重さ1kg以下!ソロキャンプ必携の軽量ミニテーブル10選

2020/02/21 更新

身軽で気軽なソロキャンプがブーム!荷物を吟味する中で、外せないのが“テーブル”。ゆったり1人時間を過ごすのに、何かと欠かせないアイテムです。今回は、全て1kgをきる様々なテーブルを紹介します。大きさと軽さを吟味し、自分にぴったりなテーブルを見つけてみてくださいね!


アイキャッチ画像出典:Amazon

ソロキャンプやるなら必携でしょ!?

出典:Instagram by@yoshihito_tanaka_
最近どんどん加熱中のソロキャンプ人気。誰に気兼ねすることなく、とことんマイペースにお一人さまを楽しめるのがソロキャンプの醍醐味ですよね!

行動の“起点”になるテーブルはソロでも必要!

出典:Instagram by@t_ryooooooota_a
お一人さまならでは、装備もとことんミニマムで身軽さが魅力のソロキャンプ。
……だけど料理をするときやビールを飲むとき、はたまた読書のおともにお菓子を食べるときなど、行動の起点として外せないのがテーブル。

そこで今回は、ソロキャンプにうってつけ、1kg以下の軽量ソロテーブルをご紹介します!

全部1kg以下。軽量ソロテーブル10選はこれだっ!


重さ商品名天板面積
76gアノバ UL ソロテーブル パンチング312㎠
260gダンロップ コンパクトテーブル BHS101199㎠
270gスノーピーク オゼンライト624㎠
350gベルモント ソロテーブル ミニ240㎠
395gソト フィールドホッパー624㎠
560gスノーライン キューブバックパッカーズテーブル1225㎠
700gキャプテンスタッグ アルミロールテーブル1160㎠
870gヘリノックス テーブルワン ハードトップ2400㎠
881gスノーライン キューブエキスパンダーテーブル M31435㎠
900gLinkax アルミ製 アウトドアテーブル1383㎠
ソロキャンプは、荷物をいかにコンパクトにできるかが課題の1つ。今回紹介するテーブルを軽い順に並べてみましたので、参考にしながら気になるものを探してみましょう。

①か、軽すぎる……。「アノバ UL ソロテーブル パンチング」76g

出典:Instagram by@anobaofficial
重量、1ケタ間違ってる? と思わず二度見したそこのあなた。誤表記ではありませんよ! 1kgどころか100gを切る、本記事中最軽量のわずか76g……、Lサイズの卵が約65〜70gといえばその軽さが実感できるでしょうか?

出典:Amazon
脚部分はネジ式で着脱するムダのないシステム。26×13×1.5cmというスリムさで、カーゴボックスのちょっとした隙間に収まってしまいます。

耐荷重は1kgですが、シングルバーナーやシェラカップなどを載せる程度には十分な強度です。とことんミニマリズムを追求したいキャンパーに捧ぐ1台。
ITEM
アノバ ULソロテーブル パンチング
●使用時サイズ:24x13x6cm
●収納時サイズ:24×13×1.5cm
●重量:76g
●材質:天板、脚/アルミニウム合金、接合部/ステンレス鋼、収納袋/ポリエステル

②ミニマルキャンパーにおすすめ「ダンロップ コンパクトテーブル BHS101」260g

出典:楽天
最後はにご紹介するのは、質実剛健なテントで人気のダンロップのテーブルです。同規模他テーブルに比べると、260gという重さは、10.6cmという高さに対して最軽量。

出典:楽天
天板はアルポリックというアルミ複合素材2枚で、ポリエチレンの板をサンドイッチする3層構造。これによりアルミの耐熱性とポリエチレンの軽量性を併せ持つ仕様に。

収納時は、2台重ねるとちょうどVHSテープのケースにスッポリ収まるサイズ感。スペース効率が高く、ミニマルキャンパーにオススメのテーブルです。

ITEM
ダンロップ コンパクトテーブル
●組立時サイズ:H10.6×D18.8×W29.8cm
●収納時サイズ:H1.4×D10.4×W18.8cm
●重量:約260g
●耐荷重:10kg
●素材:<天板>アルボリック板(板厚2mm)、<天板止め>ステンレス、<スタンド>ジュラルミン

③スッキリ収納できる「スノーピーク オゼンライト」270g

出典:snowpeak
続いては、スノーピークの山岳用テーブル「オゼン」のリニューアルバージョン「オゼンライト」。もともと330gだったオゼンを、パンチング加工によりさらに軽量化。270gという、驚異の軽さを実現しました!

