CAMPHACK

キャンプ歴40年の主婦キャンパーが行き着いた!私の「ソロキャンプ道具一式」をご紹介します

1

ソロキャンプの道具選びに悩んでいる初心者必見。キャンプ歴40年の筆者が、最終的に辿り着いたおすすめソロキャンプ道具一式をご紹介します。コンパクトで携行しやすいものばかりなので、徒歩やバイクでキャンプをする方におすすめ!ソロキャンプ必需品リストに沿って見ていきましょう。

関美奈子

記事中画像提供:アトリエばく

時代はソロキャンプブーム!挑戦したいけど足踏みしてる初心者さんへ

ソロサイト風景
ソロキャンプと言っても、軍幕でブッシュクラフトにいそしむ無骨派、美味しいとオシャレの双方を享受する女子ソロキャンプと、千差万別ですね。車や徒歩など、移動手段の差がもたらす違いもそれぞれ。

今回は野営訓練から始まって、ファミリー、夫婦デュオ、そしてソロへと回帰し、今やキャンプ歴は40年に至った私の実際に使っているソロキャンプ道具一式をご紹介します。「ソロキャンプを始めたいけど、どんな基準で道具を選べばいいの?」そんなみなさんの参考になれば幸いです。

サイト風景、チェアに座る
関 美奈子
ライティング・デザイン・イラスト制作会社「アトリエばく」代表。キャンプにハマったきっかけは、ガールスカウトの野営訓練。美大在学中、国内外をスケッチしたときのバックパッキング一人旅が、今のソロスタイルの原点。

ソロキャンプで必要な道具は?

キャンプ場を目指して歩く
ソロキャンプ道具選びのコツは、移動手段から逆算し、選ぶことが重要。あなたは、①と②どちらの移動手段でのソロキャンプ を想定していますか?
①車・・・・持っていける荷物の制限ほぼなし
②徒歩、公共交通機関、自転車、バイク・・・・持っていける荷物の制限あり

車が使えれば、重量のあるテントも持っていけるし、車中泊という手も使えます。道具選びにも自由度がありますね。

いっぽう②の移動手段となると、持っていく道具には様々な制約が出てきます。それをどうクリアするかが鍵といえるでしょう。かく言う筆者も②の手段を使ってソロキャンプをしています。

荷物はバックパック+キャリーケースで運ぶ

バックパックとキャリーケース、駅
筆者の場合、移動は公共交通機関+徒歩。ペーパードライバーで、車が使えないんです。そんな私でもソロキャンプに行けるのは、バックパック+キャリーケーススタイルに行き着いたから。

体力がある方ではないので、担ぐのは約10kgちょいが限界。バックパックからはみ出たギアは、使い古しのキャリーケースで運びます。

ここからソロキャンプに必要な道具一式リストを見ていきましょう!

関連記事