CAMPHACK

お高い冬用シュラフって本当に必要!?「私はこの方法で買わずに冬キャンプをしています」

0

冬キャンプをはじめるときの不安要素といえば、「寒さ」がダントツで一位でしょう。しかし冬用の高性能なダウンシュラフを家族分買いそろえるとなると、高級テントが買えるような出費に……。そこで「買わなくていい方法」を考案、実践してみました。

秋葉 実

記事中画像撮影:筆者
※こちらで紹介するアイデアは、あくまで個人の実体験によるものです。少しでも不安な方は、しっかりと対策を講じて冬キャンプを楽しんでください

冬キャンプの難敵は就寝中の寒さ

キツネ
出典:PIXTA
初心者キャンパーが冬キャンプに挑戦する際、もっとも高いハードルとなるのが「就寝中の寒さ」。

起きている間は焚き火などで暖かくとも、寝袋に入ってからの深夜から早朝の冷え込みは非常に厄介です。克服するにはどうしたらいいんでしょう?

高性能シュラフがあれば万事OKですが…

シュラフ
出典:mont-bell
いちばんシンプルな克服方法は、高性能なシュラフを使うこと。写真はモンベルの「ダウンハガー650 #0」ですが、使用可能となる温度の下限はなんと-14℃! これを家族分買いそろえればバッチリですね……って、4人家族で15万円を超える出費になってしまいます。

これは高級テントの代名詞・ヒルバーグの4人用テントに手が届きそうな金額ですから、やはり冬キャンプのハードルは高いと言わざるを得ません。なんとか出費を抑えて、冬キャンプにおける就寝中の寒さを克服できないものでしょうか。

関連記事