーシーツも同様です。

メリット2:冬場には二重にして保温性を高められる

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-07-30-20-34-19
出典:ロゴス
シュラフの中にインナーシーツを入れることで保温性を高めることができます。たとえば、シュラフにコクーンのインナーシーツを入れた状態の温度は、単体でのシュラフの温度と比べて5.3度高いとされています。さらには、薄い生地のものが多いのでかさばることなくコンパクトに持ち運べるのです。

メリット3:夏には単体で使える

unknown-1
出典:Cocoon
インナーシーツといっても、シュラフの中に入れて使うものだけではありません。これ単体で使えるものもあります。また、シングルやダブル、キッズ用などサイズのバリエーションが豊富に揃っているので、体型や用途によっても使えるところも特徴です。

選び方、気にしたいのは「素材」と「形」!


シルク、綿、フリース…一番使う季節に合わせた素材を選ぼう

Bears Rock フリースインナー 出典:Bears Rock
たとえば、シーツにこもる湿気を効率的に外へ排出するクールマックスや、薄いながら保温性が高いメリノウール、肌触りや吸湿性などバランスのとれた快適な着心地を得られるシルクなどが使われていたりと、快適に就寝できるように季節にあった素材を使用した様々なタイプがあります。

キャンプやフェスなど、自分がもっとも使う季節に合ったものを選ぶようにしましょう。

マミー型?封筒型?自分が持っている寝袋のチェックも忘れずに

出典:楽天/楽天
素材と合わせて気にしたいのが形。インナーシーツにもシュラフ同様、マミー型と封筒型の2種類が主流です。自分が持っているシュラフの形に合ったものを選びましょう。
それでは形を明記しつつ、季節ごとにおすすめのインナーシュラフを紹介していきます!

フェスにも◎!夏におすすめのインナーシュラフ5選

【封筒型】ロゴス シルキーインナーシュラフ

シルクのような肌触りが心地よいインナーシュラフです。吸水・吸湿性に優れた素材は、インナーシュラフとして使用時のサラサラ感を保ってくれます。丸洗い可能なので、清潔な状態を保てます!
ITEM
ロゴス シルキーインナーシュラフ
◆サイズ:(収納時)約長さ16×幅11×厚み8cm、(使用時)約長さ210×幅84cm
◆素材:シルキーモイスクロス
◆重量:約280g
◆伸縮性:なし

子供のキャンプの寝袋に、家にあるシーツでもよいといわれましたが綿のシーツはかさばって重い。こちらを購入したら小さくまとまるし軽いし、やはり専用のものはよいと思いました。


【封筒型】シートゥーサミット クールマックスアダプター

速乾性と伸縮性を兼ね備えたピローインサート付きインナーシュラフです。寒いときには温かく、暑いときにはウィックドライ機能が快適で心地よい眠りを提供してくれます。もちろん、自宅での洗濯可能です。
ITEM
シートゥーサミット クールマックスアダプター
◆サイズ:(使用時)長さ226×幅92cm
◆素材:クールマックス
◆重量:328g
◆伸縮性:あり

【封筒型】コクーン トラベルシーツサファリ クールマックス

人体に無害な防虫加工が施されたトラベルシーツは、小さいお子さんでも安心して使える優れもの。70回以上洗濯しても効果は持続。クールマックス素材は、常にドライ状態を保ち快適な眠りを提供してくれます。
ITEM
コクーン トラベルシーツサファリ クールマックス
◆サイズ:(収納時)約長さ15×直径6.5cm、(使用時)長さ218×幅83cm
◆素材:クールマックス
◆重量:306g
◆伸縮性:なし

【マミー型】 イスカ シュラフシーツSZ

肌触り抜群のコットン100%シュラフシーツです。まるで自宅のお布団で寝ている感覚を味わえます。さらに、睡眠中の汗や汚れを防いでくれるので、夏の暑い日にも爽やかで快適な眠りにつくことができます。
ITEM
イスカ シュラフシーツSZ
◆サイズ:(収納時)長さ22×高さ8×幅8cm、(使用時)長さ215×幅80cm
◆素材:コットン
◆重量:400g
◆伸縮性:なし

【マミー型】 モンベル シルクシーツ

軽量かつコンパクトに収納できるシルク100%のインナーシーツです。寝袋の中でのズレを防止するための紐が両側に付いているので、寝返りをうっても安心です。吸湿性もあり、静電気が起きにくいのも特徴です。
モンベル シルクシーツ
出典:モンベル
公式サイトはこちら

春・秋キャンプに使いたい保温性UPなインナーシュラ5選

【封筒型】ロゴス 丸洗いやわらかインナーシュラフ

柔らかいフランネル素材のインナーシュラフ。寒い日はシュラフの中に入れて温かく、暑い日にはシュラフ代わりにこのインナーシュラフ一枚で快適な睡眠時間を過ごすことができます。
ITEM
ロゴス 丸洗いやわらかインナーシュラフ
◆サイズ:(収納時)約長さ40×高さ18×幅18cm、(使用時)約長さ190×幅90cm
◆素材:フランネル
◆重量:約900g
◆伸縮性:なし

