アウトドア用おすすめクッカー20選!キャンプをもっと快適に!

2019/11/07 更新

クッカーは、キャンプ料理の鍋として、そして器として使用できる汎用性あるマストアイテムです。その中でもおすすめクッカーを厳選紹介!さまざまな種類のある中で、あなたはどれを選びますか?意外と奥野深いクッカーの世界を見ていきましょう!


アイキャッチ画像出典 : snow peak

アウトドア用のクッカーを選ぼう!

キャンプ用キッチンテーブルを利用している 
キャンプの食事はバーベキューだけではありません! バーナーを使ってアウトドア料理を楽しむのも醍醐味の一つです。

お家で使っている調理道具を持ち出しても良いですが、どうせならアウトドア用のクッカーを準備してみませんか?

ジェットボイル ミニモと男性
撮影:編集部
今回は、登山やソロキャンプにおすすめのコンパクトなクッカーから、ファミリーキャンプで活躍する便利な調理セットまで一挙20アイテムをピックアップ!

まずは、クッカー選びのために必要なポイントをチェックしましょう。

クッカー選びに失敗しない!3つのポイント

① 素材による違いを見極めよ!

コッヘル
出典:ipod Style
一般的にクッカーで使用されている素材は「アルミ」「ステンレス」「チタン」の3種類です。調理のしやすい「熱伝導性」を取るか、持ち運びやすい「重量」を取るかで選びましょう。

■アルミ
メリット:熱伝導率が高く、軽量で安価。
デメリット:保温性が低くすぐに冷めてしまう。耐久性も低い。

■ステンレス
メリット:保温性と耐久性に優れる。
デメリット:重い。熱伝導率が悪く焦げやすい。

■チタン
メリット:もっとも軽量で耐久性も高い。
デメリット:高価。熱伝導率が悪く焦げやすい。

スキレット 火
撮影:編集部
また、キャンプで使う調理器具としてスキレットやダッチオーブンに多いのが「鉄製」のアイテム。

鉄製のメリットは熱伝導率と蓄熱性が高いので素材をおいしく仕上げることができる点です。ただし、錆びやすく、重いなどのデメリットもあります。

② スタッキングできるか?セットの内容は?

GSIバカブーキャンパー
出典:楽天
スタッキングとは、積み重ねること。とくに登山では、収納サイズをコンパクトにすることが重要なので、スタッキングできるかどうかはクッカー選びの大切な視点です。

キャンプ用クッカーには、大きい鍋の中に小さい鍋やケトル、さらには食器までセットになったクッカーもありますよ!

③ ソロキャンプや登山向きなら、形状も要チェック!

登山用のクッカーは大きく、深型と浅型の2つの形に分けて考えることがあります。深型は、バッグパックに収まりが良い形状。250gのガスカートリッジや、カップラーメンがすっぽりと入るので便利です。難点は、深さがあるので、熱の回りにムラが出やすいところ。しっかりと火を通す煮込み料理や、炒め物には向きません。

浅型は、バーナーの炎に当たる面積が広いので、熱の回りもよく煮込み料理、炒め物もお手の物。洗いやすいところも嬉しい。一方で、容積が大きいので、ソロキャンプには向きません。収納しづらいところも難点。

ファミリー向け!まるっとセットのクッカー7選

撮影:編集部
鍋やフライパンなどがセットで購入できる、ファミリーキャンプにおすすめのクッカーをご紹介します!

ITEM
コールマン アルミクッカーコンボ
●素材:アルミ(ノンスティック加工)
●収納時サイズ:約25×20(h)cm
●総重量:約3kg
ITEM
ユニフレーム fan5 DX
●素材:アルミニウムフッ素加工、ステンレス鋼
●収納時サイズ:約φ230×195mm
●重量:3kg

ITEM
スノーピーク フィールドクッカー
●素材:ステンレス、黒皮鉄板
●収納サイズ:φ250×210mm
●重量:3.3kg
ITEM
キャプテンスタッグ フィールドシェフ クッカーセット4
●素材: ステンレス鋼、鉄(表面加工:クリアラッカー塗装)
●収納サイズ(約):247x230x高さ181mm
●セット重量(約) : 2kg

ITEM
スタンレー ベースキャンプクックセット
●素材:ステンレス鋼
●収納サイズ:高さ16 × 本体径23.9cm
●重量:2.2kg

ITEM
GSI ジーエスアイ バガブーベースキャンパー ラージ
●素材:テフロンコーティングアノダイズド合金
●収納サイズ:25.4×25.4×15.2cm
●重量:1474g

ITEM
MSR フレックス 4
●素材:アルミ(アルマイト加工)、アルミ(ノンスティック・デュラライト加工)、ステンレス
●収納サイズ:30.5×15.9 (単位:cm)
●重量:1666g

他にもこんなアイテムあります


ソロやデュオ、登山向けのコンパクトなクッカー13選

ソロやデュオ、登山などで活躍する大きさのクッカーをご紹介。ファミリーキャンプでもサブとして持っておくと何かと便利ですよ!