出典:snowpeak
A4サイズの天板は2枚に分割でき、スタンドも2本のシンプル構造。付属の収納袋に実にスッキリ収まります。設営は、裏返しに天板を2枚並べたら、端4箇所の切欠と3箇所の爪にスタンドを引っ掛けるだけ。一度覚えてしまえば簡単です。

強風時には風防としても使え、多機能性重視のソロキャンパーにもおすすめ。
ITEM
スノーピーク オゼン ライト
●使用時サイズ:297×210×85(h)mm
●収納時サイズ:297×120×5(h)mm
●重量:270g(本体のみ)
●材質:アルミニウム合金、ステンレス鋼
●セット:内容:本体、収納ケース

④小ぶりなのが欲しい方は「ベルモント ソロテーブル ミニ」350g

出典:Amazon
もっと小ぶりなソロテーブルが欲しい人にはこちら。コンパクト&利便性で話題沸騰中の焚き火台「TOKOBI」を産んだ「ベルモント」から、やはりコンパクトさを極めたテーブルが見参!

12×20cmという小ささですが、天然木製天板が静かに存在感を放つスタイリッシュなルックスも魅力です。

出典:Amazon
収納時は写真の通り1.3cmという薄さに。さらに天板部分の3つの溝で、15.5/18.5・20.5cmの3段階に高さ調節まで可能だから驚きです。この機能地味に便利で、ミニサイズながらレイアウトの自由度が高く重宝すること間違いなしです。
ITEM
ベルモント ソロテーブルミニ
●サイズ:<天板>約W120×D200×H13mm、<高さ>3段階/約155・185・205mm
●重量:約350g
●材質:<天板>木材、<脚>18−8ステンレス


⑤ソロテーブルの定番「ソト フィールドホッパー」395g

出典:Instagram by@iimrtty
トップバッターは、もはや殿堂入りの呼び声高い「ソト フィールドホッパー」。多くのキャンパーやクライマーから愛され続ける定番アイテムです。

その人気の理由は、395gという圧倒的軽さに加え、広げたサイズは29.7×21.9cmのA4サイズというコンパクトさ。

出典:Amazon
さらにもう1つの魅力が設営&収納のギミック。設営時は広げるだけでスタンドが立ち上がり、約1秒で完了。収納時は半分の大きさで、スタンド部分もスッキリ中に収まります。

このスマートさが病み付きになるキャンパーが後を経たない逸品です。
ITEM
SOTO フィールドホッパー
●使用時サイズ:幅297×奥行210×高さ78mm
●収納時サイズ:幅297×奥行110×高さ19mm
●重量:365g
●耐荷重:3kg
●材質:アルミ
●付属品:専用収納ケース

⑥連結可能で無限大!「スノーライン キューブバックパッカーズテーブル」560g

出典:Amazon
続いてもスノーラインから、今度は天板パンチング加工&カーボン素材フレーム採用の軽量化タイプをご紹介。

こちら軽いのみならず、脚部分のアタッチメントで同テーブルを無限連結できるんです! 正方形で横にも上にも連結できるから、大人数キャンプの際は拡張したり棚使いするなど使用シーンが広がります。

出典:Amazon
エキスパンダーテーブル同様簡単設営で、天板下のデッドスペース活用に便利なメッシュネットも付属。9×9×36cmとさらにコンパクトな収納サイズで、よりバックパッカーに特化しつつソロキャンプ以外でもマルチに活躍する1台です。
ITEM
スノーライン キューブバックパッカーズテーブル
●使用時サイズ:350(W)X350(D)X325(H)mm
●収納時サイズ:90(W)X90(D)X360(H)mm
●重量:560g
●耐荷重:10Kg
●材質:<フレーム>カーボン、<テーブル>アルミニウム

⑦調理もストレスなし!「キャプテンスタッグ アルミロールテーブル」700g

出典:Instagram by@ryo.kojirou.sasaki
お次はコスパの高さが人気のキャプテンスタッグから。こちら約1500円前後と本記事中では最安値。さすがの鹿番長クオリティです!

そして40×29×12cmと先の2つに比べてやや大きめサイズ。バーナーなど置いて調理する際も、スペースに余裕があってストレスフリーなのが魅力です。

出典:Amazon
また使用サイズは大きめですが、天板がロール式だから1/5幅でコンパクトに収納が可能。しかも、脚は一体化構造なので組み立てもシンプル。天板を広げたらストッパーをセットして脚を立てるのみ。

重さは700gありますが、その分耐荷重30kgとタフ。ダッチオーブンを置くなど使用バリエーションが幅広いのも魅力です。
ITEM
キャプテンスタッグ アルミロールテーブル
●使用時サイズ(約):幅400×奥行290×高さ120mm
●収納時サイズ(約):幅70×奥行60×長さ400mm
●重量(約):700g
●耐荷重(約):30kg
●材質:<甲板>アルミニウム(表面加工:アルマイト)、<脚部>鉄(エポキシ樹脂塗装)

⑧ゆったり時間にはコレ。「ヘリノックス テーブルワン ハードトップ」870g

出典:Instagram by@alpenoutdoors.flagship.fukuoka
金属製天板のテーブルに比べ、一見頼りなげに思えるこちら。実は天板に樹脂テーブルを内臓して安定性をUP、耐荷重はなんと50kgを誇るんです!

