【これで秋冬も行けるかも】電源“なし”のサイトでも快適に過ごす7つのテク

2019/11/06 更新

空気は清々しく人も少なく、のんびり楽しめる秋キャンプ!ただ問題は寒さです。でも防寒のために電源サイトを使うのは、ちょっと抵抗があるという方もいるのでは?それなら、電源なしサイトでもできる「7つのテク」をチェック!


アイキャッチ画像出典:instagram by @ryo__103
※幕内で火器を使用しているシーンがありますが、ほとんどのメーカーが幕内での火器の使用を禁止しています。使用する際は自己責任となりますので、もし使用する際は換気を十分行い、一酸化炭素報知器を必ず使用しましょう。

電力がなくたって、快適な秋キャンプはできる!

出典:なっぷ
秋はキャンプのベストシーズン。ハイシーズンの夏に比べると人も虫もグッと減り、何をするにも快適です。ただ、心配なのは「寒さ」ですよね。

となるとやっぱり電源サイト……? いえいえ、電気の力を借りずともこの時季にぬくぬくのキャンプを楽しむための策はあります。

電源なしサイトの良さは、やっぱり自由度の高さ!

撮影:編集部
電源サイトは便利ですが、コンセントの位置が決まっているため設営の融通がききずらいというデメリットも。景色も楽しみたい秋冬のキャンプでは、ちょっとネックになってしまいます。

できればフレキシブルな設営ができるいつものサイトが理想的。電源がなくても暖かく過ごす、7つのテクのご紹介です!

電源なしサイトでも快適に過ごす7つのテク

1. 焚き火もいいけど、薪ストーブ・石油ストーブで暖まる

出典:Instagram by @asayan_camp
どうせなら暖を取ることも、この季節ならではのアクティビティとして楽しみましょう。幕の近くではやりづらい焚き火より、思い切って薪ストーブを導入しちゃいませんか!?
出典:Instagram by @rea_with_t
石油ストーブも秋冬キャンプの定番。ベンチレーションやドアを開けたり、換気に気をつけながら使いましょう。

出典:Instagram by @ryo__103
アラジンの新ガスストーブとして話題の「センゴク」を、早くも導入されているキャンパーさんもいるようですね。

出典:Instagram by @bonita_725
使用目安6人以上の広いテントなら、ストーブをメインにクイックヒーターなどのサブアイテムも併用すれば、かなり暖かくなります。


2. 手持ちの暖かグッズを準備

出典:編集部
カイロをはじめ、暖かグッズを導入しましょう。キャンパーなら繰り返し使えるエコなタイプを選びたいもの。その代表的アイテム「ハクキンカイロ」は、レトロな見た目も素敵です。

出典:Instagram by @takezoooo
脱ぎ履きがしやすいスリッポンも、秋冬仕様を選べばフカフカで暖かい!

就寝時の足元には、湯たんぽを。これも、各種メーカーからいろいろな種類が出ていますね。

出典:楽天
ネックウォーマーも効果的。節々を温めるだけでも体感温度は上がるので、うまく活用しましょう!

もうひとつ、チェアのスースー問題はシートカバーで対策を。座高が低いローチェアほど下からの冷気が堪えるので、あると安心です。

3. スカート付きのテントやシェルターを選ぼう

出典:Instagram by @a_chan47a.n.c
購入段階の話にはなりますが、秋冬もキャンプへ行きたい方は、幕と地面をつなぐ「スカート」付きのタイプをおすすめします。

出典:Instagram by @route.106
冷気を幕内に入らせないスカートの有無は、秋冬の暖かさにおいて歴然の差! コールマンやスノーピークの大型ツールームテントの多くは、スカートが付いています。

出典:Instagram by @ayanyo.a
写真のレイサのように、スカートが無い場合は自作している方もいるようですよ。自作方法はこちらでチェック!

4. 寝るときは、底冷えに気をつけてマットに工夫

出典:Instagram by @m_s_camp
インナーシートの上に銀マットを敷いたり、マットを二枚重ねにするなどの工夫で地面からの冷気を遮断します。暖かいラグやカーペットもおすすめです。

マット自体に薄手の夏用シュラフや、ブランケットを巻き付けるという方法も! エアマットの中の空気が冷えてしまうと、地面から高さがあっても寒くなってしまうのでエアマット自体を守るのも有効手段ですね。

5. それでも寒ければ、コットで底上げ

出典:Instagram by @yans.camp
マットに対策をした上でコット寝スタイルにすれば、より冷気を遠ざけることができます。

出典:Instagram by @fu_fu_camping
この時コットの下に荷物を入れておけば、冷気の遮断と省スペースの一石二鳥!

6. あったまるメニュー

出典:編集部
秋冬は、メインをバーベキューからお鍋に変えてみてはいかがでしょうか。手軽で体の芯から温まりますよ。

出典:Instagram by @akok_style
晩酌をしながら秋の夜長をのんびり楽しむなら、おでんもいいですね。

出典:Instagram by @norihey
ホカホカの焼き芋もおすすめ。新聞紙にくるんで水で軽く濡らし、アルミホイルに包んで炭火で20~30分焼き入れれば出来上がり。子供に概ね好評です!

7. 寒さを忘れて盛り上がる遊びを見つけよう!

出典:Instagram by @aki.ymmt25
最後はとにかく、寒さを忘れて楽しむことです。「楽しかったけど、寒かった」より「寒かったけど、楽しかった!」を目指しましょう。

提供:@oshiri_gohan
写真の「人間イス」をはじめ「伝言ゲーム」「高速で九九を言う」「いそうでいない架空のポケモンを言う」など、くだらないけど大人も子供も盛り上がれる遊びで、寒さを跳ね返しましょう!

暖かくなる工夫をすれば、秋キャンプも楽しめる

出典:Instagram by @relaxed_camp_life
寒がりだけど、防寒は面倒で秋冬キャンプに足が向かないという方。小さな工夫をするだけで、それが変わるかもしれません! 秋冬にしかないキャンプ場の景色を、今年こそ見に行ってみませんか?

「紅葉キャンプ」に行けなかった方へ

色づいたと思ったら、あっという間に散ってしまうのが紅葉の常。行き逃した方は、写真で堪能を!

Warm Well By The Camping Of A Cold Season!

秋冬キャンプ防寒対策!

関連する記事

アラジンセンゴク
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。8歳と6歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!