【徹底比較】この冬買うならどっち?アラジンの最新ストーブ「センゴク」と定番「ブルーフレーム」の違いまとめ

青い炎でおなじみの「アラジンストーブ」に、今年はポータブルガスストーブが登場!今年こそブルーフレームを買おうと決めていたけれど、このタイミングで迷いはじめた方もいるのでは?どちらを選ぶべきかを指南すべく、二つの違いを整理してみました。


アイキャッチ画像出典:編集部

アラジンストーブを買うなら…今年は迷っちゃう

秋冬に活躍する石油ストーブといえば、アラジン社のブルーフレーム。おしゃれな見た目からも人気が高く、キャンプで使っている方も見かけますね。

出典:アラジン
そのアラジンに今年、ポータブルガスストーブが登場! 新ライン「センゴクアラジンシリーズ」についてはCAMP HACKでもすでにお伝えしましたが、秋冬キャンプ用に狙っている方も多いのではないでしょうか

定番の石油ストーブとニューカマーのガスストーブ、今から買うならどっちが良い? まずは、違いを洗い出してみましょう。

「センゴク」と「ブルーフレーム」を6つの角度から比較

比較ポイント1:燃料と燃焼効率

出典:アラジン
センゴク ポータブルガスストーブ(以下″センゴク″)の燃料は、カセットボンベ。発熱量を見るとハイパワーと長時間運転の切り替え可能で、0.8kW(690kcal/h)と2.0kW(1700kcal/h)となっています。

燃焼時間は約100~260分と、単純に計算すると4~5本はカセットボンベを消費しそうです。

出典:アラジン
燃料コストはかかりますが、最大2.0kwという発熱量は見逃せません。と言うのも、通常アウトドアで使われる小型ガスストーブの出力は1kw前後。

この差を生む秘密は、センゴクに搭載された「トルネードバーナー」。渦(うず)のように炎を巻き上げる放熱方式で、小型ながらパワフルな熱量を放ちます。

出典:アラジン
一方のブルーフレームは、燃料は灯油。タンク容量は4.1L、燃料消費量が0.26L/hであるところを見ると、4Lの灯油で約15時間稼動する計算になります。

ちなみに対応畳数は木造:7畳・コンクリート:10畳。自然通気形・自然対流形で、ストーブを中心にじんわりと暖気が行き渡ります。

出典:アラジン
石油ストーブを室内で使う場合、室内だと特に″空気の淀(よど)み″が気になりますよね。その点は、一酸化炭素や臭いのもととなる炭化水素を減らす「排ガス浄化触媒」を設置することでフォローされています。

比較ポイント2:安全装置

出典:アラジン
センゴクは、4つの安全装置を搭載。いずれもガス爆発や一酸化炭素中毒、転倒をきっかけとする事故など様々な危険が考慮されています。

出典:アラジン
ブルーフレームは、対震自動消火装置のみ。「長時間強い火力で使い続けてしまい、部屋が煤だらけになってしまった」というユーザーの声もあるようで、使用にあたっては安全面の他にも注意が必要になりそうです。

比較ポイント3:サイズ感

出典:楽天
センゴクは、W320×D335×H390㎜。アラジンらしいクラシカルなデザインを継承しつつ、コロンとしたフォルムで親しみやすさがありますね。

重量は約5.7㎏と、オートキャンプなら持ち出せる範囲ではないでしょうか。

出典:アラジン
ブルーフレームはちょっと背が高くなり、W551×D388×H405㎜。センゴクと比べるとやはりこのロングトール感がスタイリッシュな雰囲気を醸しています。

重量は約8.5㎏と、フィールドに持ち出すにはちょっと大変かもしれません。

比較ポイント4:カラー

撮影:編集部
センゴクは、レッドやイエローといったポップなカラーリングが特徴的です。サイトの差し色として、いいアクセントになりそうですね。

出典:アラジン
出典:アラジン
と思いきや、ブルーフレームでおなじみのホワイト・グリーンも! 落ち着いたトーンがお好みならこちらを選びたいところですが、現在のところショッピングサイトでは流通していません(2018/10/24)。また、アラジンのダイレクトショップでも品切れ中のようです。
ブルーフレームはグリーン・ホワイト・ブラックの三色。クラシカルな佇まいに気品を感じる色味で、サイトや室内インテリアとしても存在感のある一台です。

比較方法5:メンテナンス

出典:アラジン
センゴクはカセットボンベ式なので、特別な手入れやメンテナンスは必要ありません。この手軽さは、魅力的ですね!