夏の車中泊用に購入しました。
気にいってます。
思った通りの商品で使い道が色々工夫できそうです。


【封筒型】コールマン フリースインナー

フリース素材のこちらは肌触りが良く、シュラフの中に入れて使う際のヒヤッとする冷さたを感じることがありません。インナーシーツとしてはもちろん、寒さ対策としてひざ掛けとして使うこともできます。
ITEM
コールマン フリースインナー
◆サイズ:(収納時)約長さ28×直径17cm、(使用時)約長さ190×幅83cm
◆素材:フリース
◆重量:約750g
◆伸縮性:なし

【封筒型】キングキャンプ インナーシュラフ

フリース起毛で肌触り抜群のインナーシュラフ。ファスナーを全開すると幅150cmという大判ブランケットになりますので、親子で使うこともできます。ファスナーはダブルジップ仕様なので、開閉はとても簡単です。
ITEM
キングキャンプ インナーシュラフ
◆サイズ:(収納時)長さ28×幅17cm、(使用時)長さ180×幅150cm
◆素材:フリース
◆重量:600g
◆伸縮性:なし

【マミー型】シートゥーサミット サーモライトリアクター フリースライナー

保温性に優れ、軽量なサーモライト製のインナーシーツです。ストレッチ性があるので、睡眠時間中の寝返りで窮屈な思いをすることがありません。ファスナーが1/4部分まで開くので、出入りもし易くなっています。
ITEM
シートゥーサミット サーモライトリアクター フリースライナー
◆サイズ:(使用時)長さ200×幅92cm
◆素材:サーモライトフリース
◆重量:420g
◆伸縮性:あり

【マミー型】イスカ ライナー SZ スーパーライト

肌触りが良く、暖かい起毛タイプのインナーシーツです。寝袋の中に入れて使うことで保温性が高まります。夏の暑い時期には単体で使用することができるので、フェスや登山などのキャンプ以外でも活用できます。
ITEM
イスカ ライナー SZ スーパーライト
◆サイズ:(収納時)長さ24×幅8×厚み8cm、(使用時)長さ205×幅78cm
◆素材:ポリエステル起毛地
◆重量:約320g
◆伸縮性:なし

冬キャンプ、さらなる保温性UPのおともに!

【マミー型】シートゥーサミット サーモライトリアクター エクストリーム

保湿性を最大限に向上させる、サーモライトファブリックを採用したインナーシュラフ。ストレッチ性がある素材なので、睡眠時の動きを妨げません。また、フード部分は開閉ができるようにドローコードがついています。
ITEM
シートゥーサミット サーモライトリアクター エクストリーム
◆サイズ:(収納時)約長さ17.5×直径11cm、(使用時)約長さ210×幅92cm
◆素材:サーモライトファブリック
◆重量:399g
◆伸縮性:あり

【マミー型】モンベル アルパイン バロウバッグ サーマルシーツ

保湿性と速乾性を兼ね備えたインナーシーツは、サイドに100cmファスナーが付いているので、出入りがし易くなっています。また、上部のループを使って、付属のスタッフバッグを枕代わりに使うこともできます。
モンベル アルパイン バロウバッグ サーマルシーツ
出典:モンベル
公式サイトはこちら

インナーシーツの扱い方:使ったら洗濯・乾燥!

インナーシュラフ洗濯
出典:楽天
インナーシュラフは家のシーツ同様、直接肌に触れるもの。目に見えなくても汗を吸い、汚れがついていいます。ほとんどのインナーシュラフは、家の洗濯機で簡単に洗えます。こまめに洗濯・乾燥をしてあげることで清潔な状態を保つことができます。
また、キャンプの幅が増えてきた人は寝袋をそもそも保温性の高いものへレベルアップ、などを検討してみてもいいかもしれません。

インナーシーツを使って夜を快適に過ごそう!

コールマン フリースインナー
出典:楽天
キャンパーにとって、睡眠時間は食事と同じくらい大切な時間。見た目は薄手のインナーシーツですが、TPOに合わせて使うことで、冬には暖かさを、夏には爽やかさを提供してくれます。快適な夜をこのアイテムでゲットしましょう!

紹介されたアイテム

ロゴス シルキーインナーシュラフ
シートゥーサミット クールマックスアダプ…
コクーン トラベルシーツサファリ クール…
イスカ シュラフシーツSZ
ロゴス 丸洗いやわらかインナーシュラフ
コールマン フリースインナー
キングキャンプ インナーシュラフ
シートゥーサミット サーモライトリアクタ…
イスカ ライナー SZ スーパーライト
シートゥーサミット サーモライトリアクタ…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Lilli Y. Sugaya

キャンプ三昧の日を夢見るファミリーキャンパーです。プライベート感たっぷりのこじんまりしたキャンプ場を探しては訪れて、充電をしています。焚き火を囲んで、まったり過ごす時間は至極の時間です。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!