ITEM
プリムス イージークックNS(ノンスティック)・ソロセットM
●素材:ハードアノダイズド加工済みアルミ製、内側ノンスティック加工済み
●収納サイズ:直径12.5×15cm
●重量:250g

ITEM
エバニュー チタンクッカー深型 S セラミック
●素材:チタニウム(取手部シリコンチューブ付)、内側セラミック樹脂コート
●収納サイズ:径9.4cm×深さ:10.8cm
●重量:120g

ITEM
スノーピーク ソロセット 極 チタン
●素材:チタニウム
●収納サイズ:直径110×131mm
●重量:195g

ITEM
GSI ハルライトボイラー 1.1L
●素材 :ハードアノダイズド・アルミ
●収納サイズ 約12.7×12.2×13cm
●重量: 約244g

ITEM
スタンレー キャンプクックセット 0.71L
●素材:ステンレス(フタのハンドル部分ABS樹脂)
●収納サイズ:145×100mm
●重量:393g

ITEM
EPI バックパッカーズクッカーS
●素材:チタニウム
●収納サイズ:〔本体〕96×99mm〔フタ〕96×32mm
●重量:〔本体〕96g〔フタ〕44g
ITEM
トランギア ツンドラ3 ミニ ブラックバージョン
●素材:ノンスティック加工アルミ製
●収納サイズ:直径15×高さ8.7
●重量:364g(ハンドル込み) 

ITEM
ジェットボイル フラッシュ
●素材:アルミニウム(カップ本体)
●収納サイズ:φ104mm×高さ180mm
●重量:440g
ITEM
ダグ HEAT-1 DG-1100
●素材: アルミニウム(ハードアノダイズド加工)
●収納サイズ :130H×120mm(径)(1000ml)
●重量 ;206g
ITEM
オプティマス TERRAソロ
●素材:アルミ(アルマイト加工)
●収納サイズ: 121 × 105 mm
●重さ: 166 g

カクカクしてる!四角いクッカー3選

メスティン 使用イメージ画像1
撮影:CAMP HACKライター野口理加
ちょっと珍しい四角いタイプのクッカー。袋ラーメンを割らずに調理できるなどの理由から根強いファンに支えられています。

ITEM
メスティン
●素材:アルミ無垢
●収納サイズ:16x9.3x5.7cm
●重さ:160g
ITEM
ユニフレーム 山クッカー 角型 3
●素材:アルミニウム・アルマイト加工
●収納サイズ:140×147×88mm
●総重量:約449g

ITEM
キャプテンスタッグ ラーメンクッカー
●素材:ステンレス鋼
●収納サイズ(約):156×156×高さ111mm
●重量(約):305g



クッカー選びを楽しもう!

クッカーでトウモロコシを茹でている
出典:snow peak
コンパクトなクッカーは、ちょっとお湯を沸かしてコーヒーを飲んだり、メイン料理の脇でお味噌汁をつくったりたりと、山登りだけでなくキャンプでも重宝しますね。

お気に入りのクッカーを見つけて、自分だけのスタッキングを楽しみましょう!


紹介されたアイテム

コールマン アルミクッカーコンボ
ユニフレーム fan5 DX
スノーピーク フィールドクッカー
キャプテンスタッグ フィールドシェフ ク…
スタンレー ベースキャンプクックセット
GSI ジーエスアイ バガブーベースキャ…
MSR フレックス 4
プリムス イージークックNS(ノンスティ…
エバニュー チタンクッカー深型 S セラ…
スノーピーク ソロセット 極 チタン
GSI ハルライトボイラー 1.1L
スタンレー キャンプクックセット 0.7…
EPI バックパッカーズクッカーS
トランギア ツンドラ3 ミニ ブラックバ…
ジェットボイル フラッシュ
ダグ HEAT-1 DG-1100
オプティマス TERRAソロ
メスティン
ユニフレーム 山クッカー 角型 3
サイトを見る
キャプテンスタッグ ラーメンクッカー

関連する記事

» スノーピークの高価買取なら買うトドア

» コールマンの高価買取なら買うトドア

» プリムスの高価買取なら買うトドア

アウトドアで活躍するクッカー
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!