出典:Old and Tools
一方芯(しん)式のブルーフレームは、定期的かつ細かなメンテナンスが必要です。消耗した芯の繰り出しや交換のほかに、内炎板周辺の煤の拭き取りも。さらには給油口が狭く灯油を注ぎにくいという声もあり、何かと慎重に扱う必要がありそうです。

比較ポイント6:価格

価格も重要です。創業80余年という歴史あるブランドということもあり高価なイメージですが、実際はどうなのでしょうか。

公式サイトで本体価格を見ると、センゴクは32,400~35,640円、ブルーフレームは53,674~64,584円。ブルーフレームのほうがお高いようですが、Amazonで探すと4万円台でも売っているショップもあるようです!


燃料が必須のストーブは、本体価格とは別にランニングコストも見ておく必要があります。

1時間あたりの燃料コストを計算すると、センゴクが190.5円でブルーフレームが27.3円。ここでは圧倒的にブルーフレームに軍配が上がります。

このあたりは「どこで・どんな使い方をするか」によっても変わってきそうですね。

まとめ表

作成:編集部
こちらが、今までの比較ポイントをまとめた表です。購入の参考に!

あなたは、どっちのアラジンストーブを選ぶ?

センゴクは、こんな人におすすめ

撮影:編集部
・キャンプメインで使うから、ランニングコストより手軽さ重視
・小さな子供がいる空間で使うので、安全装置が手厚いほうが安心
・少しでも購入価格をおさえたい

ブルーフレームは、こんな人におすすめ

出典:アラジン
・どちらかと言うと、家メインで使いたい
・細かいメンテナンスも、むしろ楽しめる
・購入資金に余裕がある

いずれも同じアラジン社製ですが、特徴を挙げるとまったく別物の二台であることがわかりましたね。使いやすさか・雰囲気か、優先したいポイントを基準に選んでみましょう。

ITEM
センゴク・アラジン ガスストーブ レッド
●サイズ:奥行33.5×幅32×高さ39cm
●重量:5.7kg
●連続燃焼時間:〔0.8kw〕約260分、〔2.0kw〕約100分
ITEM
センゴク・アラジン ガスストーブ イエロー
●サイズ:奥行33.5×幅32×高さ39cm
●重量:5.7kg
●連続燃焼時間:〔0.8kw〕約260分、〔2.0kw〕約100分


ITEM
アラジン ブルーフレームヒーター グリーン
●サイズ:H551×W388×D405mm
●重量:8.5kg
●暖房の目安:〔木造〕7畳まで、〔コンクリート〕10畳まで
●タンク容量:4.1L
●連続燃焼時間:約15時間
ITEM
アラジン ブルーフレームヒーター ホワイト
●サイズ:H551×W388×D405mm
●重量:8.5kg
●暖房の目安:〔木造〕7畳まで、〔コンクリート〕10畳まで
●タンク容量:4.1L
●連続燃焼時間:約15時間
ITEM
アラジン ブルーフレームヒーター ブラック
●サイズ:H551×W388×D405mm
●重量:8.5kg
●暖房の目安:〔木造〕7畳まで、〔コンクリート〕10畳まで
●タンク容量:4.1L
●連続燃焼時間:約15時間

石油ストーブといえば

アラジンのほか、フジカも定番。オーダーは電話のみ、届くまで時間もかかるとか……? 気になる事情まとめは、こちら!

SENGOKU or BLUE FLAME?

センゴクブルーフレーム、どっちにする?

関連する記事

センゴクアラジン
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。8歳と6歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!