設営もショックコードで繋がった脚部分を接続し、2本のリッドを水平に配置したら天板の4角のポールをはめ込むだけ。収納時も60×40cmサイズ天板が1/5に畳めてコンパクト。

出典:Instagram by@moderate_yokkaichi
また、チェアに座ったまま食事したり調理しやすい39cmの高さがあり、人気のサイドストレージをプラスすれば収納力もバツグンに。自分だけのコックピットを構えて座ったままゆったり時間を楽しみたい人にオススメです。
ITEM
ヘリノックス テーブルワン ハードトップ
●使用時サイズ:600×400×390mm
●収納時サイズ:400×120×130mm
●重量:870g(960g)※スタッフバッグ込み
●耐荷重(静荷重):50kg
●付属品:スタッフバッグ

⑨気が利くランタンポール付き!「スノーライン キューブエキスパンダーテーブル M3」881g

出典:Amazon
コスパ優秀ブランドの呼び声高いスノーラインからは、気の利くランタンポール&メッシュネット付きテーブルがラインナップ。
付属パーツが充実しているのに、43.5×7×14cmというコンパクトさで全て収納バッグに収まるのも魅力です。

出典:Amazon
設営はショックコードでつながったフレームを接続したら、2本のポールを水平に差し込んで天板を載せるだけ。

またサイズ違いのテーブルや扇型天板などのオプションも充実。連結したりドーナツ型レイアウトも可能で、拡張性も高くおトク感の高いセットです。
ITEM
スノーライン キューブエキスパンダーテーブル M3
●収納時サイズ : 435(W)×70(D)×140(H)mm
●使用時サイズ:410(W)×350(D)×325(H)mm
●重量 : 881g
●耐荷重 : 15kg
●材質 : <フレーム>7001 ジュラルミン、<テーブル>6061 ジュラルミン

⑩圧倒的コスパッ!「Linkax アルミ製 アウトドアテーブル」約900g

撮影:編集部
ローチェアとセット使いできる規模のミニテーブルで、圧倒的コスパなのがこちら! Amazonなどで約1,680円という価格ながら、耐荷重30kgという高耐久性を実現しているんです。

出典:Amazon
設営も一般的なアルミロールテーブル同様カンタン。フレームを開いて、天板を載せるポール部分を水平に接続したら、天板の心棒をフレームにはめ込むだけ。収納時は天板の1/6サイズで付属の収納袋に収まります。

接地面のパーツには滑り止め加工が施されるなど細部にも配慮。コスパ重視派にイチオシです。
ITEM
Linkax アルミ製 アウトドアテーブル
●使用時サイズ:35×40×32cm
●収納時サイズ:6×13×44cm
●重量:0.85kg
●耐荷重:最大30kg
●材料:<天板>900Dオックスフォード素材
●セット内容:天板、スタンド、ポール×2、収納バッグ

ちなみに!今回紹介したアイテムの「広さ順」はこちら

天板面積商品名重さ
2400㎠ヘリノックス テーブルワン ハードトップ870g
1435㎠スノーライン キューブエキスパンダーテーブル M3881g
1383㎠Linkax アルミ製 アウトドアテーブル900g
1225㎠スノーライン キューブバックパッカーズテーブル560g
1160㎠キャプテンスタッグ アルミロールテーブル700g
624㎠スノーピーク オゼンライト270g
624㎠ソト フィールドホッパー395g
312㎠アノバ UL ソロテーブル パンチング76g
240㎠ベルモント ソロテーブル ミニ350g
199㎠ダンロップ コンパクトテーブル BHS101260g
「ミニマルスタイルがいいので、最低限コーヒーマグが置ければOK」「料理をしっかり楽しみたいからある程度の広さは欲しい!」など、ソロキャンプに求めるニーズは様々。重量と併せて、ベストなバランスのものを見つけましょう。

軽量テーブルでソロキャンプの最適化を!

出典:Instagram by@aokiyasan
いくらミニマム装備を追求すれど、必須の存在ソロテーブル。軽量なのはもちろん、スペックや設営・収納方法などよく比較して、より自分にフィットしたテーブルでソロキャンプを最適化してくださいね!

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事


紹介されたアイテム

アノバ ULソロテーブル パンチング
サイトを見る
ダンロップ コンパクトテーブル
サイトを見る
スノーピーク オゼン ライト
サイトを見る
ベルモント ソロテーブルミニ
サイトを見る
SOTO フィールドホッパー
サイトを見る
スノーライン キューブバックパッカーズテ…
サイトを見る
キャプテンスタッグ アルミロールテーブル
サイトを見る
ヘリノックス テーブルワン ハードトップ
サイトを見る
スノーライン キューブエキスパンダーテー…
サイトを見る
Linkax アルミ製 アウトドアテーブ…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
TOMOKO YAMADA

四国の秘境出身フリーライター。旦那さん、大学2年長男、高1次男、中1長女、インコのキィちゃん&スイちゃんの5人+2羽で日々にぎやかに、時々キャンプを楽しんでいます。#今はSTAY HOME でおウチキャンプをENJOY中! Instagram:@tomoko_y_0216

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!