CAMP HACK[キャンプハック]


キャンプのコーヒー問題を解決!ガレージブランドですごいアイテムを見つけました

4

キャンプで飲むコーヒーは格別。とはいえ、壊れやすく嵩張る専用ドリップポットを持って行くのはちょっと……と思っていたコーヒー党キャンパーの皆さんにおすすめしたいアイテムを見つけました。

柳沢かつ吉

制作者

柳沢かつ吉

野外活動インストラクターの資格を持つフリーランス写真家。キャンプ歴は40年以上で、自転車、テレマークスキー、登山、カヌー、アマチュア無線などを長野を拠点に実践中。

...続きを読む
柳沢かつ吉のプロフィール

撮影・執筆:柳沢かつ吉

コーヒーキャンパーの皆さん、こんな悩みありませんか?

専用コーヒーケトルでコーヒーを淹れる
キャンプのお供としてこだわりを持っている人も多い”コーヒー”。インスタントもいいですが、やっぱり豆をドリップした一杯は格別ですよね。

そんなとき、本当なら専用ドリップポットで湯を注ぎたいものですが、形状的に壊れやすく嵩張るドリップポットを持参するのはちょっと面倒。

キャンプ用クッカーでコーヒーを淹れるかといって、シェラカップなどキャンプ用クッカーで湯を注ぐとジョボジョボになり、挽いた豆がキレイに膨らみません。

付けるだけでドリップポットに!楽歩京都「森乃雫」

森の雫を使ってコーヒーを淹れる “最低限の道具でドリップコーヒーを楽しみたい……”

今回は、そんな願いを叶えるアイテムを見つけました!

その名も楽歩京都「森乃雫」(もりのしずく)。ガレージブランドとして密かに人気を集めるこのギア、キャンプでよく使うマグカップをドリップポットに大変身させるアイテムなんです。

美しいデザインに酔いしれるアイデア商品

本体のドアップ森乃雫のサイズは長さ4.6cm、幅1.6cm、高さ2.7cm。鳥のクチバシのような不思議な形状で、重さは約9g。本体の主な素材はチタニウムです。

ロッキーカップに装着した状態装着イメージはこんな感じ。アウトドア用のカップの淵に挟み込むことで、注ぎ口を付けを付け足すことができるアイデア商品です。

一見、単純そうな構造に思えますが、実は表面張力、毛細管現象、サイフォンの原理を応用した機能的な製品なのです。

slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

写真提供:楽歩京都(一部非売品あり)
金属3Dプリンターによって造形された美しいデザインにも注目です。素材であるチタニウムを仕上げ処理を変化させることによって様々なカラーバリエーションを作り出しています。

この他にも仕上げの違うタイプが多数あり、8,000〜16,000円前後と少々高価ですが、コレクションしたくなる美しさです。

森乃雫のお作法を確認!


表面張力やサイフォンの原理を利用する森乃雫、しっかりと使うにはいくつかの作法(コツ)があります。順を追って説明していきます。

関連記事